« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月に作成された記事

2012/05/31

天網恢恢、疎にして漏らさず

 

老子の言葉。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/30

どうあっても再稼動したい野田と仙谷

菅 元総理が閉めた地獄の門を、野田と仙谷がこじ開けようとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/28

足元リニューアル

今日熊本は暑かったみたいです。
見たいです、というのは夜10:30頃、帰宅するため会社の外に出たら夜の空気が暖かい。つか、ヌルイ(汗)
夏ですなぁ(ウキウキ) 

さて話は変わって、GW最終日に靴を買いました。
今はいている靴は4000円くらい、台湾に行く前、1年半前に買いました。
これは履き心地は良かったんですが、外側を覆っている皮が合成で使い始めてすぐにかかとあたりからぼろぼろ剥がれはじめたのです。
まぁそれでも使い続けてましたが、最近雨がしみこむようになったので梅雨前に新しく購入することを決めました。
Amazonとか通販も考えたんですが、下通りのABCマートで買いました。
靴って、リピートでもない限り通販で買うのはちょっと抵抗がありますね。
今回のはGTHの型落ちで8000円くらいでした。
あわせて、(めったに行かない)出張用の靴も新調しました。(ABCで2足目半額だったので)

120528gt01
(2011年5月28日 新しいGT靴 Photo by FinepixF200EXR)

(捨てる予定の)今回の靴は寿命が短かったなあ。
しかも値段の割に、という気がすごくしています。
自分は服とか靴とかにあまりお金をかけないたちです。(気にしない性格です)
だから普段の見た目はぼろぼろです(苦笑)
以前の靴は2~3年履き続けた気がします。普段履く靴は2足体制です。(加えてサンダル)
出張用の靴も社会人になって2足目じゃないだろうか?
普通の靴は会社の行き帰りくらいしかはかないし、会社の行き帰りは車やし、土日も冬場以外はサンダルが多いです。
(なぜか、サンダルは軽さと強さが命、というこだわりがあります。今使っているのはかなり軽いです。)
ちなみに通常履く靴のもう一足はHCとかで買う1000円くらいのやつ(笑 
これももう2年目で底がやばい。

今回のは長持ちするといいな。・・・考えてみたら昨年台湾に行ってたので履いている時間は長かったのかな。
さて・・・
そんな役目を果たした古い靴は「ありがとう」の言葉とともに早速捨てよう。

120528gt02

(2011年5月28日 新しいGTフォーマル靴 Photo by FinepixF200EXR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/25

バスとコスト

GWのしょっぱなに高速バスによる痛ましい事件が起こりました。
あの事故現場の映像はショッキングでした。
あんな風に高速の防音壁にぶつかる例は見たことがありません。
ぶつかるというより、壁の板によってバスが縦に裂けていました。
あんなふうになるかね・・・

夜行に限らず、高速バスは普段利用することが多いので他人ごとではありません。
それくらい、高速バスというのは「コストが安い」という点で最も魅力的な交通手段です。

コストが安いと書きましたが、お隣韓国に比べると日本は大変高価です。
比較の対照を間違っていると言われそうですが、日本の高速バスの料金って結構上下が激しいのです。
博多~新宿間の高速バス料金は自分が経験した中では、下は4千円台から上は1万5千円台まで幅があります。
あまり高額なバス料金は無視することが多いので、上にはもっと上があるかもしれません。

今回事故のあった路線は富山からディズニーランド行きだったようです。
地方発、浦安のディズニー行き路線は非常に多いです。
もちろん博多発の便もあります
それだけドル箱路線なんでしょうねえ。

以下は現時点で自分がネットで見聞した内容を基にしています。
今回事故を起こした運転手は自身も複数台の長距離観光バスの運営をしていたようです。
本来は富山で休憩しなくてはいけない時間に、自身が運営しているバスの管理(トラブル対応の手配)をしていたようです。
600kmを超える距離を一人で運転していた点はそれほど問題ではないでしょう。
旅行会社が現地で運転前の休憩用ホテルを手配していることから、管理上はたっぷり休憩を取れる環境にあったようです。
運転手が距離は短い上信越を避けて、あえて遠回りになる関越を通っている点をみると、そこそこベテランだと思われます。
(疲労で上越のJCTを過ぎてしまった可能性も否定できませんが)
夜の上信越は暗い上にきついワインディンやトンネルが多く非常に疲れやすいのです。
いずれにせよそんなベテランが、休むべき時間に(自身の都合により)休んでいなかったのは大変な過失です。
これはバスの運転手に限らず、タクシー、電車、飛行機などの操縦に関わる人はすべて。
今わかっている状況から考えると、運転手の過失分が非常に大きいと考えます。

管理側の責任もあるとは思います。
事故後の国の検査によるとバス運営会社(陸援隊)には法定違反がいくつもあったようですし、マスコミはこの会社の過失も追及しているようです。

この件に関しては個人の責任のほうが多であると思います。
今回の事件を管理側の責任として、そちらの締め付けを強くしてもこの種の事故が少なくなるとは思えないですね。
今後、この検査を受けて日本の長距離バスのコストは上がるかもしれません。
 
 
  
 
ところで、
あの高速の壁の設置には問題がなかったのか、という論点はどのマスコミにもありません。(自分が見つけきらんかっただけ?)
居眠り運転で高速の壁にぶつかるにしても、あのぶつかり方はないやろ、という事故現場の映像でした。壁の設置方法によっては、今回の件に見られる大勢の犠牲者が出なかったんじゃないかと、自分はすこーしだけ思いました。
マスコミの数はいくつもあるのに見方が一個しかないんだったら、マスコミの数はいらないやん。
と、思ったら、今頃になってNHK web Newsのみ、扱っていました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120523/k10015324971000.html

『国土交通省は、この隙間が事故の被害を大きくしたとはみていませんが、より安全な構造にする必要があるとして、高速道路各社に対策を取るように要請していました。』

いやー?
被害を大きくいているんじゃねえか?
だから慌てて、全国規模で「古い基準」を見直しているんじゃねえのか???
 
 

って言うところを、何故今までマスコミは放置しとったんかよ?

 

追記:すいません。毎日新聞社のみ、いち早く(5/1時点で)疑問を投げかけていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/23

感覚が古い

群馬の親の家にはパナソニックのプラズマTVがあります。もちろん地デジ対応です。
大きさは37インチ。購入当時は\2~30万くらいだったらしい。
今、プラズマTVの価格は価格COMによれば42インチで¥7~8万
親が買ったのは7~8年前くらい(だと思う)ですが、隔世の感があります。

ビデオもHD付のものになっていて、韓流ドラマとかを録画して見て消して、という生活をしています。
さらに、コンロがガスから電気に変わってました。
息子の家には地デジテレビや電子レンジすらないというのに(ま、買えないんじゃなく買わないだけだが)
年金生活者め、うらやましすぎる。

これとは別にもう一個TVが買い換えられていました。
 
以前台所(というかDK?)にVTRデッキ付ブラウン管TV(15インチ)があったのですが、いつの間にかAQUOS液晶TV(20インチ)に変わってました。(もちろん地デジ対応)
 
・・・なんか贅沢ねえ。
ま、最近の液晶TVの安さを考えると、大したことはないかもしれません。
贅沢ねえ、なんていう感覚が古いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/22

ザク豆腐

今日、わが家の冷蔵庫、エブリワン(コンビニ)にびっくりするものが並んでいました。

ザク豆腐 MS-06

知らない人はググッてくれたまえ。
今日はさすがに買わなかったけど、もしかしたら買うかもしれない・・・うううー
我慢できるか

「・・・これはいいものだ」
と、ザク豆腐を手にするマ・クベの(手書きっぽい)絵が飾られていたのがウケた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぴねす 幸福指数

ブータンという国があります。
ちょっと前に、ブータンの若い王とそのお妃が連れ立って日本を訪れた、というニュースがあったので知っている方もいると思います。
とはいえ、昔は覚えていたかもしれないけれど、とっさにその国の首都の名前が思い出せないほどに、なじみは薄いですね。
この国は王国ですが、政治体制は王政ではなく立憲君主制。
オランダとかイギリスと一緒です。
日本もある意味一緒かなと思わなくもありませんが、うちのお天ちゃんに「君主」というほどの存在感や威厳はない気がします。
(って感じてるのは自分だけかもしれません。少なくとも日々その存在が気になるほどではない。)
ま、そんなこと言うと、めんどくさい人は世の中にいますね。
産経(フジ)や読売もうるさいか(苦笑)

ブータンは長い間、鎖国状態でした。
鎖国状態から脱し、国連にも加盟し、向かうところは経済的な豊かさではなく、国民の幸福感の向上、ということがはっきりと示されています。
 
GNH Gross National Happiness国民総幸福度 
 
報道によれば、その考え方は国民にも浸透しているとか。(ブータンの国勢調査では多くの人が幸福感を感じている、らしい)
幸福感って絶対的なものではない、と感じている人には思いもよらない考え方でしょうね。
ただ、日本(外務省?)でもそれをお手本にしようと考えて研究を始めているようです。
日本だけでなく、世界にも影響を与えているようです。
価値観の押し付けではないか、と言う人も現れそうですが。
アメリカあたりのエコノミストなんちゃらとか、は、満足しないこと(不満感)こそが経済成長の源だからそんな概念はおかしい、と批判しそう。
日本も地方自治体レベルで、この概念を取り入れてほしいな。
 

 

ところで、ブータンの首都はティンプーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/21

日食見れませんでした

今日、熊本はほぼ一日中、曇りでした。
日食は一部の地域では雲間から見えたらしいです・・・
自分は見れませんでした。
ネットで見る日食は綺麗ですな。

次は18年後に北海道で金環食、23年後に関東で皆既食が見られるそうです。
おいら、ジジイだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/20

群馬ローカル

明日は金環食がありますが、九州のお天気は厳しいようです。
天気図見ると、東シナ海の前線を伴った低気圧が日本に近づいています。

120520_weather_map

さて、話は変わりますが連休中の関東は雨が多かったです。
自然、TVで天気予報を見る機会が多かったんですが、NHK(関東の)を久しぶりに見ていて気が付いたんですが、関東ローカルのあとに群馬ローカルのニュースと天気予報をやっていました。
なぜ群馬ローカル?
群馬だけなんでしょうか?
神奈川とか千葉ローカルもあるんでしょうか。
あまり深く探りたいとは思いませんが、謎です。

ちなみに、4月から熊本市は政令指定都市に変わりましたが、TV関係の編成変更は聞いたことがありません。(当り前か?)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/18

アメリカ嫌い

自分はあからさまにアメリカ政府に対する嫌悪感を抱いています。
このブログにも、そういう気持ちの表れが端々にある、と思います。

社会人になって出来たアメリカ人の友人はいます。
多くのアメリカ人は陽気で大雑把で、しかし合理的で好奇心が旺盛です。
そんなアメリカ人は大好きです。

ですが、政府は嫌い。
国内外でよくわからない正義を振りかざす一方で、最終的には自国の国益(ごく一部の人や団体の利益)にしか目にない。
国内には多くの人種が生活しているが、一方で根強く残る人種差別をなくそうとしていない。

何がきっかけだったのか。
一番は原爆(核兵器)に対する考え方でしょうか。
原爆はナチによるホロゴーストと同じ悲惨さを持っているにもかかわらず、彼の国での扱いは天地ほどの差があります。
そして、沖縄問題含めた対日本政策における横暴と不平等。
この問題がある限り、日本とアメリカが対等に友好的な関係である、とは決して思わない。
これはアメリカ政府だけでなく、日本のへっぴり腰の政治家にも非があります。

まぁ、虫が好かん、くらいに読み取ってちょうだい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/17

法人優遇

大手銀行がようやく法人税を払えるようになった、というニュースがありました。
いくら生活が厳しくても税金を取られる運命にある庶民からすると、なんだかよくわからない待遇の差です。

基本的に税金は軽くあるべし、というのが私の持論です。
そのためには、政府や自治体は小さいほうが良い、と考えています。

もちろん法人税も少ないほうが良いと思います。
だからといって、累損があるうちは税金を払わなくてよろしい、という制度はどこかおかしい。
税金を払わない会社の経営者には法で定めた最低賃金(時間給で4~500円ていど)にすべし、とか何かしらのカウンターを考えてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/16

ボンネット、変えたい・・・

自動車税の通知が来ました。
以前熊本県では、一回だけネット支払が出来たのですがその後継続せず。
(Yahoo!の公金支払いを通じたクレジットカード決済が可能だった。沖縄除く九州6県のうち、現在利用できないのは熊本、大分の2県って、何で?)
辛うじて、コンビニ支払は可能になっていますが、その他の公共料金同様カード支払いは不可です。(ファミマTカードはクレジットカード支払い可)
先日通知が来て、すぐにコンビニで支払いました。年間4万円弱の自動車税は高いか安いか。

さて、うちのインプレッサ君のボンネットってアルミ製で軽いのが売りです。
これに慣れてしまうと、鉄製のボンネットのあまりの重さに驚いてしまいます。
これをインプレッサ乗り始めて10年記念として変えてしまおうかと計画しています。
何に変えるというと、FRPカーボン製のボンネット。

それだけで10マソ近くします。ん~。
税金どころの騒ぎじゃない。

・・・しかし車の買い替えよりは安い。
恐らく、近い将来(数年以内)にはクラッチ交換とかあるやろうしな~・・・

まだ本当に変えるかどうか、あくまで計画しているだけで未定のお話でした。

2008/05/08 のブログ記事「公金のクレジット払い(自動車税)」
http://pon-blue.way-nifty.com/sora/2008/05/post_3f63.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/15

沖縄返還

沖縄が5月に日本に返還された、というのを知ったきっかけは杉山清貴さんの歌でした。
「OKINAWA IN MAY」
沖縄に「フェンス」がなくなる日が早く来てほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

日蝕 一週間前編

いよいよ来週です。

週間天気予報では、熊本は曇り。
西日本の多くの地域では雲が多い、という予想です。
一方、愛知以東では曇り時々晴れ、という予想です。
そして、確度もやや高めの予想。
厳しいかも、です。
まぁ、まだ一週間あるから。

日が欠けるというのは、その仕組みが知られていなかった時代では大変恐れられていた現象です。
不吉の前兆と見なされていました。
今では大違いです。
曇るなよー、雨降るなよー、なんて願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/11

休み中に「管仲」を読みました。

管仲、字は夷吾。潁上の人。
鮑叔(鮑叔牙)との親密な友人関係は後世に「管鮑の交わり」と呼ばれる。
古代中国、春秋時代の斉の宰相となって、主君の桓公を春秋時代初の覇者とした。

自分が知っていたのはこのくらいです。
ただ一般的に中国で名宰相といえば、管仲の名が一番に出てきます。
それくらいメジャーな人です。

宮城谷さんの作品に名宰相と呼ばれる人を題材にしたものは他にもあります。
伊尹、太公望、百里奚、晏嬰、楽毅、孟嘗君、呂不韋などなど。

管仲が書かれたのはずいぶん後になってからのようですし、自分自身も管仲を読むのは避けていたところがあります。
メジャーな人物を扱った作品に対する、今さら感、とでも言いましょうか。

さて読んでみて意外だったのは、管仲の印象が薄い。
前半、管仲の悲恋が大きな部分を占めます。すくなくとも管仲自身の心の影となっています。
肉親に関する相克や葛藤も合わさって、普通の人、という印象です。
管仲には別な女性との出会いがあり、その悲恋の相手とは終盤に意外な形で再会します。
その辺に共感する部分がなかったからかもしれない。

むしろ、自分は鮑叔に魅かれていました。
この本を読む前から、鮑叔のほうに好感があったからかもしれません。
彼には管仲に比べて運の良さ、というものがあるように受け取られがちです。
それはこの本の中でも触れられていますが、自分はそう思えない。
物語の終盤に鮑叔の影はほとんど消えてしまいます。

主人公よりもむしろその脇にいる人物の印象が強く残る。
宮城谷さんの作品にはこういう印象の作品が他にもあります。
「重耳」(晋の文公)における孤堰もそうです。
ただこの場合、自分はこの作品を読む前に孤堰の名をよく知らなかった。

中国の歴史ではそういう脇役が重要な役目を果たす、ということが多いように思います。
そういうことも無関係ではないのかもしれません。
でも歴史上の本来は斉の桓公を主役として脇役(補佐役)が管仲になるのですが・・・

史書での管仲の活躍は桓公の補佐を始めてからになるのですが、この本ではその時点で既に終盤です。
なんとなく宮城谷さんが意図的に、そのような印象を持つように仕向けている気がしてなりません。
ともかく歴史上、晏嬰と同じかそれ以上の評価をされている管仲を題材にしたお話としては、同じ著者の「晏嬰」ほどのインパクトはありませんでした。

うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/10

ふらんす

ふらんす、ついでに。

「ふらんすに行きたしと思えども ふらんすはあまりに遠し」

群馬の詩人、萩原朔太郎の「旅上」の一節です。
連休中に、姪たちと子供向けTV(ETV)番組を見てたら出てきました。
小錦(コニタン)が出てくるやつです。
子供はこれを見て何と思うのか・・・

ちなみに、
熊本に帰って、調べてみたら続きはこうなってました。

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん。

汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。

なんとなく枕草子のような雰囲気もあります。
テンポがいいです。
一つの場所にとどまっていない、躍動感のある感じが素敵。
後半の「みずいろ」や「五月」「しののめ」「うら若草」が淡いながらもカラフルで、パステル画のようだけど力強い。
ふらんすにいきたかったけど遠いからきままに近くに行ってみよう、という導入から相反する対比をひとつにすっぽり収めた感じもなかなか。

そういえば、東雲色の紹介を同じ番組の別コーナーでやってたな。
出演している子供が、山道を走る汽車の中で冒頭の一節を詠んで、くすくす笑っていたな。

この詩の全体を知らないと、あの番組の内容は20%くらいしかわからないぞ?
ETV、子供向け番組作るのに全力すぐる(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/09

ふらんす ・ 選挙

フランスで大統領選挙が行われ、サルが負けてオラが勝った。
オラはサルの進める緊縮財政に反対していたが、今後EU全体の問題と絡めるとどうなるのか。

現在のフランスの失業率は10%くらい。
EU全体の平均失業率もそのくらい。
もちろん、ギリシャやスペインは20%を超えており、イタリアで9%、ドイツで6~7%くらいだったか。
日本は4~5%くらい。

物を作る仕事は先進国では生み出しにくくなっている。仮に作っても高価で売れないか、数がさばけない。
これから先、雇用の機会を作る場合、頭を使う仕事かサービス業ということになる。
仕事数の間口が広い(働き手に対する要求が低い)のは後者、いわゆる第3次産業ってやつだ。
サービスをする側とされる側でお金の循環があれば(そして続けば)よいが、そんなことって可能なんだろうか。

120509_shitsugyou

googleのリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/08

閃輝暗点、またの名を、ギザピカ 再来

GW明けたばかりの仕事中のこと。
久しぶりに目の焦点にもやもやが発生し次第に広がって、ギザギザ(▲△)が半円状につながってピカピカもやもやする状態になりました。
 
「閃光暗輝」とか「閃輝暗点」とかいうやつです。
5~6年前くらいから、時々起るようになっています。
Wikiには偏頭痛の前兆とあるけど、書かれてあるほどの激しい頭痛はありません。

3~40分程度でおさまるので、特に病院に行くことなくほっちょいてます。
考えてみたら台湾に行っている間はなかったような気がするねえ。

4年前にも書いてました。
http://pon-blue.way-nifty.com/sora/2008/04/post_5b43.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/07

GWが明けました。

今朝はいつもより車が多いなあ、なんて思いながら会社に行きましたが、休みボケですかね。
GWであっちこっち乗り回して疲れている車のメンテナンスは、梅雨前にある程度行っておくのが吉です。
自分は全く乗り回していないのですが、梅雨前の準備はしておきたいところです。

一般的にはオイル、タイヤ(足回り)でしょうか。
洗車ついでのワックスコートもいいですね。
この他、ウォッシャー液、ワイパー、ガラス(ウインドウ)、ミラー、ライトやウインカー、なんかも必要に応じて。

・・・そういえば、今年車検でした。(一昨年車検してからまだ数千キロしか走ってねえわ・・・)

続きを読む "GWが明けました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/05

きかん

・・・と、書いているまに、本日熊本に帰還しました。
およそ7日間、熊本を留守にして群馬にいたのは実質5日間。
関東は遠いね。

今回群馬に行った最大の目的のネタは重い(長期入院&介護とか)ので、多分しばらくはブログに書きません。
別な話で書くかもです。たとえば、
○長距離バスで関東(群馬)に行ったら、いきなり長距離バスの事故のニュース。しかも藤岡JCTなんて、近所やし。(自分が事故の当事者ではありません)
○この5日間群馬にいる間、3~4日間は雨でした。関東方面は記録的な豪雨だったみたいです。
○群馬にはやたらといっぱい郊外型ショッピングモールができとった。コストコすらあった。
親の住んでいる所が伊勢崎・前橋・高崎にほぼ等距離という微妙に便利で不便な場所なので、どこでも行けちゃいそう。
伊勢崎のカインズ並みのHCが熊本にも欲しい。あるのかもしらんが。
○雨の中、走行中のBRZと、アクアを見た。BRZはすれ違いざまだったのでよく見えんかったけど、アクアはやっぱかっこいいかも。(あの水準では)
○バスが、第二東名を走ったらしい。福岡行きの最初の休憩所として、「駿河湾沼津SA」に止まっていた。
4月14日に供用開始、だけあって綺麗で広い。お客の数もハンパネエ。

・・という感じで、ネタはたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州~関東の移動費

お休みには群馬に住んでいる親のところに行きます。
熊本から群馬まで、自分の車で行きたかったんですがガソリン高のためあきらめました。
空路でこの時期の正規料金を払うのとそれほど変わらん、という算盤勘定だったためです。
ちょっとした旅行気分で行く、と考えれば許せるかもしれませんが。

今回も、割安なバスを利用します。以下片道料金。
熊本~福岡間が1600円(ひのくに号回数券)
福岡~東京間が10000円(高速バス)
東京~群馬間が1600円くらい(JR)
往復で26400円ナリ。

空路(正規)では片道で39400円かかります。往復でおよそ8万円!!
自動車は片道、ガソリン代2万円、高速料金(割引利用)で12000円。往復で64000円!!(

以前九関ラリー(九州~関東)と称して何度か走りましたが、当時のガソリン単価は110~120円(ハイオク)くらいだったから出来たんですね。
高速料金1000円という夢のような時期を除けばもちろんバス利用より高いですが・・・。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/04

耐震偽装事件のその後

さて、今回は昨日の伏線を書いておいて本題です。
実は3月11日、東京含め関東地方も結構揺れたらしいです。
しかも比較的長い時間。
うちの両親が群馬に住んでいますが、聞くところによればいつ終わるとも知れないような長い揺れだった様子。
以前聞いたことのある話ですが、関東平野はローム層など地層的にやわらかい地層の上にあるため、地震が起こるとその揺れの影響で長周期の揺れが発生、揺れの波が関東平野内に閉じ込められた形になり長い時間揺れが続くらしいです。
そんな現象が、東日本大震災の時にも起きたのかもしれません。

そして時間をさかのぼって6年前。
違法建築マンションの事件がありました。
耐震基準を満たしていない、ずさんな建築のマンションが格安で売られた事件です。
引っ越しを余儀なくされた方も大勢いたはずです。
さて、あの時の違法マンションはあの後すべて建て替えられたのか。
昨年の地震の際にはすでに耐震基準を満たしたものになっていたのか。
そんなことが気になりました。

ググってみてもそれらしい記事は見つかりませんでした。
建物の倒壊はなくても、大きなひびが入ったとかちょっとでも被害があれば、何かしらネットに上がると思いましたけど、見つけきらんかったです。
昨年、自分は台湾にいたし耐震偽装事件のことなどすっかり忘れてました。
あの事件で建て直しが行われた結果、倒壊する建物、被害の出た建物が一切なかったのかもしれません。
まぁ耐震偽装事件を正当化するつもりは毛頭ありません。
あんだけ騒いでおいて、いざ地震が起きた時に耐震基準の話が出ないのはなんか変だな、と思っただけです。
やっぱり耐震基準を満たしていれば被害はない、という情報でもいいとおもうんですけど。
このへんに、過去の大騒ぎを反省しない報道の在り方が重なって見えた、というお話でした。
せめて大勢の人が見る時間帯のニュース番組にそういうコーナーがあるといいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/03

報道の反省会ってあるの?

昨年3月11日に起きた地震は非常に大規模なものだったようです。
当時の報道の印象としては宮城福島の沿岸部に大きな被害があった事が伝わっています。
実際には茨城北部でも大きな津波の被害があり、東北頑張れという印象が強い一方で大きな被害は東北だけではないことも事実として伝えられるべきかなぁと思います。
報道(もしくはジャーナリズム)というのは、その報道の媒体を使った反省会はしないんでしょうか。

こんな書き方すると、不満を載せているように見えますね。
そうじゃないんですが。
あの混乱している最中、人々に誤った情報や偏った情報を伝えてしまうのは仕方がないと思うんです。
かといって報道そのものを悪とすることは出来ないと同情する気持ちがあります。
だからといってそのまま放置しておくのはどうか?と考えるんですよね。
権利もあると思うが、義務はどうか?

これは実は次に書くことの伏線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/02

日蝕 予告盛上がり編

5月21日朝、金環日蝕が起こります。
関東南部から東海、紀伊半島南部、九州南部にかけての地域で見ることができます。
前回、皆既日蝕は2009年にありました。
結構盛り上がりました。
自分は会社の駐車場で、ピンポイントに見ました。
雲が多かったのですが、なんとか。
日蝕が始まり、徐々に空が暗くなっていくのが分かって興奮してましたね。
熊本では部分蝕でしたが、九州南方の島々から中国本土方面にかけての地域では皆既食が見られる地域だったため、大勢の人が出かけて行ったようです。
なかなか見られない天体ショーなので、可能であれば自分も皆既食見たかったです。

さて、5月21日。
日本ではちょうど梅雨入りの時期じゃねーかなー、という心配があります。
富士山山頂とか、飛行機機上とか、雲の上に出られるような場所は確実性が高いですね

前回、
>熊本だと、人吉~水俣はぎりぎりだけど、八代あたりは微妙です。
>確実に金環に見えるのは球磨川以南、と言い換えたほうが良いのかな。

なんて書きましたが、少し訂正します。

人吉~水俣あたりはぎりぎり、八代は市内でも南部ではぎりぎり金環になりそうです。
八代市と山都町、大分、熊本、宮崎3県の県境が接する地点を結んで、大分津久見に抜ける線より南側でぎりぎり金環食になるようです。

20120427

上図の黄色線より南側が金環食になると予想される。

球磨川以南は確実ですが、球磨川以北でも八代市南東部や五木村のどこぞの山の上(東の空が見渡せる場所)とかでも、金環食は拝めそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/01

素敵すぎます。

先日、会社の人が台湾出張に行ってました。
前回出張に行った際にはお願いしていたんですが、今回バタバタして出かけて行ったのでお願いするのを忘れてました。

これ。

120427_7d

言わなくても買って来てくれるなんて、素敵です。
ありがとうございまっす!!

前にもブログで書いた気がするんですが、台湾のコンビニに売っている7Dのドライマンゴーです。
日本でも通販で購入可能。(日本仕様の小さいパッケージ)台湾で買ってくるより割高です。
自分としては台湾で比較的簡単に手に入って、しかもおいしいのでお土産には最適じゃないかと思っています。
しかし、マンゴーは台湾産ではなく、フィリピン産。
7D自体もフィリピン企業です(w
もちろん、ドライじゃなくて生の台湾マンゴーにはもちろんかなわないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »