« 福モ2012 その2 | トップページ | ちょっとスタイル変更 »

2012/02/09

福モ2012 その3

福岡モーターショーのお話です。今回で最後かな。

この他に気になったのは、ダイハツのD-X(ディークロス)とテスラ。
D-Xはコペンの派生タイプですかねー?ダイハツは元気がありますなぁ。
B.ウィリスのミライースCMにはなかなか感動させられたし(笑)、いやーさすがです、って語っているところが違うか(苦笑
でもダイハツの、自由で、だけど地に足の着いた感じはなかなか素敵だと思いますね。このあたりはスズキにも言えることです。
テスラは試乗会をしていましたが、事前申し込み分だけで締め切りになっていたためお試しできませんでした。

似たような車の、しかしいまだにコンセプトカーどまりの日本はかなり立ち遅れています。
そして、この手の廉価版は当のアメリカでもなく、もちろん日本でもなく、中国あたりが作るんじゃないですかね。韓国はこの辺の話を聞いたことがありません。
日本の車の会社や電機の会社はこういうこと(新しいこと)に関しては激しく鈍感じゃないかって思います。

今回も?インポートカーは別の場所(国際センター)のほうで開催されていて、午後から見ようかなーと思った昼下がり。
国際センターからマリンメッセのすぐそばまで、ありえない行列が出来上がっていたので断念しました。(特別に見たい車もなかったし)

再びB級グルメ屋台の並ぶ国際会議場横に行き、少し遅い昼食にしました。
蒲江の「あつめし」
んー、聞いたことがない。。。
でも、今の時期、ブリは良く食べてました。こんな食べ方もあったのか、と新鮮な驚き。
もちろん、んーっまい、でしたよ。

2012fms23

(2012年1月29日 ダイハツ D-X byFinepixF200EXR)

2012fms24

(2012年1月29日 ダイハツ D-X byFinepixF200EXR)

2012fms25

(2012年1月29日 ダイハツ D-X byFinepixF200EXR)

2012fms26

(2012年1月29日 ダイハツ D-X byFinepixF200EXR)

2012fms27

(2012年1月29日 テスラ byFinepixF200EXR)

2012fms28

(2012年1月29日 テスラ byFinepixF200EXR)

2012fms29

(2012年1月29日 テスラ リアトランクの前にあるのは多分バッテリー  byFinepixF200EXR)

2012fms30

(2012年1月29日 テスラ 屋外の試乗車 byFinepixF200EXR)

2012fms31

(2012年1月29日 テスラ 屋外の試乗車 byFinepixF200EXR)

2012fms32

(2012年1月29日 テスラ 屋外の試乗車 byFinepixF200EXR)

2012fms33

(2012年1月29日 かまえのあつめし byFinepixF200EXR)

2012fms34

(2012年1月29日 かまえのあつめし byFinepixF200EXR)

あっちこっち行列ができていた、という点でも今年の福モは非常に人が多かったです。
車の人気が復活したんでしょうか。それとも景気が良くなったのか。
いろんな世代が来ていたのも非常に良かったですね。
今回、さらにカメラ小僧の枠が増えてました。
カメラ(一眼レフ)小僧ばかりだったころから、デジカメ小僧枠が追加され、携帯電話のカメラ小僧枠追加で爆発的に増加したのですが、今回任天堂のDS?と思われるものを片手に写真を撮っているカメラ小僧(年齢的にも小僧)を結構見かけました。
DSってカメラ機能あったん?
まぁ小僧が車に興味持つのはいいことですがね(苦笑

展示的には次世代を期待させる、もしくはうかがわせるものはそれほどなかったですね。
前回、プラグインハイブリッドカー(プリウスやスィフトベースもあった)やLFAとか三菱i-MiEV sportとかタタNanoとか、かっこいいのや話題性のあるものが多くあったんですけど、比べてみて今回は内容的にはさっぱりでした。
もちろん、PHVとか電動カーとかありますが、飾ってあるのはありきたりのものばかり。
つーか、今さら2年前同様じゃワクワクしないよ。
そういう意味で、力の入れ方がいまいちな気がしました。話題が発売間近の86&BRZだけじゃねえ。
・・・福モの限界か。
そう書きながら気が付いたんですが、今年の福モに三菱ブースがありませんでした。

むむむ。

けっして三菱に手札がなかったわけではありません。東モでは新型ミラージュのワールドプレミアやってたというのに・・・
三菱は完全に福モをなめとるんですね。(怒

そろそろ、ガソリン車で将来像を描くのは難しくなってきていると感じています。
自分にとってはかなりつらい現実です。既存の自動車会社には見たくない現実かもしれません。
マツダのスカイアクティブは魅力的な新技術ですが、所詮レシプロエンジンの延長技術でしかない。(多分)
原油価格が激しく高騰、その価格が容易に下がらなくなってきており、ガソリンで車を走らせることが一般人の手の届かない世界になる可能性が遠くない将来に迫っている気がします。
もともと日本で手持ち札のない原油依存の産業には限界があるんじゃないかって常々思っていました。
・・・っと、この話は別の機会にしましょう。

 

 

|

« 福モ2012 その2 | トップページ | ちょっとスタイル変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福モ2012 その3:

« 福モ2012 その2 | トップページ | ちょっとスタイル変更 »