« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月に作成された記事

2012/07/31

柔道、ってそんな甘ちゃんでいいの?

世の中オリンピックなんですねー。知りませんでした。(え?
TV見てないので、オリンピックの話題にはあまり乗れてないです。
ネット上はオリンピックの話題にあふれていますが、自分に関心がないせいかスルーしてます。
そんな中、昨日のニュースで五輪柔道の審判が覆った話題にはさすがに驚きました。
オリンピックにも興味なければ柔道にも興味ありませんがね。
加えて日本人選手が関係する試合だから、と言うわけでもありませんけどね。
さすがに、これは「柔道」の品格を落とす事件だと思います。
今の柔道の審判システムがどうなっているかわかりませんが、その場で審判している人が最も権威が高くないといけないと思います。
今回最初の判断は主審副審一致で韓国選手の勝利と判断しています。
それが覆るというのは、審判たちがよほどへぼか、覆したほうが乱心していたか、どちらかではないかと思わざるを得ません。
今回は日本人がいい目を見たので、この奇怪さは日本のメディアで大きく伝えられていませんが、逆の立場もありえるわけです。
今回のようなことを易々と許していいとは思えません。
柔道、という日本を代表する競技の品格のためにも。

さすがに後味悪いですね。
それともあれか、相撲の「物言い」のようなものか。
でも、そんなやり方は五輪の場では遺恨を残すような気がします。(しかも対戦カードが日韓戦とは!)
せめて、相撲の物言い時や、日本プロ野球の判定変更時のように、最初の判断はなぜ韓国選手だったのか、その後の判断やり直しに至った理由は何か、ということを主審がその場で英語で説明すべきではなかったか、と思いました。
世の中に「間違い」というのはあると思いますけど、「間違い」に対するリカバリーの仕方や責任の重さも存在すると思います。
そのままにしてはいけませんよね。

話し変わって、台風情報

7月31日23時30分のひまわりの画像は↓

120731_satellite_image

達維(ダムレイ:10号)は紀伊半島の南方沖合い。雲が薄いです。
こいつは風台風なのかな。
ただ、湿った空気が陸地に当たって雲を起こし大雨を降らせる可能性もあるので、日本南岸は注意が必要。
波も強く高くなっているでしょうから海には近づかないほうがいいですね。
熊本も明日の天気に影響受けそうですが、雨はひどくならないのかも。
それでも山間部は要注意。

蘇拉(サオラー:9号)は目がくっきりしてきました。沖縄本島に大きな雲の塊が近づいてます。
こいつは急に進みが遅くなりました。付近の地域、海域は雨や風が長く続きそうです。
ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/30

九州電力事情

今日も一日、暑い日でした。
夏らしくて、なんかこう、いいですな。ウキウキしますです。

さて、こんだけ暑いと電力消費が気になりますね。

うちは、台湾から戻って以来、TVを使用していませんのでかなり省電している気がします。
(そもそも省エネ、っていうのかどうか?)
エアコンは、日中の使用は基本的にゼロです。夜、19:00~23:00の4時間だけ使用するようにしました。
パソコンもできる限り使輪内容にしました。

さて、そうはいっても、子供や老人のいる家庭など夏休みでこの暑さだと、エアコン使わないわけにもいかないですよね。
気になる九州電力の状況ですが、

http://www.kyuden.co.jp/power_usages/history201207.html

九州全域で23日の梅雨明け後に酷暑が続いていますが、ほとんど90%前後ですね。
厳しいやりくりが必要と思いますが、

意外といけるんじゃね?

