« 久しぶりに泣きながら聞いた | トップページ | さぁ、出張だっ! »

2010/06/21

消費税論議が盛んになってます。
数年後には10%くらいにすることを考えたい、と菅君が言ったそうな。

実は、そのくらいの消費税アップに対しては正直あまり嫌悪感はありません。
ただ、今のシステムで一律アップ、というのは難しいだろうな。

世界(ほぼ先進国)の消費税率一覧をネットで探しました。
http://www.777money.com/torivia/syouhizei_world.htm

ウィキペディアだと他の国の税率も見ることが出来ます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E#.E5.90.84.E5.9B.BD.E3.81.AE.E6.B6.88.E8.B2.BB.E7.A8.8E

日本の5%は少ないですね。先進国で最低水準です。
ただし、基本的にすべての購入物に一律に税をかける、というむごいやり方は・・・
そんな国は日本ぐらいだろうと思っていたら上には上がいました。
デンマークは消費税が25%でした。食品にも25%。
調べてみると、所得税は実に49.5%
そのため、かどうか。貯蓄率はかなり低いようです

デンマークの国情↓
http://www2.tiara.cc/~wakimoto/main/article/eid125.html

日本は
先進国で最低水準の税金(消費税に限っていえば)。
所得税など直接税も欧州に比べてほぼ同等かやや少ない水準。
そして、しかし、世界最大の借金国。

物を売っている人の立場で見ると、売り物によって税率を変えると言うのは公平ではない。
消費者の立場で言えば、生活必需品にも満遍なく税をかける(日本の)消費税は、低所得者いじめだ。

どちらの言い分も間違っちゃいない、と思う。

上にデンマークの例を挙げたけど、国によって社会の構造が違う。
単純な比較は無意味だと思う。

日本がどこに向かっていくのか。
日本人は世界の中で、どうありたいのか。

消費税の話の前に自分たちが考えなければいけないことがあると思う。
仮に多数決で決まった日本の方向性が自分が思うような方向でない場合、少数意見はどうなっていくのだろう。

 

 

|

« 久しぶりに泣きながら聞いた | トップページ | さぁ、出張だっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 久しぶりに泣きながら聞いた | トップページ | さぁ、出張だっ! »