« 魚青 | トップページ | さすが、ジェームズ・キャメロン »

2010/01/23

IRCモンテの結果とか

寒いです。

熊本の今朝の気温4℃@8:00。
お昼ごろの気温5℃@13:00。
夕方の気温5℃@16:00

一日を通して、ほとんど変わらん。さむー。
せっかく春が来たかと思ったのにぃ。完全に冬に逆戻りです。
いやー。
 
今日は日中、散髪に行って頭をさっぱりしてきました。
自分の場合、床屋に行くのは2ヶ月に一回くらいなんですが、今回は3ヶ月ぶりくらい。
自分の頭はやや天パーがかかっているし、髪の毛がやや細め?なので伸びてくるとだんだん収まりが悪くなってきます。
朝、会社に行く前に鏡の前に居る時間はたいていの場合5分位。
なのに、髪の毛が伸びてくると10分20分とかかかるときがあり、精神的に「ぐぁー」って感じになって最後にややあきらめモードになります。
最近やや伸び伸びな状態で、収まりが悪くなってきてたのでね。
やっとさっぱりしました。
 
今晩は、会社の同僚と街中で飲んできました。
久しぶりに下通り界隈に行ってきたんだけど、今日はかなり人が多かったですね。
予約を取っていかなかったこともあるのですが、飲み屋さんも満席が多くてなかなか入れませんでしたね。
もしかして景気が良くなりつつあるのかな?
 
 
 
さて、モナコ・モンテカルロで今週行われてたIRC(インターコンチネンタルラリーチャレンジ)のモンテカルロラリー。
23日に終了しました。
 
結果は今回初登場のフォード・フィエスタS2000に乗ったミッコ・ヒルボネンが優勝。
さすがにWRCのトップドライバーです。
初日の出走順決めのSSだけ除けばあとはずっとトップを守り続けました。
フィエスタS2000も速いんですね。
出走前の車検とかでひっかかったりして、大丈夫か?なんて場面もありましたが、走ってしまえばある意味圧勝。
フォードとしては今後WRCがS2000規格になってもいけるぜ、って確信できたんじゃないですかね。
 
このほか、2位はユホ・ハンニネン(シュコダ・ファビアS2000)、3位はニコラ・ブイヨー(シュコダ・ファビアS2000)という順位。
シュコダ、と聞いてもピンとこないかもしれませんが、チェコの自動車会社です。
しかし、侮る無かれ。
チェコの自動車産業は第二次世界大戦前からの歴史があり、なおかつすぐれた品質の製品を作り上げる技術力はドイツに負けるとも劣らず、なのです。
以前はWRCでも活躍してました。
1991年以降はVWの参加入りしています。

 

明日は久しぶりに映画見に行ってきます。
 
 
 
  

|

« 魚青 | トップページ | さすが、ジェームズ・キャメロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IRCモンテの結果とか:

« 魚青 | トップページ | さすが、ジェームズ・キャメロン »