« のうのうとしててはいけない | トップページ | 赤と黒 »

2012/03/11

あの日から

もう一年。
長かったようでもあり、あっという間のようでもあり。

先日、ワンセグのNHKスペシャルで当時の映像を見ました。
自分はその日に台湾にいたためか、今回見た映像は初めて見るものが多くありました。
今見てもやはり大きなショックです。

なかなか地震後の復興が進まないのは、その規模が大きかったこともあると思います。
阪神淡路の何倍も大きく広範囲で、文字通り日本のほぼ半分が大きな被害を受けていたんですね。

でもやはりそれだけではない。
大きな原因はやはり原発。
原発さえなければ日本人同士が憎しみ、いがみ合うようなこともなかったろうに、と思います。

地震直後に残った人々の間で非道な混乱もなく、そのことで世界中で日本人は称賛されていました。

それなのに、今はどうでしょうか。
地震後のがれきの引き取りに対し明らかな嫌悪感を見せる某県の人々。
その他の地方でも同様の姿が見られます。
(多摩)川一本しか隔てていない、隣の東京都はその点、すばらしい決断をしたと思います。
現在、震災がれき受け入れを決めている市町村があるのは青森県、山形県、東京都、静岡県の4都県のみ。

先日、枝野君がNHKニュース9に出てました。
そこで、彼が、原発というものは一旦事故が起こると、とても多くの人を長い期間にわたって不幸にするもの、と言った内容のことを話していました。
このことを聞いて、彼の原発に対する基本姿勢が分かったような気がします。
菅君にはもっと頑張って欲しかったですが、枝野君にも頑張って欲しいと思います。

 

 

大勢の犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

また、未だに避難されている方は30万を超えているそうです。
普段の生活を取り戻そうと必死に頑張っている人の数はたくさんいらっしゃると思います。
思うように行かなくても、以前の生活とまったく同じと言うわけに行かなくても、一歩づつ前へ。
今は足元しか見えてなくても、目線を少しづつ上に上げて遠くを見るようにしていって欲しいと思います。。。

|

« のうのうとしててはいけない | トップページ | 赤と黒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの日から:

« のうのうとしててはいけない | トップページ | 赤と黒 »