« ホテル近くにコンビニがない&カードの使えるコンビニ | トップページ | 於北京電気的乗物事情(こんな中国語はありません) »

2010/11/29

しし座流星群

これまた以前の書き残しです。
もうすでに2010年の『しし座流星群』、ピークは過ぎちゃいました。

 

毎年11月の大きな天文イベントは、しし座流星群でしょう。
流星群、というのは読んで字のごとく、流星が群れて流れることから名づけられています。
流れ星は、普段であれば一時間に数個は流れているのを見ることが出来ます。
これが流星群となると、多いもので1時間に百個以上ながれるものさえあります。

自分は2001年ごろ、1時間に数百個(その後の公表記事によれば数千個)というレベルの流星群を見たことがあります。
それがしし座流星群でした。
見た場所は場所は、長野県の富士見高原、井戸尻遺跡付近。

まさに雨の様に流れる様子は圧巻でした。
大昔の人は、天が落ちてくる、と感じた人もいたようです。
このため、定期的に現われる流星群の出現と共に、未来のこの世の終わりを予想する(世間的には「予言する」と呼びますが)人もいました。

ま、確かにね。
あれはホントにすごかったです。

(2010/11/12 記)

|

« ホテル近くにコンビニがない&カードの使えるコンビニ | トップページ | 於北京電気的乗物事情(こんな中国語はありません) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しし座流星群:

« ホテル近くにコンビニがない&カードの使えるコンビニ | トップページ | 於北京電気的乗物事情(こんな中国語はありません) »