« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月に作成された記事

2010/01/30

最近のコンビニ

今日、プールの帰りにコンビニに寄りました。
そこでふと見かけたサプリメントコーナー。

「ウラン濃縮」

という商品が並んでました・・・。

 

 
ついにコンビニで原発建設ですか?
もしくは、自宅で簡単みんなで原発、とか?
核兵器なんて物騒なものは日本じゃ認められてませんぞーっ。
世界的にも認めんぞー

・・・よく見てみると・・・

「ウコン濃縮」

ま、紛らわしい(汗

この他、最近ではお菓子コーナーのPOPに江原啓之と美輪明宏が顔寄せ合ってる、こゆーいやつがあったりして、(あれで買う気を起こす奴がおるのか?)コンビニは驚きの世界。

あれは
魔よけ

 

にはなるかも(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/28

トヨタのリコール問題

もう来週は2月なんですねえ。

2月と言えば、

長崎ランフェス!!

今年も行くぞーっ

できれば暖かいほうが楽なので、早く春になってくださいっ(祈り

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最近、世界的に大きなニュースになっているのは、トヨタのリコール問題じゃないかな?

昨年の秋、アメリカでトヨタ車のアクセルペダルが床マットに引っかかって戻りにくくなり、事故が起きた。
これを受けて、トヨタは当初事故と車の不具合の関連性は無い、と言う姿勢だったが最終的には車側の要因を認めた形で400万台を超えるリコールをした。

これは設計上の問題。(トヨタは現時点で否定)
 
 

そしてその問題もまだ片付いていないうちに、こんどはマットとは関係なくアクセルペダルが戻りにくくなる不具合が発生した。

ニュースによると、

『トヨタ側の調査によると、対象車種ではアクセルの付け根の可動部分が繰り返しの使用ですり減り、そこに車内ヒーターの使用で発生した結露が入り込むと可動部分の摩擦抵抗が大きくなり、ペダルの戻りを妨げることが分かった。
 このため、踏み込んだペダルが戻らなくなったり、戻るのに時間がかかったりする場合があるという。日本で販売する車は違う部品を使っており対象外としているが、同じ部品を使う欧州販売分には波及する可能性が高い。トヨタは早急に改善策を決める。』

このため米国トヨタは先週新たに200万台を越える台数のリコールを発表した。

同じアクセルペダルにかかわる問題ですが、まったくの別件と言っていいでしょう。
多分これは設計と品質管理上の問題。

そして問題は大きくなって昨日、昨年のアクセル引っかかり問題のリコール対象車100万台以上追加を発表。
これはトヨタが「やばい」と感じたためかもしれないけど、そうだとしたらちょっと遅いんじゃないの?とイメージダウンにつながりそう。
中国でもリコールが発表されたし、ヨーロッパでもリコールするかどうか検討している、なんてニュースが飛び交っている。

そしてトヨタの本気はついに対象車種の生産一時中止や販売一時中止にまで広がった。
リコール問題で生産・販売の中止にまで対応を広げることはあまり聞いたことが無いですね。

一連のトヨタのニュース、日本国内でのマスコミの触れ方はかなり小さい気がします。
未だにテレビのニュースでこの問題を聞いたことが無いし。(たまたま?)
国内生産の車には違う部品が使われているので問題ないのに、あえて火に油を注ぎたくない、と考えたんでしょうね。
大人の対応やね、さすが日本のマスコミ。

あぁ、もちろん皮肉ですとも。(w

 
自分はトヨタ車が好きですし、トヨタディーラーのサービスや対応は日本の車メーカーではダントツにいい、と思っています。
それだけに早く解決してもらいたいです。
だけど信用は一朝一夕には戻りません。
今回の問題を徹底的に分析し教訓にして、あとは地道に信頼を積み重ねていくしかないでしょう。

製品への信頼、企業への信用、というのは
壊すのはいとも簡単、
手に入れるのはとても難しい。

お金だけでなく、日々の姿勢や努力、といったお金に変えられないものも必要。

信頼、それはプライスレス。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/27

思ひ出ぽろんぽろん

今朝はいっそう厳しい寒さでした。
寒い、っていうより「痛い」 気温-4℃@7:30 熊本市
しかし夜、会社を出たとたんに「何これ?」
かなり暖かい。つか、ぬるい?
それもそのはず、気温11℃@21:00

家につく頃には小雨が降ってました。
明日の朝は気温高めで大雨らしい。春の雨、ですかね。まだ1月ですが。
 
 

昨日辺りから国際ニュースでマチュピチュの話題が出てましたね。
大雨でマチュピチュ付近に観光客2000人が孤立、と。
マチュピチュ、は「インカ」の名前のほうが有名な「タワンティンスウユ」の山の上にある古代都市?の遺跡のことです。
山のふもとには人が住む村、「アグアスカリエンテス村」があります。
ここに地元の人や観光客が孤立したんですね。
たしかに、ここへの交通手段は鉄道しかありません。
(正確には「歩き」という手段もありますが、、、)

2年前のちょうど今頃自分はマチュピチュに旅行しました。
今の時期、マチュピチュのあるペルーの高山地帯は雨季で、緑が芽吹く美しい季節でもありますが、文字通り雨の多い季節です。
自分が行ったときも雨が降ったりやんだりで、アグアスカリエンテス村の脇を通ってクスコからの鉄道路線沿いを流れるウルバンバ川はこんな感じの濁流でした。

Urbanba_080122
(2008年1月22日 雨季で濁って激流となったウルバンバ川@アグアスカリエンテス村 photo by PowershotA710)

自分がペルーの首都リマからクスコに飛行機で飛んだとき、雨雲が厚くてクスコに行けない、と言うトラブルがありました。
飛行機の便数があまり多くないこともあって、翌日にようやくクスコに行けたのですが、海外旅行にアクシデントはつきものだよな、と思い知らされました。
今回、鉄道の路線で起きた土砂崩れが原因ですが、土砂崩れそのもので誰かが生き埋めになったというような報道は無いようです。
不幸中の幸い、ですね。

もしかしたら一週間くらい足止めかもしれませんけどねえ。
なかなか出来る経験じゃないよなー、と少しうらやましい気がするのは不謹慎ですかね、、、ですよね。。。。すんません。

 

鉄道で移動してアグアスカリエンテスに到着する直前くらいに線路脇にヘリポートっぽいところがありました。
今回の救出活動で使われているかもしれません。

Aguas_heliport_080122
(2008年1月22日 アグアスカリエンテス村のほとんどつかわれてなかったヘリポート photo by PowershotA710)

ちなみにクスコ~アグアスカリエンテス間は鉄道で4時間。
歩きでは3泊4日の「インカトレイル(インカ道)ツアー」がありますね。
(もっと正確に言えば、この区間は6000m級の山々を縫っていく超高地区間で並大抵の道ではない。)

 

 

さすが雨季。
マチュピチュに登ってすぐは周りは霧に包まれてまっちろけでした・・・

Matyupityu1_080122
(2008年1月22日 霧のマチュピチュ photo by PowershotA710)

せっかく来たのに残念だなぁと、お昼ごはんを食べてしばらくしたら・・・

Matyupityu2_080122

Matyupityu3_080122

(2008年1月22日 青空とマチュピチュ photo by PowershotA710)

残り少ない幸運を使い果たしたね。ま、それでもいいか(w 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/26

一人暮らしの生活費

今朝の熊本は厳寒。-2℃@8:00AM 熊本市
竹やぶの竹の葉っぱに霜が降りてたみたいで、白く光っていました。
畑の土手の角度がちょうど朝日の日光と直角になって温度が上がりやすいところから、白い水蒸気がもわもわっと立ち上っているのも見えましたね。
どんだけ寒いんだよ、って感じ。
ひと雨ごとに暖かくなればいいけど、今のところはひと雨降っても次の晴天で放射冷却して一段と寒くなるだけだなぁ。はぁ~~。

 
 
昨年の11月から熊本生活3年目を迎えました。 
一人暮らしの生活費@熊本、がどのくらいか計算しました。

昨年(2009年)の月平均額です。

電気:3821円
ガス:2818円
水道:2052円
電話(固定):1600円
電話(携帯):4699円(au)
ネット:4721円(Nifty&Yahoo)
ゴミ(市指定ゴミ袋購入):70円

夏と冬で電気代ガス代は結構変わってきます。ただ、電気代:夏高い、ガス代:冬高いです。
冬はエアコン使わず、九州に越してから灯油も買わなくなりました。
一応、電気ストーブ(300wくらい)使っています。
しかも稼働時間は一日4~5時間くらい(平日)。
ちなみに関東で暮らしていたときより月当たり1500円ほど安く済んでいることがわかりました。
ガスも1000円ほど安いようです。

水道代の場合、夏シャワーで冬は風呂にお湯を張るので、季節によって量的に違いはありそうですが意外に代金の差はありません。
週一、あるいは隔週で温泉行ったりするのも影響あるのかな。ガス代には響いているのでなんとも言いがたい。
なんにせよ量が少なく、おそらく最低料金以上にはならない模様。
自炊しないし、毎日選洗濯しないし、トイレの回数少ないし(w
水道代も熊本のほうが500円ほど安いです。

ガス、水道はコンビニ現金払いで、他は銀行引き落としのカード払いになっています。

これに家賃(5万円)を入れた分(約7万円)が一人暮らしの毎月の固定費(施設維持費)、といったところでしょうか。
食費(3万円)とかガソリン代(2万円)とかを加えたら、最低12万円位の出費が何はなくとも必ずある、ということになります。

会社に行ってないと、電気代とか食費とか余計にかかるでしょう。
ある意味、お金を節約できて、尚且つ毎月お金を頂けるなんて、会社って意外にすばらしい?

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/01/25

「たんこぶ」作っちゃいました

今朝の熊本は寒い雨でした。気温4℃@8:00 熊本市
夜になって晴れ間がありました。
明日晴れるとしたら放射冷却で真剣さみーと思われます。ヒェ~~。(w
 
 
先週土曜の夜のこと。
会社の同僚と下通りで飲んで、食って、してました。
考えてみたら、久しぶりのお酒でした。
一ヶ月ぶりくらい?
この間、断食ちっくなこととかしちゃって体重を落としてました。

なんかね。
おそらく、お酒の吸収が通常よりも早かったんやと思うんです。

2件目に行ったときに一瞬「気絶」しました。

イヤーびっくりした。
周りの人間もチョー驚きよったです。
そりゃそうでしょう。ちょっと前まで普通の状態だった人が前触れも無くぶっ倒れるんですから。
昨日の映画で言えば、強制的にリンクを切った「アバター」状態・・・

 

自分はまったく気づいてませんでしたが、少し痙攣もしてたらしい(汗

 

いわゆる急性アル中状態
一気飲みとおんなじ様な症状やもんね。
でも、飲んだのはビールジョッキ2杯、焼酎のお湯割り4杯くらい。
大した量じゃない。
気絶する予兆らしいものはほとんどなかったんですが、考えてみると焼酎3杯目くらいに「あれ?」と。
もしかして酔いが早い?
 
そんな感じは(少しだけ)してました。ほんと少しだけ。

未だかつて、酔って「我を失う」なんて無かったんですけどね。
自分的には何の前触れも無く気を失ったのが怖い。
防ぎようがないし。
やばいやばい。

まだ断食後の普通じゃない状態にあるのかもしれません。
お酒も少しづつ慣らして行こうと思いました。がんばれ、俺。(笑
(だってお酒好きだし。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

在日米軍?

昨年、北朝鮮のロケット発射で日本が大騒ぎしたとき、
在日米軍のパトリオット(迎撃ミサイル)の一部でも本土のロケット予想射線下のどこかに配備されたという話は、ついに聞かなかった。
(ウィキペディアによれば、24機のパトリオットが嘉手納にあった。)

米軍の艦船や軍用機が日本海とか太平洋とかに出て情報収集したとき、米軍の得た情報は優先的に日本へ伝えられるべきなのに、
そんなことはまったくなかった。
(あったのかもしれない。日本の当局に分析能力が無いだけかも知れぬ。)

在日米軍ってまったく用をなしてない。要らんもんやな。

この期に及んで、安全保障がどうの、と言ってアメリカの顔色を伺う政府に、
名護の市長選で米軍基地移設反対派が勝利しても、「だから何?」と開き直りを見せる政府に、

つか、いつまでたっても不祥事の絶えない、日本人を見下す在日米軍に、

正直うんざり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/24

さすが、ジェームズ・キャメロン

今朝はまたまた極寒でした。 1℃@7:00 熊本市
でも天気良かったねー。日中は気温も上がって12℃くらいでしたかね。
布団、干しときゃよかったよ・・・orz

今日は映画鑑賞してきました。
映画館行くとね、すっごい人の数。
チケット売り場に真剣いっぱい人が並んじょったよ。
おそらく「オーシャンズ」目当てじゃないかなー
自分も「オーシャンズ」見たいんですけどね。
今回観た映画は「アバター」
 

ちょっと前までは、あまり興味なかったんですけどね。
よく見にいくブログで、感想が良かった人が多かったんです。
まぁ、3D映像の映画ということもあって、いずれ地上波テレビで放送されるにしても映画館で3Dで見といたほうがいいかな?と。
つい先日アメリカであった家電のショー?では3Dテレビの評価が高くて家電メーカーが販売開始を早めそう、なんて話もありましたし。
日本ではあまり一般的でない、というかマスコミでもあまり関心が高くないというか、な感じです。
アメリカでは3Dの映像ソフトも結構多いらしく、3Dテレビを待っている層は大きいみたいですよ。

結果は、
とても良かった。。。

精密機器、という特殊なメガネ(偏光メガネっぽい?)をかけて3時間近くがっつり観てたんで、目というか頭というか視神経系が疲れましたけど、かなり引き込まれてしまって、終わってしまえば「あっ」という間でした。
ストーリー的にはアメリカで言うところのインディアンと入植ヨーロピアンの戦いが根底にあるような感じでした。
なんとなく、「ダンスウィズウルブス」を思い出しました。

アングロサクソン系のアメリカ人にとってこの映画の悪役が、祖先にイギリス人を初めとするヨーロピアンを持つ人々になるわけ(つまり自分たち自身)ですから複雑な感じになるんじゃないかと思うんですけどね。
主役は、いろいろ複雑なんですが、立場的には上の例えで言えばインディアン側(=異星人)。
この映画のCMで見たことがある人は「あの青いCGキャラッぽいのは何?」って思ったことがあるかもしれませんが、彼らがインディアン側(=異星人)です。
初めはあの異星人のCDキャラはやや違和感ありなんだけど、見ているうちにまったく気にならなくなってました。
ヒロイン役?の異星人の娘にはさすがに感情移入しづらいやろ、と思ったけど後半になってくると不思議に可愛く見えてくるんよね。
 
この映画、全編CGではありません。実写とCG半々かな?。
インディアン側を理解する地球人の科学者役にシガニー・ウィーバーが出演されています。
彼女の役回りは、雰囲気的に言えば昔彼女が主演をしていた映画「愛は霧のかなたに」を髣髴とさせるものがあります。
主役の男性はあまりよく知らない人でしたけどね、いい演技してたと思いますよ。

先述のように
先住民との軋轢の問題(先進国と途上国の問題)、
人間と自然とのかかわり方を考える上で、「もののけ姫」のようなテーマ、
つまり、人と人、人と自然、それらの係わり合いやコミュニケーションのとり方、

そういったものをいろいろ考えさせる映画でした。
 
単なる3DとかCGとかが話題になるべき映画じゃぁーないです。
加えてね、ちょっと気になったのが、結局アメリカ人は武力でしか解決できないと考える人たちなんだな、て言うところ。
戦いや殺し合いは結局何の解決にもならない、恨み悲しみの連鎖を生むだけ、と言うところも欲しかったな、とは日本人的な発想でしょうか。
ちょっとだけそう思わせそうな場面があっただけに、もう少し「何か」欲しかったな。

パンフレット買おうと思ったんですけど既にもう完売でした。
まぁ、上映時期が終盤と言うこともあるしね。残念。
とってもいい映画でした。見といてよかった。

 

 

さてさて、近いうちに「オーシャンズ」も見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/23

IRCモンテの結果とか

寒いです。

熊本の今朝の気温4℃@8:00。
お昼ごろの気温5℃@13:00。
夕方の気温5℃@16:00

一日を通して、ほとんど変わらん。さむー。
せっかく春が来たかと思ったのにぃ。完全に冬に逆戻りです。
いやー。
 
今日は日中、散髪に行って頭をさっぱりしてきました。
自分の場合、床屋に行くのは2ヶ月に一回くらいなんですが、今回は3ヶ月ぶりくらい。
自分の頭はやや天パーがかかっているし、髪の毛がやや細め?なので伸びてくるとだんだん収まりが悪くなってきます。
朝、会社に行く前に鏡の前に居る時間はたいていの場合5分位。
なのに、髪の毛が伸びてくると10分20分とかかかるときがあり、精神的に「ぐぁー」って感じになって最後にややあきらめモードになります。
最近やや伸び伸びな状態で、収まりが悪くなってきてたのでね。
やっとさっぱりしました。
 
今晩は、会社の同僚と街中で飲んできました。
久しぶりに下通り界隈に行ってきたんだけど、今日はかなり人が多かったですね。
予約を取っていかなかったこともあるのですが、飲み屋さんも満席が多くてなかなか入れませんでしたね。
もしかして景気が良くなりつつあるのかな?
 
 
 
さて、モナコ・モンテカルロで今週行われてたIRC(インターコンチネンタルラリーチャレンジ)のモンテカルロラリー。
23日に終了しました。
 
結果は今回初登場のフォード・フィエスタS2000に乗ったミッコ・ヒルボネンが優勝。
さすがにWRCのトップドライバーです。
初日の出走順決めのSSだけ除けばあとはずっとトップを守り続けました。
フィエスタS2000も速いんですね。
出走前の車検とかでひっかかったりして、大丈夫か?なんて場面もありましたが、走ってしまえばある意味圧勝。
フォードとしては今後WRCがS2000規格になってもいけるぜ、って確信できたんじゃないですかね。
 
このほか、2位はユホ・ハンニネン(シュコダ・ファビアS2000)、3位はニコラ・ブイヨー(シュコダ・ファビアS2000)という順位。
シュコダ、と聞いてもピンとこないかもしれませんが、チェコの自動車会社です。
しかし、侮る無かれ。
チェコの自動車産業は第二次世界大戦前からの歴史があり、なおかつすぐれた品質の製品を作り上げる技術力はドイツに負けるとも劣らず、なのです。
以前はWRCでも活躍してました。
1991年以降はVWの参加入りしています。

 

明日は久しぶりに映画見に行ってきます。
 
 
 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/22

魚青

早くも週末です。
熊本は、寒い冬に戻ってました。4℃@20:30 熊本市

 

今日のお昼ごはんは「鯖の味噌煮」を選びました。(@社食、330円)

 
旨い。

 
やっぱ鯖は裏切らんねー。
ただ、やっぱり大分の鯖(正確には豊後水道の鯖)、が一番旨いと思います。
煮ても焼いても、身から染み出すうまみは、大分の鯖(鯖に限らず魚一般)が一番だね。
まぁ鯖の場合、「鮮度」という要因もあるのかもしれません。
鯖は非常に傷みやすい魚なのです。

昨日だったかおとといだったか。
大分自動車道でコンテナを積んだトラックが走行している最中に、積んでいるコンテナが次々に落下。
コンテナの中身が高速道路にぶちまけられた、というニュースがありました。
その中身が、恐らく大分の鯖。
(福岡の鯖。養殖の餌用らしい。しかも運び先が佐伯市。というと、ハマチの餌が鯖?)

関サバとかじゃないと思いますけど、道路一面の鯖、壮観だったでしょうねえ。
あーもったいない。

 

鯖といえば、子供の頃に近所の港でよく釣ってました。
夏になると、「サビキ」という5~7個釣り針が付いた仕掛けでオキアミの撒き餌を使って釣り上げます。
鯖は群れて港のなかを回遊していて、竿を海に入れるタイミングがちょうど群れに当たるともう入れ食い状態。
仕掛けを海にたらすそばから鯖が擬餌針(針にゴムを巻いてえびのように見せたもの)に食いつきます。
一旦針にかかった鯖は猛烈にあっちこっち泳ぎ回るので、こちらの仕掛けが隣の釣り人の仕掛けに引っかかってこんがらがる「お祭り」状態になってしまいます。
よく見知らぬおっちゃんに怒られてましたね。
「早よ糸巻いて釣り上げんな、いけんやろうがー」って。
近いところに他の釣り人がいなければ、他の疑似針すべてに鯖が食いつくように鯖の暴れるがままにするほうがいいんですが、なかなかそういうことはなく、たいがい港の防波堤の上は釣り人でいっぱいでした。

欲をかくと大きなしっぺ返しを受けることを、鯖釣りが子供心に刻み付けたのでした・・・(苦笑

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/01/21

喉とか、耳とか。

今朝の熊本はひっじょーにぬるい朝、でした。15℃@5:30 熊本市
会社から帰るときにはいつもの寒い日に戻ってました。5℃@22:00 熊本市

あぁぁ。

 

先々週から先週にかけて「扁桃腺炎」なるものにかかってた、と言う話は書きました。
喉の奥ののどちんこの横にあるのが扁桃腺だということに、今頃になって初めて知りましたよ。
だって扁桃腺なんて病気にならんと、気にせんやんか。
 
お医者さん=耳鼻咽喉科に行って、言われて初めて気がついて、その部分を鏡で見ると腫れて化膿して白い膿がついてました。
 
病院でもらったイソジン(のようなもの)でうがいしましたね。

 

これでもか、っていうくらい。

 

1日朝昼晩、寝る前の4回。
結構これが効きめあり。 
腫れていた喉が、イソジンでうがいするとすこしの間だけ楽になる。
普通の水のうがいよりも全然効果有り。
かくて、自分はイソジン(のようなもの)の偉大さを知ったのでした。
 
うちの近所の耳鼻咽喉科のお医者さんはぱっと見、熊本県知事の蒲島さん似でした。
親切丁寧だったし、病院はきれいだったし、いいかんじ。
 
今回の件とは別に、学生のころから時折激しく耳鳴りがするので、いつかは耳鼻科で見てもらおう、と思いつつこの歳になってしまいました。
難聴ではないけど、最近になってうちの母親がホントかどうかわからんけど「自分はメニエール病やけん」とか言い出してきて、耳に何かある家系なのかも、と気になっているんですよね。きのせいか
いい機会だし、そこの耳鼻科に行って見てもらおうかな。
土曜も診療しとるけん助かるんよね。
 

ちなみに、耳垢。
耳垢って「さらさら」のと「ねちっこい」のとありますよね。
うちの家族で唯一自分だけ「さらさら」系。
両親と妹は「ねちっこい」系。
これも遺伝に関係するのかな。
 

・・・ってことはつまり?

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/01/20

大寒?

今朝の熊本、比較的暖かな朝を迎えていました。
6℃@8:00 熊本市

ついこのあいだ、-5℃とかだったのにね。
いやー、暖かいってスバラシイ。

そういえば、今日は大寒(二十四節気)。
穏やかに暖かな(穏暖な)大寒でした。

日中の気温は19℃まであったそうで。
このまま夏へまっしぐら、といって欲しいものです。
あまりの暖かさに、今朝は大宰府天満宮の飛梅がほころんだとかニュースもありました。

 

写真は昨年の太宰府天満宮です。
日付は2月15日。
天満宮に向かって右側の白梅が「飛梅」。
左の紅梅が「皇后梅(きさいのうめ)」

今年も梅(ホントは梅ヶ枝餅)を愛でに行きたいナ(w
なんといっても香りがいいんですよねえ・・・
目と鼻と舌の感覚を豊かにさせてくれる、春の大宰府は素敵です(笑

100120_tenmangu_ume

(2009年2月15日 天満宮にて Photo by PowershotA710IS)

100120_tenmangu_ume2

(2009年2月15日 天満宮と飛び梅と Photo by PowershotA710IS)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/19

IRC、始まりました。

今日から週末まで、モナコ・モンテカルロでIRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)が開催されます。
スバルがマニファクチャラー登録した、って話は以前しましたが、その後フォードも加わってIRCはすげー盛り上がり?。
まぁ、シトロエンとフォード「しか」出てないようなWRCに、興味を維持するほうがなかなか難しいですが?

IRC第一戦モナコ・モンテカルロのエントリーを見るとフォードが18台も入ってます。スバルは5台。
何でこんなにフォードが力を入れているかといえば、そのレギュレーションと関係があるようです。

IRCのレギュレーションは『スーパー2000(S2000)』、あるいは『グループN』です。
フォードは現在WRCで『WRカー』というレギュレーションの下で開発された「フォーカス」を投入しています。
WRCではそのレギュレーションについてかなり揉めていました。
一応、今後は現行のレギュレーション『WRカー』がなくなり、2011年以降から『S2000』となることがほぼ決定しています。(若干S2000と違う点があるようですが)
となれば、WRCに参加しているメーカーはS2000仕様の車を用意する必要があり、その実験の場として今現在レギュレーションがS2000のIRCはもってこいの場になっているのです。
フォードのS2000仕様の車は「フォーカス」ベースではなく、「フィエスタ」ベースです。
IRCモナコ・モンテカルロではWRCのドライバー、ミッコ・ヒルボネンも出場します。

スバルは「インプレッサ」ですが、こちらは『グループN』仕様です。
『S2000』はNAが前提で、インプレッサを『S2000』に合わせる場合はNAエンジンを用意する必要があります。
スバルにも水平対向のNAエンジンはありますが、基本的にスバルのエンジンチューニングはNAにおいては弱いところがあります。
今後のレース戦略をどうして行くのか、水平対向でNAエンジンを突き詰める決断をするのかどうか、が注目されてくるでしょう。
なんせ、WRCに復帰しようと思ったらターボ車は不可、ですから。
 
自分としてはスバルのアイデンティティである「水平対向」にこだわってレースに勝って欲しいのですがね。
車格的に現行インプレッサをスケールダウンの方向でモデルチェンジして欲しい部分があります。
S2000の規格車重はたしか1トンそこそこのはずですし。
 
 
スバルだからターボじゃなきゃ、てことは無いと思いますし、
環境問題を考えた際にはむしろ「ターボ」のほうが良いんじゃね?と言う声もありますが、
(実は直噴ターボのほうが環境性能は高い)
ここはひとつスバルさん、NAでがんばってみようじゃないか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マック春雨

今朝も、寒かったです。-1℃@8:30熊本
会社に行く時の服装は、ズボンはベージュのチノパンで上はアンダーシャツの上に襟付き長袖シャツ、そして会社のジャージ地の上着ですが、朝の気温が氷点下前後の場合、その上にネル地のハーフコートっぽいものを羽織ります。
所詮ドアツードアで車に乗りますが、気温が低い時は車の中もチョー寒いのです。
エアコンつけても温まる頃に会社に到着するのであまり意味がない。
なので、ハーフコート着っぱなしで車を運転しています。
ちなみにこのハーフコートは閉店セール中の紳士服の青山で買った価格700円のもの。
値段見て古着かと思ったよ。見た目はそんな風には見えませんが。
もうかれこれ10年くらいは着ているかも。
気温が10℃以下とか冷たい風の強い日に街中など歩き回る場合を想定したときはダウンジャケット着ますけどね。
あー、寒いのやだやだ。 
しかし、日中は暖かかったみたい。
明日の最高気温17℃と予想されています。
むー、そのまま夏になっちゃえばいいのに。。。
(週末は寒さが戻ってくるとか。気温差が激しい今日この頃です。体調には気をつけましょう。)
 

先週末、一ヶ月ぶりくらいでマック食べました。それも二日連続。
はじめは朝マック。
初めて「サラダマリネマフィン」を食べたけど、これがうんまい。
挟んであるのがほぼ野菜でちょっとだけベーコンが入ってるっていう変り種。
マックのくせに、軽い。軽すぎる。
野菜サンド?かも。
ヘルシーな感じでおいしかったです。

その翌日、プールの帰りにテキサスバーガー食べました。
今マックでやってる、ビッグアメリカ、のキャンペーンの第1弾。
これもボリューミーだけど旨かった。
お肉はクォーターパウンダーのお肉と同じで大きめ。
炒めたオニオンとカリカリベーコンもサンドされてます。
これが・・・いい風味。
カロリー高め、値段も単品で400円と高めですが。
久しぶりに、肉食った、っていう充実感たっぷり。
でも2回目はないな。ちょっと高いし。せめて300円やったらねえ。

100117_texas_burger01

100117_texas_burger02

(2010年1月17日 その名は「TEXAS」 Photo by FinepixF200EXR)

 
 
食べ物ついでに。
いまダイエット中です。
マック食べててもダイエット中なのです。
基本的にあまり我慢しないように心がけてる、「なるようにしかならないダイエット」です(苦笑
一応、それでも年の暮れから正月にかけて行った絶食風ダイエット後の体重はキープ中です。

絶食ダイエット(とはいえ何も食べないわけではないのだが)後の回復期にいい食べ物はないかと、コンビニで見つけたのが「スープ春雨」シリーズ。
このシリーズでチゲ風のものがあります。
このチゲ風のものに、かぼすを半分に切ったものを絞ると、あら不思議。トムヤンクン風味に変身します。
(ベースがそれほど辛くはない)
自分はトムヤンクンが大好きなので、この、「チゲ風スープ春雨にかぼすをちょいと絞る」アレンジにはまってます。
もし興味のある方はぜひお試しあれ。

とか書きながら、スープ春雨も一カップ150~130円くらいなので、意外にちょっと高いなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/18

日本の中の、モータースポーツって?

今朝の熊本、相変わらず厳しい寒さでした。-2℃@8:00AM。
日中は天気が良かったようです。

 

はー。

ダカール終わっちゃったねー。

 
・・・しかしなんなの、この日本でのカーレースのマイナーぶりは。
 
 
日本は間違いなく車社会で、世界を見たとき車メーカーの多くを占めるのは日本のメーカーなんだけど、何故、日本国内において車の競技はマイナーなんだろう。
バイクのレースにしても車のレースにしても、日本のメーカーが世界で一番になっても、スポーツ欄での扱いは非常に小さい。
 
つか、バイクなんてホンダかヤマハかスズキかカワサキか、って時になんで日本のマスメディアは大きく取り上げないんだろう、って昔はすっごい疑問だった。
今でもおなじだけど。
自分たちが乗ってる国産スクーターのメーカーって、世界で一番なんだぜ、って言っても日本の世間は、別にどうでもいい、って感じ。
 
ゴルフとか競馬とか、週末の日中にテレビで大きく扱うよりも、モータースポーツにもっと光を当ててもいいんじゃないの?
モータースポーツの世界は世界的に見るとは非常にステータスが高いのに、日本国内ではいつまでたってもはみ出しもののような扱い。
だから三菱とかスバルとか、ラリーの世界から撤退しちゃうし、ホンダとかトヨタもF-1から撤退しちゃうわけよ。
だって、レース続けてても世間的には大して評価されない、ってことやし。
それじゃ車の売り上げも、国内では伸びないやね。
まぁ、責任の一端は国内メーカーにもあるかもしれん。
 
このままだと日本のメーカーはなくなっちゃうかも。
日本で走っている車はみな中国メーカーのものになるかも。
「あぁ、昔の国産車は壊れにくかったのにねー」なんてため息ついているかも。
ちょっと憤りの月曜でした。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/17

受験生のみんな、センター試験ご苦労様。

今日も熊本は朝からすごくいい天気でした。
まぁ、おかげで早朝は放射冷却のためマイナス5℃くらいだったです。
「キ~~~ン」って音が石になって飛ぶくらい、激寒でした(w

それでも日中は12~3℃位はあったでしょうか。
今日のプールは激しく人が多かったけど、なんかあったんかねえ。
あまり人が多すぎるのも疲れるんよね。
いつもしょっぱなにアップで200mくらいゆったり泳ぐんやけど、今日はなんか知らん真剣疲れた。
体重減らしたせい?

 
  
   
気のせいかも知れんけど。
来月の長崎ランフェス。
ずいぶんマスコミにフィーチャーされているような・・・

某NHKの大河ドラマのせいやろうかね。
ランフェスがらみで熊本からチャーターバスが出るとかどうとか、CMが流れよったし。
あまり人が増えるのもなんだかなぁ。
湊公園にはそんなに大勢、人は入れないぞよ。
まぁ、みんなグラバーとか、出島とか、有名どころの観光地に集まればいいんだ。(ウソ
(逆にそういうところではランフェス色がまったくございませんのでご注意を)

 

さてさて昨日、今日は、大学センター試験の日でした。

いやー、言うても自分の場合はもう、ン十年前のことじゃけんねえ。
ちょうど「共通一次」という名称から、「大学入試センター試験」と名前を変えて、すぐくらいの時期に自分も受けました。
高校3年のときに自分が受けに行った場所は東京代々木の代ゼミ校舎。
なんで神奈川の県立高校生がわざわざ東京に行くんだろう?という気がしてましたけど。
当時は入試のことで頭がいっぱいやったし。

特に雪も無く、交通機関の遅れも無く、順調に二日間過ぎて行った覚えがあります。
自分の場合、入試1年目は失敗して、1浪して、2年目は群馬でセンター試験を受けました。
群馬のときは、高崎の、やっぱりどこかの予備校だか塾だかで受けた覚えがあります。

試験受けて、その翌日くらいに出てくる新聞の試験問題と回答みて自己採点して、一喜一憂してた気がするなぁ。
当時は、センター試験がすべてではなかったし(少なくとも自分は、かなり「たか」をくくっていた。ま、いつものことやけど)。
模擬試験を受ける感じで気楽に受けよったね。
最近はリスニングとかあるんやねえ。
 
 
受ける本人はもちろん、周りの家族も大変。
だけど、これまで多くの人が通ってきて、これからも多くの人が乗り越えなくてはならないところやしね。
気合入れて、がんばって、乗り切って良い春を迎えて欲しいね。
 
 

ついでにもういっこ。
ル・ダカール
南米アルゼンチン~チリで行われていたダカールラリーで16日、最終14ステージが行われました。
結果だけ書くと、VWのサインツが自身、ダカールでは初の総合優勝。
すごいぞ、48歳。さすが、ただもんじゃねえな、おっさん(w
日本の菅原さんみたく、60過ぎても走ってみるかー??

2位にアルアティア(VW)、3位にミラー(VW)と、トップをVW勢が独占。
って三菱おらんからな。ようやく取れた、って感じじゃね?
4位はBMWのペテランセル。
WRCの元チャンプだったサインツは別格としても、アルアティアっていうとスバルのドライバーってイメージがあるし、ペテランセルは三菱。
なんか感慨深いね。

日本人ではトヨタランクルで出場していた三橋選手が総合17位、市販車部門1位という好成績で完走。

今年もスバラシイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/16

ちょっとだけ・・・の日食

今日の熊本はいい天気でしたねー。
すばらしかった。

さて、昨日は日食でしたよ。

・・・今日は、いい天気でした。

 

が。

 

ががが。

が~ん。


昨日の熊本、朝から冷たい小雨模様。
日食の起こる夕方は曇り空でした。
こりゃ見えねえよ、と思ったのでした。
しかし。
熊本、夕方の西の空は、西の空の「一部」は、少しだけ晴れ間がありました。

・・・えーっ。

しかし。自分は仕事中。
こればっかりはしかたないねえ。
17時くらいに、一瞬だけすこーし欠けた夕日(太陽)を見ました。
地平線付近は雲に覆われていたので、会社のある場所からはそれ以上は見れなかったと思います。
まぁ、でもねえ。
じっくり観れなかったのは残念やけど。2年連続で欠けた太陽を見れるなんて、なんてラッキーなんやろう。
今年の幸運を使い果たしたかもしれません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/14

不可能と思える課題に挑戦し努力をし続けられる人。

うひー、寒い朝です。
今朝はちょっと早起きしてしまいました。

先日、NHKの「プロフェッショナル」を見ました。
今回は浅川千恵子さん。
初めは誰?って思いました。
IBMのフェローらしい。
やっている仕事は、ネットサイトの画面を音声で読み上げるソフトを作ったり、目が見えなかったり、後進国の多くの人がそうであるように文字を読めない人(文盲)がインターネットを楽しめるような補助的なソフトの開発の指揮をしている人です。
世界中が注目している人の一人、といっていいらしい。

見た目は至って普通のおばさん。
番組を見終わった後で歳を知りましたが、年齢よりやや若く見えるかな。
だけどこの人、10歳のときにプールで目を壁にぶつけて、14歳で目が見えなくなって以降はずっと全盲。
中学校を卒業した後、引きこもった時期もあったけどその後盲学校へ行き、英語の能力を磨いて通訳翻訳の仕事を目指すも挫折。
職業訓練所で出会ったコンピューターに可能性を見出し、いまや世界のIBMの、世界でそう何人もいない「フェロー」という地位にいらっしゃいます。
社内では8人からなる「浅川組」と呼ばれるチームを率いてWEBアクセシビリティ(やわく言うと、障害者や老人、文字が読めないなど、どんな人でもインターネットに触れやすくするITのバリアフリー)を高める仕事をしています。

「プロフェッショナル」という番組は好きなんですが、出てくる人によっては最後まで見ないことが多いんです。
が、今回はなんか知らんけど引き込まれるように最後まで見てしまいました。

この人、なんか普通なのにすごい。
すごいけど、なんか普通。
目が見えない?
そんなこと関係ないくらい普通にしてて、でもなんかじわじわすごい。
話している言葉もしっかり、心に響いてきました。

自分も仕事上、IBM(米国のほう)とお付き合いさせていただくことがありますが、いつも思感じるのは、何でもやってるなー、という印象。
ちょっとした発想だけで仕事しているんじゃないの?と思うようなことをチームを組んで積み上げていくようなところが、IBMにはある気がします。

言い換えれば、
懐が深い。

 
今回の番組でも、彼女の研究を非常に認めてフェローに認定しチーム作ってお金かけて仕事させている、そんなIBMの懐の深さをつくづく思い知らされた感じです。
巨人、と言われて過去の栄光になりつつありますが、されどIBM、です。
そんなIBMのフェロー。
IBMフェローとは、
「継続的かつ卓越した技術実績とエンジニアリング、プログラミング、サービス、科学技術の分野に貢献した最高の技術専門家の中から任命されるIBMの技術者の最高職位」
だそうです。
全世界で約40万人いるIBMの社員の中から年間で4~9名しか選ばれない、非常に権威のある地位。
現役のIBM社員でも75人しかいない、らしい。

浅川さんの言葉は宝石のような気がしました。

例えば。
「自分に出来ることは限られている」
「あきらめなければ、必ず道はひらける」
「苦しい、と思うまで突き詰めたら、道はひらける」

どれも当たり前のような、なんども使い古されたような言葉ですけどね。
初めの言葉と、2番目の言葉って相反するようにも聞こえますしね。
だけど相反しない。
出来ることは限られている、からあきらめるんじゃなく、出来る人をひっぱってくればいいし、その場その時の目標が大きすぎる場合は視点を変えてもっとわかり易い、乗り越えられそうな所を攻める。
視点を変えても最終的なゴールは見失わない。
いろんな方法を考えても苦しいことはあるだろうけど、何もやらなければ何も進まない、何のきっかけも生まない。
いろいろやって突き詰めていったときに、別の出口が見つかることがある。

 
そんな話です。
とにかく粘り強いんだけど、押し付けがましくなく、目標に向かって確信を持って、されど淡々としている姿に、じわじわーっと感動しました。

浅川さんが語るプロフェッショナルとは...
「不可能と思える課題であっても、それに挑戦して努力をし続けられる人。
そして、その結果として、その自分のそれぞれの技術エリア、技術レベルを一歩も二歩も前進させて、次の世代に引き継いでいくことができる人。」

来週再放送があるらしいです。興味のある方は是非。
NHK総合 18日月曜深夜24:45~
NHKBS2 18日月曜午後4:40~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

イッツア、スノーワールド!!

熊本は今朝、大雪、に見舞われました。
積雪、6cmとニュースで言ってました。
熊本地方、平野部6cm、阿蘇山上3cm。
阿蘇の山の上のほうが積雪が少ないってこともあるんですな。

家を出たら一面真っ白け。しかもまだ降り続いていました。
車の上に5cmくらいは積もってたかな。
家の前の幅5mくらいの道の上にはうっすら1cm未満の雪が積もっている程度。
恐らくスタッドレスは必要ないだろうけど、自分は用心のためスノーベルトを車に積み込みました。
出勤時の道路が混乱するのではないかと心配して少し早めに家を出ましたが、大きな混乱も渋滞も無く、早めに会社に到着。
他部署には高速を使って出勤してくる人たちもいるらしいのですが、今朝の九州自動車道は全線通行止めになっていたので、その人たちは大変だったみたいです。
このくらいの雪で全線通行止めになるって・・・このくらいの雪が九州では「おおごと」です。

これから数日以内に新たな雪が降ることはなさそうですが、解けた雪が凍るほうが怖い。
そうなるとスタッドレスがあったほうが安心でしょうけど。
これだけ積もると「大分」では恐らく子供たちが大喜びですが、「熊本」はどうなんだろう。
九州西部っていっても、そんなに降らないだろうけど、東部に比べて比較的雪の多いイメージがあるんだけどな。

自分は冬があまり好きではないし、大分・佐伯に住んでた子供のころほど雪を見てもうれしくはないし、何の感傷も沸かないどころではなくむしろメンドクサイ気分になる。
雪が降った後の、物音ひとつしない静かな風景は嫌いではないけれど。

先週の喉の痛みは「扁桃腺炎」というものでした。
40度くらい熱が出て、病院行って点滴打ったり、良くなったかと思って会社に行ったらまたぶり返してまた点滴打ったり、何やってんだ?って感じでした。
今までの人生で扁桃腺なんて腫らしたこと無かったんですけど、あれが腫れるとつばも飲み込めないわ、食べ物はおろか水も飲めなくなります。
無理やり飲み込むと思いっきり涙目状態・・・
いやーひどかった、びっくりした。
おかげで3連休ずーっと寝てました。
 
4年ぶりくらいに抗生物質のお世話になりました。
さすが抗生物質。効くねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/08

熊本の景気は良くないのだが・・・

今朝も寒かった熊本です。
喉が痛いです。つば飲み込むのも辛い・・・

 

最近、というか昨年後半くらいから、うちの近所でそこそこ高層な建物が立て続けに建っています。
ホテルが一棟新築されたし、マンションが2棟?さらにもう一棟高いやつが建つらしい。
この不景気に何のブームでしょうかね。
ホテルなんか、その場所に建ててほんとに需要があるのか?と思うんですが、まったくもって建て主の気持ちが分かりません。
マンションは、まぁどうなんでしょうか。熊本市内でも結構な数の高層マンションがここ1~2年で建った気がしますけど。
熊本駅前には「タワー」と名のつくものも出来るみたいだし?
(森ビルが企画して、あの倒産したジョイントコーポレーションとかもかんでるやつ)
まったく持ってその意図が分かりません。

思っているほど景気は悪くないんですかね。
それともただの幻か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/07

ダカール走ってました・・・

ダカールラリー2010のことです。

さっき「ラリー(回復)」と書いてこっちの「ラリー(自動車競走)」を思い出しました。
どっちも『RALLY』なんだよね。テニスとかの打ち合いも、同じrallyだし。
相場の世界で聞いた時には最初「サマーラリー」がどうのこうの、とポジティブに言っていたのでテ
ニスの打ち合いみたいに上げ下げしながら推移することなのか?なんて勘違いしてました。
単に春以降下げた分が夏に回復しやすい、ことからサマーラリー、って言うのでした。

ま、それはともかくダカール。

昨年同様、今年も南米(アルゼンチン~チリ)で行われています。
昨年の結果(レース全体の盛り上がりとして)大成功だったと主催者は考えたんでしょう。
アフリカの治安の悪さと比べるとまだまだダカールには戻れないという判断もあると思います。

ちょうど今日本は1月7日の夜22時ですが、南米のチリは1月7日の朝9時。
第6ステージのスタートは何時からでしょうかね。

1月1日にオープニングイベントがあり、2日からアルゼンチンのブエノスアイレスをスタート。
4日の第3ステージまではアルゼンチン国内で、5日の第4ステージのアンデス山脈越えでチリ国内に入ります。

実はまったくチェックしてなかったんですが、スバル・フォレスターがダカール走ってました。

 

 

これだけ見るとチョーかっこいいじゃないッスカッ!
ウォーすっげーテンション上がるっっ!!

当然スバル(=富士重工)がワークスとして参加する、なんてことはあるわけも無く。
正確にはスバルのフォレスターをベースに、南米アルゼンチンでスバル専門サードパーティーであるチーム・バラッテロがラリーレイド仕様に改造・チューンしたもの。
2台出場して、うち1台には日本人ドライバーも乗っています。

でも・・・

残念ながら2台とも2日目でリタイアです。
アクシデント、ではありませんが、トラブル続きでチームとして今後継続走行は難しい、と判断した模様。
なんでも、100km走ると、前か後ろかドライブシャフトがいかれっちまうらしい。

残念ですね。
まぁ来年も挑戦する、ということなのでマシンを仕上げて行って欲しいですね。

熊本だとまったく情報はいってきませんね。
ん?忘れてた俺が良くないのか(テヘッ

ちなみに昨日6日、第5ステージ間での結果は
総合トップにあのサインツがいます。多分、フォルクスワーゲンのトゥアレグで走っているはず。
前日まではBMWのペテランセルとかロマがトップでしたからね。BMWはX3かな。
まー、三菱が撤退して以降、ワークス勢はこのVWとBMWがしのぎを削る展開は前々から見えてましたからね。
まだまだ先は長いので勝利をつかむのがどのチームかわかりません。

それが、ラリーレイド。

日本人の出場選手は先のスバルの池町さんのほか、
今年もトヨタ車体の三橋さんがランクルでがんがん走ってます。今んとこ調子良さげです。
そして、御大。日野チームスガワラの菅原義正さん。
今年で27回目、世界で最も多くこのダカールを走っている男です。
ムッシュ・ダカール、
といって良いんじゃないんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の行方(2010/01/07)

12月の時点でこれから相場は上がっていくのかも?と思っていました。
12月のラリー(回復)はその当初はちょっと不思議でしたが。
 
上がるかもの理由は、
 自動車とか半導体とか伸び盛りの新興国で売れそうな分野は何か景気の回復が早そう。
 まったく未知な分野だが同じ理由で建機とか、プラント関連とかも需要がありそう。
 自分の専門の不動産に関しては、底を打った感が業界に広がっている、建設停止中だった物件の建設再開がボツボツ出てきた。
 アメリカのクリスマス商戦は激しく厳しい、という感じではなかったようだ。(むしろ昨年比若干プラス?)
 なによりも2008年末に比べて2009年末は雇用関係に対する騒ぎが小さい。
 などなど・・・
 
もちろんその一方で下がるかもの理由もあります。
項目としてあげたら同じ分くらいはありそうです。あえて書きませんが。

 

日本の相場が大発会で上げて始まり昨日まで3連騰。
今日は下げてしまいましたね。まぁ、3歩進んで2歩下がる、位のほうが良いよね。
上げ方がまだおっかなびっくりです。一本調子でグイグイ上がる「強い」感じはありません。
下げる日もあるでしょうが、このまま少しづつ上げていきそうな気配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/05

ラブ・レター 浅田次郎

正月元旦に、近所のブックオフに行ってしこたま本をゲットしてきました。

一冊105円のものを7冊、1冊300円のものを1冊。計8冊
改めてみると実は短編集が目立ちます。
山本文緒さんの短編集、浅田次郎さんの短編集2冊、角田光代さんの短編集1冊
残りは津本陽さんの小説2巻組、あとは、藤本ひとみさんのとか、養老孟司さんの本。

浅田次郎さんの小説は何度か取り上げた気がするんですが、気のせいかもしれません。
だって、ここのカテゴリーで「書籍」見ても何にも入ってないし(苦笑
北方三国志とか、北方水滸伝とか、以前書いたやつはいったいどこのカテゴリーなんだ?
・・・改めて今年から読んだ本のレビュー入れていきますよ。
興味のある方は書籍カテゴリーで拾ってやってください。
 
 
さて第一冊目は浅田次郎の短編集。表題は「鉄道員(ぽっぽや)」
表題作は高倉健主役で映画化されているし、結構騒がれたのでご存知の方もいるかと思います。

 
自分はこの中で一番心が震えた「ラブ・レター」について書こうとおもいます。

なんでそんなに心が震えたんか。
この作に限らず浅田さんの作品の多くに共通しますが、その主人公への感情移入はいともあっさり簡単に出来てしまいます。
同じような環境に育ってきた人物像であればともかく、まして同じ時代、同じ国の人でなくても。

たまたまですが主人公高野五郎は今の自分とおそらくほぼ同じ年代です。
多分、最初にこの本を読んだときは10年近く前のこと。
もう10年近くたつのか、という思いと10年たっても吾郎さんの哀しみが変わらず伝わってきました。


吾郎は刑事に「お前のかみさんが死んだから、始末つけろ」と言われて何のことかとはじめ気がつかないが、思い当たる節がある。
以前親しくしているヤクザに言われて戸籍を「貸した」ことがあった。見知らぬ中国人女性と戸籍上では結婚していることになっていた。
その中国人女性が死んだという。

話の筋だけ言えば、吾郎は千葉の片田舎で売春婦として働いていた今まで会ったこともない戸籍上の妻の中国人女性の遺体を引き取って、お骨を彼の田舎、北海道の海沿いの寒村にある吾郎の家のお墓に入れることを決心するまでを描いています。

この作で、ラブレター、と思われる中国人女性、高野白蘭から吾郎に宛てた手紙は2通。
そのどちらも、文章としては別に名文でもなんでもありません。
彼女も、ただ中国から出稼ぎに来て、吾郎のことは入管や警察取調べを受けときのために、顔写真や性格や癖を聞いているのみです。
彼女は自分のために紙の上だけでも結婚してくれて日本で働くことができたことに対する、吾郎への感謝の気持ちが手紙にはつづられています。
この日本で頼るべき相手は戸籍上だけでも夫である高野吾郎自身しかいないわけです。だけど、事情が事情だけに合うことは許されない。もともとそんなことを望むべくもない。
彼女が吾郎に宛てた手紙には彼女の素朴な内面が溢れてきます。
いざというときのために渡された吾郎の写真を毎日見るうちに、会った事も無い吾郎の事を大好きになった、ということも書いてあります。
ラブレターといっても十代の頃の青臭い内容じゃなく、二十代の頃の熱情があふれたものとは違う。
ただただ、彼の戸籍だけでも貸してくれて妻にしてくれてありがとうとか、その優しさに非常に感謝していることとか。
心から愛しています、とか。
吾郎の写真だけをたよりにか細く生きていた彼女の想いが、その文章から強く伝わってきます。

吾郎はその手紙を見て、生まれてこのかた誰にも感謝されたことがない自分に飾る言葉などない素朴な言葉で感謝を伝え、あえなく死んでしまった戸籍上だけでも妻だった彼女に憐れみだけではない、ともすれば愛情のような感情を覚え、彼女のあまりにも切ない人生に慟哭してしまう。

読んでる自分も慟哭(w

高野白蘭のかわいそうな半生に同情して流す涙とは違うんです。
多分それも少しはあるんでしょうけど。
手紙の中にあふれ出てくる白蘭のいじらしいほどの想い、そしてそれを思いやって自分や周りの非道さを責める吾郎の純粋な気持ちと優しさ、そういった部分に心打たれたんじゃないかと思いました。

みんな優しい。

言葉で言うと簡単だけど、このことを実行するのは難しいし、たとえ小説であってもこのことをさりげなく表現し描いていくのはことさらに難しい。
自分がここ数年涙腺が緩むのは、ひとつにこの「優しさ」に触れる場面が多いのでね。


さて、この短編集ですが表題の「鉄道員(ぽっぽや)」でも十分泣かされます。
あと「角筈にて」もぐしゅっときましたね。
短編集、といってもそれぞれの作品がすごく際立っていて十把ひとからげに語るのが惜しいほどです。

第117回直木賞受賞作。
読んだことのある方はもう一度本棚からひっぱりだしましょう。
読んだことがない方はぜひ読んで泣いちゃってください。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/01/04

世の流れについていけてません・・・

今日から仕事始めです。

今朝の熊本は極寒でした。
雲もなくいい天気だったために、放射冷却効果が出たのでしょう。
車の外気温計が-3℃になってました。
窓もドアもカチンカチン(苦笑

会社に行き道すがらの交通量はいつもよりもかなり少なかったですが、会社に到着すると駐車場はいつもどおりでした。
うちの会社の仕事始めにはほとんど皆さん、ちゃんと出勤されているみたいです。

久しぶり(といっても一週間ぶり)に社食で食べました。
ご飯(半ライス)、味噌汁、から揚げの南蛮漬け(小皿)、野菜炒め(小皿)で210円セットにしたんですが、ご飯と味噌汁を半分残しました。
ふむー胃が小さくなったんですかねえ。

 

高速道の休日1000円制度、は年明けしかやってなかったんですね。今日知りました。
期間は、明日までかな。
昨年車で帰郷された方は通常料金あるいは夜間割引とかを使われて帰郷し年明けに1000円で戻ろう、という計画なんでしょう。
車を運転されている世のお父さん、ご苦労様です。

いやー、しかし休みが短い。
1週間なかったもんなー。分散もへったくれもない。
ニュースでは当たり前のように40k渋滞、とか60k渋滞、とか出ています。
が、これは高速料金1000円になったせいだけではありませんね。
やっぱ日本の社会の休日の取り方に革命を起こさないと。
みんな一斉に休日を取る、という考え方から脱却しないとだめだと思います。
 
今日は相場の世界でも仕事始め、大発会というやつです。
これまで毎年、発会や納会は半ドンでしたけど、昨年暮れの大納会から終日立会いに変わりました。
今日の大発会も半ドンではなく、終日。
まぁ、実際に売り買いしている側からすると、半ドンよりも終日立会いのほうがありがたいです。
 
昨年の証券会社のサイトでは盛んに言われてたことですが、今年から東証のシステムが一新されて、売買のスピードアップや東証から発信される情報の拡大がありました。
アローヘッドと呼ばれるシステム。東証のシステム更新は10年ぶりとのこと。
スピードアップについては、これまでの100倍のスピードで、売り注文・買い注文、をさばいていくそうです。
情報の拡大は、今まで3本値、5本値だったものが拡大され8本値まで出ます。
 
システム更新に伴う不具合とか、最悪システムダウンとか、そういったことは今日はなかったようです。
 
まぁ、年末年始からいきなり売買高が大きくなるわけじゃないし、ましてこの不景気の中では売買高が小さくシステム更新による違いはなかなか見つからないかもしれません。
せっかく増強したけど、豚に真珠的な、分不相応なシステム増強なのかもしれません。今のところは。

 

来週末、15日金曜日の夕方に日食があります。日本では部分日食です。
インドとか中国とかあっちのほうまで行けば今世紀最長の金環日食が見られるそうな。
熊本だと夕方4時45分くらいから欠け始めて、欠けたまま日没します。
金峰山の東側、熊本市内の場合だとやや見ずらいかも、なので、河内や熊本港のほうまで出たほうがいいかもしれません。
白川沿いまで出れば雲仙、あるいは海に欠けたまま沈む太陽が見えるでしょう。
熊本での欠け方は日没間際の17時33分に最大57%欠けます。
晴れるといいけどねー。仕事もあるしねー。
 

夕方の熊本は冷たい雨が降っていました。

むむ、明日凍るのか?それとも雪?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/03

修行僧?ラマダン明け?

明日から仕事です。
通常通りに戻ります。

この冬休み、断食ダイエットしてました。

=準備期間=
この期間のポイントは夜9時以降は何も食べないことでした。
胃腸に新たな固形分が何も入ってこない状態を慣れさせる、というくらいのものです。

12月
26日 休日。(土)【朝】無し。【昼】豆腐ドーナツ3つ。【夜】きゅうり1本(夜7時台)
27日 休日。(日)【朝】無し。【昼】きゅうり1本。【夜】無し
28日 仕事。【朝】無し。【昼】半ライス、アジのみりん干、小鉢酢の物、味噌汁(社食)。【夜】ミカンジュース
29日 休日。【朝】ラーメン。【昼】ドーナッツ3つ。【夜】なし。

=本番・汁物のみ=
基本的に、何も食べない、という期間でした。
いきなり初日にけんちん汁を頂いちゃいましたけど(汗

30日 【朝】無し。【昼】けんちん汁、野菜ジュース。【夜】ミカンジュース
31日 【朝】ヨーグルト。【昼】無し。【夜】牛乳
1月
1日 【朝】無し。【昼】ヨーグルト。【夜】無し
2日 【朝】ヨーグルト 【昼】なし 【夜】味噌汁。ミカンジュース

=回復期間=
豚汁、りんご2個
3日 【朝】とん汁、りんご 【昼】うどん 【夜】サラスパ、ヨーグルト、フルーツジュース
4日予想【朝】無し。【昼】うどん(社食)【夕】コンビニ弁当(夜9時までに) 

とまぁ、こんな感じでした。
ここに書いてない分では、無し、でも水とかコーヒー、マテ茶を飲んでいます。
断食ダイエットでは普段よりやや多めに水分を取ることが望ましいようです。
普段の食事では食べ物中にある水分も人間には必要な水分ですが、断食ではこれすら取らない、取れないことになるので、その分、水分は多めに取りましょう、ということらしいです。
【運動】
休み期間中の運動ですが、スクワットとかつま先足立ちは相変わらず続けています。
あと30分程度の散歩。
12月30日にはちょっと気合が入りすぎて気がついたら2時間ほど散歩してました(苦笑

ちなみに普段は
【朝】無し。【昼】社食。【夜】コンビニ弁当+α(夜遅くなることもあり)

です。
断食ダイエットの求められる効果は
ダイエット、デトックス
デメリットは
体に負担が大きい。
事後のリバンウンドリスク大。

この事後のリバウンドにはこれから気をつけなければいけません。
断食によって体内に貯まったエネルギーを少しづつ使うことで減量を目指しますが、長期の断食をすると、本来貯めていないところからもエネルギーを取り出すようになるらしく、断食後の食事ではマイナスになった体を元に戻そうとする働きが強く作用して、結局リバウンドする、ということらしいです。
精神的に、押さえ込んでいた食欲を解き放ってしまった勢いで大食いする、というのもあるそうです。

なんにせよ自分自身をいかにコントロールするか、できるか、という修行のような感じです。

ところで気になる結果ですが。
3日の夜の時点で
-2kg
です。
目標値(-3kg)には達しませんでしたが、今後も【夜遅く食べないダイエット】は続けてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/01/02

今月~来月のイベント

予想外にいい天気でしたねー、今日の熊本。
なので、洗車に行きました。
 
そしたら・・・
 
午後~夕方から雨が。
シクシク(涙

明日は熊本、天気はいいみたいです。

お昼前後はTVで箱根駅伝見てました。
いやー、前半というか4区までは明治大がずっとトップだったのには驚きました。
61年ぶりの快挙とか言ってましたね。
それが往路最終5区になって東洋大の柏原が飛ばす飛ばす。
昨年も1年生だった柏原が飛ばして優勝したんだったよなー。
あの登り坂であんなに何人も抜いていく、ってホントに化けものかっ?って思いましたもん。
すごかったです。正月からいいもん見さしてもらいました。
明日の復路も楽しみです。

 

さて今月来月のイベントを見てみました。

ホントはねー。
1月に福岡(多分、昨年同様ドーム)でオートサロンがあるはずじゃったにー、のうなってしもうたよ。残念。

福岡にはよく行く博物館が2箇所、あります。
ひとつは大宰府の国博。(九州国立博物館)
もうひとつは、福岡市立博物館。
こちらには、博多湾に浮かぶ志賀島で発見され教科書にも載っている古代中国「漢」の皇帝から贈られた金印が常時展示されています。初めて行ったのはPoketに連れて行ってもらいました。実物を見てその大きさに少し驚いたのと、今から1800年ほど昔のものとは思われない輝きが印象深かったです。

さて、その福岡市立博物館。
これまでに数回行ってます。
インカ・マヤ・アステカ展もこちらで行われました。

そして、今月から3月にかけて、ポンペイ展が開かれます。
古代、ローマ帝国の比較的大きな都市だったポンペイ。
近くのベスビオ火山の大噴火により、火山灰の下に埋もれてしまい多くの市民や動物が犠牲となりました。
長い時を経て現代に至るまでローマ時代の姿をその灰が保存してきたため、2千年もの時を隔てて現代の我々がローマ時代の文化を「生々しく」知ることが出来る、というある意味で皮肉な結果になっています。

早速行かにゃ、と計画中。
2月には講演もあるみたいやけん、それに合わせて行こうかち、思っちょります。(先着順らしい)
じゃけんが、2月は恒例のランフェスもあるけんなー。
今年は、大河ドラマの影響で長崎観光は大変かもしれんわ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

謹賀新年2010

100101_blue_sky02

年が明けましたね。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年の正月は、なーんか、まったくといっていいほど年越しや新年明けの実感が沸きません。
歳のせいですかね?

でも街中にでるとさすがに新年っぽかったな。
ちょっと車を走らせて見たら、藤崎八幡宮付近は結構人が居ました。
破魔矢持っている人とか、着物姿とか。
こういうのみると、ようやく新年を感じてきます。

日中の市内の気温は6℃位。
午前中はすごくいい天気。
午後になって少し雲が出てきましたけど、それでもいい天気の元旦を迎えられました。

洗車しようかなぁと思っているんですが、明日の熊本は雨が降るかも?
寒いし、なかなか腰が上がりません。雨が降るかも、なんて思うとなおさらです。
んー、かなりキチャナイんだけどねえ。
 

 

100101_blue_sky01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »