« 台湾での車の印象 | トップページ | 端午節快楽~ »

2011/06/01

右往左往

日本では、国内が混乱しています。
少なくとも海外から見れば、そんなことやっている暇があるのか?という展開です。
政治家とマスコミが自分たちの「すべきこと」を見失っています。

3月に起きた地震による被害は大きく、さらに原子力発電という人間が簡単には制御できない恐ろしい道具が暴走しており、未だにそれをコントロールできないでいます。
政治家の役割、マスコミの役割、冷静に考えればよくわかると思うのですが。

たまたまこんな時期に海外にいますが、政治家やマスコミだけが悪いのではなく、そこに住んでいる日本人すべてが、今、試されているのだと思いました。

政治家を選んでいるのも、マスコミを育てているのも、そしてそれらがもたらす結果を受けるのも、その土地で生活している人々自身です。

日本人にはその自覚や責任感が足らないのかもしれません。
冒頭で、政治家とマスコミのせいにしましたが、日本人全部がすべきことを見失っています。

不謹慎かもしれませんが、原発を容認したのが日本人ならば、その結果責任を取らなくてはいけないのも、他でもない日本人であるべきです。
福島など、原発のある土地に住む人だけの問題ではない、ということは今さら言うまでもありません。

|

« 台湾での車の印象 | トップページ | 端午節快楽~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右往左往:

« 台湾での車の印象 | トップページ | 端午節快楽~ »