« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月に作成された記事

2012/03/29

NANDフラッシュの市場価格

昨年9月、スマホ用に32GB@Class4のマイクロSDを購入しました。(SanDisk製)
送料込みで3780円。
2011年9月のことです。

さて、そして今は2012年3月末。
半年経ったわけですが、Amazonをのぞいて見ると、同じものが1930円で売られています。
ほぼ半額ですよ、あーた。

SamsungのマイクロSD 32GB@Class10が3990円で売られていました。

メモリ価格の下落スピードは激しいです。
そりゃ、お客さんも必死になるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/27

風の行方(2012/03/27)

このタイトル久しぶりだな~~
(調べてみたら2010年1月以来でした・・・
http://pon-blue.way-nifty.com/sora/2010/01/20100107-719c.html
 

会社が考えている近い将来の景況見通し(景況感)について、従業員に説明しているという点で、うちの会社は上意下達がしっかりできていると感じます。
景気が悪いときはもちろん、良いときもです。
最近の見通しは厳しく渋くなっており、日々の業務に対する締め付けも比例して厳しくなっています。

一方、アメリカでは景気動向を示す指標に明るいものが見えてきているようです。
アメリカの景気が良くなり始めたきっかけは何でしょうね。
詳しくは分かりません。
断片的な情報しかないので、その中での推測ですが、

○アメリカは今冬の寒さが厳しくなかった。(史上4番目という記録的な暖冬だったらしい)
○オイルシェールの実用化が進み、エネルギーにかける費用が下がった。

というところが地味にドライブしているのではないかと思っています。
 
 
先週末(2012.3.23)に発表された2月の米新築住宅販売件数について、前月比で1.6%減、という部分で米債券市場は今週頭には上昇。
しかしこの住宅販売、前年比で11.4%も増加しており、価格も上昇してます。
NYの株価のほうはその部分を評価して金曜月曜は上昇して終わってます。
住宅市場が好転しているところを見ると、アメリカの景気が良くなりつつあるのは間違いないでしょうね。
(住宅市場の好転、というのは景気に対するインパクトが非常に大きいのです。)
ベンちゃんとかが頑張っている金融緩和とか、あまり関係なさそうです。

日本の景気の動向はどうなんでしょう。
楽観的に言えば、アメリカ経済に寄り添う日本の経済、という図式から先行き明るそうな気がします。
いわば、外需に支えられるんじゃないか、というものです。
ただ、日本製品の競争力なんてあまりにも悲惨な状況なんで、今までどおりということにはなるまいよ。
他力本願じゃいけん、ということかもしれんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカが撒き散らす世界の闇

2012年の3月もいよいよ今週で終わり。
 
今月は急激な相場上昇感を感じた月でした。
ガソリン価格も上がりました。
ハイオク160円台はきちいわ。
 
これもアメリカとイランのいがみ合いのせい。
オバマ君を始め、アメリカのガバメントはほんと、余計なことしよる。

隣の半島は来月ロケット打ち上げ予定を発表。
いがみ合いのない関係であれば宇宙開発に関して応援したいところです。
「信頼」のない関係というのは、ロケット打ち上げ、と発表しても、イコール 弾道ミサイル打ち上げ実験、と解釈されてしまう。
 
真実はどっちか、なんて関係ありません。
事実、ロケット技術はそのまま弾道ミサイル技術につながります。
これは、アメリカ然り、旧ソ連然り。
日本ですら、国産ロケットを開発する際にはずいぶんアメリカ政府から警戒されていました。
(それは1969年締結の日米宇宙開発協力取極によって縛られるものとなっています。)
そして未だに、日本の宇宙開発に関してアメリカの圧力(妨害?)は小さくありません。
ロケットばかりでなく、航空機ですらそうです。

言いたいことは、
アメリカ政府の横暴さはちょっと度が過ぎちょる。

そりゃ世界から嫌われるし、テロもなくならんわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/26

月曜日に月の話題?

今日の夕方、西の空を見ると。。。。

20120326_series3

上から金星、月、木星です。
スマホのカメラでは無限遠にピントが合わんッッ

熊本は空が広くて素敵だネo(*^▽^*)o

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/25

熊本県知事選

今日、熊本は県知事選挙の投票日。
とことこ歩いて投票しにいったよ。

いい天気でしたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷村有美のラジオ

うちには地デジTVがないので、最近ラジオをよく聴いています。
月曜日の夜に谷村有美の「それなり+」っつーのがやっていて、久しぶりに谷村有美の声を聞いたのです。
んで、先日ふとしたきっかけで、谷村有美をググッたら、彼女の旦那、

「日本マクドナルド」の代表取締役会長兼社長兼CEOの原田泳幸氏

いやー、びっくり。知りませんでした。
ラジオでは私生活にもよく触れていて、旦那のことを

「うちの旦那は家ではかまってちゃん」

とか言いよるし。(聞いたときはまったく知らなかった。思い出してフイタw)

マックの社長に原田氏が就任してからというもの、すごい勢いあるよね。
新しいアイデアも飛ばすしなー
そんな凄腕CEOをさして「かまってちゃん」って(w

それはさておき、谷村有美のラジオ、ざっくばらんで面白いよー

高校生くらいの時に聴いていた。↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/13

天気がいいので木金

先週はずーっと天気が悪かった熊本ですが、先週末から回復傾向にありました。
一方、気温は急降下。
日曜から最低気温が5℃を上回らない状態になっています。
今日なんて、氷点下でした。
天気はいいのですけどねー。寒いのはやーねー

寒いのはここ数日続き、週末からは気温が上がるみたい。だけど天気は下り坂・・・

夕方~夜9時頃、西の空にひときわ明るく輝く星は、宵の明星と呼ばれる金星です。
その左隣にも明るい星が輝いています。これは木星。
この二つの星は、明日14日に再接近します。
これまでに(見た目)少しづつ近づいてきた二つの星。
明日より先は少しづつ(見た目)遠ざかっていきます。
26日には木星・細い月・金星が等間隔で並びます。
*近づくとか、遠ざかるとか、並ぶ、とか書いてますが、あくまで地球から見た場合のお話。
実際のこの星たちの間隔は、途方もない距離デス。

木星は望遠鏡で見ると縞々の模様が見えるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/12

赤と黒

昔、NHKの人形劇で「プリンプリン物語」と言うのがありました。
つい先日、赤と黒の服?だか車、だかを見たんです。(今となっては何がきっかけか忘れてしまった。)
赤と黒、といえばヘドロ。
プリンプリン物語の登場人物の悪役の女性にヘドロと言うのがいて、彼女の好きな色が

このヘドロ、正確にはランカーという悪徳商人の手下でランカーを女として慕っているという役。
このランカーがけち臭い理由で主人公のプリンプリンに結婚を迫り続けることに嫉妬して、主人公に数多くの嫌がらせをするのでした。

ヘドロの歌
 わたしはヘドロ ヘドロ 世界で一番いい女
 好きな色は 赤と黒
 レッドアンドブラック レッドアンドブラック
 赤は血の色 黒は罪の色 オレッ!オーレッ!

ようつべで動画見つけましたが、途中からのリンクになります。↓

http://youtu.be/qw8IT9I9v-Q?t=3m38s

こちらは、「世界お金持ちクラブの歌」 数の子がキャビアとかと並んで歌詞に出ているところが時代を感じさせるねえ。

主人公のプリンセス プリンプリンはこちら↓

自分が小学生2~3年の頃のお話です。
TVアニメの話になりますが、ファーストガンダムとまったく同時期ですね。

自分の年頃的に、そういうことを受け入れる部分があったのかもしれませんが、とにかくこの頃のTVのインパクトは大きく、激しかったです。
何かにつけて、未だに良く思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/11

あの日から

もう一年。
長かったようでもあり、あっという間のようでもあり。

先日、ワンセグのNHKスペシャルで当時の映像を見ました。
自分はその日に台湾にいたためか、今回見た映像は初めて見るものが多くありました。
今見てもやはり大きなショックです。

なかなか地震後の復興が進まないのは、その規模が大きかったこともあると思います。
阪神淡路の何倍も大きく広範囲で、文字通り日本のほぼ半分が大きな被害を受けていたんですね。

でもやはりそれだけではない。
大きな原因はやはり原発。
原発さえなければ日本人同士が憎しみ、いがみ合うようなこともなかったろうに、と思います。

地震直後に残った人々の間で非道な混乱もなく、そのことで世界中で日本人は称賛されていました。

それなのに、今はどうでしょうか。
地震後のがれきの引き取りに対し明らかな嫌悪感を見せる某県の人々。
その他の地方でも同様の姿が見られます。
(多摩)川一本しか隔てていない、隣の東京都はその点、すばらしい決断をしたと思います。
現在、震災がれき受け入れを決めている市町村があるのは青森県、山形県、東京都、静岡県の4都県のみ。

先日、枝野君がNHKニュース9に出てました。
そこで、彼が、原発というものは一旦事故が起こると、とても多くの人を長い期間にわたって不幸にするもの、と言った内容のことを話していました。
このことを聞いて、彼の原発に対する基本姿勢が分かったような気がします。
菅君にはもっと頑張って欲しかったですが、枝野君にも頑張って欲しいと思います。

 

 

大勢の犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

また、未だに避難されている方は30万を超えているそうです。
普段の生活を取り戻そうと必死に頑張っている人の数はたくさんいらっしゃると思います。
思うように行かなくても、以前の生活とまったく同じと言うわけに行かなくても、一歩づつ前へ。
今は足元しか見えてなくても、目線を少しづつ上に上げて遠くを見るようにしていって欲しいと思います。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/10

のうのうとしててはいけない

公務員のつくるブログを見ました。

現在の大きな借金のままでずっといいというわけではありません。しかし、「いますぐ返さなければ大変なことになる」などといった「脅し文句」は、社会保障などの公共サービス削減や公務員労働者の人件費削減、そして、消費税増税のための口実でしかありません。

とありました。

・・・。

この前段で、日本の国債依存の会計に対するマスコミなどの批判は、日本のバランスシートを良く見ればまったくの事実誤認であり財政破綻論は大ウソである、とあります。

・・・。

 

いち政治家ではなく、公務員自身がこのような感覚であることに慄然としました。
すべての公務員がこのような被害者妄想にとらわれているとは思いたくありませんが。

日本の抱えている借金は、今すぐ減らす方向にしなけれな大変になる、は「脅し文句」ではありません。現実の危機です。
社会保障など公共サービスのきりつめや、公務員の削減そのものは急務です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/09

熊本はずっと天気悪いです。

今朝も雨でした。
日中少し薄日が差したような気がしましたけど、おおむね曇りの一日。
今週、晴れ間が全くなかったように思います。
今週に限らず、ずーっと天気がよろしくない感じですねえ。

雨に交じって、黄砂も舞っているようです。車の窓にあたる雨粒の中に細かい粒子が見えます。
黄砂かな?花粉かな。
良くわかりませんが、今年の花粉はあまり多くないという話なので、おそらく黄砂でしょう。
黄砂も春の便りです。
少なめにお願いしたいです(w

雨ですが、暖かい日が続いているのはありがたいです。
明日は少しだけ晴れそうな予報です。日曜からまた少し寒くなりそう。嫌やなあ。
週末、洗濯して干したいけど、コインランドリ行きかな・・・、混んじょるやろなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半導体産業は成熟産業か

その昔、「鉄」は産業のコメ、と言われてました。
日本の製鉄業は世界に肩を並べるほど飛躍した時期もありました。
日本は資源がない国です。
資源をよその国から購入(輸入)し加工して付加価値をつけて販売(輸出)する、というのは教科書に書いてある説明です。
製鉄業は成熟産業と呼ばれるようになりました。

「成熟産業」の定義は難しいですが、
一般的に言えば、その産業の作る製品(商品)の普及が進み、必要と思う誰もが手に入れられるようになり(普及率の成長が鈍化)、かつ、製造の特殊性が薄れて誰でもどこでも製造している状態の産業を指すものだと理解しています。
最近のニュースでは、コモディティ化、と呼ばれることもありますね。(製品の成熟化に対する表現)
成熟産業の製品は、スケールメリットや生産地の選択により製造コストを下げられる製造元がその産業界で大きなシェアを握るようです。
すなわち、基本的に特殊性の薄れた成熟商品はいかに付加価値を積んでもコストに勝る価値を見出しにくい、ことを意味しています。
製造側からの表現で言い換えれば、商品の差別化がしにくくなっていることです。
製鉄業は成熟化して以降、世界の製鉄屋は統合が進み大規模化の方向に進みました。

時代が移り変わり、ちょいと前には半導体も産業のコメと言われるようになりました。
半導体製品は世代交代や技術の進歩が目まぐるしいと言われますが、基本的な構造はそれほど変わっていません。
商品の成熟化、という意味で見れば、現在の世界的に広がるネット環境を支えているのが半導体製品であることを考えれば、ここ10年で成熟化が大きく進んだと言っていいでしょう。
半導体製造工場も少し前まではアメリカ、ヨーロッパ、日本、という限られた場所でしか作られていませんでしたが、今では世界各地、特にこれまで発展途上と言われてきたアジアの各地に工場が建っています。

半導体の使い方に対する自由度(インターネット、モバイル等)は多様化してますが、半導体そのものの多様性は上がっていない、というのは面白いことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/08

東京都の幻想

東京都を筆頭にした勢力が東京オリンピック招致を進めているそうです。
2016年の招致が不成功に終わり、あきらめたと思っていました。(2016はリオデジャネイロ)
しかし、いつの間にかその次の2020年の招致活動に名乗りを上げていました。
さらに言えば、東北の(国際的には、日本の)復興とリンクさせた形で招致を成功させたいらしいです。
オリンピック招致が復興とリンクするかは甚だ疑問です。
が、それはさておき。

オリンピックには招致活動含めて費用がかかります。
招致に名乗りを上げるだけで多額の申請費用を要求するIOC(国際オリンピック委員会)の無用な発言力拡大にもつながっていると想像しています。
誰がそれを負担するのでしょうか。
今年のロンドンオリンピックは、コストをかけないオリンピック、が売りだったはずですが、結局のところ前々回のギリシャオリンピック並みにお金がかかりそうです。6000億円くらいだった見込みが今では2兆円を超える、といわれています。
ギリシャが今、大変な債務問題でユーロの危機を招いていますがオリンピックはその遠因になっていると思います。

 
話は変わりますが五輪運営には電気を使います。
原発が再稼働する見込みのない今、五輪の際に電気が足りません、ということになる可能性が高いんじゃないか。
それくらい原発再稼働は難しいはず。
オリンピックがいまから8年後のことだとしても、放射能の半減期に比べれば微々たる物。
原子力のものさしで考えれば、今のトラブルが8年後に解決しているとは思えません。
原発のある地元の人は、8年もたてばあの事故を忘れられるでしょうか。
まさか、オリンピックを言い訳に原発再稼働とか考えてないよね?

 

今の五輪は消費活動を活発にします。
それは多分間違いありません。一時的にはね。
現代五輪は消費することを美化する祭典、という側面もあるからです。
テレビなどが売れたりしますね。・・・ほかに売れるのは何だっけ?
公共投資なども行われるでしょう。(その後の維持など考えない、箱物行政)
だからこそ、景気テコ入れにオリンピック招致を考えている人は多いのです。
オリンピックで大きなお金が動くようになったのは、ロス五輪からだといわれています。
でも、幻想ですよ。インフラが必要な発展途上の国のオリンピックならいざ知らず。
たそがれの日本、消費自体がそれほど美徳とされず節約倹約蓄財が尊ばれる(その志向が強い)日本で、オリンピックを景気てこ入れに考えているのは間違いです。
運営側は観衆の財布の紐をこじ開けたくて仕方がないが、多くの観衆、特に日本人が東京でのオリンピック開催に望むのは、わざわざ高いお金を払って海外に行かなくても観戦でき、開催地と時差がないことくらいしかメリットがなく、招致側のお金の循環が(一時的にでも)良くなるのはせいぜい開催地(東京)近辺だけ、と冷めて見ている。
儲かるのも、政治家やスポーツ関係者、マスコミ、一部企業のみだけ。
いわばオリンピックも一種のバブルのようなもの。
一時的な打ち上げ花火程度にしかならず、むしろその後の重い債務負担にあえぐ姿が容易に想像できます。
果たして、今の日本にそれは必要なん???
 
イタリア・ローマは経済事情から2020年の五輪誘致を断念したそうです。
五輪に経済効果があるならば、むしろローマは進んで招致活動にやっきになったことでしょう。
ローマの現首相マリオ氏は経済通だけに(経済学者)その弊害を良く知っているのでしょう。

というわけで、私は明らかに2020年東京オリンピック招致には反対です。
こういう意見は少数ではないようです。
ほかの開催招致候補の国に比べると日本は国民レベルでオリンピック開催に対する共感度が低い、という調査結果(IOC)となっています。
賢明なことです。

ちょこっと言い訳:
オリンピックそのものにはたくさん感動をもらっているし、スポーツのメリットには共感します。
日本で行うことに、メリットよりもデメリットを多く感じるだけです。

長野五輪の経済効果についての論文
http://www.waseda.jp/sem-muranolt01/KE/KE0114.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/07

梅は咲いたか、桜はまだかいな♪

うちの近所の梅が咲き始めました。
こうなると気になるのは、太宰府の梅(梅が枝?)。

天満宮の飛梅は見ごろみたいです。
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/info/detail/26

週末見に行こうかな、どうしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/06

暖かい雨

昨日はまたもや雨&月曜日。
Rainy Days and Mondays always get me down.

今日も朝は雨でした。
ニュースでは中国地方で春一番が吹いたとか・・・
熊本は、このまま晴れると花粉が激しく舞いそうですが、明日の天気もぐずつきそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/04

もう3月かよっ!

月が替わったので、上の写真変えてみました。
これは、2004年9月にメキシコ・ラパス(バハ・カリフォルニア)で撮ったものです。

早いですな、もう3月。
昨年の今頃は台湾のCRで死んでました・・・
じゃけん、日本で起こっていた大変なことに気づくのが遅れました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本株の時価総額

株価、まだ上がっていますね。
先週、騰落レシオが140%超えていた事を書いた時に比べていくらか落ちてはいますが、まだまだ高水準です。(134%@3/2)

 

日本の株価の時価総額を見たら、もう少しで300兆です。(東証一部の時価総額)
1990年に560兆円をいくらか越えていた頃に比べると、ちょうど半減です。
ところで1990年の時価総額をドルベースで見ると、当時の為替が150円/ドルですから3兆7千億ドルくらいになります。
で、今。
先週末の時価総額を280兆円くらいとして、為替が80円/ドルですから、3兆5千億ドルくらい。円ベースでは半分になってますが、ドルベースではちょこっと(-5.5%)しか下落していないんですね。
もし為替が円安に向かえば。仮に100円/ドルになれば、300兆円の時価総額は3兆ドルですから、ドルベース時価総額は随分目減りします。
ここ最近の株価の上昇は、ひょっとしたら外国勢が逃げてきているかと思っているのですが、為替次第ではあまり面白くない展開になりそうです。

 
ま、もちろん為替の動向以上に株価がはねてくれれば良いだけのことです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/02

中世風、ビジネスファンタンジー?

『狼と香辛料』という本を読んでいます。
昨年の台湾出張の頃から読み始めています。
過去にこのブログでも題名くらいは紹介している模様。
http://pon-blue.way-nifty.com/sora/2011/07/post-28fb.html

ライトノベル、という分類になるんでしょうかね。
舞台は中世ヨーロッパ風の街やその付近、ということになるかと思います。
もちろん架空のお話です。
中世欧州風の架空話(ファンタジー)ではありがちな、魔法使いとか騎士とか、英雄とか宗教が活躍するような場面はありません。
流行の錬金術も、もちろん出てきません。錬金術師は出てくるかな。(3巻)

この小説のテーマはずばり、「経済」もしくは「商売」とか「かけひき」というところでしょう。
だから主人公は商人です。正確には行商。
なので、「ホニャララ商業組合(とか商会とか)」とか「ホニャララ銀貨」とかが登場します。
作中では、どこどこで宗教戦争が起こっているので周辺の町では武具が売れる、というような話題があったり、どこそこの町では金(製品)への関税が非常に高い、というような話が出てきます。
自分は交易関係のお話とか事柄とかが、昔から好きです。
株とかに手を染めるずっとまえから。

まだ3巻までしか読でいませんが、1巻では「貨幣(の改鋳)」、2巻は題名の通りの胡椒(香辛料)の取引からはじまり、商人同士の謀略戦、そして情報の重要性がテーマ、3巻では嗜好品に関わるバブル(短期的な価格異常高騰)の描写があり、後半ではそのバブル相場にまつわる「先物取引」が大きな要素をもつことになります。
先物取引。
株などの相場に関わるとよく耳にする言葉です。日経225先物とか、国債先物とかね。
分からん人はググッてください。
自分もやってみたいのですが、まだ躊躇いがあります。
ヨーロッパじゃ中世の頃からあったのかなぁ。
日本では江戸時代の米取引において先物取引があったそうです。

あぁ、ところで「狼と香辛料」
数百年も生きている狼が少女に姿を変えて登場します。こちらも主人公の1人。
なんでなのか、話す言葉は「遊女言葉」・・・
たまたま出会った行商人と各地を旅しながら商売上起こる事件を乗り越えていく、というの物語の縦糸のようで、ありんす・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »