« マック春雨 | トップページ | 大寒? »

2010/01/19

IRC、始まりました。

今日から週末まで、モナコ・モンテカルロでIRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)が開催されます。
スバルがマニファクチャラー登録した、って話は以前しましたが、その後フォードも加わってIRCはすげー盛り上がり?。
まぁ、シトロエンとフォード「しか」出てないようなWRCに、興味を維持するほうがなかなか難しいですが?

IRC第一戦モナコ・モンテカルロのエントリーを見るとフォードが18台も入ってます。スバルは5台。
何でこんなにフォードが力を入れているかといえば、そのレギュレーションと関係があるようです。

IRCのレギュレーションは『スーパー2000(S2000)』、あるいは『グループN』です。
フォードは現在WRCで『WRカー』というレギュレーションの下で開発された「フォーカス」を投入しています。
WRCではそのレギュレーションについてかなり揉めていました。
一応、今後は現行のレギュレーション『WRカー』がなくなり、2011年以降から『S2000』となることがほぼ決定しています。(若干S2000と違う点があるようですが)
となれば、WRCに参加しているメーカーはS2000仕様の車を用意する必要があり、その実験の場として今現在レギュレーションがS2000のIRCはもってこいの場になっているのです。
フォードのS2000仕様の車は「フォーカス」ベースではなく、「フィエスタ」ベースです。
IRCモナコ・モンテカルロではWRCのドライバー、ミッコ・ヒルボネンも出場します。

スバルは「インプレッサ」ですが、こちらは『グループN』仕様です。
『S2000』はNAが前提で、インプレッサを『S2000』に合わせる場合はNAエンジンを用意する必要があります。
スバルにも水平対向のNAエンジンはありますが、基本的にスバルのエンジンチューニングはNAにおいては弱いところがあります。
今後のレース戦略をどうして行くのか、水平対向でNAエンジンを突き詰める決断をするのかどうか、が注目されてくるでしょう。
なんせ、WRCに復帰しようと思ったらターボ車は不可、ですから。
 
自分としてはスバルのアイデンティティである「水平対向」にこだわってレースに勝って欲しいのですがね。
車格的に現行インプレッサをスケールダウンの方向でモデルチェンジして欲しい部分があります。
S2000の規格車重はたしか1トンそこそこのはずですし。
 
 
スバルだからターボじゃなきゃ、てことは無いと思いますし、
環境問題を考えた際にはむしろ「ターボ」のほうが良いんじゃね?と言う声もありますが、
(実は直噴ターボのほうが環境性能は高い)
ここはひとつスバルさん、NAでがんばってみようじゃないか?

 

 

|

« マック春雨 | トップページ | 大寒? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IRC、始まりました。:

« マック春雨 | トップページ | 大寒? »