« 朝青龍のこと。 | トップページ | 週末の、仕事終わりの解放感と、配当感 »

2010/02/05

外国人参政権のこと。

今国会で「永住外国人に地方参政権を付与する法案」が提出される見通しです。
自分は昔からこの件に関して大いに賛成。

 

と同時に、今の日本が非常に鎖国的な状態だと言うことを改めて考えさせられました。

 

一昨年、インドネシアから現地で看護師の資格を持つ若者たちが日本で働くためにやってきました。
元はインドネシアを日本の政府同士が交わした経済協定(EPA)の一環。
彼らは一定期間日本に滞在して、働きながら日本で国家試験を受け合格すれば滞在期間を伸ばすことが出来ると言う。
普通の人(日本人)でも働きながら国家資格を手に入れるのは難しいと思うけど、日本語が上手でない人が働きながら日本語を学びつつさらに国家資格を得るのは至難の業ではないですか。
以前、NHKか何かでその試験問題(のガイド本?)の文章がテレビに映し出されていましたが、あれは日本語なのか?と思いましたね。
 
さらに今年になって、インドネシア人看護師候補の受け入れ医療機関応募数が大幅に少なくなっているそう。
彼らを支援して日本で貴重な働き手として育てるための費用は、国が支援するというものの、その受け入れ先の医療機関や地域の負担も少なくありません。
もちろん、受け入れ医療機関の応募の少なさの理由が費用面だけではないかもしれません。
しかし基本的に、海外労働者を受け入れる素地が日本と言う国には狭い気がします。
非常に鎖国的な状態だと思った次第。

インドネシアの医療資格を持つ若者たちは、夢を抱いて日本に来ているのに。
キャリアアップができると聞いて、世界一難しい言語の国へ看護師として来てみたら、言葉を学ぶ時間は少ないし、看護師の仕事はさせてもらえない(実際の現場では介護助手的な仕事しかさせてもらえない、と言うところもあるそうです)。

既に世界では二流国家となった「日本」と言う国が、日本に来る外国人にとって素敵な場所と思ってもらうためにも、永住外国人を政治に参加させていろいろ発言してもらうことは、とっても有意なことだと思うのです。

  

|

« 朝青龍のこと。 | トップページ | 週末の、仕事終わりの解放感と、配当感 »

コメント

はじめまして。
外国人に無条件で参政権を与えている国はありません。
それは以下のような問題があるからです。

外国人参政権に反対する会http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

外国人に参政権を与えた結果、ドイツやオランダがどうなってしまったかご存知ですか。

外国人参政権~オランダの悲劇 http://www.youtube.com/watch?v=Py4QnV6Y5BI&feature=PlayList&p=8E01EAACDE52C961&index=0&playnext=1

ハワイは何故アメリカの州なのか知っていますか。
白人に参政権を与えた結果、白人議員が多数を占めた議会がハワイをアメリカに併合させる議案を決議したからです。

投稿: アラディア | 2010/02/05 12:17

はじめまして。

定住、永住、一時就労者など関係無しに「無条件」に参政権を与える必要はないと私も思います。
ある程度の線引きは必要でしょう。


あえて、リンク内容の感想を書くと、
外国人参政権に反対する会のサイトの内容は偏見に満ち溢れています。
正直すごいなぁ、と思いました。

ドイツやオランダの例も知っていますが、リンクの資料も偏見に満ちています。
これを観ると、オランダに住むオランダ人にとって、とっても治安が悪く住みにくい国のように描かれてますね。

実際にオランダに行かれたら分かります。すごくいい国ですよ。
半導体関連で、IMECという研究施設がオランダの隣のベルギーにあり、オランダの方とも何度か係わり合いがありました。
会社の後輩も数年間あちらで暮らしてましたけどねえ。
機会があればオランダかベルギーに住みたい、って言ってました。穏やかな人が多いんでしょうね。
彼が現地で知り合ったあちらの国の友人や行きつけのお店のおばさんの話とか聞くと、オランダの人はいいなぁと思います。
日本も外国人にそう思われて欲しいなぁ、と思いますよ。

ドイツもいい国です。
大学の後輩が、研究でミュンヘンに長いこと住んでいました。
彼から聞くドイツの話を聞くと一度はドイツに旅行してみたい、と思いますねえ。

だから「問題」と書かれた内容にまったく共感できません。(問題が無い、とは言いません)


ところで私にとっては、「参政権」そのものはそれほど大事ではありません。
日本が他国人に対して閉鎖的な姿勢でいることに憤慨しているのです。
このことは、逆に日本人が海外に出かけた際に同様の対応を取られる可能性があり、私にとっては甚だ不都合なのです。

もしも身近に外国人がいたら、日本人と接する以上に親切にしてあげてくださいね。

投稿: ポン吉 | 2010/02/06 00:38

おはようござります。人生修業の真っただ中のPoketです。悟りでも開かないともう対応できましぇーん。
で、参政権についてはよくわかんないけど横レス。インドネシアから研修に来られた看護師さんの話、私も以前NHKで見ました。真摯に頑張っている姿を見ていて、凄いなって思いました。家族を幸せにしたいという気持ちがあんなに頑張れるんだと思いました。人というのは、案外、自分のためだけに頑張るというのはなかなかできないものですからね・・・

女子高校生に人気のある学科「医学部看護学科」。このご時世だから、分からなくもありませんけど、大切なことって「奉仕の心」。これなくして勤まるはずもない感じがするのですよね・・・仕事だと逆に割り切れるっていう人もいるみたいだけど。

私の頃は結構家庭的に複雑な子が学費も安いし、実務に数年就くと奨学金免除されるからと選択する人が多かった。だからこそ、人の生き死になんて一番シビアな現場で頑張れるんだろうし、苦労を知っているから患者さんの気持ちに寄り添うこともできたのでは・・・と思うのです。

今は、お医者さんのお嬢さん(歯医者さん経営している知り合いのお嬢さんも志望しているそうです)が選択する学科です。

私がもし末期がんの患者さんだったら、言葉が少し足りなくてもテレビに出ていたようなフィリピンの看護師さんに寄り添って欲しいかな・・・たぶん心のアンテナはピカイチだと思うから・・・

でも、娘を持つ母としては職に困らない学科に進んでほしいと思うことも十二分に理解できます。国家資格は強いです。矛盾してるよね。

マスコミの連日の報道見ていて、朝青龍、正直うんざりなんじゃないかなって思います。日本語を話している姿見てて思うけど、そんなに頭悪い人とは思えない。敢えてヒール役引き受けていた感じもする。しかも日本に帰化していないらしいし・・・ちょっと嵌められたぽいとこもあるのかもしれない。

自国民も含めて、頑張っている人が正当に評価されないところからは人材もお金も逃げていくだけなんじゃないかなって思います。

投稿: Poket | 2010/02/06 07:15

こんばんは

poketさん、コメントありがとうございます。
娘さんはこれからが本番ですかね?

看護学科って人気あるんですか。知らなかったな。
でもあの仕事、か・な・り、大変ですよ。
知り合いの看護師さんは、今はパーマネントで夜勤されてますけど、それまでは日勤夜勤のリズムがめちゃくちゃでかなり大変だったみたい。
自分は比較的長いこと看護されてた身ですが、生きて再び2本足で歩けたからいいようなものの、一生車椅子とかって分かったら周りの人(看護師さんとか)当り散らしたんじゃないかなぁ、と思うんですよね。


職に困らない学科かぁ。
経験上で言えば薬科ですかねえ?
薬剤師免許は強いですよっ。

うちの父親見てて、そう思いますもん。今はボケボケですけど(笑

>自国民も含めて、頑張っている人が正当に評価されないところからは人材もお金も逃げていくだけなんじゃないかなって思います。

自分もそう思います。
最近の日本人の余裕の無さを見るにつけ、ひょっとしたら評価したくても出来ないような社会システム(とか価値観)を日本人自身が作りつつあるんじゃないか、と思うようになって来ました。

投稿: ポン吉 | 2010/02/08 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人参政権のこと。:

» 蒼海の 「追いつき追い越せ 1」 [ガラス瓶に手紙を入れて]
昨年末、政府の行った予算の仕分けが、新聞紙上を賑わしました。 [続きを読む]

受信: 2010/02/05 17:18

« 朝青龍のこと。 | トップページ | 週末の、仕事終わりの解放感と、配当感 »