って、思いました。(ちなみに他社からの融通分には関電からの電力は入っていないようです。http://www.kyuden.co.jp/power_usages/pdf/20120730_forecasts_detail.pdf?date=20120730021305 )
関西電力はともかく、原発のない東電管内は70~90%と波があるようです。あちらの天気は知らんからなぁ。 
http://www.tepco.co.jp/forecast/html/calendar-j.html

九州電力管内が全国規模で比較したら、厳しい状況なのかも。
皆さん頑張りましょう。

夏っぽい画像を集めてみました。(クリックで拡大)

120729_green01_2

120729_whiteblue01

120729_whiteblue02

120729_whitebluegreen01

120729_green02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/29

颱風 「蘇拉」(サオラー:9号)と颱風 「達維」(ダムレイ:10号) @2012

以下の情報は7月29日夕方に得られた情報を基にしています。

昨日、今日と、暑い週末でした。
熊本をはじめ、九州では梅雨明け後の最初の週末になります。
・・・といっても先週末もなんとなく天気は回復傾向でしたが。

さて、日本の南海上に二つの颱風が発生しています。
太平洋高気圧が激しく強いため、進行方向もアレですが、これから発達して勢力もアレになってきそうです。
何のことかワカラネエ?
すんません。

サオラー(蘇拉)のほうは、台湾北部をかすめるコースが予想されています。
太平洋高気圧の縁にそって北上する感じです。
台湾東部と北部は警戒が必要です。
日本側で言えば、八重山地方、石垣島や与那国島周辺が要警戒です。沖縄周辺も波が高くなりそうな気配。
今後の展開によっては予想円の西よりを進むのではないか、と勝手に予想しています。(太平洋高気圧によって西側に押され臺北の真上を進むのではないか?でも達維が東にあるので、影響は小さくなるのか?)
太平洋高気圧が頑張りやさんだったため、海水温が上昇していることが推測されるため、その上を進む颱風の勢力も激しく大きく成長することが予想されます。
少し遠くても油断されることがありませんよう。
来週末あたりは要注意です。

29日現在の今後5日間予想(蘇拉:9号)
120729_saola_5d_forecast

 

ダムレイ(達維)は現在のところ日本本土への上陸の可能性もわずかに残っていますが、予想円の中心は来週木曜日の日中に屋久島あたりを通るのではないか、とされています。
太平洋高気圧のせいで日本に近づけない、可能性があります。
こちらも今後大きく発達する可能性があります。

29日現在の今後5日間予想(達維:10号)
120729_damrey_5d_forecast

 
颱風は一般的に進行方向に向かって右側の風が強いです。
その点では蘇拉は沖縄本島方面に、達維は九州地方に、それぞれ風・波の被害をもたらす可能性が強いです。ご注意ください。

以上のことはあくまで予想です。
常に最新情報をご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/28

首相官邸前での反原発デモ

首相官邸前でのデモが一か月以上続いています。(毎週金曜日に行われている模様)
って言うことはどれだけの人が知っているのでしょうか。

自分はまったくテレビを見なくなったので、テレビでこのことが伝えられているのか知りません。
ただ、Web上の大手テレビ局や新聞社のニュースサイトではほとんど触れられていません。
CNNが書いてたかな。
マスコミとは、自分たちに都合のいいことしか伝えない、もしくは権力に迎合するもの、という図式は過去の大戦時から変わっていないようです。
それらを盲目的に信じるのは非常に恐ろしいことだと危惧します。

ただ、世が世であれば、自分がこんなことを言えば、「非国民」とののしられたでしょう。
今はまだ、「突飛で変なこと言う」人くらいにしか扱われないですから、まだまだ世の中の寛容さに救われているのかもしれません。

補足:
毎日jpが今日、伝えていました。
毎日さん、いつもいつもすいません。

http://mainichi.jp/select/news/20120728k0000m040174000c.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/07/27

キャノンミラーレスの将来性に不安

今週月曜日の梅雨明け以降、連日暑い日が続いています。
夏だからねー。夏は暑いものであるべきですな。
洗濯物が乾いてくれるのでありがたいです。

さて、キャノンのミラーレス発表を心待ちにしていましたが、先日発表された商品は期待していたものとはやや異なる趣がありました。
加えて、キャノンミラーレスの将来性にも不安があります。

おそらく、キャノン上層部はレフレックス機(従来のレンズ交換式一眼カメラ)市場は揺るがない(キャノンのシェアはトップ)のに、あえて魅力的なミラーレス機を出すことによって同じ市場を食い合うような愚は冒したくない、と言うところでしょう。
手軽で安価なミラーレス機によって今までカメラを持っていない層の掘り起こしを行い、レンズ資産の価値に気づかせて同社レフレックス機購入の導入口としたいのではないでしょうか。
そう考えると、ミラーレスの上級機、ハイエンド機がレフレックスのハイエンド機と競い合う、という図式は描きずらくなります。(自分は、そうなったほうがいい、と思っていますが)

世界の中で、ミラーレス機の浸透が進んでいる、とは言えません。
欧米ではレフレックス機市場が根強く、キャノン、ニコンのブランドは絶大です。
ミラーレスが広まっているのは主にアジアだそうです。
サムスン製のカメラが徐々にその名を上げているとか。
日本ではまた独特な勢力図になっているようです。
韓国の光学機器メーカーは次第に力をつけている、と感じます。
サムヤン(三洋)、という韓国レンズメーカーのレンズも評判は悪くありません。
いずれこの世界でも日本の業界は脅かされる運命にあると言っていいでしょう。

Eos-mの発売予定は9月半ばとか。
噂では、その上級機もあるかもしれないが年内発表はない模様です。
もしその存在があるにしても発表は来春、発売は来夏?かな。
さすがにこれから1年以上待つ気にもなれないので、キャノンのカメラは断念しました。
いよいよソニー・ミラーレス機購入の日も近い?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/23

今日はいっぱい

ブログネタとしては、EOS M以外にも、いろんなことがあった日でした。
たとえば、

  • 政府事故調の最終報告
  • 夏到来、九州地方が梅雨明け
  • 米軍、オスプレイを猛烈な反対を押し切って日本配備へ

といった具合。

まぁーひとまず夏が来たので、今日はいい気分で汗かきながら寝たいです(w
しばらく雨はいらんけんなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hello, good bye

昨日に続いて、キャノンのミラーレスカメラの話題です。
ついに出ました。
名前は「EOS M」
Mはミニ(mini)とかモビリティ(mobility)のMだそうな。
昨日までに世に出ていたリーク画像とほとんど同じ形でしたね。
やっぱりNEXの客層をターゲットにしてますな。

120723_eos_m

今日の発表の会見では、「Kiss X6i」よりさらにエントリー系の位置づけ、という話があったみたいです。
キャノンにおけるミラーレス機全体がそういう位置づけだとすると、これ以上のハイクラス機への発展はないって事なのかなあ。
レンズマウントは新たにEF-Mマウントを発表していますが、今後のレンズロードマップへの言及は避けていたようです。
キャノンにとっても、ひとまずお試しというカンジなんでしょうか。

仕様から考えると、NEX3シリーズくらいのスペック水準でしょうか。
自分はNEX5N(あるいはそれ以上)くらいの機能を期待していたのでやや失望しています。
自分が買いたいなーと思っていたのがNEX5Nだったので。
バリアングルがついていないのもややがっかり。
電池のもちがいまいちっぽいのですが、NEX7並っぽいという話もあるみたいなので、この辺りはいたしかたないところか。
そのほかの機能はおそらく 「Kiss X6iを参照のこと」、のようなので、まぁそっちを触ってみてください。
その辺と、EFレンズが(アダプターをつければ)ほぼ制約無しに使える点を天秤にかけて考えてみたいです。
今後の発展が望めなさそうな雰囲気もあるので、ちょっとびびっています。

価格コムでは既に値段が出ていますね。
ダブルレンズキットで約10マソ Byキタムラ
22mm f2 のパンケーキレンズキットが7マソちょいです。Byキタムラ

ダブルレンズキットでないと選べない色がある、
ダブルレンズキットだと、マウントアダプターとスピードライトも同梱される、
という点で、ダブルレンズキットがお買い得な気がします。
このスペックではお高いなぁー。もう2~3万安かったらなー

下はビートルズのHello, goodbyeです。
ミセス木村カエラがカバーしてイメージソングになるそうな。
妻夫木君とガッキーがイメージキャラ。
キャノンとしては過去最大級の広告展開になるらしいです。

これって、

 ~ 僕(キャノン)はミラーレス(New)っていったのに、君は一眼(Old)なんだね?(キャノンは変わり続けるんだよ) ~

ってメッセージにも聞こえるんですが・・・。
この曲を選択したキャノンの広報の人は、僕と同じようにミラーレスの将来を信じている人なのかもしれない。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/21

キャノンのミラーレス

最近ミラーレスカメラに関心があります。
フィルムカメラの一眼レフが、時代の流れでデジタルカメラに変わりましたが、撮影する対象を撮影直前までミラーを通してファインダーでモニターする、という構造はしばらく変化がありませんでした。
ここ数年の撮像素子の機能向上により、素子が受け止めた映像をリアルタイムで背面の液晶モニターでモニターする、というリアルビューが可能になり、ミラーを外したレンズ交換式カメラが登場しました。
ここ最近で気になっているのはソニーのミラーレスカメラです。

大手カメラメーカーのニコンやキャノンはしばらくミラーレスカメラを出していませんでしたが、ニコンが昨年末、「Nikon 1」というミラーレスを発売し、カメラメーカーではキャノンだけがミラーレス機を商品ラインアップに乗せていない状態が続いています。

そのキャノン。
うわさ(某デジカメ情報サイト)によると、週明けにもミラーレス機を発表するようです。
激しく後出しじゃんけんの色合いがありますが、それゆえに私も含めキャノン派のカメラ好きの人にとっては期待度が高いです。
 
某デジカメ情報サイトには一般の方から、リーク写真が掲載されています。
海外サイトにもリーク写真が掲載されています。
コメント欄には賛否両論ありますが、自分は好きなデザインです。
海外サイトに行くと「ソニーのNEXっぽい」とか「NEXのクローンみたい」といった声も聞かれます。
おそらくキャノンはソニーのNEXを意識しているのでしょう。
現時点でこのモデルのモニターがバリアングルではないのが、ちょっと惜しいです。
あとは機能と値段と、これからの商品ロードマップとか構想が気になりますね。
自分は手持ちのEFレンズがAF機能も含めて使えるのであれば、キャノンミラーレス欲しいです。(キャノン派なので、というのもありますが)

今年中には出すという話があったのですが、ついにかー。待ち遠しいぜー。

キャノンミラーレスカメラ(EOS-M?)リーク画像
http://www.canonpricewatch.com/canon-eos-m/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あー、夏だぜぃ!

熊本地方、今朝も雨が降っていました。
ほん、ようけ降るなー。
 
天気図見るともう夏の気圧配置です。

120721_weather_map

 
熊本県の週間天気予報を見ると週明けからお日様マークが現れてます。
九州地方は週明けに梅雨明けでしょうねー。
夏休み開始とともに梅雨明け、って言うのは九州地方ではよくあるパターンです。

120721_weekly_weather

明日(22日)の、「雨時々止む」の「止む」って初めて気がついた。
今時はこんな表現もあるんねー?
 

 
夏だぜぇぃ、いやっほー♪
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/11

老人医療費

父親(71)の入院費用はひと月あたり40万を超えます。
ですが、現在の老人医療費(70歳以上)は1割負担なので4万ちょっとです。
これに食事代が2~3万円別途かかる(これは保険対象外)ので、ひと月7万を超えない感じです。
年金の大半が医療費に消えていくので大変じゃねえかな、とは思いますがね。
さりとて、そのくらいですんでいるのは老人医療制度さまさまではあります。
これを支える側は大変です。
老人が病になると、こういった金額に表れない支える力も必要です。
国も傾くわけだし、国全体が疲れるわけだよ。
こういうのを目の当たりにしていると、消費増税も致し方なし、という気になりますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/10

福井の原発再稼働

福井の原発が再稼働されています。

国会事故調の報告をみれば、報告を待たずに実施された再稼働プロセスには多くの問題があるのは火を見るよりも明らかです。
 
様々な問題をを先送りにしたまま、野田は再稼働を決定。
(津波への対応を優先度高くしつつその対策も数年先、地震対策に至っては?、仮に事故が起きた際の準備も検討中、と言う体たらくで。)

そのことに気づいている国会議員は何人いるのでしょうか。
気づいても行動に起こせないのが日本の国会議員なんでしょうか。
そういった先送りが事故の原因と国会事故調の報告が語っており、現時点では福井(その周辺)は福島と同じ道をたどるリスクがあることを告げています。
人間は同じ失敗を繰り返す、と言いますが、原発(核)の失敗の繰り返しはいずれ人類の滅亡につながります。
「放射能」という目に見えない長命な悪魔に対する恐れや想像力の欠如を目の当たりにするにつれ、原子力に関わる人々の無能さに憤りを感じます。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/07/09

国会事故調の最終報告書

国会事故調の最終報告書が出ました。
巷間のニュースの解説は踏み出し方が弱いです。もしくは方向が間違っている。

ポイントは

○事故の直接的な要因は津波だけではない。地震そのものによるダメージも考慮せよ。
○事故防止に対する対策検討が先送り・骨抜きになったになったこと。(人災、とする所以)
○事故が起こった際、政府の介入は不要。命令系統は明確にせよ。

でしょうか。
人災、となっているので災害を導いた人(たち)がいるわけですが・・・
一番の悪人は誰か、といえば「東京電力」となっています。
(大きなくくりで言えば、原子力ムラ、となるのでしょう。規制当局、すなわち原子力安全・保安院の罪も非常に重い。)

対策の仕方 ⇒ 東電の見識の甘さが原因。
対策検討の先送り・骨抜き ⇒ 東電の都合優先が原因。
政府の介入を導いた ⇒ 東電の拙劣な事故対応が原因。

東電(その他の現行の電力会社)だけに原子力発電を運営維持させることは、非常に危険なことです。
この検証を受けて、もう一度事故に対する東電の賠償や今後の対応ついて考え直す必要があると思います。

今回の報告書に対して、物足りない部分がいくつかあります。
原発そのものは地震、津波に対して、当時出来うる限りの対応を取っていれば今回の事故が防げたのかどうかについて。
突き詰めれば、原発の是非について。
この点に関しては触れていません。
畑村さん達が行っている、政府事故調の報告が待たれます。(7月下旬に報告予定)

さて、ニュースによると、国会ではこの報告書を受けて、どうすべきか検討に入ったそうです。
順序が逆じゃないですか。
報告書内容によって対応を変える、と言うことがあってはならないはずです。
この調査を行う前に目的は決まっていたのではないですか?。
報告書にはいくつか提言があるので、その提言を実行する(立法化する)にはどうすべきか、が検討されるべき内容では?
それが「国会」事故調の報告書を受けた、国会議員のあるべき姿だと思うのですが。

日本の政治家が馬鹿にされよるんは、こういう当たり前のことができんけんじゃと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/08

英世君は大勢いらない

熊本は久しぶりに朝から快晴です。

太平洋高気圧ではないせいか、空気がからっとしちょーです。
久しぶりに布団を干しましたよ。

さて、おととい、金曜日に銀行のATMでお金を下ろしたときに、間違って

「4」「5」「千」「円」

と押してしまいました。

四万五千円引き出したかったんですけどねえ。いや、ATM君が悪いわけじゃないよ(涙
諭吉君が4人で十分なのよ。つか今回、本当なら英世君の出番はなかったんよ。

とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/07

梅雨の晴れ間か、梅雨明けの始まりか

今年の七夕は晴れましたねえ。

金曜までほぼ毎日降り続けてましたが、七夕の土曜日午後には回復。
ま、月が明るくて天の川は見づらかったけどね。

天気図を見る限り、表題の問いは前者が正しいようです(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/05

ひょっとしたら

今晩(2012年7月5日21時)の天気図

120705_weather_map

梅雨前線がパシフィックハイプレッシャーに押されて北上の兆し。

これって?来週ごろは梅雨明けじゃね?

 

 

原発事故に関する国会事故調の報告書が出ました。
これに関しては言いたいことが山盛りあるので、いずれ別項で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »