« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月に作成された記事

2010/04/27

PIGS(なんだかんだで経済の話なので)

街中のツツジがとってもきれいな時期になりました。
会社の植え込みのツツジも満開です。
思わず蜜を吸いたくなるよ(苦笑

 

ちょっと前はBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)という新興国を示す略語が流行ってました。
今はPIGS、もしくはPIIGSらしいです。
ヨーロッパは、ギリシャ問題だけかと思ったらポルトガルやスペインも危ぶまれてたんだねえ。
知らなかったよ。
PIGS=Portugal、Italy、Greece、Spain
リーマン達の掘った穴の深さはどこまであるんかえ。

 

アメリカじゃGS(ゴールドマンサックス)がCDOがらみでSECから訴えられたりして。
株主代表訴訟、なんてことにもなっているらしい。
トヨタどころじゃないよなぁ。
GSって「強欲な者たちの得られることのない満足感」、って言う意味なんじゃないか、とふと思いました。
  >Greed-man Satisfaction ?

 

S&Pによる、ギリシャのソブリン格付けのジャンククラスへの下げで、アメリカ市場は(米だけでなく欧州も。世界全体が)下げてますねえ・・・
つい前日、ドイツのおばちゃん首相が国内の反対勢を押し切って、「ギリシャは私たちがいるから大丈夫よ~」なんていってた矢先だっただけに、ちょっとタイミングが良過ぎ、という気もします。
(条件付で、という話が先行して国債価格が下落した点もありますが)
S&Pがあまりにも傍若無人なのか、政治家がS&Pの発表するタイミングを見計らってないのがうかつなのか、その辺りはよく分かりません
自分は前者ではないかと思っていますが、もともと先入観というか格付け機関には不信感がたっぷりあるのでね。

ここまでくると、オバマ君の金融規制法案には追い風のような気がしますが、意外と上院が審議入りを拒否している模様。

ギリシャ問題(PIGS問題)は世界の景気の回復に一石を投じますね。
せっかく盛り上がりかけましたが、いいのは前年度、もしくは今年度まで。欧州に基盤があるようなところは結構きついんじゃないですかね。
いくら新興国がよくても伸び悩みがあるでしょうから回復の先にあるものを見始めた頃が転機になりそうです。
それでも予想に反して伸びたら、中国やインドって恐ろしくすごいねー、で済ますつもりですが(苦笑
デカップリング論も出ているらしいので。

 

 

世界、といえば・・・

EU3IN(ヨーロッパユニバーサリス3 イン ノミネ)も少しづつ進行中。
明国プレーで、1600年代後半に入り現在インド亜大陸に侵攻中。
バッドボーイレートが上がる~(汗
ヨーロッパでは明国の拡大に恐怖が走っているのかどうか?
いつの間にかジブラルタルとアンダルシアは明国の手に入ってます。
アフリカの所有地は少ないけど、新大陸のほうには少しづつ侵食中。
でもこっちはポルトガルが強い。
一時期ポルトガルの国体が部族制に変わっててびっくりしたけど。
1600年代半ばで西洋化、っていうのに手を染めました。
明治維新、文明開化みたいなものかな?
中東・アフリカではイスラム帝国=マムルーク朝がおっそろしく強いけど何故か内戦が勃発中。
東欧、北欧ではキプチャク・ハン国がすごい勢いで拡大。フィンランドも手に入れスウェーデンに攻め込んでいます。

世界の趨勢を語る上で、この時代の覇権を握るのは、マムルーク朝、明、キプチャク・ハン国、あとはフランスかな?
(あくまでゲーム上の話)

 

 

あと数日で5月ですが(早いねえ)、自分が使っているネット証券会社が合併します。
株式売買始めた当初、日興ビーンズ証券とジェット証券を使っていたんだけど、日興ビーンズはマネックスに飲み込まれ、ジェット証券はオリックス証券に飲み込まれました。
そしてこの5月のマネックスとオリックスの合併。
結局、二つの口座はこの秋までに一つに統合される見込み。
それでおしまい、って事にはならない気がしますねえ。
会社が変わったり、合併したり、そのたびごとに送られてくる約款などの膨大な書類はうっとおしいんだけどねえ。
どうにかなりませんかね

 

 

さてGWも近づいてきました。
皆さん良い休日を。油断して太りませんよう(自分自身に向けてw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/26

アマチュア

やばっ、
しばらく放置してたら、ログインのPWを忘れてた。

最近、ようつべにアップされているアマチュア音楽家の演奏に、はまっちょります。
すごいです。

それはともかく。
う゛~~、ガソリン高い~~~

142円(ハイオク)@熊本北部(レギュラー:131円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/19

ヤフードームでナイター観戦

週末は会社の同僚と野球を見に福岡に行きました
カニ食べ放題の特別席、みたいな触れ込みでした。
いわゆる「ビクトリーウィング」席のことです。
カに食べ放題は4月いっぱいまでの企画。

実際にはカニだけじゃなく、ビュッフェスタイルで何でもありの食べ放題プログラムです。
通常はカニは出ませんが、今回特別企画として食べ放題に「カニ」を追加したもの。

「食べ放題のビュッフェ付きで好評のビクトリーウイングで期間限定「かに食べ放題」開催!」
紹介ページ↓
http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/5076.html

自分はカニ好きじゃけど、むききらんけんねー。
結局一切カニは食べませんでした(苦笑
食べ放題と野球観戦のチケット込みで5500円です。(3塁側JALスカイビューシート)

100417_night_game01
(2010年4月17日 ヤフードームビクトリーウィングスカイビューシート photo by FinepixF200EXR)

100417_night_game02
(2010年4月17日 ヤフードームビクトリーウィングスカイビューシート photo by FinepixF200EXR)

100417_night_game03
(2010年4月17日 ヤフードームビクトリーウィングスカイビューシート photo by FinepixF200EXR)

100417_night_game04
(2010年4月17日 ビュッフェスタイルで今回はカニ付 photo by FinepixF200EXR)

これが安いか高いかは個人差がありそうですが。
カニ以外のメニューの味はそこそこです。
ビール(自分は焼酎)片手に食べながら、の観戦はひさびさによかった。
やっぱレースとか試合とか、生で見らんといけんわ。

野球は「SBホークス VS 楽天イーグルス」で先発はSB・藤岡、楽天・岩隈。
岩隈は最近調子悪いみたいだったからねー。期待したんですが。
初回川崎が出て3番オーティズがホームランで2点先取したところまで、でした。

100417_night_game05
(2010年4月17日 この日唯一気を吐いたオーティズ photo by FinepixF200EXR)

100417_night_game06
(2010年4月17日 岩隈オンステージ photo by FinepixF200EXR)

その後藤岡が打たれて一気に点差が開き結局3対8で負けてました。
んー残念。
岩隈はいつものように後半に調子が上がっていき、ホークスは抑えられる一方でした。
ここまでくるとあとはホークスの抑え陣がどう投げるか、に目が行きます。
継いだのは神内、小椋、三瀬、甲藤。
小椋、三瀬はいい感じだったです。

100417_night_game07_2
(2010年4月17日 屈辱だー photo by FinepixF200EXR)

野球の後は中州に行って飲んで、ラーメン(何故か広島つけ麺のお店)食べてカプセルホテルで泊まりました。
会社の同僚が言うにはこのカプセルホテルはアメトークで有名なのだとか。
売りはサウナらしいんですが、自分的にはカプセルホテルなのに朝食がめちゃくちゃしっかりしててすごくよかったです。
(使い放題のPCや漫画もそこそこあって、朝食付きで3600円)

100417_hakata
(2010年4月17日 何故か中州で広島つけ麺 photo by FinepixF200EXR)


なかなかいい休日でした。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/11

2月のポンペイ展【福岡】

昨日、今日と、

でした。
いいねー、いいねー
(熊本は気温25度以上の夏日でした。)

このまま夏休みにならんかな(マテ

夏、なんだけど、天気はいまいちでした。すっきり晴れ、というわけにはいかなくて。
雲が多かったです。
明日以降は雨が降るみたいです。

ちょっと古いですがポンペイ展の話を。
今回のポンペイ展、日本では福岡市立博物館での展示から始まって日本各地を巡回するみたいです。
今は横浜で6月位までやっているみたいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2月14日、
ポンペイ展行ってきました。
がっつり、見ごたえありました。

自分が行った先週14日、日曜日は、午後にポンペイに関する講演会が予定されてて、それが聞きたくってこの日にしました。
演者は日本におけるポンペイ研究の第一人者、同志社の浅香先生です。
といっても、この先生については余り存じ上げてなかったんですけどね。

100214_pompeii_01
(2010年2月14日 ポンペイ展 photo by FinepixF200EXR)
 
公演の内容は、ポンペイが火山の灰に沈む直前の当時のポンペイの姿。
西暦79年のローマ帝国の都市「ポンペイの産業と交易」というお題でしたが、まぁ余り枠にはまらない形でお話されてました。
何枚もの現地の写真をスライド投影されてましたが、スライド数の割りに講演時間が1時間半しかないので駆け足だったのが残念です。
自分は前の晩にちょっと「夜更かし」してしまったので、この駆け足説明時に内容はかなり面白かったのに途中やや睡魔が襲ってきたりもしました。
ま、そんなこともあろうかと携帯電話のICレコーダー活用でしたが。

先生の話の感想を強引にまとめると、

1)ポンペイの文化水準はこの年代にしては予想以上に高度。一般人への文化の浸透度も含めて。
銅貨1枚でガラス製品が買えるほどだったらしい。
時代が下って数百年後の日本ですら、大陸からわたった瑠璃(ガラス)が正倉院に保管されるほどなのに。
西暦79年当時に公衆浴場だけでなく個人宅にも浴場があって、しかも追い炊き機能つき!!

2)ポンペイの人々(ひいてはローマ人)の生活には予想以上に「芸術品」が浸透。
家の中ばかりでなく、外にも絵画(フレスコ画)であふれている。
これが想像の余地なく判明したのは、灰の中で建物ごと、街ごと保存(ある意味で乾燥剤のなかで保管されているのと同じ)されていたポンペイならでは。

3)ポンペイの主な産業は葡萄酒、魚醤など

4)遠くインド産の品(ラクシュミの像)が出土。海のシルクロードの影響がポンペイにも見られる。
ポンペイは交易都市でもあった。
ちなみに、地中海の貿易都市といえばヴェネチア(とジェノバ)が有名だが、それ以前はアマルフィの船乗りや商人が地中海を我が物としていた。(中世)
そのアマルフィはポンペイのすぐ近く。

5)歴史を学ぶ姿勢について。ポンペイを語るときその悲劇がメインになりがちだが、歴史的な火山災害を知る手がかりであり、ポンペイをもっとよく知っていれば雲仙の犠牲者も少なかったのかもしれない、という浅香先生の話が印象的。
歴史学の実学的な面をもっと大事にすべき、という先生の訴えかけには甚だ同感。




自分がポンペイのことを知ったのは小学生の頃です。
ちなみに、自分は小学2年でギリシャ神話に出会って、その後に中国史(三国志)にはまる以前にギリシャ・ローマ神話にはまってました。(正確には宇宙の世界にはまって後の人生に大きく影響した。)



日本の研究者が実際に実地でポンペイを調べ始めたのはごく最近のことのようです。(1984年)

自分は講演を聞いてから展示を見ました。
講演で先生がこれだけは見ておいて欲しい、というのが二つありまして
1)追い炊き機能つき、個人宅用お風呂システム。(門外不出、イタリア国外では日本が初めて)
2)銀製品(こちらも保存状態がよく、非常に美しい)
でした。

2000年もの昔に高度に完成されたお風呂システムはすごいです。
追い炊き機能はもちろん、床暖房オプションさえ付加できるようになっています。

同じ時期の日本はまだ弥生時代。
卑弥呼様ぁー、より100年くらい前の出来事です。
自分が持っていたこれまでのローマ時代の認識をすこし改める必要がありそうです。

100214_pompeii_02
(2010年2月14日 福岡市立博物館 photo by FinepixF200EXR)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財布にも貯金箱にも行かないお金

もう週末かよ。
と思うくらい、あっという間の一週間。
先週末あったWRCヨルダンラリーやF1マレーシアGPの結果とか、来週の福岡野球観戦とか、結構円安が進んできたこととか、桜が散り始めて代わりにつつじが満開だったりとか、水仙もいいかんじになってきたこととか、最近煎り豆がマイブームだとか、コンビニで見かける桃のヨーグルトドリンクがうまいとか、いつのまにかNHK総合でERがスタートしてたこととか・・・
書いておこうと思ったことはいろいろあるんだけど、書かずじまいだったなぁ。(どうでもいいことばっかりやんか)
先週末に激しくアップして、なんかおなかいっぱい、って感じです(ヲイ

4月から会社の組織に小変更がありました。
うちの会社、何かにつけて組織変更とか組織名称変更とかをやっている。
まったく無駄、だとおもう。
あと、他の会社は知らんが、管理職が多い。
なんとかリーダー、という名前の管理職がわんさかいる。
なんちゃらリーダーの下に、なんちゃらリーダーがいて、といった感じ。
これも全く無駄じゃないのかよ、って思う。
まぁ、上の人が仕事を分散させて「楽」をしたいだけなんだと思うけど。
会議ばっかやってんじゃねえよ、って思うね。

まぁ、それはおいといて。
まったく眉唾な話だけど、この春うちの会社では臨時ボーナスを出すらしい。
額はたかが知れてる。知れているけど、せっかくな申し出なのでお受けします(w
すんません、文句ばっかり言って(え
お財布がすこし暖かいので、南の島にでも行こうかな。
もちろん、数万円の臨ボーくらいで南の島にいけるわけがないんやけど昨年GWのバリ旅行以来、ダイビングやってないし、ちょっと海に潜りたいし。

眉唾、と書いたのはいまひとつ景気の良さを実感できてないのに「リンボー」とか言っても、ホントか?って耳を疑ってしまうから。
仕事は忙しいけど、人手が増えた感じはしないし、お客さんが激しく装置をお買い上げになられている、という気配もないし。
世間のニュースではね、確かになんとなく「景気がよろしかろう」と思われる節のある情報はあります。
東芝さんが昨年凍結してた工場建てるとか、海の向こうの半島ではこの不況の中で過去最高益だったりとか、メモリーメーカーは大忙しとか。
世の中、何が売れてて、たどりたどって半導体の分野まで景気がいいのかがね、よくわかんないんです。
日本では何かがブームになってて、売れ行き好調、という物が・・・ないよね?俺が知らんだけ?
新興国の影響でしょうが、。。。。新興国ってすごいねえ。
・・・と、まぁ妄想を広げました。もらうまでは本当にリンボー出るのか、正直わかりません。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/07

なんのこたぁねえ、しょーもねえつぶやき

熊本は今日もすっきり青空が広がってました。
それを屋内で、指をくわえて眺めるしかないのが社会人ってーもんです(w
夜になると急激に寒くなってました。
帰宅時の外気温8℃@22:30

確か昨日は18℃位だったはずやけん、1日で10℃も気温差があったことになる。
温度差が激しいねえ。会社の中で、風邪引きさんが多くなってきました。
体調には注意したい時期です。
せっかくいい天気で週末が来ても、体調が悪かったら台無しだからねえ。

先月は残業が多かったんですが、今年に入ってから3月までの3ヶ月で結構な時間になってました。
とはいえ、他の同僚にはさらに輪をかけて激しく残業時間が多い人がいるのでね。
自分の残業の多さを、あまり不満に思っちゃいけない感じがしました。

とはいえ自分は、仕事スキスキ大好き、な人間ではありません。

だから最近はややお疲れ気味です。
先週末はプールに行かないで温泉行ったり、ゲームやってたのもちょっとだるかったから。
ゲームにはまるのもひょっとして現実逃避?なんてことを考えないでもない。
なんだかちょっと一息入れたい気分です。

考えてみると、3月の連休にどこにも行かなかったのも、なにやら物足りなさを感じさせている一因かもしれません。
 
 
 
・・・って欲張りか?

100407sakura4

(2010年4月3日 草枕温泉てんすいの桜 photo by FinepixF200EXR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/06

着る服が薄くなるのはかなりうれしい。

熊本は週末以降、暖かい日がつづいています。
今日の天気予報は午後から崩れて雨?的なかんじでしたが今のところまだ降ってません(@19:30)
夜になってもまだ外の気温は20℃です。
家の中も暖かい、つか暑い?
家の中で、半そでシャツと半パンで十分な感じです。

週末まではヨーロッパユニバーサリスな日々(言ってしまえばゲーム三昧な日々)を送ってました。
おかげで経済ニュースのメモ取りとかすっかりさぼってた。

これではさすがにいかん。
というわけで、今週はちょっとゲーム封印。

そうなるととたんに時間をもてあますなー。
典型的なダメ人間ですな。

とりあえずGWの計画を立ててました・・・(ってこれも遊びの計画なんだから、やっぱダm・・・(ry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/04

タイトルは「ヨーロッパ」なのに、アジア三昧なオレ 2

Eu3_start
EU3ゲームスタート画面(ジャンヌダルク)

ヨーロッパユニバーサリス(Europa Universalis III 以下EU3)はまってます。
表題にあるように、日本やってました。まだヨーロッパは一カ国もためしちょらんです。(w
今は、まだお試し的な感じの「明国」プレーです。
さて、今日はちょいとだけしかやってませんがまぁそれでも1452年まで進みました。

「明」でスタートすると、いきなり北京に反乱軍がいます。
反乱軍の頭目は朱レイレイは木ヘンに隷の右側)。*朱テイ、でした。

明の創始者、朱元璋(洪武帝)の跡継ぎは息子(じゃなく、朱元璋の長男の息子=孫)の建文帝ですが、彼にとって非常に厄介な存在がこの朱レイ。朱テイ
朱元璋の息子で建文帝の叔父に当たります。(これは正しい)
史実では建文帝に粛清されそうになり反乱を起こして皇帝の座を奪います。(世に言う、靖難の変。朱テイは後の永楽帝)

さてゲーム開始時の君主が建文帝で、朱レイ朱テイが反乱という状況。
ひとまずこれを鎮圧しなくてはいけません。
手持ちの兵は71000(騎兵20000、歩兵51000)
反乱軍は57000(騎兵28000、歩兵29000)
拮抗してますねー。

Eu3_min_13991014
スタート時の北京周辺。黄色が明軍、中央の赤黒が反乱軍。
とりあえず包囲している・・・か?

ちなみに史実だと、兵数では建文帝のほうが多いが、兵の質は朱レイ朱テイ側に分があり、その結果建文帝は敗北。

だけどゲームでは負けてられない。
北京で両軍12万の軍勢が入り乱れての大合戦。
これに勝ってあとはひたすら追撃戦。
最終的には雲南まで追いかけて殲滅しました。

内乱が終結し、統治技術が上がって国策が選べるようになったら国策「植民地探検」を選び、ひとまず台湾、スールーに植民。
都市になるまで植民を繰り返す。(進行中)
このあとは植民するべき未開の土地がなくなってしまうので、交易技術LV7にして国策「新世界の探索」を選べるようになるまではひたすら待ち。
とはいえ7万もの兵がいる。
でも安易に戦端を開くと安定度低下の憂き目に会う。
日本と違って、明の場合は安定度が上がるのが遅い。(気がする)
安定度が下がらず、交易国家にふさわしい場所といえばマラッカ。
というわけでマラッカに宣戦布告。
あと琉球にも出兵。
東南アジアは基本的に安定していればいいので、各国に保護やら警告やら与えておく。

マラッカには同盟国があり、スマトラ島のアチェ王国とカリマンタン島のブルネイ王国も明に宣戦してきた。
いわゆる、イスラム教スンニ派連合である。
マラッカ戦は首都以外を落としてすべて割譲させ講和。
マラッカを占領したことでアチェ王国の一部()が見えたので、ここに進駐。
ブルネイにも進軍し首都含め島の西側3プロヴィンスを占領。
マラッカ以外の国とも一部領土割譲で講和。
ただ、マレー半島以外の獲得した領土はそのまま維持してても仕方ないので5年後にはそれぞれ金銭で返還。

その後しばらくして明が保護しているペグーにアチェが宣戦。再びスマトラ島に明軍侵攻。
首都アチェ以外をすべて割譲させた。

さて東南アジアにも戦乱の嵐が吹きすさぶ。
・・・といってもすべて明が発端だったわけじゃないんだけどね。
初めはチャンパと大越。
この2カ国が隣のラーンサーンと戦端を開いたところに介入し両国を制圧。
大越からは北部を割譲。
チャンパは2プロヴィンスしかなく、割譲させずに属国化。
チャンパーはこのあと15年後に外交併合。(属国化して10年たつと併合可になる)

タウングー(現在のミャンマー)がアユタヤに宣戦布告したことをきっかけにタウングー制圧。首都以外をすべて割譲させて講和。(この獲得領土の一部はタウングーと隣のマニプール王国に金銭交換)
この戦のさなかにアユタヤはクメールのほぼ全土を制圧して首都以外を獲得。

しばらくするとこの首都しか残っていないクメールにアユタヤが宣戦。クメールから明に援軍要請。
タウングーから獲得したた領土から明軍は怒涛の流入。
先の旧マラッカだった明領からも進軍。併合可したチャンパーからもけん制の軍がしばしば越境。
この結果、アユタヤ全土を制圧。戦後の講和でクメール王国やランナー王国(現タイ北部)といったアユタヤによって制圧された国々を解放させた。
このゲームは外交の手段がいろいろあって面白いねー。

Eu3_min_south2_14520317
1542年の東南アジア。濃い緑がアユタヤ、右の薄緑がクメール、アユタヤの北がランナー
アユタヤは戦後凋落して、マレー半島のパッターニーにも独立を許している。(紫色)

・・・といったところです。

書かなかったけど、日本が朝鮮と戦争し半島に領土を得た後、満州と同君連合になって併合したみたい。
関東軍の再来みたいだけど、勢力拡大してます

Eu3_min_14520317
1452年の地図。明国周辺。茶色が民国。

Eu3_min_south_14520317
1452年の地図 東南アジア付近。カンボジア南部とマレー半島、スマトラ島に明の領土があります。スマトラ島の領土は要らないんだけどねー。

・・・気がついたら悪評が5を超え、厭戦感情が10を超え、インフレ率3%(2.7%)になってました。国威は+21もあるんだけど?

あれ?

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春節=旧暦のお正月(長崎ランフェス2010)

あけましておめでとうございます。

・・・。(?

 

あ、ちがうか。もう4月やん。最後かも、なんて書いたけど結局2月まで遡りました(笑
これ書いたのは2月の終わり頃です。
旧暦のお正月が、今年は2月半ば頃だったんです。(14日)
昨年は1月の終わり頃(1月26日)でした。

まぁ、なので2月の終わり頃に、冒頭の言葉を言ってみたんですが・・・
今となっては、なんのこっちゃ、って感じですね。(ヲイ

2月の終わりには長崎に行ってました。
この時期(いわゆるアジア圏の正月=春節・旧正月)、毎年恒例になりつつある長崎訪問。
目的はランタンフェスティバル。

前日の夜は雨が降ってたし、あまりいいお天気ではなかったですが、日曜日はすばらしい快晴。
しかも暖かーい。いやっほーっ♪
・・・さすが俺。
日ごろの行いが良いけんやわー(笑
昨年に比べると人の数が多かったけど、天気が良いせいばかりでなく某NHKの大河ドラマの影響っすかね。

・・・影響っすね、明らかに。
一応、この日が祭りの最終日、ではありましたが。
最終日ってことで何か特別なことがあったかどうかは知りません。
自分は行かなかったんですが、会社の同僚の人が土曜日ランフェスついでに長崎市立博物館に行った際、博物館内の龍馬コーナーの長蛇の列を確認。昨年博物館行った時にはがらがらでしたから、明らかに龍馬ブームの人出。
浜町アーケードにも何か知らん龍馬コーナーが出来てました。
自分は大河見ちょらんけんわからんけど、龍馬はもう長崎に行っちょるんかや?


11時ちょい前に熊本出発して、いつものように平和公園近くに車を止めて、路面電車に乗って13時くらいに湊公園到着。
13時半くらいに目的の興福寺に到着。14時から始まる媽祖行列出発式には間に合いました。
ここにはもう少し前、余裕を見て1時間前くらいについていないとだめですな。
30分前にはもうすでにかなりの人が来てて、場所取りしてました。

100228koufukuji01
(2010年2月28日 興福寺 媽祖行列出発式 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji02
(2010年2月28日 興福寺 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji03
(2010年2月28日 興福寺 ご住職挨拶 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji04
(2010年2月28日 媽祖行列出発式 船主夫妻役 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji05
(2010年2月28日 媽祖様出座 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji_tekko01
(2010年2月28日 直庫(てっこ)その1 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji_tekko02
(2010年2月28日 直庫(てっこ)その2 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji_tekko03
(2010年2月28日 直庫(てっこ)その3 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji_junpu_senri01
(2010年2月28日 順風耳と千里眼 その1 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji_junpu_senri02
(2010年2月28日 順風耳と千里眼 その2 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji06
(2010年2月28日 興福寺 媽祖行列出発 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji07maso
(2010年2月28日 興福寺 媽祖様 photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji07neko01
(2010年2月28日 尾曲がり猫の「のんちゃん」 長崎のゆるきゃら? photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji08neko02
(2010年2月28日 長崎には「尾曲がり」「短尾」の猫が多いらしい photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji09
(2010年2月28日 媽祖行列出発式後 龍踊り待ち photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori01
(2010年2月28日 興福寺 龍踊り入場 photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori02
(2010年2月28日 赤龍入場 photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori03
(2010年2月28日 興福寺 龍踊り(赤) photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori04
(2010年2月28日 興福寺 龍踊り photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori05
(2010年2月28日 興福寺 龍踊り photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori06
(2010年2月28日 興福寺 赤龍 photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori07
(2010年2月28日 龍踊り ツーショット 玉(月)を探している図 photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori08mottekoi
(2010年2月28日 龍踊り恒例アンコール「もってこーい」 photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori09
(2010年2月28日 興福寺 龍踊り photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori10
(2010年2月28日 龍の毛が宙を舞う 「躍動」そのもの photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori11
(2010年2月28日 女子高生達も大人に負けず頑張る photo by FinepixF200EXR)

100228jyaodori12
(2010年2月28日 龍踊り そろって退場 お互いそっぽ向いている? photo by FinepixF200EXR)

100228koufukuji10
(2010年2月28日 興福寺  photo by FinepixF200EXR)

媽祖行列出発式の後、今年のプログラム順は龍踊り(じゃおどり)がありました。
いい順番やね。毎年この順+龍踊りの後に中国獅子舞とかがあるとベストなんだけどな。
・・・まだ中国獅子舞見たことがありません。

龍踊りを見たら、時刻は15:30過ぎてました。
さすがにお昼ご飯食べてないのでお腹がスキスキ。
歩き回ったけど、この時間(ランチタイム過ぎ)になると「準備中」のお店が多いんですよねえ。
ぐるぐる歩き回っているうちに再び湊公園。
中華街門横の蘇州林で「よりより」買って食べてたら媽祖行列に出くわしました。
行列一行は「湊」公園で船に乗って中国に見立てた唐人屋敷街の福建会館に向かいます。

100228shinchi01
(2010年2月28日 長崎新地中華街 photo by FinepixF200EXR)

100228shinchi02
(2010年2月28日 長崎新地中華街 photo by FinepixF200EXR)

100228minatokoen_maso01
(2010年2月28日 湊公園前 媽祖行列再び photo by FinepixF200EXR)

100228minatokoen_maso02
(2010年2月28日 湊公園前 媽祖行列再び photo by FinepixF200EXR)

さて、ようやく見つけた中華料理(台湾料理)のお店で遅めの昼飯。
湊公園のすぐ近く。
「老李」(ラオリー)
メニューにグループがなんたら、って書いてあったのでチェーン店なのかも。
お店の前にあった看板に載っていた水餃子がおいしそうだったので、老李セット(1000円くらい)を選びました。
水餃子のほか、半ラーメン、半チャーハン、杏仁豆腐のデザートつき。
どれもまぁまぁおいしかったです。
これだけ食べれて、このおいしさで、このお値段はだったら、めちゃくちゃお得感ありまくりじゃないですか。
水餃子はいろんなお店のいろんな味を味わいたいですね。どれもお店の個性が出てくるので楽しめます。
ここのお店の水餃子は一口サイズで中はお肉メインでしたけど、ぼそぼそ感がまったくなくって旨みがあっておいしかったです。
水餃子は豆板醤つけて食べるとめちゃウマーです。

100228raolee
(2010年2月28日 老李で昼飯(ちょい食いかけ) photo by FinepixF200EXR)

昼飯を食べた後、浜町アーケードや中華街を歩いて3度目、湊公園に行きました。
ここで、公園内の蘇州林の出店で豚角煮まんとマーラーカオを買って食べながらのんびり二胡演奏を聞いてました。
改めて、今年は人が多いことを感じました。湊公園には人であふれかえってました。
・・・思い返せば、ハトシとか細長い春巻きとか食べ損ねました。来年までとっておきましょう(w

100228shinchi03
(2010年2月28日 長崎新地中華街 photo by FinepixF200EXR)

100228object01
(2010年2月28日 湊公園のオブジェ 今年は寅 photo by FinepixF200EXR)

100228object02
(2010年2月28日 湊公園のオブジェ 寅その2 photo by FinepixF200EXR)

100228minatokoen01
(2010年2月28日 湊公園門 photo by FinepixF200EXR)

100228minatokoen02
(2010年2月28日 湊公園会場内の売店 photo by FinepixF200EXR)

夕方暗くなりかけてランタンの明かりにムードが漂い始めたころに長崎を出発。
翌日は仕事なのでね。あんまりのんびり出来ないのが悲しい・・・
ランタンって、暗くなってからがまたきれいなんやけどねえ。
今年は天気が良くて暖かくて、ほんとに良かった。
しかも来年もまた来よう。
いつかは泊まりで、昼からお酒飲みながらぶらぶらして、っていうのしてみたいですねえ。

100228maso_omiya01
(2010年2月28日 興福寺媽祖行列恒例おみや photo by FinepixF200EXR)

100228maso_omiya02
(2010年2月28日 媽祖行列恒例おみやの中身 今年はチョイ少なm(ry photo by FinepixF200EXR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず、つれづれ(2010年4月4日)

今日は午前中晴れてたけど、お昼ごろから曇ってきました。
今日のお昼は、またもや街中に行って沖縄料理屋さんでお昼ご飯してきました。
この前書いた仁王さん通りの「ゆがふ」さん、あの後も行ってますが、今回は別なところ。
市役所裏にある「ぬちぐすい」さん。
定食メニューにある「フーチャンプルー」を頂きました。
ボリュームたっぷりで、味も沖縄で食べたのとおんなじ感じやー、ってあっという間に食べてしまいました。(カメラ持ってたのに写真はありません。くっそー(苦笑 )
ご飯もひじきご飯で、うまー、でした。
なんか沖縄料理に「はずれ」はありませんな☆
ごはんとスープとサラダとゴマ豆腐、そしてチャンプルーの丼(丼のような割と浅くないお皿にぐわっ、と盛り付けされてます)
で、680円。安いっっ。
たぶん、平日は市役所の人とか利用されるんでしょうな。うらやましい。

なんか今年は沖縄フェア、な感じになっています(w

おー、沖縄といえば、昨日の春の選抜高校野球、沖縄の興南が優勝しましたねえ。
延長までもつれてひやひやしましたが、よかった。

自分が子供の頃は沖縄の「興南」といえば常連でしたね、あと「沖水」の帽子が印象的な沖縄水産とか。
最近は尚学とかですかね。
自分は九州人なので、高校野球はもちろん大分出場校を応援してますが、生き残らなかったら九州・沖縄の出場校応援します。
沖縄の人にしてみれば、九州沖縄でヒトくくりにせんでよ、って言われそうだけど。
やけん、沖縄の高校が優勝してすごいうれしいです。
日大三高もよくがんばって、いい試合見せてもらいました。
本ト、感動しました。夏も期待しちゃうなー。

4月になったばかりですが、3月のことを振り返っている時間差ブログ、です(笑
お昼から帰ってきて、またPCに向かっているのもアレですが(w

気にせずツヅケマス(w
多分これが最後かな・・・中身はあまり内容が無いです。って、いつもか。(マテ

気がついたら3月になってますね。気がつかなくても3月なんですけれども、みたいな。

3月といえば・・・弥生。
小学校の同級生に「やよい」とか「さつき」とかって名前の子がいました。
生まれ月がわかりやすいなぁって思ってました。
宮崎駿のアニメ映画「トトロ」に出てくる主人公の名前が「さつき」
そしてその妹が「メイ」
二人とも5月かっ!!
さすがに「メイ」って思いつきはないよなー、でも名前としてはアリだよなぁ・・・
同様のつけ方は5月以外では厳しいと思ってますけど、ジュンって名前の人はもしかして6月生まれなのか?
ジュリて7月生まれ(ジュライ・・・ジュリ?)なのか?
マチコって3月?(って車(日産マーチ)のCMか?)
などと考えたりして。

まぁ、「やよい」とか「さつき」とか「めい」という名前は可愛くていいですが、
ちなみに自分は5月生まれなので、5月5日ではないけど名前が「端午(タンゴ)」だったら・・・
ちょっと想像付かないけど・・・

やだ(w


3月は特に興味を引くイベント事もなく(知らず)、週末はプール行ったり温泉行ったりの、ありきたりな生活でした。
3連休があったので、鶴やら菜の花でも見ようかと思っていましたが、土曜日に飲み会が入ってしまい結局連休は家でのんびり。
(・・・っていつものことですが)

3月も半ばになると、近所の白梅は散ってしまい、代わりにあっちこっちで白木蓮が咲いてました。
ちょっと遠目にみると、樹全体に白く綿雪がかぶっているようで美しいですね、木蓮。
でも・・・光の森の街路樹って白木蓮なんですね。先日、映画見に行った際に初めて知りました。
だけど、あの樹は街路樹としてどうか。
あまり「街路樹の」木蓮は見たことないです。
ピークを越えかけている樹があって花びら散ってました。
木蓮の散り際はあんまり綺麗じゃないんよねえ・・・。
 
 
花といえば今年、花粉症の人は随分と楽だったようです。
会社の同僚にも何人も花粉症の人がいますが、今年はあまりマスクをつけていない感じでした。
聞いてみると、やはり今年の花粉は少ないみたい。
 
杉の樹が花粉を出していないのか?だとしたら生育状況?
冬寒かったかなぁ?
と、いろいろ考えてみたんですが、特にどぉってことのない普通の冬だったような気がするんですけど。
杉にも年毎にバイオリズムがあって、天気とか気温とか関係ないところで花粉を増やす(子孫を増やす)減らす、の波があるのかもしれませんねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しって

4月になったばかりですが、3月のことを振り返っている時間差ブログ、です(笑

先月の半ば位は急激に冷え込んでました。
朝の気温2℃、とか。ありえねー。
まぁ春先は一日の間でも気温の差が激しいのが当たり前だし、一週間の間でも寒かったり暖かかったり、するのが普通。
ありえねー、ってことは無いか。

関東のほうでも3月なのに、平野部でも雪が降ってたみたいで、ニュース見よったら川崎・等々力競技場でのサッカーの試合(ACLだっけ?)は芝の緑が見えないくらい雪が積もっているなかで、行われていました。
気温は1℃とか0℃とか。冷ぇ~。
試合内容はホームの川崎フロンターレがアウェイの中国の北京チームに負けてました。
ホームなのに。
・・・寒さに負けたんかね。
 
激しい温度差に体が付いていかない、というのはあるでしょうねえ。
サッカー選手にとっての運動力でもそうですが、一般人には免疫力という面から見てもこの時期、冬の間に体内に溜め込んだ免疫力ストックを使い果たしていそうです。
風邪を引いたり、なにかしら病気にはかからないようにしなくては。
 
そういえば、等々力。
大分から川崎に引越しした時に川崎・高津区にあるこの地名が最初わからなくてねえ。
川崎市にあるかと思えば、多摩川をはさんだ対岸の東京世田谷区にも同じ地名があって近いだけに紛らわしい。
もっと驚いたのは葡萄やワインで有名な山梨の勝沼にも同じ地名を見たときには、さすがに運命を感じましたよ。(どんな運命だ?
いまじゃサッカー知ってりゃ有名ですかね。
とどろき、って読むんですが変な字ですなぁ

 
変な、といえば南北に細長い川崎市を南北に走る道路の名前も変です。
だって
「尻手」
ですよ(プ

この路線の端っこの地名をそのままつけて、
「尻手・黒川線」
と言う名前でした。
その昔、そこの住民が手でお尻を隠しながら生活していたんですかね(ププ
 
高校生の時はよく通ってました。
ちなみに尻手と書いて「シッテ」と読みます。
いったいどんな由来があるのか、興味あります。
ま、漢字で書くと普通に読めない地名なら、九州にはたんとありますが。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月に映画見てました。

昨日、土曜日はすっきり晴れ。
なんか久しぶりやね、週末晴れるの。
洗濯物と布団干して、温泉へ。
いつもの天水温泉「草枕温泉てんすい」に行きました。
霞がかかって対岸の普賢岳は見えませんでしたけど、春霞?黄砂?
熊本の空はすっきり、くっきりでした。

桜がもう満開です。むしろちょっとピークを過ぎたかな?
水曜、木曜の雨でかなり散ってしまいました。
でもお花見するには絶好の日。んー昼間からお酒飲んで花を愛でて・・・
最高やないですか。まぁ自分は車運転しよるけん、お酒は飲めませんが。

菜の花も満開ですね。
 

100404sakura1
(2010年4月3日 家の近所の桜 photo by FinepixF200EXR)

100404sakura3_2
(2010年4月3日 てんすい温泉駐車場の桜 その1 photo by FinepixF200EXR)

100404sakura2
(2010年4月3日 てんすい温泉駐車場の桜 その2 photo by FinepixF200EXR)

100404nanohana
(2010年4月3日 てんすい温泉駐車場の菜の花  photo by FinepixF200EXR)

 
午後に床屋にいって、頭もすっきりした休日でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
さて、本題。 
時間差ありすぎですが、先月書けなかった分をちょこちょこ書いて見ます。

3月の一週目、週末に映画を見てきました。
その週末はずっと曇り、もしくは雨だった熊本です。
日曜日は少し晴れ間も見えましたかね。
カナダ・バンクーバーのオリンピックも終わってさびしい週末。
メキシコではWRC第3戦が行われてました。ローブが優勝、2位が久しぶりのペター(二人ともシトロエン)。
数年ぶりじゃないですかね、ペターがポディウムに上がるのは。
涙流して喜んでたらしいですが、これからもバンバン、チャンプ争いに食い込んで欲しいですね。
メキシコはシトロエンが有利だったみたいで(ローブはワークス、ペターはプライベーター)、フォードはいまいちだったみたい。
グラベルはシトロエンが強いのかな。


土曜日はプールに行き、日曜日は映画館に行ってました。
映画は「オーシャンズ」。

自分的にはかなり期待して行ったんですが・・・

ん~~???

というような感想。

客の入りも少ないらしく、1日1回の上映になってました。
「アバター」のほうは未だに1日に何回か上映しているみたいですけどね。
とはいえ、日曜日はそこそこお客さんが入っていました。
自分の席の直ぐ横が小学生の子供たち(複数形)でした。
彼らは意外と、多くの魚の名前を知っているみたいでした。
自分は海際に生まれ育ってなじみがあるし、食べる系も含めて魚の名前はすんなり頭に入ってくるんですが、海に近いとは決して言えない熊本の子供にとって魚の名前ってなじみがあるかどうかは非常に疑問。
そう考えると、隣の子供たちはよっぽど海が好きなんだろうなぁ、と思ったりしてました。
そんなことには関心が向きましたが、映画のほうにはさっぱりでした。
同様のネイチャー系ドキュメンタリー(ナショナルジオグラフィック系?)映画は、数年前に見た「ディープブルー」のほうがインパクトが大きかったです。
絵や全体的な構成もあちらのほうが数段上のような・・・
ディープ~のほうは全くナレーション無しで、画面が淡々と「自然」というものを訴えかける力がありました。

「オーシャンズ」はナレーションありです。宮沢りえのナレーションは良かったです。
魚や海獣の名前を知らない人には助かりますよね。
声質も優しい語り掛けで、自然の穏やかさも厳しさも淡々と語っていて、なおかつくせがなく好感を持ちました。
言葉にしてしまうために内容が恣意的になりやすいのが難点ですが・・・(脚本がよくない、と言いたいのです)
ディープ~と比べて自然界の「音」に重点を置いている感じがしました。いろんな音、足音、魚が海の中を走る音、鯨やイルカの歌声など、いろんな自然の声が堪能できます。

・・・というわけで出来は悪くないと思うのですが、自分的な感想は「んんん~」です。
身近なところにないけれど、海に関心がある子供たちがいることを知っただけでも良かったかな。
ところで「オーシャンズ」製作はフランス系なのかな?
 

アバターと言えば、
アメリカのほうでアカデミー賞が発表されて、「アバター」は3部門で最優秀賞を取ったようです。
キャメロン監督の元奥さんと競り合いになったことで注目が集まっていたようですが、監督賞など主要な部門は元奥さんが撮った映画のほうに持っていかれたそうな。
そっちの映画、あまりよく知らないんですがイラクで爆弾処理に関係する米兵(もしくは米軍)の話らしいです。
「アバター」のほうが辛辣にアメリカの支配層(あるいは欧米人・・・白人)を批判しているから(もっと言えばアメリカって実は世界では悪役なんだよと、当のアメリカ人に「親切に」伝える内容)、アカデミーでは評価しなかったんじゃないかと思います。
ちなみにこの元奥さんの撮る映画って監督の名前は知らんけど、結構見たり知っているのが多いんですよね。
結構、硬派な内容の映画が多い(でも話の内容は単純)なので今回の映画も中途半端な内容ではないでしょう。
だけど二人の作品を比べると、社会批判と言う意味ではキャメロンのほうが実は辛辣、と言う印象です。
とはいえ、あくまで今回のイラク絡みの映画はよく知らんですが。

アバターの話を反芻していると、沖縄の基地問題もダブって見えます。
日米安保とかは表向きの理由で、結局のところ沖縄(ひいては日本)に基地を残したいのはアメリカの外交上の欲望。
日本(人)の利益に適うとは思えないし、今までのところ、ちっとも適ってないどころかむしろ不利益。
基本的に主張ありきで自分たちの価値観のおしつけしか考えていない欧米の人たちと対等に渡り合うのに、「腹芸」とか意味がありません。
政治的に、日米関係にはもっと緊張感が必要じゃないかね。
それが「対等」ってことなんだろうと思うけどな。少し位けんかしてもいいんじゃね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトルは「ヨーロッパ」なのに、アジア三昧なオレ。

あれよあれよ、という間に、
4月になりました。

3月はあまりブログ書いてません。
別にたいした理由があったわけではなく、ただ単に仕事が忙しかっただけです。
いつもは20時間/月くらいの残業が先月60時間を越えてました。
ちなみに20時間というと、朝9時から始まって夜の7~8時に家に帰る、生活パターンです。
これが60時間だと帰りは10時以降です。
コンスタントに仕事があればそうなりますが、実際には休日出勤もあった月の後半の仕事量がとんでもなく激しかったです。
 
 
話は変わりますが、先週末の日曜日に届いたPCゲームの「ヨーロッパ ユニバーサリス3」(以下、EU3)、「やばい」です。
前に書いた、ユナイテッドのマイレージプラスモールを通して買ったやつです。
普通なら家に帰って飯食って、PCに向かって株価チェックし、ネットニュースをまとめる。(ここまで1時間半くらい)
後はテレビ(映画とか)見たり本読んだり。
そのままネットサーフィンしたり。(これが多分長い)
そして夜の1~2時くらいにお風呂に入って寝る。
・・・といった感じですが先週末からやや生活が乱れてます。
 
ゲームにはまりすぎて、気がついたら明け方近い4時だったりします。
早起きな主婦ならもう起き出して一日が始まっている時間ですやん♪
リアルタイムシミュレーション(以下、RTS)は、終了の区切りをつけづらいのですが、このEU3もそのRTSです。
RTSといえば、似たようなゲームで昔学生の頃にはまった「アトラス」というゲームを思い出しました。
同じく「シビライゼーション」もはまったなー。
同じRTSでもPS2の「決戦」は幅が狭くて「はまる」程ではなかったけど、あれくらいがちょうどいいのかもしれません。

とにかく、EU3やっているとそのままゲーム廃人になれそうな気がしてきました(w
「やばい」と書いたのはそういう意味です。
来週末には新しい拡張版(の日本語版)が発売になるみたいです。

内容は簡単に言えば世界が舞台の「信長の野望」みたいなものですが、設定が細かい。
先週の日曜夜に到着して、月曜、木曜、土曜と4日間やってみたのですが、ちっともうまくいかねー。
以下説明・・・(長いです)

【1回目】
1399年10月
極東の小国、「日本」を選択。
当主は後小松天皇・・・天皇をゲームで操作するなんてっ!かつてない驚き。
さすが海外ゲーム。
まず時間を止めて、財政の資金配分を決めます。
とりあえず史実の日本ではありえない(そうでもない?)交易立国を目指そうとしました。
なので交易にかかる項目に厚い資金配分。
スタート当初、月間の収入は20ダカット(ダカット=ゲーム中の通貨単位)くらい。
これをほとんど交易技術にまわしました。
このレベルが上がると交易の収入が増えたり海外の未知な領域を開拓できたりできるらしいです。

琉球(今の沖縄)が独立国家になっていて、開始直後いきなり朝鮮(朝鮮半島は1国。李氏朝鮮?)に攻められてました。もちろん琉球なんて歯向かってもタカが知れてます。そしてついに朝鮮の領土に。
のっけから海外への扉を閉められた感じで嫌ですな。
スタート時、朝鮮とは良好な関係(友好度70 MAX:200/MIN:-200)
だったのですが、琉球を取り戻すため宣戦布告しました。
しかし、朝鮮は隣の大国「明」と同盟を結んでおり、まさかの明国侵攻。
いつの間にか九州に上陸されてじわじわ攻められ・・・・

ここでリセットしました。
いやーさすが「明」、強すぎ。
こっちが軍隊1万(騎兵5000、歩兵5000)を1部隊用意してたら、向こうは1部隊2万(騎兵5000、歩兵15000)とか。
大陸にも1万程度の軍隊ユニットが2ユニットほどうろうろしてました。
まともに明を相手にしてはいけませんね。・・・という教訓。


【2回目】
今回は早い者勝ちということで、スタート開始直後に琉球に宣戦布告。
あちらは歩兵1000くらいなのでこちらは騎兵4000、歩兵2000で侵攻。
攻め取るのに1年(300日)くらいかかりました。
戦争において、都市が陥落すると次は外交です。
今まで自分がやった他のゲームなら戦争⇒勝利即自国の領土、なので外交という要素は新鮮です。
まぁ、とはいって琉球王国は1エリア(首都エリア)しか持っていないのでいくつかある選択肢のうち「併合」を選んで自国化。
*エリア、と書きましたがこのゲーム(というかこの会社が出しているゲーム全般に)では地理上の行政単位を「プロヴィンス」、と呼んでいます。(以下、プロヴィンス)
しかし、なんと1年後に琉球で内乱発生。
こちらは軍隊を内地に引き上げてたので、直ぐにまた渡海。
反乱軍は2000もいたのでこちらは騎兵4000送り速攻制圧。
いやー油断なりませんなー。
ということでその後歩兵を3000ほど琉球に常駐させました。

次に朝鮮と明国に外交官を送って同盟を組み、東南アジア諸国にも外交官を送り同盟したり、保護したり警告したり。
交易を目指す、というテーマがあるので東アジアの交易所には商人を送り込みました。
東アジア圏内での交易所は中国の江蘇、日本の摂津、マラッカのマラッカにあります。
この3箇所に商人を送り込みました。
スタート時は商人ユニットが3つしかいませんので1箇所にひとつづつ。
するとしばらくして「競争に勝った」だの「競争に負けて追い出された」というコメントが出てきます。
交易所には世界から商人が集まり互いに競っています。
負けると交易所から締め出されてしまいます。
交易所での商売の扱い高は、その交易所が関わるプロヴィンスの数に影響されるみたいです。
もちろん商品の価格(価値)も要素になっていますが、ゲーム初期では価値のあるものが少ないので影響少ない。
また、商人は際限なく送れるわけじゃなく、その国で商人が輩出されるのは先に予算配分で触れた交易技術のレベルとか政治体制とかによって変り、月に0.5ユニットとかの割合で出現。最大5ユニットまでストックできます。
現われたらその都度交易所に送る、を繰り返し各地の交易所内での日本人商人のシェアも上位になってきました。
(後で知ったんですが、自動で商人を送る、ということが出来ます。この時は時々巡回してシェアが落ちてたら補充、を手動でやってました)

さて、しばらくするとマラッカが隣国のアユタヤに宣戦。
アユタヤと同盟していた日本はマラッカに宣戦。
・・・というのも、もしマラッカが自国に併合できれば、先に書いた交易所ごと自国のものになります。そうなると商人の税以外に交易所のあがりも収入になるのでこれはおいしいですね。
・・・と下心アリアリでアユタヤの援軍に向いました。
結果、マラッカの領有するプロヴィンスをすべて攻め落としましたが、戦後外交で交易所のある首都プロヴィンス(マラッカ)までは得られず。
賠償を求める項目があり、戦いの中で陥落させた主邑以外のプロヴィンスを獲得。

こんな感じで他人の戦争に首突っ込んで火事場泥棒的に領地を拡大していきました。
スタート時の琉球制圧のときも書きましたが、他国領地獲得後にはその地で反乱が必ず、と言って良いほど起きます。
他国同士の戦争後も同様でした。
クメールが隣のアユタヤを攻め滅ぼしてプロヴィンスを取った後に反乱発生、しばらく放置しているとアユタヤ復活。アユタヤの北にスコータイというプロヴィンスがありスコータイ王国があるのですがこの国が他の国に侵攻後、自国をアユタヤに取られ滅亡、しばらく放置しているとこれまた別な国がクメールVSアユタヤ戦の際に掠め取ってましたが反乱が起きて、しばらくするとその反乱軍が隣のプロヴィンスに移ってスコータイ復活、というような感じ。
領地拡大した日本もこの反乱軍に手を焼きました。
ゲーム中のパラメーターに安定度というものがあります。宣戦布告時に大義名分がなかったり関係が良好だったりすると安定度が下がります。この時に反乱、暴動が発生しやすい・・・ぽい。
あと国や地域で持っている文化や宗教という項目があって、日本の宗教は「神道」、文化エリアは中国や朝鮮と同じ「チハン」グループ(漢字圏ってことかな?)
制圧した地域の文化や宗教が違うとそれだけでも暴動発生率が高まります。
後、君主の質とかも。
琉球での暴動発生率10%はかなり高い感じでした。琉球は宗教「アミニズム」文化は「チハン」グループ。
他にも北海道は蝦夷地という自国領ですが、スタート時は本国と違う宗教「アミニズム」なので反乱が起こる可能性は高いです。

まぁそんなわけで宗教も文化も違う東南アジアに領地を拡大した結果、反乱軍に振り回され軍隊増強。
知らないうちに国の規模に合わない軍事力を持ってしまったようで、お金が全く入らなくなっていきました。
そうこうしているうちに借金生活へ。
このゲームお金がなくなると即ゲームオーバーではないんですね。
ただもう、やっていると首が回らなくなってきてて、借金が200ダカット越えたあたりでリセットしました。

交易国家目指したはずが軍事国家になるなんて・・・。


【3回目】
いやーびっくりしました。
3度目はあまり戦争しないように心がけて同盟や姻戚関係を結んで友好な状態で乗りろうとしてたんですがね・・・
今のラオスあたりの政体はこのゲーム中、14~15Cでは「ラーンサーン」王国なのですが、この国と姻戚関係、同盟結ぶなどして友好関係もMAX200だったんです。
隣の大越(今のベトナム北部)あたりとも姻戚関係結び同盟も結んでました。
このとき「明」は西方に目を向けて戦争が続いてたみたいで、一方で国内は暴動に次ぐ暴動で大混乱状態。
いやー日本は安泰だーと思ったのもつかの間、天皇が亡くなって後継者がいない、という状態に。
2回目でも途中そういうことがあったんですが、後継者がいない時には摂政がたって間をつなぎます。
正式な君主ではないのでいろいろ制約がありますが。
しかし今回はそのつなぎ役に回らず、姻戚関係を結んでいたランサーン王国と「人的同君連合」という形になりました。
まぁはっきり言って東の大国日本が東南アジアの小国ランサーンの属国扱いですよ。
勝手に同盟結んだり戦争できない、といった外交面でも大幅な制約が入ります。
いやーびっくりしました、参りました。
まぁそれでもしばらくすれば後継者が出てくるやろうと考えてのんびり構えていたのですが、相手のランサーンは代が変っても日本日本には後継者が一向に出てこない。

10年20年たっても属国日本。
さすがにリセットしました。だって何も出来ないわ、お金も入ってこないわ、つまんないんだもん。
まぁ、100年200年続けるゲームなので10年やそこらで辛抱切らしてもいけないんですが。


【4回目】
さて気を取り直して4回目の日本。
この回が一番続きました。1399年から1600年くらいまで。
アジア(日本)でやっているとヨーロッパの状況は全く画面に出ません(事績もどころか領地などの状態も)。
一番西で明の隣の国の一部が見えるくらい。チベットとか。
ゲーム開始直後はインドすらも見えません。マラッカのあるマレー半島も一部欠けてて、その向こうのジャワ島なんかもちろん見えない。
実はフィリピンの島々も見えていますが白くなっててグアム島も白い。その先は海ごと全部真っ白。
このゲームでは征服者(陸軍系)や探検家(海軍系)をやとってそれらの地域を「発見」しないと開拓=入植もできません。
そして征服者や探検家を得るにはその政策を取らないといけないんですが、そのためにやらなければいけないことが山のようにあるんです。

そのことは2回目以降に気がついたんですが、列挙すると
1)入植(植民地を得る)するには入植者ユニットが必要。そのためには国策を「植民地探検」にする必要がある。
2)国策「植民地探検」にするには統治技術にお金をかけてレベル3⇒4まで引き上げる必要がある。
3)とりあえず見えている空白地域(台湾とかサハリンとか)に入植者を送るが、これが年に1ユニットしか補充されない。
4)自国との距離か未開度合いかわからんが、植民先での人口の増加率(減少率)が場所によって異なる。台湾だと月に40人増加するが、ニューギニア島東部のイリアンだと月に45人減るなんてことも。
5)未発見の部分(白い雲部分)を知るには冒険者開拓者ユニットが必要で、政策は「新世界発見」がないと得られない。
6)政策を変えて新世界発見にするには交易技術をレベル3⇒7にあげる必要がある。(これが一番時間がかかりそう)
7)政策ブロックは統治技術を上げることで増やせるが、それまではひとつの政策ブロックを
植民 ⇒ 新世界 ⇒ 植民
と交互に変えつつ進める必要がある。(政策ブロックをもう一つ増やすには統治技術をLV9まで上げる必要があり、はんぱなく大変)

といった感じです。

予算配分にはいくつかの技術にお金を振り分けます。
軍隊の維持に対してもMAXにするか最低限にするかは決められますが、施設維持費などといった固定費はコンピュータがやってくれます。
いくつかの技術というのは
統治、生産、交易、陸軍、海軍、安定度、(あとは残りは国庫)
だけです。
簡単そうでしょ?
それがあーた、難しいんだから。
スタート時の予算は20ダカット程度、と書きました。
スタート時の統治技術値はレベル3で次のレベルまで9000ダカット必要、なんて感じです。
毎月20振り分けても、単純に15年以上かかります。(ちなみに、画面上で「次のレベルになるのは1415年8月です」と表示される。)
もちろん、国の収益が上がれば予算額も増えますが、ちょっとやそっとでは大して変りません。

なんとなく大変さが伝わってきましたか?

でも、・・・はまってます。
さすがに日本だとモチベーションが上がらないので、土曜の夜から「明国」でやってます。
6時間やって、1399年⇒1434年です。
いちおう、テーマは

「目指せアフリカ、「鄭和」艦隊設立」

です。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »