« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月に作成された記事

2011/11/25

台湾で、アジアシリーズ開催中!

今日から福岡SBホークスはアジアシリーズ!
台中(タイツォン)のインターコンチネンタル球場で行われている。
*アジアシリーズ:プロ野球のアジアNo.1クラブチームを決定する大会。3年ぶりに復活した。

今日、SBの初戦の相手は台湾の「統一ライオンズ」
残念なことにホークスは
和田、杉内、ホールトン、ファルケンボーグ、馬原、小久保、松中
が出場してません。

をい をいっ、

ピッチャーの主力がほとんど抜けとるやんか
舐めとるなー。

だけど、今宮君がプロ発スタメン。
今日はいまいちだったねー

一応試合は勝ちました。
大場君が先発しよったけど、先取点取られてなんと新垣が継投で出とった。
んー見たかったな。

明日は韓国「サムスン ライオンズ」との対戦です。
テレビは、BS Jsportsしかやってないらしいんだよねー。
残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/11

太宰府 「草原の王朝 契丹」展 その3

 
ちなみに、遼の時代の中原国家「宋」と言えば水滸伝の舞台になった国です。
水滸伝には、梁山泊の好漢たちが遼と戦う場面もあります。
そんなこともあり、契丹=遼は、自分にとって子供の頃からなじみのある民族、国家でした。
(もちろん、水滸伝はフィクションなので、実際に遼軍が梁山泊の好漢たちとの戦はおろか、宋側にコテンパンにされることもありません。)

「草原の王朝 契丹」展は九州国博で11月27日まで開催中です。

さて、おまけ。(つか、今回はこっちがメインかな)
11月4日に契丹展ついでに巡った太宰府の写真(その3)です。
(共通データ 2011年11月4日 観世音寺とその周辺 Photo by FinepixF200EXR)

20111104_kaidanin01

20111104_kaidanin02

20111104_kaidanin03

20111104_kaidanin04

20111104_kaidanin05

20111104_kaidanin06

20111104_kaidanin07

20111104_kanzeon01

20111104_kanzeon02_2

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/10

太宰府 「草原の王朝 契丹」展 その2

国博は2003年に発見されたトルキ山古墳遺跡の遺品の修復や科学調査に、開館前の2005年から加わっていたそうです。
今回展示されている豪華な彩色木棺がそれです。
その遺跡で発見された契丹の皇族につながる女性の遺品など、時代の異なる3人の契丹女性のストーリーを展開。

今からおよそ1000年前の遺物。
金製の冠には遊牧民族の飾りらしい趣があり、おそらく後のモンゴル大帝国の皇族も似たような装飾をしたでしょう。
鳳凰の造形は宇治の平等院にある飾りに通じるものがあります。。
日本の平安時代のデザインが大陸の影響を強く受けていることを感じました。

大陸の中原の国(秦漢や唐、宋など)にとって、北方の騎馬民族は野蛮で愚かで、脅威そのものでした。
逆に騎馬民族から見ると、中原の国々は、強力な武器が懼れの対象であり、華やいだ文化や富は羨望の対象であり、土地に縛られて定住している点は軽侮する対象でもあったと思います。
大陸の歴史は、先進的な中原国家と周辺の後進国家のせめぎあいの歴史でした。
万里の長城も、その歴史の所産と言っていいでしょう。
しかし、結果的に勝利してきたのは中原国家というか、中原の文化だったと、自分は思います。

契丹人の建てた国「遼」はまさにその中原文化に翻弄され滅びました。
おそらく、北方の騎馬民族の中でこれほど象徴的に「文化」に酔わされて、弱らされた民族もいないでしょう。
北方の騎馬民族は、歴史に登場する序盤は常に精強ですが、中原文化の魅力は彼らをたぶらかせ、いつしかアイデンティティすら奪い、民族を離散させるに至ります。

遼、その後に続く金、そして元。近代にいたっては清。
どれもがほぼ同じような運命をたどっている気がします。

盛者必衰。

しかし文化だけは続き残る。
今回の契丹展には彼ら独自のアイデンティティとして、中原の人々にさえ「天下一」と言われた馬具などもあります。

歴史の中の人々の変転に思いを巡らせている時間は幸せですな

さて、おまけ。
11月4日に契丹展ついでに巡った太宰府の写真(その2)です。
(共通データ 2011年11月4日 都府楼跡 Photo by FinepixF200EXR)

20111104_tofurou01

20111104_tofurou02

20111104_tofurou03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/09

太宰府 「草原の王朝 契丹」展 その1

11月に入ってこの時期の気温にしては暖かいなぁと思っていたら、今日あたりから急に涼しく、秋っぽくなりました。
朝晩の気温が15~6℃くらいです。

先週末、うちの会社は4連休でした。
SBH応援のため福岡Yドームに行った話は書いたので、今日は国博に行った話です。

週末、会社の同僚とCS観戦に福岡Yドームに行くことになりました。
出発はみんなバラバラで、福岡ドームで合流予定でした。
せっかく博多方面に行くのだから、と自分のみ午前中大宰府方面に行きました。
今、国博で行われている展示が興味のある分野なのです。
それは「契丹展」
「契丹」(きったん)とは、チンギスハーンの活躍するモンゴルが出現する少し前に平原を制覇した遊牧民族国家、もしくはその民族の名前です。

契丹族を率いて一大勢力を築いたのが、耶律阿保機。
初めはロシアと中国東北部国境付近を縄張りとするいくつもある遊牧民族の一つにすぎませんが、阿保機がこれらをまとめあげ北方の一大勢力にします。

阿保機の死後、やがて中原文化を取り入れた契丹人たちは「遼」という国家としての名乗りを上げます。
一時は当時の中原国家宋を圧迫し、講和交渉で毎年大量の貢物が宋から遼に送られることになりますが(澶淵の盟)、その大量の貢物は遼の国の体質を緩め、かつては剽悍な騎馬民族も怠惰で柔弱な民族に変貌。
その後別の遊牧民族「女真族」の立てた金国と、宋(北宋)との間に立たされて滅亡します。
契丹族の王族の一部がはるか西、中央アジアに逃れて「西遼=カラキタイ」という国を再興します。
金も宋も、そして西遼も、やがてはモンゴルの名のもとに滅ぼされるのですが・・・。
なんという波乱万丈な民族でしょうか。

そんなわけで、契丹、という勢力が大陸の平原地帯を駆け巡っていた時代は10世紀から12世紀、日本でいえば平安中~末期の頃に当たります。

さて、おまけ。
11月4日に契丹展ついでに巡った太宰府の写真(その1)です。
(共通データ 2011年11月4日 太宰府天満宮その周辺 Photo by FinepixF200EXR)

20111104_tenman01

20111104_tenman02

20111104_tenman03_3 20111104_tenman04_3 20111104_tenman05_2 20111104_tenman06

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/05

福岡SBホークス、日本シリーズ進出決定

パリーグCSFS第3戦、12回サヨナラ勝ち。
泣ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリーグCSFS第3戦観戦中

昨日は福岡ドームで観戦してました。
良い試合やったです。

20111104csfsresult
(2011年11月4日 ヤフードームCSFS第2戦 結果)

ヒーローインタビューは3人、摂津と松田、そして松中アニキ。

20111104csfs_hero_iv
(2011年11月4日 ヒーローインタビュー 劇的なホームランを打った松中アニキ)

20111104csfs_victory
(2011年11月4日 勝利の風船が舞う)

この日は孫オーナーもハゲしくよろこんどりましたし、王会長も。
博多華丸・大吉の華丸と寛平ちゃんもホークスの応援に来てました。

昨日勝っていよいよクライマックスシリーズ王手です。
なんかね、負ける気がせんちゃが。

そして、今日は家で第3戦観戦中。
敵ながら涌井もいいピッチャーだね。
こっちの杉内も魂のこもった投球続けてます。
息のつまるような投手戦。

だがしかし、今日、決めるのダ!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/03

パリーグCSFS観戦中 

CSFSって「クライマックスシリーズ・ファイナルステージ」って意味だからねっ。
今日はテレビで観戦中。
明日はドームに行きます。
ついでに国博行って「契丹展」も見るぜっ。興奮する。
 
をーっ、たった今、内川打って2点先制ダッ!!(4回裏)
 

20111103csfsticket

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/02

あいぽん

あいぽん人気、すごいです。
 
帰国してすぐに用事があってベスト電器に行ったんですが、携帯売場のトップにあいぽんがありました。
今回売り出されたマイナーチェンジ版からauも取扱うようになったので、SBとauのツートップ。
早速触ってみたけど、
処理速度(自動的に画像処理速度になると思うんだけど)はドコモのギャラクシー2ほどではない。
画面操作の快適度はさすがにあいぽん、快適そのもの。
画面サイズは少々小さ目で美しさは自分が持っているIS12SHほどではない。
あとは通話品質とか、電池の持ち具合とかだけど、これは使っている人に聞かないと分かんないね。

あいぽんの場合、あいぽんならではサービスがあり、いろいろ魅力も多いと思います。
実際、結構売れているらしいし。
自分はIS12SHに満足しているので、auから出てても買い替えることはないです。
つか、基本的にジョブズ君(故)の志向は嫌いだたし(w 好きにはなれないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/01

スマホ室内利用

以前も書きましたが、自分のスマホは極力3G回線を使わないようにしています。
そんなわけで、屋外で3G回線を使う頻度はほとんどありません。
屋内ではもっぱらWiFi回線を利用しています。(無線LAN回線、とも言う)

台湾では、空港内ではWiFiが無料で使えますし、自分が滞在していたホテルもWiFi回線は無料でした。
台北で泊まったホテルでは回線利用のため部屋ごとに暗証番号がありました。
そのホテルはさすがに廊下やロビーでは無料利用は出来ませんでしたが、仕事で使っていたホテルはどこもでも利用可能でしたね。

その点日本はちょっと遅れている感がしていました。
しかし、羽田空港で無料WiFi回線の設置が決まったとか。
確か今日、11月1日から利用できるそうです。
(国際線は昨年12月から)
無料WiFi回線網は便利ですね。あっちこっち広がってほしいものです。

自分の自宅での利用は、固定回線につながっている自宅PCにUSB接続型のWiFiアンテナを差し込むだけです。
実は出張先のホテルでもこれを利用していました。(ホテル内のLANよりスピードが速いから)
自宅に無線LANルーターが設置してあれば、そこにぶら下げるだけで十分です。
そうでない場合はこれを使えば簡単にWiFi(無線LAN)環境を作ることができます。
価格は近所のベスト電器で1000円くらいでした。

20111101_usb_wifi

(11月1日 Logitec LAN-W150N/U2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »