« ニューヨークの罠 | トップページ | 買い替え時って難しい »

2010/02/09

ABS

今日も暖かい日でした。
日中などは、会社のオフィス内は暑いくらいでした。
それもそのはず、今日熊本の最高気温は21.7℃。
場所によっては23~4℃くらいあったみたいです。
 
 
 
夏?夏?夏♪
 
 
 
はーやくこいこい、夏

 

 

ニュースを見たら、パナソニックが3Dテレビを売り出すとか。
アメリカでは既に3DTV向けのソフト(DVDソフトとか)がいくつも出ているらしいのですが、日本はまだまだ少ないですからねえ。
売り出してもすぐにバンバン売れるとは思えませんが、消費者を刺激する効果はあるでしょうね。
映画「アバター」で3D映像を見ましたけど、自分的には結構
 
イケテル
 
と思いましたね。(疲れるけど)

 
専用のメガネが「精密機器」というのが最初よく分からなくて、家に帰って調べたところ、左右の眼の部分は目に見えないスピードで高速シャッターのような機能が働いているらしいです。
パナが出す3Dテレビや、世界中で盛り上がっている3Dテレビというと、こういうシャッター機能つきの専用メガネをかける必要があります。
(ほかの方式の3Dテレビもあるらしい)
パナのテレビはまだまだ高いですが、手に入れやすい価格になったら買いたいですね。
3Dで映画やドラマばかりでなく、モータースポーツとか、ネイチャー&ヒストリー系ドキュメンタリーとか観たいですね。
(最初は慣れなくて疲れるカモ、ですが)

 
3Dテレビが本格的に売れ出すようになったら、うちの業界も景気よくなるかな(w

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ABS、アンチ・ロック、ブレーキング、システム、の略(英語表記の頭文字)。
今の乗用車には普通に装備されているんじゃないですかね。
 
さて、トヨタの売れっ子、プリウスにブレーキ問題が発生していました。
最初に話を聞いた時はこの「ABS」に関係しているんじゃないかと思いました。
 
ブレーキが利かなくなる(正確な表現をすると、低速時すべり安いところでゆるくブレーキを踏むと少しの間ブレーキが抜ける感じになる、結果制動距離、つまり止まるためにかかる距離が長くなる=ブレーキが利かないと感じる)と言う問題。
 
自分の車でも、滑りやすい路肩の砂利面にタイヤが乗っている時にブレーキ踏むとABSが効いて一瞬ブレーキが抜けた、と思う瞬間があります。
ABSはわざとブレーキを抜いてタイヤがロックすることを防いでいます。
そうすることで制動距離が長くなることを防いで=短い距離で止まれるようにしているんですね。
ブレーキ問題で騒いでいる人はABSを知らんのじゃないのか、と思ってました。
 
実際の映像を見ましたが、ABSとの関連性よりもハイブリッドカーのブレーキシステムの影響のほうが関連性が大きいようです。
今日、トヨタの坊ちゃん社長が会見してました。
TVでかいつまんだ内容しか聞けてないですが、ちゃんと説明している、と言う印象を受けました。
率直な思いと決意を内外に向けて、誠実にお話されていました。
アメリカだけでなく世界中でトヨタ車の信頼が揺らいでいる、と言うことは以前この項で何度か紹介してますが、今回のようなトップの説明や語りかけを早めにするべきでした。
 
過ぎたことを今更言ってても仕方ありません。
トヨタの社長の会見にも少しありましたが、トヨタがこれからすべきことは
外向け(客向け)には上は社長から下は販売員に至るまで誠実な対応をすること、
内向き(社内的)には、一連のトヨタ車の問題(海外のトヨタ車アクセル問題とハイブリッドカーのブレーキ問題)に対して、早期に対応できなかったことへの反省、問題意識が低下していた原因究明と対策、つまりは企業体質の改善をすること、だと思います。
 
一度失われた「信頼」を回復するには時間がかかるもの。
もともと無かった「信頼」を積み上げるよりも、大変厚い信頼を得ていた分、元通りになるには時間がかかります。
トヨタの社員は今まで「怠惰」でいた分、長い期間忍耐と我慢が必要になります。
交通事故ではないですが、「注意一秒、怪我一生」ということです。
それでもなお、トヨタにはこの難局を乗り越えて欲しいです。

|

« ニューヨークの罠 | トップページ | 買い替え時って難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ABS:

« ニューヨークの罠 | トップページ | 買い替え時って難しい »