« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月に作成された記事

2010/11/30

於北京電気的乗物事情(こんな中国語はありません)

今年の夏、中国・北京を旅行しました。
尖閣諸島の件が起こる前です。

尖閣の件に関してのコメントは有りません。
今の外交についても、以前は否定的でしたが少し見解が変わってきました。
ようつべで公表された例の映像に関しても、見たときの感想は以前のままですが、その背景を考える
と複雑な心境です。
 
ともあれ、静かな北京の街中。
 
つい先日、ヤマハの電気バイク開発に関する記事を読みました。
フル充電で100kmくらい走るそうです。
日本での電気バイクの普及率は非常に低い気がします。
以前にも書きましたが、北京では走っている原付(のようなもの)や自転車は7~8割が電気モータ
ーです。
それに比べるとヤマハの記事は、何を今更、な印象でした。
電気消費のマネージメントなど、多分すごい技術が使われているんでしょう。
だけど「技術」って何じゃ?って思います。
端的に言えば、人の生活を楽にするためのものが技術です。
自転車とかバイクとか、モーターの効率とか電気消費についていろいろやって、結果的に高価なもの
になってしまったら人は電動乗り物を身近に感じるでしょうか?
北京の電動ものは、かなり簡単で、後付キットで出来上がってしまうようなものに見えました。
誰でも電動の乗り物に乗れるぜ、ってところがすごいと思いました。
 
自転車とかバイク(原付くらいの話)で一日100kmも走るやつはあまりいません。
通勤通学に使ってもせいぜいその半分以下でしょうね。
もしかすると、日本では交通に関する規制が厳しいのかもしれん。
タダでさえデフレで、よほど生活に密着して快適さが格段に変わるものでなければ、お金をかけたく
ない日本、そして今や世界の市場となっているアジアで、高価な電動自転車(アシストではない)や
電動バイクは広まらんでしょう。
その点、中国は無法地帯ってかんじ。
ひょっとしたら規制はあるかも知れんけど、北京の人に遵法精神とかお構いなしですからねえ。
それが新しい技術に関しての寛容度が広い、ってことにつながるかどうかはわかりませんが。
 
まぁ、北京に行って感じたのは、技術のための技術に固執しているようでは日本の先は思いやられる
、と思った次第。

もちろん、役人は安全面とか重要だとか言うかもしれんが、だったらアジアで共通の安全規格を作る
ような活動したっていいやんかねえ。
そうすれば同じ土俵でメーカーも「モノ」が作れる。アジアで考え方の共有化も出来る気がします。
既存メーカーには不利になるかも知れんけど、恐らく今はそういう時期じゃね?
(北京以外の、中国の都市や田舎でどうなっちょるかはしらんですけど)

ちょっと前。多分2~3ヶ月以内のこと。
テレビで、大阪か東京の下町(蒲田?)の町工場が電気自動車を組み立てよった。
(ググッたら大阪の町工場やった。車の名前も『Meguru』)
ナンバー取得するための安全規格がどーのこーの、って言ってたような。
この車もねえ。
乗りたい人がどこまでいるのか、って思いました。
よほど安ければね。

一応、100万以下の車を目指す、とありました。
あえて言うと、価格に斬新さがない。
せめて30万円台、いや10万円以下の車を目指す、というところまで行かんと。

(2010/11/16 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/29

しし座流星群

これまた以前の書き残しです。
もうすでに2010年の『しし座流星群』、ピークは過ぎちゃいました。

 

毎年11月の大きな天文イベントは、しし座流星群でしょう。
流星群、というのは読んで字のごとく、流星が群れて流れることから名づけられています。
流れ星は、普段であれば一時間に数個は流れているのを見ることが出来ます。
これが流星群となると、多いもので1時間に百個以上ながれるものさえあります。

自分は2001年ごろ、1時間に数百個(その後の公表記事によれば数千個)というレベルの流星群を見たことがあります。
それがしし座流星群でした。
見た場所は場所は、長野県の富士見高原、井戸尻遺跡付近。

まさに雨の様に流れる様子は圧巻でした。
大昔の人は、天が落ちてくる、と感じた人もいたようです。
このため、定期的に現われる流星群の出現と共に、未来のこの世の終わりを予想する(世間的には「予言する」と呼びますが)人もいました。

ま、確かにね。
あれはホントにすごかったです。

(2010/11/12 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/28

ホテル近くにコンビニがない&カードの使えるコンビニ

ホテルに着いたのですが、1時間ほどぶらぶらしても周りにはコンビニがありませぬ。
正確には、コンビニはあるんですが夜の9時には店じまいしていました。
なんつーこっちゃ。

しまった。今回のホテルは失敗です。
しかもそのホテルに14日間も居続けるなんて。
さすがに凹みますね。
ホテル内にしょぼいレストランはありますが、夜は営業してないのかな。
現在夜の10時ですが、閉まっています。

むう。

おなかがすいたので、文字通り背に腹は代えられぬ、でホテル内の自販機でカップラーメン(日清のカップヌードル180円)を買いました。しょぼい、しょぼすぎる。
明日の夕食はどうすべか・・・。

以下は例によって先日書き置いたものです。

先日、といっても10月末のこと。
出張中にホテル近くのコンビニに行きました。
普段はめったに利用しないセブンイレブンでしたが、他にないので仕方ない。
かなり久しぶりに品揃えを見たらずいぶん価格水準下がってますね。
いわゆる「PB」商品がやたらと目に付きます。
「PB」商品って、あまり好きではないですよ。だって、味や品質が悪い。
特にローソンの「PB」は、昔から価格水準下げるために積極的でしたが、昔から品質最悪なイメージでし
た。
まさに質より量、といった感じ。
そんなローソンで学生の頃バイトしてましたが、何か(笑

ローソンの良い点は、不味いけど量が多いのと、おでんとか、から揚げ君はおいしいところでしょか。
そして、安い。
昔はダイエーの影響もあったと思うけど、関東のコンビニで「うまかっちゃん」おいてあるのはローソンだけでした。
今は伊藤忠だったか丸紅の傘の下にいたような。
とにかくPB商品はできるだけ買いたくない、と思っています。
 
さてセブンイレブン。
基本的に近寄らなかったのは支払い方式が基本的に現金のみ、だったからです。
弁当関係はコンビニの中では一番味がいいのですが、自分は支払いがクレカ派(陸マイラーとも呼ぶ)なので、そこで近寄れなかったのです。
基本的にはコンビニ生活者です。毎月の消費額のうちコンビニに投下される金額はその80%と言っても良いでしょう。その金額をすべてクレカで払えばマイルに変わると考えれば、クレカの使えないセブンイレブンにはあまり近寄れない、というわけです。

ですが。

久しぶりにセブンイレブンに行ったらなんとクレジットカードが使えるようになっているではありませんか。そういえば、ちょいと昔にそんなことを検討している、なんてニュースがあってこのブログでも取り上げたような気がします。
確かそのときは、IYカードのみだったか。
まぁ、ともかくセブンイレブンがカードが使えるようになってうれしいです。
ただ、九州はセブン少ないですね。
たしか、鹿児島は今でもセブンがない地域だったような気がします。
 
 
これで自宅付近のコンビニで

クレカが使えるコンビニは、

○ローソン
○エブリワン&ココス
○サンクス
○セブンイレブン

クレカが使えないお店

●ポプラ
●ファミマ*
(ファミマカードのみ使用可)
●デイリーヤマザキ

(2010/11/10 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年、ちょっと振り返り。

さて、今日から2週間に渡る出張です。
ひょっとしたら2週間では済まない可能性もあるんですが、今のところは2週間。
自宅にいると、プール行ったり、熊本の街中を歩いたり、近郊遠方を散歩ドライブしたりするのでなかなかPCの前にいることがありません。

この記事は11月初旬に一旦、書き残していたのをアップせずに忘れていました。
ここ2週にわたって、そんなちょっと時期遅れな内容をアップするかもしれません。
あしからず。

気がついてみたらもう11月。今年もあと2ヶ月をきりました。

今年もパラオに行けたし、ずっと見たいと思っていた中国の万里の長城や紫禁城、そして今現在の北京をこの目で見ることも出来ました。
国内の、住んでいる九州(近辺)で今年こそはダイビングする、という目標は達成できませんでしたが。

仕事では、アメリカに行ったり、近く台湾にも行きそうだし、年後半は関東方面の出張が増えました。
公私共に遠出が多かった年、逆に言えば家を留守にすることが多かったとも言えるけど、それはプライベートでは毎年のことかもしれません。

株式はだめだめでした。
確定していませんが、かなり含み損が増えています。
米ドルの外貨MMFを持っているのですが(もう十年近くほったらかし中)、このところの円高で、資産価値は低水準です。ドルベースは利子がついて増えていますが、日本円に戻すと含み損です。
資産的には結構なショック状態。2010ショック?とでも名づけておきましょうか。
そんな資産状態なのに、旅行はともかくノートパソコンやらタイヤや車検と、出費の多い年でした。
今年の我が家の会計は完璧に赤字決算だ。もちろん単年度ベースですが。
だけど少しは日本経済の活性化には貢献できたかもしれない。
来年は活動したくても出来ない年になりそうなので、その翌年のための準備期間にしたいです。今年のマイナス分を補う年、と言っても良いんだけど(w

(2010/11/8 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/19

訃報

天文学者の森本雅樹先生が11月16日にお亡くなりになられました。
日本の天文学、とりわけ電波天文学で非常に活躍されて、野辺山の宇宙電波観測所建設の中心人物だった方です。
子供の頃は憧れの人であり、念願かなって大学生の頃に先生の講義を受けたことがあります。
とても朗らかで気さくで、そして天文学にひたむきな情熱のある先生でした。

先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

尖閣の件

Yahooのニュースで見て、尖閣の例のビデオをようつべで見ました。
 
「本当の尖閣 海上保安庁4」
の2分17秒付近で中国漁船が海上保安庁の船にぶつけてきちょる。
(これは「よなくに」にぶつかってきた最初のもの。「日本の尖閣 海上保安庁5 」の1分17秒付近では「みずき」にぶつかってきた2度目の件が載っています。こっちは見ようによっちゃあ微妙だが、ぶつかってきちょるなぁ)
誰が見ても中国漁船が故意に、挑発的に、海上保安庁の船にぶつかってきちょる、ってわかる。

船の大きさからすると

保安庁の船>>中国漁船

なんだけどな。

ずっとそのイメージがあったけん、言われよるほどはっきりわからんけん、政府は公表しよらんのかと思うとった。
今になっては、何故これを政府が公表することに慎重なのか、よくよく考えてみらんとわからん。

ようつべで「尖閣」で検索すればすぐに出てきます。
自分が見たときはまだ再生回数が300回でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/04

パラオ行きフライトでダブルマイル

う゛~、寒いっすねえ。
夏が過ぎて、道路の上のゆらめく蜃気楼が見れなくなってさびしいです。(そこかっ!
あの肌を刺すような日差しがなくなると、凍える日本を抜け出してパラオに行きたくなるねえ。

さて、日本からパラオに行く際にはぁ成らずといって良いほどお世話になるコンチネンタル航空。
さきほどユナイテッドとの合併が決まりましたが、しばらくの間はコンチの名前も残ります。
(1~2年位かけてユナイテッドへ移行が進みます)

そのコンチのマイレージシステム、ワンパス。パラオに通うダイバーならワンパスマイルも結構たまっているでしょうね。
そのワンパスからパラオ関係のキャンペーンが発表されてました。
2010年10月1日から2011年3月31日までの間、日本の空港からグアムを経由してパラオに到着するフライトの往復航空券を購入、旅行した人はダブルマイル獲得。

事前登録必要です。

詳細はこちら↓
パラオ行きフライトでダブルマイルを獲得

いつも心に蒼空やね

101104_100429_palau_sea

(2010年4月29日 パラオの海と空と Photo by PowershotA710IS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »