« リチウムイオンバッテリーの寿命特性 | トップページ | 100年 »

2011/06/30

台湾的騎士(台湾のバイク乗り)

今日も暑い、台湾・新竹です。
暑いけど、海際の街の暑さ、という感じですね。
内陸性の、体を痛めつけるような暑さではありません。
これからどうなるのかは、まだわかりませんが。

台湾では車と同じくらい、むしろそれ以上に存在感があるのがスクーター(バイク)。
排気量は50~125ccくらいはあるんじゃないですかね。(見た目では排気量分からず。)
少しくらい雨が降ってもスクーター軍団は街中を走り回っています。
すこしでも隙間があれば、すっ、と通り抜けていくスクーターの軽快さに、やや、うらやましい気持ちに傾きます。

バイクのメーカーは、圧倒的に地元台湾企業のバイクが多いです。
KYMCO(キムコ、光陽)、SYM(三陽)というメーカーがメジャーです。
たしか日本にも輸出していたような。
両社とも日本のホンダから技術供与を受けて育った会社だったと思います。
山葉(YAMAHA)も比較的多く、ベスパのバイクも見かけます。
ホンダは上の事情で少ないのかもしれません。

昨年旅行で行った北京と比べても、台北(台湾)のバイク率は高いです。
北京は半分以上が電動バイクか電動自転車、という感じでしたから。(という感覚)

ただ不思議なことに、スクーターは多いですが排気量の大きいバイクは余り見かけません。
日本ではブームになっているビッグスクーターも、少ないです。
台湾では高速へのバイクの乗り入れが原則禁止です。
そういったことから、バイクはスクーターで町乗り専用、という感覚なんでしょうかね。

自分が勤めている会社では、台湾での車の運転は禁止されているので残念ながら台湾で車やバイクを運転する機会はありません。
とっても残念です。

20101218_taipei_scooter

(2010年12月18日 台北の夜、信号待ちをする騎士団 photo by FinepixF200EXR)

|

« リチウムイオンバッテリーの寿命特性 | トップページ | 100年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾的騎士(台湾のバイク乗り):

« リチウムイオンバッテリーの寿命特性 | トップページ | 100年 »