« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月に作成された記事

2009/12/31

2009年最後のブログ

いよいよ、大晦日。
おおつごもり、ですね。
今日の熊本は恐ろしく寒かったです。
昼間は晴れ間もあって、天気予報では雪が降るかも、なんて言ってましたけど雪は無かったかな。
でも気温が昼間も2~3℃くらい。
 

昨日は午前中冷たい雨でしたけど気温は12℃くらい。
それでも体感的には冷たかったけど、今日はそれ以上。
つか一日で10℃も気温が違うと体のほうがびっくりデス。
 
夕方になって、少し雪が舞っていました。
でも舞ったのは一瞬で、すぐに雪は上がり晴れ間が広がって、今はコウコウと満月が夜の熊本の街を照らしています。
大晦日に満月って何度か記憶に残ってます。
除夜の鐘の思い出とかとリンクしているのかな?
このまま晴れていれば、明日の朝は熊本からも初日の出見えるかもしれません。
が、雲の流れが速いからなぁ。あんまり期待はできんけど。
この流れからすると、熊本から見て西のほう、島原とか天草とかで、かなり雪が降っていそうな気配です。
 

断食ダイエットに挑戦中です。今日で3日目です。
断食、といってもまったく何も食べないわけではないようです。
詳しいことは後日書きます。

 
いよいよ2009年も終わります。ついでに言えば紅白が始まります。今年は見ないけど(笑
今年はいろいろありました。
仕事は大きく環境が変わりました。仕事周りの景気の面でも底を見た感じがします。
旅行でも国外ではバリとタイ・カンボジア。
アンコールワットや現在のカンボジアを見たのはとてもいい経験でした。
国内は宇佐神宮行きましたねえ。羅漢寺も良かった。やっぱさすが耶馬溪。
ネズミ捕りにつかまったのも、まぁある意味いい経験かと(苦笑
2月の、自分的には通算2回目だった長崎ランフェスで興福寺の媽祖行列イベント見れたのも良かったな。
来年も行くぞー
2010年長崎ランフェスのサイト↓
http://www.nagasaki-lantern.com/index_2.html

ポケットさんといった国博の阿修羅展や、年末の福岡モーターショーもかなり良かった。
来年も国博、通うぞー(笑

映画「レッドクリフ」も良かったな。なにより血が騒いだし、見ごたえあった。
ああいった、部分取りでいいので三国志シリーズとかやって欲しいねえ。
年末に曹操のお墓が見つかった、なんてニュースもありましたね。

何より今年は国際天文年でした。
7月の皆既日食。熊本では96%でしたけど、雲が多かったけど、それでもバッチリ見ました。
最大食分96%も欠けると、付近が暗くなるのも新鮮な驚きでした。
良かった。

友人に子供ができたのもちょっとうれしいニュースでした。

来年2010年には何が待っていますか
プライベートなところでは・・・何の予定も有馬(温)泉(w
仕事はいよいよ16年目に突入です。
今年後半はかなり忙しかったですが、来年も変わらず忙しいでしょうねえ。つか今年以上にカモ。
心を亡くすと書いて「忙しい」ですが、時々息を抜いて自分を見失わないようにしていきたいです。
(まぁ、自分の場合「時々」なんてことはないくらい普段から息抜きしてばっかやけど 息抜きしても手抜きはしない)


目標は立てておかんとね、ということで
①体重20%減。・・・がベスト体重。2001年頃の退院直後頃の体重に戻せ。
②英語テストの点数 20%アップ。・・・いやいや、そんなに難しくないはずだ。
③株式資産、投資額比20%アップ・・・景気から予想すると難しくない・・・んじゃないかな?
④ダイビング回数20回くらい・・・ってこれは目標か期待か?

考えると20がキーワード(無理やり?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/29

2009年GWバリ旅行その4

さて今日から冬休みです。
とかいいながら、来週にはお仕事始まります。
休み短いやーん(シクシク
今日の熊本は比較的穏やかな日でした。洗濯物が干せて何よりでした。
風は冷たいけど、日差しは柔らかいな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(文中 0.0096円/ルピア、逆に言えば104.3ルピア/円で換算)

さて、いよいよバリの最終日です。
終わらせるのに半年もかかっちゃったよ。
でもバリの思い出を半年も抱えていられたのも、バリがすっごく良かったからだよねー(って言い訳)
まぁ、興味のある方だけどうぞ。

5月8日
最終日は、飛行機に乗るためダイビングはありません。
しかし、この日の出発は夜。
飛行機出発の時間までには恐ろしく時間があります。なので出国前にオプションツアーのバリ伝統舞踊などの観光を申し込んでいました。

朝起きたのは7時。
真夜中には激しい雨が降ってたみたいですが、朝には回復。素晴らしい天気。
朝食はいつものようにホテルの食堂でのビュッフェです。
ダイビングのときは食堂の朝食開始時刻(=7:00)とピックアップ時刻までの時間、つまり食事できる時間が10分しかない!なんてことになってましたが、最終日は余裕がありました。
朝はゆっくりして食堂に行ったら既に客がいました。
今までは一番乗り&一番退出だったのでね。これまでまったくといっていいほど、他のお客さんを見てませんでした。
これまでは食べ始めから食べ終わりまで、食堂で食べる客は俺一人、貸し切り状態でしたが、この日は「このホテル、結構お客がいるやんか」という最終日に新鮮な発見。
お客さんの層は日系は2~3組くらい、欧米系も4~5組くらいでやや欧米系多し。
自分と同じような一人旅の方は見当たらず。
日本人は親子とか夫婦(しかも老夫婦)とか。欧米系はひと組それぞれが5~6人以上の大家族?て言う感じでしたねえ。
ゆっくり朝食したあと、ホテルの庭を散策しました。

090508_bali_bf
(2009年5月8日 バリ最終日の朝はナシゴレン大盛り 旨すぎッ!Photo by PowershotA710IS)
初日ナシゴレン、二日目ミゴレンときて、三日目にまたナシゴレンでした。
ローテーションなんでしょうね。
他にもパンとかパンケーキとか選べるんですが、こっちのほうが断然旨いやろ、ってことで心ゆくまで食べました(笑

090508_hotel_pool
(2009年5月8日 ホテルの庭のプール Photo by PowershotA710IS)
正面がホテル。やしの葉に隠れた角の最上階が自分の泊まった部屋。
向かって右側の建物が食堂。

090508_hotel_pool2
(2009年5月8日 ホテルの庭の噴水?シャワー?の像 Photo by PowershotA710IS)
魚が何匹もねじれあっています。

090508_hotel_garden
(2009年5月8日 庭の隅にある祠 Photo by PowershotA710IS)
常に新しいお供え物があるような感じです。

この日のピックアップは8:30
約束の時間にホテルのロビーに行くと旅行会社の人が待っていました。
初日空港からホテルまでピックアップしてくれたクマラさんです。
この日のOPツアーの概要は
 ・バリ伝統舞踊(バロンダンス)見学
 ・博物館見学
 ・市内観光(デンパサール)
です。

このオプションの申し込み、清算は日本で済ませていたので
6000円/一人ですが、(日本の旅行会社のマージン分くらいは)現地で頼んだほうが若干お安くなるようです。
バリの場合、内容の充実度とか安全性?とかは一切変わらないので現地で予約するくらいのほうが多分良いと思われます。
日本からのツアーの場合は、初日に現地旅行会社の担当者に会うはずで、その人たちから別途パンフレットもらいます。
個人旅行の場合はホテルに相談してもいいでしょう。日本を出る時にバリの旅行会社に頼んでおく、とか所在・連絡先を調べておく、というのもありです。
(ま、一般的な観光地への海外旅行はたいがいそんなもんですが)

 

ピックアップされて、直ぐに伝統舞踊(バロンダンス)を見に行きました。
ホテルから車で10分くらいのところに舞台があります。
観光客がいっぱいいましたが、開演時間(=9:00)には余裕があったのでそこそこいい席を取ることができました(指定席ではないので早い者勝ちです)
最終的に満席状態で、百数十人くらい(映画館で中くらいのホール並)は入っていたお客の人種はかなり雑多です。
アジア系が多かったかな。むしろ現地人(恐らくインドネシア人)もかなりいたのが意外でした。
家族で来てたり、デートで来ている現地人カップルもいました。

入り口で劇の説明パンフををもらえます。日本語です。
たしか英語ともう1~2言語分は用意されてました。(中国語?とインドネシア語?)

バロンダンスとは基本的に人間の心にある善と悪の戦いを描いてます。
ヒンズー教が色濃く残っているバリ島ならではですが、モデルはインドの神話「ラーマヤーナ」です。
バロンダンスの「バロン」は日本の獅子舞の獅子ににています。善の象徴、聖獣です。
悪の化身は「ランダ」といいます。

写真を載せておきます。
言葉はわかりませんでしたがパンフがあったので、場面ごとの内容や出演者の役割もわかって結構面白かったです。
それと、そもそも自分はアジアの伝統劇には関心があるんでね。
中国の京劇、日本の能、カンボジアで見た影絵など。
なのに歌舞伎はいまいち、って言うのは何でなんやろ。
神話好きなので予備知識的に「ラーマヤーナ」をぼんやり知っていたことも、良かったかもしれません。
善悪の戦いという、単純で人間の心の根源にあるテーマ、というのも分かり易かった理由かもしれません。
しかも善と悪の戦いは決着がつかず永遠に続く、という終わり方です。
この劇の終わりも、そんな終わり方でいいの?的な感じで終わります。
時間的には1時間くらいですが、あっという間に終わりました。

090508_bali_dance1
(2009年5月8日  バロンダンスのステージ Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_dance2
(2009年5月8日  演奏の人たち ガムランがいい響きしてます。 Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_dance3

090508_bali_dance4

(2009年5月8日  聖獣バロン登場 Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_dance5
(2009年5月8日  小物の悪役? Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_dance6
(2009年5月8日  王宮の侍女の踊り Photo by PowershotA710IS)
写真ではクネクネ感がなかなか表現できませんが、素敵な踊りでした。

090508_bali_dance7
(2009年5月8日  召使の上官(右)と部下(左) Photo by PowershotA710IS)
ツッコミ(左)とボケ(右)。完全にコメディ担当(笑

090508_bali_dance8
(2009年5月8日  首相 Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_dance9
(2009年5月8日  サデワ王子(左)と母親の女王(右) Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_dance10
(2009年5月8日  生贄にされる王子(右) Photo by PowershotA710IS)
柱に結び付けられて、死神への生贄にされようとしています。

090508_bali_dance11
(2009年5月8日  悪魔ランダ(左) Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_dance12
(2009年5月8日  役回りがよくわからんコミカルなおっさん。 Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_dance13
(2009年5月8日  寺の僧 Photo by PowershotA710IS)
↓のバロンの仲間たちが現れて、バロンとランダの戦いに加勢にします。
悪魔ランダの前にあえなく敗れる仲間たち。
そこへ寺の層が現れて、彼らを生き返らせます。

090508_bali_dance14
(2009年5月8日  バロンの仲間 Photo by PowershotA710IS)
再びランダとの戦いを始めようとしますが、今度はランダの魔法に掛かって剣を自らに向けてしまいやられてしまいます。
→寺の僧が現れて・・・・(オートリピート)

・・・永遠に戦いは続き、世界はバランスを保っている、というのがバリの価値観。

090508_bali_dance15
(2009年5月8日  終了後の客席 Photo by PowershotA710IS)
こんなにお客さんが居ました。

 

バロンダンスの次はお土産やさんです。
・・・まぁ、こういうツアーにはよくある、お土産センター周遊つきのツアーってことですね。
基本的にこういうお土産やさんでまともに買おうとすると高くついてしまいます。
値切っても高い。だから、まぁ基本は買わなくても、見てるだけー、でもいいと思うのですが、自分は今回バリコーヒーと紅茶(ジャワティー)を買いました。
それぞれ2セットづつで10万ルピアを8万にしてもらいました。
800円くらい?値切ってもやっぱ高いねえ。

その後デンパサール市内の市場へ。
電池切れで写真がありません。残念無念。
訪れたのはちょうどお昼前くらい。
市場は早朝(4時頃)開いて夕方まで開いているらしいですが、メインは朝方に終わってしまうらしい。
入り口はかごに入れられた鶏がいっぱい。
中は野菜や果物、お米などあふれるばかりの品物。売っているのはたいがいオバちゃんですね。
においはすごかったですが、驚くほどじゃない感じ。
自分が育った場所にもこういった雑多な市場的な場所があったのであまり苦手じゃないかも。
むしろ懐かしい。
 
ガイドしてくれたクマラさんがいくつかの種類のバナナ(青バナナ、モンキーバナナ、普通のバナナ)とサラックをおごってくれました。
このサラック。皮が蛇の皮みたいなのでスネークフルーツ、とも言うらしいです。
味はりんごみたい。ジューシーではなく、シャクシャクと食べれます。さっぱりしてて美味しく、食べだしたら止まらない感じ。

090508_bali_fruit_salak_snake_fruit

090508_bali_fruit_salak

(2009年5月8日  サラック Photo by PowershotA710IS)

 

市場の次に博物館です。
大きな広場(公園)の前にその博物館があります。
広場は昔、インドネシアの王がバリ島に攻めてきた際にバリ島の王と戦った場所(戦跡)だそうです。

博物館にはバリの伝統的な建築をその歴史や地域と合わせて紹介しています。
全部で4つ(か5つ)の伝統的な建物があります。
バリ島には島の中で地域ごとに異なる特色があります。
建物の様式も違っていて、それをこの博物館ではいっぺんに見ることが出来ます。
建物のなかにはその地域の歴史や風俗を知ることが出来る発掘品や伝統工芸品が展示されています。
自作の笛を片手にその笛を売ろうとするおっちゃんに付きまとわれたのがめんどくさかったです。(苦笑

090508_bali_musium01

090508_bali_musium02

090508_bali_musium03

(2009年5月8日  バリ博物館 Photo by PowershotA710IS)

  

その後、午後1時ちょい前に昼食でした。
車であちこち移動したのですが恐らくデンパサール市内、サヌール地区にあるんじゃないかな。
昼食はミゴレンがメイン。バリの食事が品数多く、これでもかってくらいでてきて感激。
そんなに量は多くなかったけど、味も最高でした。ちょー大満足。

090508_bali_lunch01

090508_bali_lunch02

090508_bali_lunch03

090508_bali_lunch04

(2009年5月8日  バリ・ランチ Photo by PowershotA710IS)
ライムジュースは別料金です。34000RP(=325円)はちょっと高い。
基本、バリ島ではこういうドリンク系は値段高めな気がする。
ダイビングでお世話になったメグミさんも、バリに住んでてそう感じているらしい。
他が安いだけに余計目立つね。

090508_bali_denpasal
(2009年5月8日  ホテルに帰る前のデンパサール市内の一シーン Photo by PowershotA710IS)
収穫後の水田です。
デンパサール市内はわりと都会ですが、車で5分も走ると街中に牛が居たり水田が広がっています。
まぁ、東京都内でも北区とか杉並とかこんな感じよね。
川崎も北部は狸も出るし(笑
アジアがいい、と思うのはこんな感じが一番心が落ち着く、と思うからかもね。

 

食後に一旦ホテルに戻りました。
部屋に戻ったのは3時頃?
この日、夜8時発の飛行機で帰国です。夕方6時ロビー集合でした。
ホテルもレイトチェックアウトOKなので夕方6時までゆっくり部屋にいることが出来ました。

荷造りした後、時間があったのでホテルのバルコニーでまったりしました。
遠くの空には凧がいくつか上がっています。
バリにはいい風がいつも吹いています。
風がある、ってすごく素敵なことだと思います。よどんでいるのは嫌いです(笑
クマラさんのくれたバナナを食べながらバリの青い空を眺めていました。

090508_bali_bananas
(2009年5月8日  緑バナナ(左)、モンキーバナナ(右) Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_sky
(2009年5月8日  ホテルのバルコニーから風を感じて Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_tako
(2009年5月8日  バリの凧 Photo by PowershotA710IS)

 

日が傾き始めたころいよいよ帰国の時間です。
ホテルをチェックアウトして空港までのピックアップは再びクマラさんです。
時間があったし、ツアーの案内をしてくれたクマラさんにはかなり感謝していたこともあって、勧められたマッサージスパに行くことにしました。
クタから空港までの道筋にあるお店です。
基本こういうの(エステ系)は行かない人(肩とかまったく凝らない人だし、男だし。)なのですが、ちょっと経験しておいてもいいかなと。
オイル塗られて、ぎゅいー、ぎゅいいいー、とあっちこっち揉んでもらいました。
痛いのかと勝手に想像していたんですが、痛いのは少しだけでした。特に足はサッパリ軽くなった気がします。
経営者は日本系の人らしいです。たしか。お店の人もかなり礼儀正しく感じの良い人たちでした。
女性がこういうとこ行きたがるのも、少しは分かった気がします。たぶん。

090508_bali_spa
(2009年5月8日  ココ・デ・ヘブン・スパ Photo by PowershotA710IS)

 
エステに寄っても、それでもちょっと早めに空港に着きました。
時間つぶしでクマラさんがアイスをおごってくれました。
なんかおごってもらってばかりで申し訳ない感じ。
名刺を頂きました。
親がお寺(もちろんヒンズー教の寺院)の聖職者なのだそうです。
名前に「ダユ」とあるのは(ダユ・クマラさん)聖職者階級を表す(&女性)、というのを帰国してから知りました。
(聖職者階級の女性のカースト名Ida ayu 、短縮形Dayu 男性は Ida Bagus だそうです)
バリのカーストはインドほど差別が激しくないらしいのですが、むしろ純粋に残っている、といっていいかもしれません。
彼女のカーストは最上位ということになります。
世が世なら、お嬢様、というかんじなんですね。まぁそんな風には見えませんでしたが。
とても朗らかで気さくで誠実で、日本語も上手でしたし、いいガイドさんだと思います。
バリに行く方は紹介しますよ
 
 

飛び立ったのは結局暗くなってからでした。
夕闇に沈むバリ島の夜景を見ながらしばしお別れです。
絶対また来ようと思いました。いや多分来年辺り、また来てるな(苦笑

090508_bali_airport
(2009年5月8日  バリ デンパサール空港の案内図 Photo by PowershotA710IS)

090508_bali_airport02
(2009年5月8日  空港税(=出国税) 150000Rp Photo by PowershotA710IS)
15万ルピア=1438円

090508_bali_singa_diner

(2009年5月8日  デンパサールからチャンギ空港に向かうシンガポール航空の夕飯 Photo by PowershotA710IS)

 
090508_singa_airport_midnight
(2009年5月8日  チャンギ空港の5月8日23時59分 Photo by PowershotA710IS)

 
来たときと同じようにシンガポール・チャンギ空港で乗り継ぎするコースです。
夜8時にバリを出て、シンガポールに着いたのは夜中、日が変わるか変わらないか、という時間です。
チャンギ空港は24時間営業です。
でもさすがに真夜中の空港内はガラガラ。
乗り換えには十分時間がありました。
この日の出来事を思い出しながらメモ取りしたり、来た時に回れなかった空港内を散歩したり。
真夜中なのにブランドショップもわりと開いていました。
この数日間、日本の出来事はまったく知らなかった(知ろうとしなかった)ので、空港内にあるフリーのパソコンでインターネットして日本の出来事(や経済ニュース)を見てました。
チャンギ空港内には無料の端末が並んでいます。昼間は誰か彼か使っているのでなかなか空いてませんでした。
あーやはりここでも、空港内でマスクしているのは日本人だけでした。
あと、真夜中なのにハイテンションな中国人がめっちゃうるさかった。(苦笑

そんなことをしているうちに搭乗時間になり、真夜中発の飛行機に乗りこんで福岡空港に到着したのは朝8:00過ぎ。
高速バスで熊本へ帰還しました。

090508_singa_fukuoka_morning
(2009年5月9日 福岡に向かうシンガポール航空の朝食 Photo by PowershotA710IS)

 

 
~費用~

 
GW真っ只中の5日間の旅行で費用はダイビングやオプションなど全て込みこみで14万円でした。
内訳
旅行会社に払った代金(飛行機、ホテル、ダイビング(二日間4本)、オプション費用すべて含む):12.5万円
現地で両替したお金:1万円
国内移動その他:0.5万

ちなみにシーズンオフにはこの半額くらいです。5日間ダイビングなしで4万~6万とか。ダイビング二日間で1~2万くらいです。
繁忙期との差が2倍って・・・。
平日に休みが取りにくい日本人は相当損している=お金をばら撒いている気がしますねえ。
あ。でも、儲かるのは旅行会社だけなのか・・・
平日に休みが取りやすくて、みんながもっともっと海外旅行に出かけて、日本以外の文化に触れる機会が増えれば、日本の文化や風習の良いところが一層見直される気がしますけどね。もともと旅行好きな民族なんだし。(物見高いというか、なんというか)
平日の休みが取れやすければ国内も休日の渋滞も緩和されるだろうし。
みんなと一緒じゃないと安心出来ない、という日本人の協調性のすばらしさは、反面で非常に無駄が多い気がします。
今回の旅行で知り合ったドイツ人がうらやましい。

あー、またバリに行きたい。 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/12/28

明日から休み

昨晩遅くに降っていた雨は朝には上がっていました。
熊本はすっきり晴れ上がって、いい天気になっていました。
 
NHKのドラマ「坂の上の雲」
昨夜の分で第一部終了でした。
良かったッス。まさに1時間半、ずっと引き込まれっぱなし。CMのない民放でやらんで正解やわ。
渡辺謙のナレーションが司馬遼太郎の小説読んでいるような感じ。
明治の2度の戦争の、ほぼ奇跡のような勝利によって得たものを、後世の政治や軍部が食い散らかした、
なんて。いやー司馬さんらしい。
第2部放映は来年の、しかも「末」。・・・ををっ!
待てるのか、待てるのか、俺?
きっと第1部の再放送、来年もやるんじゃろうね。
つか、誰がこんな放送スケジュール考えたんじゃー。責任者でてこーい(苦笑


明日から冬休み。たった6日間。されど6日間。
なんだかんだ言っても来週からお仕事再開です。
年越し、って言っても実感湧かないよねー、なんて会社の同僚とも話していたところです。
今年の年初は2週間か3週間ぐらい休みだったのにナー。

さーて、なにするかー、俺?
まずは年賀状か。・・・って、まだ書いてないのかよ(苦笑
 

  • バリの旅行記終わらせる。(もうすでに書いてある)
  • タイカンボジア旅行記始める。
  • HPも溜めている分の更新する。(すでに書いてある)
  • 来年の旅行の計画立てる。(行かない(行けない)、という選択肢もある ・・・w)
  • 会社の人に教えてもらったホルモンのお店に行く。
  • 新しい日帰り温泉の開拓。
  • 買い溜めた小説読み進める(北方水滸伝ほか北方もの、山崎豊子もの、)
  • 家の中のいらないものをこの際かたづける。

あぁ、そんなこんなで6日間なんてきっとあっという間だ。

あぁ!!
 

 
なんて与太話はおいといて。
先日、F-1関係のニュースが出てました。 
来季、赤い皇帝ミヒャエル・シューマッハ(英語名 マイケル・シューメイカー、靴屋のマイキー?)がメルセデスGPと3年契約したのどうの、というもの。
客寄せパンダとして、マイキーがどれだけカリスマを残しているか、全く分りません。
今年後半で、途中出場もあるかも、なんてささやかれてましたが、冷ややかな計算高い彼の性格を考えたら、それはぜってーありえねー、と思っていました。それは読みどおり。
でも来季ともなれば、現在の自分の状態を分析し、これから作り上げる来季マシンへの関与も深いでしょうし、いろいろ計算できる部分が増えてきてある程度見通しが立てられたのでしょう。
もしかしたらあのおっさん、速いかもしれませんが(いやいや)、今年40歳で3年契約、なんてよくもまぁ結べたもんだな、と思います。
自分の周りにも一人、マイキー大ファンがいます。彼はかなりうれしいはずですが、おいら的にはやや興ざめ。
ヴィッテルとか可夢偉とか、このほか今は無名なやつらにがんがん攻める走りを見せて欲しいです。
ちなみにヴィッテルは好きでは有りませんが(w
やっぱおっさんには無理だったね、というヲチが一番妥当なんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/26

The world

クリスマスは過ぎてしまいましたけど。

自分が中学生の頃、バンドエイド(絆創膏じゃないよ)BAND AIDという名前でアフリカの飢餓に立ち上がったイギリスのアーティストたちが居ました。
デュランデュラン、ワム!、カルチャークラブ、スティング、ポールヤング、U2など、今だって大活躍していますが、当時は世界中を熱狂させたイギリスやアイルランドのアーティストたち。
彼らがひとつになって、アフリカの飢餓を救おう、と集まって歌った歌が

「Do They Know It's Christmas?」

当時はかなり衝撃的でしたねぇー。
こんな豪華な顔ぶれが一同に集まって、しかもみんなノーギャラ=ボランティアで、好きな歌を歌って苦しんでいる人を助ける、という一点だけで、基本的に向かっている方向のまったく違う音楽家達が一緒に活動する、なんてそれまで考えたことも無く、ありえないと思いました。
でも、実際に聞いて触れて彼らの活動を見てすっごく感動したのを覚えています。

ひさしぶりに見て、鳥肌立ちました。
ボーイジョージとかスティングとか、若ぇー↓

これに触発される形で、アメリカのアーティストたちが答えたのが
USA for Africaという形で集まり作った

「We Are The World」

これを聞くと、なんかもう涙が止まりません。↓

シンディローパーが好きだったこともありますが、以下のパートは思い入れが強いですね。
上の日本語訳とは少し違いますが、

But if you just believe there's no way can fall. <ヒューイ・ルイス
Well, well, well, let us realize  <シンディ・ローパー
That a change will only come <シンディ・ローパー
When we stand together as one <キム・カーンズ、ヒューイ・ルイス
yeah, yeah, yeah, yeah <シンディ・ローパー

負けたりしないと信ずることが大切なんだ
 いいぞ、いいぞ、その調子 もう分かってるよね!
 変化をもたらすことができるのは、ただひとつ

ぼくらが、ともに手をとり立上がったときだけなんだ!
 そうだよ そうだよー

レイチャールズやマイケルジャクソンのご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ、よかろ?

熊本の今日は、いいお天気でした。
洗濯日和、って感じです。
朝からそんなに寒くなかったしね。

さて、政治の話です。
もうそろそろ、今の政権に対する文句を書いてもいいんじゃないか、という気になってきました。
政権交代後、100日は経ちましたよね。

一番の文句はマニフェストにあった暫定税率廃止の事実上取りやめではありません。
普天間の件です。
昨日、いいタイミングというか日テレが仕組んだか、TVで映画「ラストサムライ」やってました。
それを見て思うこともありました。

結果的に自民党のときとあまり変わり映えのしない、問題先送り、という決定。
首相は一番いい形に持っていけた、なんて言ってました。あまりに残念すぎて空いた口がふさがりませんでした。
アメリカに対して強く、「Get out!」(出て行け!)と言って欲しかったです。
 

映画「ラストサムライ」ではその終盤のシーンで、天皇役がアメリカ公使に調印寸前の日米不平等条約の締結拒否を宣言します。
アメリカ公使は「無礼なっ!」なんて怒ってその場を立ち去ります。
どっちがだよ、と言う風に見えますがね。外交の場面では確かに無礼なんでしょうな。
でも、それは基本的にお互いを対等に見ないアメリカの、国益最優先のアメリカの、過去から現在に至るまで一貫して換わらない常套的な態度。
対外国がそんな態度に振り回せることは決して必要ない。
アメリカ人が作った映画なのに、よく自分のこと分かってますね。
 
一番気に入らないのは、食品雑貨店の次男坊こと岡田外相です。どうした岡田。
何の弱みを握られているか分りませんが、政権交代前後であれだけ精彩のなくなった人はいないでしょうな。
まさに、おぼっちゃん、が世の荒波に負けて心折れた、を地で行くような姿です。
せめて、アメリカに対して持ち札の数枚くらいはあっても良さそうなもんですが、持ち札の無さを表情に出してはいかんですね。
もっと、協調性なんてどこ吹く風で自信にあふれた、ちょっとすると孤高で傲慢にもみえる姿が印象的でしたけどね。
この程度の人だったか、という失望感度ナンバー1です。

あと首相もだめだめです。
自分が決める、という割に具体的な方針とか主張とかが部下に伝わっていない気がします。
別に国民全部がその具体的な内容を知るのはいろいろ揉んで決定した後でもいいのですが、具体的な指示がないから部下が勝手に動いてしゃべっている、という印象です。
統制が取れていない、というんでしょうか。
こういうのって、烏合の衆、というんですがね。
最後に決める、というのは方針を出して、その方針に向かう道筋がいくつかあるうち、どの道筋を選ぶか最後に決める、というのは分ります。
部下にいろいろな大方針や大目標を出させておいて、どれを選ぶか決める、というのはリーダーではありませんね。
総論賛成、各論反対、という場合の個々の各論の取捨を決めるのリーダーだと思います。
総論の時点であっちこっち揺れているようでは意味ないですよ。
とはいえ、まだ期待しているので、がんばって欲しい。

 

政府の人じゃありませんが、岡田君の次に気に入らないのが小沢。
なんやかやとうるさいね、あの人。
しばらくじっとしとられんもんかね。
TVの向こうとこっちでは、人徳みたいなものは全く伝わりませんし、どんだけオーラが強いのか知らんけどね。
本当に実力がある人ならそういうのをできる限り隠すはずじゃない?
しかも今まさに閣外影響力、なんてできる限り隠す立場にいるはずじゃないか。
基本的に選挙対策だけやってりゃいんじゃなかったっけ?
いろんなこと含めてマイナスにしか作用しないことをやって平然としていられる点で、全く評価に値しない人。

 

一方で、非常に評価したいのは、前原国交相と長妻厚生大臣。それから事業仕分けの枝野くん、蓮方くんらでしょうか。
次から次へと新しい対応を行っているし、それぞれの対応に誠実な感じがします。
頭も切れるんでしょうね。首相も同じですが、この人たちは一体いつ寝ているんだろう、とか思います。
厚生相なんて前任の舛添君は自民党でありながらそこそこがんばっていた、という評価が強かったのでその後任は大変だろうと思っていました。

が、そういうピンチ的なところで前評判に負けずいい仕事して大いにプラスにしていると思います。もちろん課題はたくさんありますが。
民主党はみなそういう仕事するべきなんだと思うんですけどね。

一番すごいと思ったのは肝炎訴訟で有名になった福田衣里子さん。
さきの臨時国会において、肝炎対策基本法を作り上げた人。
一年生議員、とは思えませんね。
やっぱり目標がしっかりしていると、信念に支えられていると、それが大きな活力になるんですね。

政権が変わって、物事が変わるはず、と期待した人が多いと思います。
無血維新、と自画自賛してた民主議員もいたように覚えています。
民主党の議員はたった100日前の、あの国民の情熱を常に忘れないで欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/25

福モ2009 ~追加~

熊本は、今日は朝からどんより曇り空でした。雨も降ってたかな。
朝は少し寝坊してしまいました。
今年の仕事もあと来週の月曜日1日残すのみ。
がんばらなくっちゃ。

最近ちょっとはまっているのがスクワットです。
いきなりガッツリやると続かなくなるかな、と思って初めは1日10回。
多いときには10回×3セットやってます。ふとももがつりそうになります(汗
あと、つま先足立ちの繰り返し10回×?回。ふくらはぎがつります(苦笑

自分が腰の骨(腰椎)を折って(文字通り粉砕した)半年以上入院したときに、リハビリでやっていたメニューの一部です。
ここ1~2年で体重計の指し示す思わぬ数字に驚いてしまい(笑、一応今ダイエットに励んで(?)いますが、太ると腰にも負担がかかってしまうんですね。
ダイエットもかねて、腰痛運動だったこれらの運動をやっています。
下半身の筋力アップはいろんな面でプラスなんですよ。(説得力無いけど・・・
まぁ、テレビ見ながらとか、PCの画面見ながらとか、~しながらできる運動です。
できるだけ続けていきたいと思います。

 

今年の東京モーターショー2009は会期が12日間で来場者数は61万4400人 (前回比56.9%減)
福岡モーターショー2009は4日間で来場者数は10万8千100人 (前回比7%減)
目標は12万人だったそうです。
かなりがんばったんじゃないですか。このエリアでは成功といっていいでしょう。
山口とか広島とかあっちのほうの人にも宣伝していいんじゃない?広島なんてマツダのお膝元やし。
九州のグルメイベントは良かったッス。グッジョブ!ッて感じ。
お気に入りが見つかったら今度は車で出かけて見ましょう、的な感じが良かった。
大分の鶏天とか門司の焼きカレーとか、あのイベントで出店していないおいしいお店がいっぱいありますし。
もともと九州はおいしいもんばっかりやけんねえ。
次回はもっと盛り上がるといいですね。

今年の福モ、人は多かったですが、まだ許容範囲でした。
2007年の東モに比べたら全然余裕。
それに東モに比べたら来場者のマナーも全然良いし。

できればもっと広い会場、せめてマリンメッセの1.5倍~2倍くらい欲しいですかね。
今回のように2会場3会場と建物を分けるのもありだとおもいます。


そんな一方で残念なお知らせ。
福岡オートサロン。一昨年行きましたけど、まぁそれなりに楽しめましたけどねえ。
来年2010年のオートサロンは中止になりました。
景気がよくなるまで我慢しましょう。
http://www.e-autosalon.net/fukuoka/index.php

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/24

福モ2009 ~その他~

今日はクリスマスですね。
ん~、今年もあんまり縁のない日ですな~(汗
コンビニに並んだケーキだけは食べたいなぁー、と思いましたけど。
明日には半額になっているだろうなぁ(苦笑

今日もずいぶん暖かい日だったようです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


ホンダのあとダイハツブースに行ってマリンメッセ会場の展示物は全て見終えました。
ダイハツブースには綺麗なおねーさんが割りと多くいました。
・・・このあたりにダイハツが何故お金をかけるのだろう、と小一時間悩んで・・・(嘘
加えて幕張だと当たり前のようにいるカメラ小僧が少ない。
前回、幕張に行ったときにカメラ小僧もそうだが携帯カメラ小僧がやたら増えて、その人たちの目的が車ではなく、自分は見たい車が見れない、といった惨劇がありましたが(w
トヨタなんて一人もいなかったような気がしますねー
単に目立たなかったか、自分にとっては全くピントが合わないのでいないように見えちゃったのかもしれません。
ただダイハツの女性はキレイ系可愛い系と取り揃えておりました(w

さて車の話。
ダイハツのブース
・・・すんません。おねーさんがかわいくて、何も覚えちょらん・・・(ウソ
冗談ですが、でも自分的にこれ、と言うものがなかったのは事実です。
でも元気はありました。それは伝わってきました。
タントの新型もあったし。

あとコンセプトカーベースで「e:s」(イース)がありました。
今のレシプロ軽自動車の延長です。こんなんリアルすぎて。
実現度100%でしょう?

091212_fms_daihatsu_es_front
(2009年12月12日 e:s byFinepixF200EXR)

 
ほかのコンセプトカーレベルはありませんでしたね。
後で説明するスズキがプラグインハイブリッドを別会場で展示していたことを考えると、気合は入っているけど実がなかった、と言う感じ。

ダイハツブースですべて見終わりました。

 

今年の福岡モーターショーのマリンメッセ以外の話をしましょう。
マリンメッセを出てしばらく、5分ほど歩くと三つある会場のもう一つとなっている国際会議場があります。
ここではなにやら講演が行われていた模様です。
その建物の横で九州のB級グルメを集めたイベントをやっていました。
大分は別府?の鶏天とか日田のヤキソバとか。
門司の焼きカレー、有田の鶏のから揚げ、嬉野の湯豆腐、熊本山鹿の馬カレーなどなど
自分が初めに通った時、時刻が昼1時くらいでかなり激混み状態。
なので一旦通りすごして、先にもう一つの会場に向かいました。

091212_fms03
(2009年12月12日 モーターショー会場 byFinepixF200EXR)

もう一つの会場はそこからさらに歩いて数分のところです。
会場の名前忘れました(笑
ここでは、福岡の国内外各メーカーのディーラーさんが出展しています。
メイン会場ではいなかった、スズキとか三菱が精力的に展示されてました。
マツダとスバルも展示してましたけどね、内容が普通過ぎです。近所のディーラーに行けば同じ程度のものが見られるでしょう。写真載せる程でもないくらい。
まぁ、一箇所に集まっているので車選びしている人にとってはメリットでしょうね。
 
 

さてスズキ。
スイフトベースのプラグインハイブリッドを展示してました。ディーラーレベルを超えてますね。
このくらいやる気があるならメイン会場に出てればいいのに、とか思うくらい気合入ってます。

091212_fms_suzuki_plug_in_swift_fro
(2009年12月12日 プラグインスイフト byFinepixF200EXR)

 

あと三菱。
さすがにI-Mievの実車を出していました。
つか、もうこれは商談できまっせ、というレベルですしね。
価格を見て驚愕しますが、今なら補助金が出ます、たしか。
総額で200万とか300万いかないレベルじゃなかったですかね。つってもまぁまだまだ高いですね。
法人レベルでがんがん売って、インフラ整備が浸透して、なおかつ本体のコストが下がって200万以下くらいになると手を出しやすいと思います。
こうなると元が軽、というのは価格競争力の面で強いのでしょうか、どうでしょうか。

091212_fms_mitsubishi_imiev_front

091212_fms_mitsubishi_imiev_value

(2009年12月12日 I-MIEV byFinepixF200EXR)

この会場の2階には小さいショップや足湯コーナーとか、インドカレー屋さんがありました。

091212_fms04
(2009年12月12日 会場の2階 byFinepixF200EXR)

この会場に入る前、建物の前の広場で、子供を対象にしたミニバイクの講習会のようなのをやってました。
小さい子供の頃からバイクとか車に親しませる、ってすごくいいことだなと思います。
それで怪我するのはもちろん当たり前です。どういう風に運転したら怪我しないか、とか学ぶために怪我するんだから。
危ないから、小さい子供にナイフの使い方を教えない、という人もいるでしょうけど自分はその間逆の立場です。
逆に危険だからこそ、小さい頃からその危険を経験させたほうがいい、と思っています。
バイクや車はちょっと間違えば大変な凶器です。
でもこんなに楽しく、いろんな世界を広げてくれる道具もないでしょう。
だからこそ、あらかじめ大人が基本やルールを教える、というのは危険かそうでないかに限らず大事なことです。

さて、建物の前にはもう一つ人だかりができています。
日本の軍隊がこんなとこに出張ってきちょるとは、ちょっと意外でした。
展示されていたのは偵察用のバイクと軽装甲車、そして給食車。
偵察用のバイクは濃緑色に上塗りされたカワサキのオフ車KLXのブラック仕様。
ブラックKLXとでも言っておきましょう。軍事用に追加フレームが加えられたりしています。

091212_fms_army_klx
(2009年12月12日 ブラックカワサキ KLX 偵察用バイク byFinepixF200EXR)

091212_fms_army_komatsu_front

091212_fms_army_komatsu_top

091212_fms_army_komatsu_inside_back

091212_fms_army_komatsu_inside

091212_fms_army_komatsu_smoke

091212_fms_army_komatsu_label

(2009年12月12日 軽装甲車 byFinepixF200EXR)

軽装甲車のほうは子供に大人気でしたね。
車体はコマツ製。中に乗ることができます。シートが意外にふかふかシートでした。

これらを見た後にふたたびB級グルメイベントに再突撃。
ようやく人も少なくなっていたので、日田のヤキソバの行列に並びました。
嬉野温泉の温泉豆腐を食べたかったですが、この時間ですでに完売(泣
ヤキソバを食して私のモーターショーはおしまいです。

091212_fms05

091212_fms06

091212_fms09

(2009年12月12日 ご当地グルメコーナー byFinepixF200EXR)

091212_fms07

091212_fms08

(2009年12月12日 日田やきそば byFinepixF200EXR)

マリンメッセの裏はすぐ岸壁で船が停泊していました。

091212_fms02
(2009年12月12日 海上保安庁の船 byFinepixF200EXR)

この後、駅に向かいヨドバシカメラに寄って「うひひ」なダイビング用の道具を買って帰りました。
この道具についてはいずれご紹介することもあるでしょう。うひひ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/12/23

福モ2009 ~ホンダ・ないものをつくれ!~

昨日は「冬至」だったんですね。
そうか、この後数日くらい以降はだんだん昼の長さが長くなるんだー、ヤホーイ♪


・・・明日にでも真夏の太陽を望んでいますけど何か?

冬至とはいえ、寒さはこれからが本番です。気を引き締めていきましょう。うはー
だけど22日夜くらいから熊本は随分暖かかったですね。
今日は会社休みでしたけど、明け方に雨が降ったみたいで、道路とか濡れていました。
おまけに随分ぽかぽかで、日中の気温が16℃くらいでしたよ。
小春日和って感じ。
ゆず湯、ではありませんでしたが、自分は午後に平山温泉の「湯の蔵」に行って文字通り溶けてました・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日産の次はホンダです。

ホンダのブースが一番大きかったように思います。
一番奥の一等席に陣取ってました。やる気マンマン、といった感じです。

そして本田宗一郎の魂

091212_fms_h_honda
(2009年12月12日 本田宗一郎の言葉 byFinepixF200EXR)
と言う文字が中央に躍ってましたね。

ところで、ホンダの目玉は何だったのでしょう。
自分は今回、「CR-Z」が気になっていましたが、それがメイン、とは考えにくい。
実はホンダも悩んでいるんじゃないかなぁ、と思えるようなラインナップでした。
ガソリンに頼らない、という方向性では既に「FCXクラリティ」を作っています。(市販中)
燃料電池車というカテゴリーになりますね。燃料は水素。これも展示されてました。

091212_fms_h_fcxclarity_front
(2009年12月12日 FCXクラリティ byFinepixF200EXR)

だけどブースの端っこ。

その隣にはまさにコンセプトだけ。使い方はお客さんが考えて的な「U3-X」
そして電気自動車へのアプローチとして「EV-N」がありましたが、コンセプト止まり。
これが元になるならホンダも軽自動車をベースとした電気自動車を考えているかもしれません。でも。

ブースの中央よりにおいてあったのは4輪ではなくVFR1200FやCB1100などのレシプロ・バイクだったり、電気バイクコンセプトのEVCubでした。
車(4輪)のホンダしか知らない人にとっては、もっと車メインでいて欲しかったでしょうし、バイク好きにはレース仕様車やオフ車含めてもっといろんなバイクを見たかったし、EVカブや、ひいては他の2輪へのEV化の実用性なり現実味の度合いを知りたかった、んじゃないかと思うんですけどね。

091212_fms_h_u3x
(2009年12月12日 U3-X byFinepixF200EXR)

091212_fms_h_evn_front_2
(2009年12月12日 EV-N byFinepixF200EXR)

091212_fms_h_evcub
(2009年12月12日 EVCub byFinepixF200EXR)

091212_fms_h_bike
(2009年12月12日 VFR1200F、CB1100 byFinepixF200EXR)

091212_fms_h_sd_front

091212_fms_h_sd_inside

(2009年12月12日 スカイデッキ byFinepixF200EXR)

やる気だけは分った。創業者である本田宗一郎の魂を受け継いでいくんだという気概もよく分かった。
ただ、ではどうしていくんかい?という具体的なところと、面白み、みたいなものがちょっと伝わってこなかったんですよね。
展示されている車の後ろに、こんなこと考えてました、的な説明がくどいほど書かれてあります。
これも悩みを隠すダミーのような気がしてならない。
もしかしたら見せ方だけがまずかったのかもしれません。

文句もありますが、他のメーカーに比べたらやる気度抜群なのは間違いありません。
ローカルなモータショーでも中央のものと変わりなく熱い気持ちをぶつけてくるあたりに感動します。
車と人のつながりを大事にしている会社です。これからもがんばってほしいです。

ホンダのブースの最奥にメインステージがあり、左からFCXクラリティ、U3-X、EV-N、EVCub、 VFR1200F、CB1100、CR-Z、スカイデッキ、
と並んでます。ステージの手前、左側には市販4輪車展示コーナー、右側が市販2輪車コーナーです。2輪の手前にも4輪はあったかな。

VFR1200F
~~F、という感じでFの文字がつくとツアラー的な意味合いがありそうなイメージがありますが。
デュアルクラッチトランスミッション、と言うのが売りのようです。
いわゆるVWのDSGみたいなもんでしょう。
んーこれがバイクの面白みになるかどうかはかなり?です。
来年には市販されるみたいですが、ふつうのマニュアル式(ワンペダル)も用意しておいて欲しいとこです。
(まぁ絶対に乗らないけど)
でもやっぱホンダのV型ってのは魅力ありますねえ。

091212_fms_h_vfr1200f
(2009年12月12日 VFR1200F byFinepixF200EXR)

CR-Z

091212_fms_h_crz_front

091212_fms_h_crz_front2

091212_fms_h_crz_side

091212_fms_h_crz_back

(2009年12月12日 CR-Z byFinepixF200EXR)

その昔、ホンダには良く回るエンジンを載せたCR-Xと言う車がありました。
ライトウェイトスポーツ、と言う点ではAE86とかといい勝負でした。
こちらはFFでしたけど。
シビックと同じB16A載せたSiRも良かったですが、もっと初期のテンゴ(1500cc)の頃のインパクトが大きいですね。
ちょーかっこよかった。

そのライトウェイトスポーツを、今のご時勢に合わせた車作りで作ろうとしてますよ、というのがこのCR-Z。
ホンダ式のハイブリッド仕様で考えているようです。
軽量、と言うのは車作りにおいてとてつもなく大きな力(=戦闘力?)になりますからね
ぜひぜひ、軽量というコンセプトと今の若い人に手に入るくらいの価格設定でお願いしたいですねえ。
FT-86が世に出るときにはすばらしいライバル関係にあってほしいですねえ。

ほかにもシビックタイプRユーロなんつー、そそる車も飾ってありましたが、あえてここで写真は掲載しません。
自分が欲しいなーと思ったんがこれ

091212_fms_h_vtr

(2009年12月12日 VTR byFinepixF200EXR)

250ccのネイキッドスポーツですね。
んーかっこいー。欲しいー。
自分は学生の頃にVT250に乗っていたのでねえ。
ホンダのVTエンジンは自分にとっての車含めた原動機つきくるまの基本エンジン、というかなんというか。
まぁとってもとっても懐かしく、とってもとっても心が沸き立つ存在です。
このバイクだけはまたがりました。ほかの車でも運転席に座らんかったのに。

あー、もう欲しいよう(爆

てな感じで(?)ホンダブースを去りました(ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/21

肉巻きゼロ ・・・え?

相変わらず熊本は寒さ日が続いています。
今朝の気温、1℃。

会社に居る時間は光速よりも早く過ぎ、夕方帰宅途中に、会社の人に聞いてた近所の肉巻きおにぎりを売っているお店に突撃しました。
今でこそ、宮崎の肉巻きおにぎりは有名ですが、自分が子供の頃は絶対無かったはずなんよね。
わりと全国的に知られる前にこのへんてこりんな食べ物の事を聞いていて、いつかは食べたい、と思っていました。

お店は宮崎地鶏の焼き鳥をメインで売っているお店で、肉巻きおにぎりはサブメニューのようです。
大きさはこぶし大で1個300円。
200円で売るときもあるから電話してね、って言われました。

091221_meat_roll_rice_ball

(2009年12月21日 レッドチキンの肉巻きおにぎり byPowershotA710IS)

家に持って帰って実際食べてみたけどうまいねえ。
お肉と中のご飯にしみこんでる甘ダレがいい味っす。
注文して出来上がるまで数分待たされましたが、親父さんに焼き鳥を少しご馳走になりました。
これもうまー。お酒が飲みたくなったよ。
いやー、おなかの中から暖まりました。
今度来る時は、せせりの焼きと塩とおにぎり買いに来よう♪

 

 

さてさて、話は変わりますが、最近良く見るニュースは、朝を除けば日テレの夜11時ころにやっている「News ZERO(ゼロ)」です。
筑紫さんがいらっしゃったころ、自分が大学生のころは「News23」メインでした。
その後、社会人になってもしばらくはNews23でしたが、株取引を始めたころに日経CNBCのマーケット~を見て、夜11時にテレ東の「WBS」を見るようになってました。WBCじゃありません。ワールドビジネスサテライト、のWBSです。

熊本に来るまではずっとそうだったんだけど、今はケーブルテレビとか地デジとか見れないのでNHKか熊本の民放4局の中から選ぶことになります。
そんなわけで「はじめは」消去法的にゼロを見始めました。
しかし、ゼロのキャスターの「村尾」さんの意見に共感する部分も多く、彼はニュースの中の良い部分悪い部分をきちんと整理して話した上で自分の意見を言っています。そういったところに好感を持っています。
最近知ったんですが彼は元大蔵官僚。
経済のニュースの際や、番組の終わり際、進行中のNYマーケットと終了した日本のマーケットの動きに対するやや踏み込んだ話をするのもイイ、です。
円高が進んだときに、たまたま見てた報道ステーションの古舘アナの偏りすぎたコメントを聞いてしまったからかもしれないけれど、円高の意味、について善悪両面を語っていました。
報道者にとって、バランス感覚、はとても重要なことと思います。

意見があっても何も語らず無言の、間、で語ってしまうWBSの小谷さんとかもイイ、んですけどねえ。
熊本でWBS放送せんかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/20

福モ2009 ~オートポリス&日産~

今日の熊本も、めちゃさむ、でした。
お昼の気温が6℃って・・・。

冷蔵庫の中で人は生活できますかー?

って試されちょるんかね。

・・・夜には冷凍庫になるのだけど(ガクガクブルブル

 

金曜日に、何故か?宮崎の叔母からミカンがお歳暮として送られてきました。
ん~なぜ急に?しかも5kg箱いっぱい。
どうすんのよこんなにいっぱい(苦笑

今まで自分が関東に居る頃にはちょくちょく季節の果物を贈ってましたが、特にお返しが無かったのですけど・・・

まぁ、あまり深いことは考えないでお礼の電話をかけたら金曜も土曜も今日もつながりません。
ん~~~。
 

仕方ないんで、今日手紙を書きました。
何をお返しに送るかあちこちまわって、結局熊本の「晩白柚」を送ることにし、手紙を入れておきました。

子供の頃から、よく言えば天真爛漫、でも、ん~~?な感じの叔母でしたので、まぁいっか、って思っています。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

輸入車を見た後、オートポリスのちっちゃなブースの前を通り過ぎて、日産のブースに向かいました。
オートポリスのとこには何故かカワサキのバイクが展示。
オートポリスというよりカワサキのブースじゃないか、これ?

福岡モーターショーで2輪があったのはここと、ホンダくらいですかね。
次回はもっと2輪が展示しているといいな~
ヤマハとかさー、がんばってよー・・・

・・・をっと、自衛隊のとこにも2台あったか(ダークグリーンのブラックカワサキが(笑)

091212_fms_autopolis
(2009年12月12日 オートポリスのカワサキコーナー byFinepixF200EXR)

あとD1のブリッツ仕様R34が展示されてましたね。かっくいー。

091212_fms_autopolis_r34
(2009年12月12日 オートポリス BLITZ R34 byFinepixF200EXR)

 

さてR34が出てきて、ちょうどいいタイミングで日産です。
んーと、エコカーとコンセプトカーがメインでした。
エコカーではハイブリッドなんて甘っちょろいぜ、的なEVの『リーフ』

091212_fms_n_leaf_side
(2009年12月12日 リーフ byFinepixF200EXR)

来年秋に販売予定ですよー皆さん。
カタログには急速充電で10分50km、20分で100km走れるとうたってます。
まぁまぁ使えるかな、と思いますね。
つか、もうすでに「使える」EVが市販レベルになってきたってことです。
レシプロ自動車の時代は去りつつあるのかも、・・・いや確実に去りつつある、です。

一回の充電で160km走るという走行距離は、三菱のI-MIEVと奇しくも?同じです。
(実は調べている規格が違います。日産は何故かアメリカのなんちゃら規格。三菱は日本の10・15モード)
まぁトルクとか馬力とかはリーフのほうが断然大きいし、三菱は軽自動車ベースで、リーフは乗用車ベースです。
その違いがどれだけあるのか、どっちのほうが便利かなんて分かりません。
ただ、来年、再来年以降、ハイブリッドなんてどっちつかずの中途半端な車は廃れていきますよ、トヨタさん?

日産も三菱も、技術がある、なんて天狗になってないでEVの値段を落とさないと(というか安いの作らないと)いずれ中国やほかの国に追い抜かれますぜ。
(ちなみに日産リーフのお値段は分かりません。今のうちにムッシュ・ゴーンにプレッシャー与えておきましょう、って魂胆です(汗 )

091212_fms_n_lg_inside

091212_fms_n_lg_side

091212_fms_n_lg_back

(2009年12月12日 ランドグライダー byFinepixF200EXR)

コンセプトカーはこちらのランドグライダー。
前から見ると一人用のように見えますが意外と奥行きがあって2シーターです。
これって日産がどれだけ本気あるのか、聞きたいですね。
本気だったら褒めてあげたいと思います。
新しい時代が来ようとしているのに、既存の延長のコンセプトなんか見たくありません。
・・・といってもこのランドグライダーが特別、斬新、と言うことでもないありません。

ちなみに、今の日本の自動車規格に合わせて未来の車作るのは無理がありますからね。
これをなくさないと世界で取り残されるぞ、とか心配しています。

さて日産ブースにはこの他、新型フーガとかZのロードスターがありました。
こちらも、一回は乗ってみたい、子供を乗せて撮影したい、といった組が大勢おりました。

・・・あり、だと思います(苦笑

091212_fms_n_fzc_front
(2009年12月12日 フェアレディZ ロードスター 奥の車が新型フーガ byFinepixF200EXR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/19

福モ2009 ~輸入車~

寒いですねえ。

熊本市内はまだ雪は降っていないようですが冷え冷え~っとしてます。
夕食にえぼし家のラーメン食べてきました。うまー&温まりますねえ~~~
んでまた車に乗るとさむ~、だったりしますが(苦笑

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、トヨタの後に向かったのはインドのタタ社、ナノ。
常に人だかりができていました。

091212_fms_i_tatanano_front

091212_fms_i_tatanano_back

(2009年12月12日 タタモータース Nano byFinepixF200EXR)

こちらも東京モーターショーには出ていません。
日本初公開です。すごいやんか、福岡モーターショー。
昨年デトロイト・モータショーで発表されて、確か今年インドで発売開始したんじゃ無かったですかね?
価格は11万ルピー、21.5万円。
主催者企画、と言うことになっています。インドのデリー州と友好関係を結んでいる福岡県の仲介で実現したのだとか。
なかなかやりますな。

排気量は624cc、ポルシェやスバルのサンバーと同じくRR(リアエンジン、後輪駆動)です。
ただ後ろのテールゲートは開かないらしく、メンテするときは後部座席をはずしてやるっぽい(想像です)。
ウインドウは手動式。ワイパーは一本、ドアミラーも運転手側に1個あるだけで助手席側にはありません。
見た目は日本の軽ですし、デザイン的には結構いけてます。
パッシブセーフティーのための衝撃吸収なんて概念はないでしょうし、余計なものは省かれているので車重もまぁまぁ軽い(600kg)。
多分走りそのもの(走行性能)は悪くないんじゃないでしょうかね。
とにかく安く、インドで多くの人に4輪車に乗ってもらいたい、というタタ社のコンセプトを考えると、十分すぎるほどの装備とデザインじゃないでしょうか。
インドの自動車シェアナンバー1はスズキ(マルチスズキインディア)ですが、かなりの脅威になると見ました。

かなりシンプルな内部です。MT仕様ですな。つかATなんかすると高くなるのか?
しかもウォークスルーです。(RRでドラシャが下に無いのでこうなるんだけどね)

091212_fms_i_tatanano_inside

(2009年12月12日 タタモータース Nano 内部 byFinepixF200EXR)

さて、タタのNanoを見た後は輸入車を見て回りました。
東京モーターショーではアルピナとロータスとケータハムの三つだけでした。
それがなんと福岡モーターショーではジャガーやらフェラーリやら多数の輸入車が展示されていました。
まったく理由は分かりませんが、もう日本でやるんなら福岡だけでいいんじゃないと?とか、誰かが言ったんですかね?
実は会場に来るまでこの件知りませんでした。

一番人気はアウディのR8ですかね。かっこいいっすね。
トヨタのLFAと同じくV10ですがこちらは5.2LのFSIエンジン、525馬力。(FSIというのは直噴システムのことです)
今年のデトロイトショーで発表されてましたかね。
かっこよさで言えばドイツ車のくせにアウディのほうが上ですかね。
お値段は2000万くらいだったような(!)
アウディはこの他にもA5とかSUVみたいなものも展示されてましたね。

 

091212_fms_i_audi_r8_front

091212_fms_i_audi_r8_back

091212_fms_i_audi_r8_engine

(2009年12月12日 Audi R8 5.2FSI quattro byFinepixF200EXR)

 
VWは市販車のみ、特にプレミア性のあるようなものは無かった感じ。
最近発売開始されたNewGolfやNewPoloが出てました。

091212_fms_i_vw_golf_front
(2009年12月12日 VW NewGolf  byFinepixF200EXR)

 
そしてボルボ。
すんません。興味惹かれるものが無かったので写真はありません。
おっと、レンジローバーも1台展示してましたけどねえ。BMWも写真ないや。

レンジローバーの横にジャガーが何台か展示されてました。
そのうちのこれ、XJ。まだ発表したばかりで発売されていません。
最近のジャガーはフロントマスクを変更してますが、いい感じなったと思います。
これもすごい。かっこいい。大人の渋さがでてますねえ。

091212_fms_i_jaguar_xj_front_2
(2009年12月12日 Jaguar XJ  byFinepixF200EXR)

 

FIATグループはみんな似たような感じです。
つか500ベース。
フィアットの500/Cはかわいいですな。こういうのは嫌いじゃありません。
アバルトのエンブレムがありますがFIAT5000ベースのアバルト500エッセエッセ。

091212_fms_i_fiat_500c_front

091212_fms_i_fiat_500c_top
(2009年12月12日 FIAT 500C  byFinepixF200EXR)

 

091212_fms_i_abarth_500_front
(2009年12月12日 Abarth 500 esse esse  byFinepixF200EXR)

アルファのMitoも出ていました。
こちらはあんまり良く知らない。つかアルファって基本、目つきが嫌いで余り見なかったからな。
アルファってこんなかわいい系ホットハッチも出しとったんやね。

091212_fms_i_alfa_mito_front_2
(2009年12月12日 アルファロメオ Mito  byFinepixF200EXR)

見た順では次にフェラーリの2台。
なんつーんか、デザインはイタ車には勝てませんですかねえ。
特にお尻の辺りが過去良すぎです。なんつーかエロイ?エレガント?
612スカリエッティなんか特になー
ちなみにデザイン手がけたのは日本人だったりするんですがね。

091212_fms_i_ferrari_california_fro

091212_fms_i_ferrari_california_bac

(2009年12月12日 フェラーリ カリフォルニア  byFinepixF200EXR)

 

091212_fms_i_ferrari_612scaglietti_

091212_fms_i_ferrari_612scagliett_2

(2009年12月12日 フェラーリ612スカリエッティ  byFinepixF200EXR)

 

次は黒光りする怪しい車・・・シボレーカマロです。
基本的にアメ車は嫌いですけどね。
かっちょいい、と思いますよ。

091212_fms_i_chevrolet_camaro_front

091212_fms_i_chevrolet_camaro_back

(2009年12月12日 シボレー カマロ  byFinepixF200EXR)

 

こちらはケータハム。
余り知りません。
エンジンはフォード製の1600cc120馬力。
車重550kg
車両本体価格は399万円(税込)になっております。

091212_fms_i_caterham_front
(2009年12月12日 ケータハム Roadsport200  byFinepixF200EXR)

 

同じ黒でもさすがに欧州車。しかもロータスです。
前衛的な、でもかっこいい。
たまにエリーゼとか見るとホント欲しくなりますけどねえ。
こちらはエクシージ ステルス。

車体は恐らくカーボンFRPじゃないですかね。車重925kg
1800ccの260馬力ってパワーウエイトレシオがすごい。
ちなみにお値段は858万円(税込)になっております。
いいねえ。

091212_fms_i_lotus_exige_stealth__2

091212_fms_i_lotus_exige_stealth_ba

(2009年12月12日 ロータス エクシージ ステルス  byFinepixF200EXR)
ロータスはこの他に3.5Lのエボラも出していました。

091212_fms_i_lotus_evora_front
(2009年12月12日 ロータス エボラ  byFinepixF200EXR)

マセラッティは2台出ていました。

091212_fms_i_maserati_quattroporte_
(2009年12月12日 マセラッティクアトロポルテ スポーツGTS  byFinepixF200EXR)

091212_fms_i_maserati_granturismo_f
(2009年12月12日 マセラッティ グランツーリスモS  byFinepixF200EXR)

どちらも市販車でお値段は1700万ほどです。

 

さてこちらはダイムラーです。
こちらも顔が変わりましたかね。
NewEクラスです。

091212_fms_i_benz_eclass_front

(2009年12月12日 メルセデスベンツ Eクラス  byFinepixF200EXR)

Sクラスのハイブリッドタイプが出てました。
参考価格が1480万円だって。

091212_fms_i_benz_sclass_front

091212_fms_i_benz_sclass_value

(2009年12月12日 メルセデスベンツ Sクラス byFinepixF200EXR)

輸入車のコーナーにも大勢のお客さんが来てました。
基本的に市販車ベースの展示が多く、多くの人が見て触れて実際に座れる、ということであっちこっち順番待ちができてましたね。
子供を乗せて写真を撮っているパパママとかいて微笑ましいです。
幕張だと綺麗なキャンギャル目当ての不埒なカメラ小僧ばかりで、年々無法地帯化していく一方なのに比べると福岡モーターショーは全然良かった。
自分が車を撮影しようとして構えたカメラの前を、気づかずに横切ろうとした友達をさえぎる少年(多分中学生?)がいて、当たり前なことなんだけど、絶対幕張じゃないな、と思うような感動がありました。
ホントに久しぶりに感動したよ。ありがとう。

福岡モーターショー、バンザーイ(笑

つづく。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間の生きる道

「仁」、と言うドラマを見てます。
大沢たかおが主演をしています。
原作は、村上もとかの描く漫画です。
村上もとか、といえば「六三四の剣」・・・というと年齢が・・・(笑
この漫画は知りませんでした。

時代は幕末。
現代の外科医がどういうきっかけか、幕末の江戸にタイムスリップし、現代の医術を振るって幕末の混乱した世の中で活躍しています。

大沢たかおがこの外科医役。

遠い未来の世界からやってきたことを薄々感じつつ、彼を助ける緒方洪庵役には武田鉄矢。
TVではもうお亡くなりになっちゃいましたけど。

未来の外科医となぜかひどく深い係わり合いになっている坂本竜馬役に内野聖陽。

もう始まって随分経っているようですが、自分が見始めたのはここ数回です。
なかなかいいドラマだと思います。
何で幕末にペニシリンがあるんだ、とか、あの時代の道具でクロマトグラフィで精製したり出来るのか?
とか前回は火事で喉をやられた火消しの気管切開なんぞしておりました。
そういや、辰五郎親分に木枯らし紋次郎が・・・じゃなかった中村敦夫さん・・・。

あぁ、といっているうちに明日85分拡大版の最終回やん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/18

福モ2009 ~トヨタ~

先週末、福岡モーターショーに行ってきました。
熊本の自宅から高速バスで福岡天神まで行き、そこからマリンメッセに向かうバスに乗り換えて走ること10分弱。
天神で乗り換えたときにはもっといっぱい人が乗っているかと思っていたんですが、バス内はガラガラ。
(今年は不況だし、モーターショーの規模も大きくないけん、こんなもんかなぁ)
と思ってました。

今まで何度もモーターショーに行ったことがあります。
でも場所は千葉、幕張メッセの東京モーターショー。
2年前に日産のGTRが発表されたときのモーターショーが最後でしたが、すごい人出でした。
このブログにもそのときのレポート載せてます。
http://pon-blue.way-nifty.com/sora/2007/11/post_bc1e.html

071028_tms_nissan01 
(2007年10月28日 GTR発表 bySea&Sea 5000G)

さて、バスがマリンメッセに近づくとバスの中には自分と運転手さんしか居ませんでした。
バスの運ちゃんに「マリンメッセで降りればいいんですよね?」なんて会話をしていたら運ちゃんが
今日は多いなー、なんて言うもんだから見てみると、マリンメッセの前には50m超の行列がありました。うはー。
前日の金曜日から開催されていたんですが、金曜日はそれほど多くなかったそうです。
さすがに土日は違うやね。

091212_fms01
(2009年12月12日 マリンメッセ福岡 byFinepixF200EXR)

さて、行列に並んで開場時刻になってゆっくり進んで入場。
マリンメッセの建物はそれほど大きくありません。
幕張メッセの一番小さいホールひとつ分くらいですかね?
つまり東京モーターショーの1/4か1/3くらいの規模になるかな。
中に入ってさすがに狭いなぁ、って感じました。

入って一番奥に大きく陣取っているのはホンダのブース。
その右横にひときわ目立つ赤い車が今回の第1目標であるトヨタのFT-86です。
まずはトヨタブースから。

091212_fms_t_ft86_front

091212_fms_t_ft86_back_2

091212_fms_t_ft86_side

091212_fms_t_ft86_data

(2009年12月12日 FT-86 byFinepixF200EXR)

赤いFT-86、かっこいいですね。前から見るとマツダロードスターっぽくも見えますが。
横から見たときのコンパクトな感じ、かなりビビっときました。
実際に市販されるときにこんな3ドアなんですかね?
ぜひぜひ3ドア売って欲しいと思いますが、日本で3ドアは売れないから厳しいでしょうねえ。

内部のデザインはこんな感じです。

091212_fms_t_ft86_inside
(2009年12月12日 FT-86 byFinepixF200EXR)

自分はシンプルで地味なインパネのほうが好みなのでまぁこの位は許容範囲かな・・・
エアコンの形状はかっちょ悪い。
ATじゃなくてマニュアル仕様になっているっぽいのも○。

091212_fms_t_ft86_side2
(2009年12月12日 FT-86 byFinepixF200EXR)

サイドパネルの隅にあったんですが、この写真じゃ見えないけど
「TYOTA EUROPE DESIGN DEVELOPMENT」
とあります。
ヨーロッパのデザインにしちゃ、まったく洗練されてない気がします。
斜め前から見たときに野暮ったさが残りますね。

091212_fms_t_ft86_back2
(2009年12月12日 FT-86 byFinepixF200EXR)

ただ、リアの形状は素敵でした。
フロントのデザインはもうちょっと練り直したほうがいいな。

091212_fms_t_ae86
(2009年12月12日 AE-86レビン byFinepixF200EXR)

さて、FT-86の奥にも赤い車がちらちら見えます。
なんと、同色のAE86レビンです。
粋なことしますね。今年の東京モーターショーではなかった演出です。
うちの大学の先輩がまったく同じのに乗ってました。
そのときすでに13年落ちくらいじゃなかったかな、でも良く回るエンジンでしたねえ。
いやいや、懐かしい。

さてトヨタの目玉は86ばかりじゃありません
といってもトヨタでは無く、「レクサス」ですが。
もうひとつはLFA。

2005年東モ出の発表以来、変遷をたどりながらようやく来年2010年、販売だそうです。
これまでの変遷。

2005年東モ

051023_fms_t_lfa_front_psa80

051023_fms_t_lfa_back_psa80

(2005年10月23日 LF-A byPowershotA80)

2007年東モ

071028_fms_t_lfa_front_5000g_2

071028_fms_t_lfa_back_5000g

(2007年10月28日 LF-A bySea&Sea 5000G)
 

 

そして2009年福モ

091212_fms_t_lfa_front

091212_fms_t_lfa_back

091212_fms_t_lfa_inside

(2009年12月12日 LFA byFinepixF200EXR)

ちなみに展示している車、ちゃんと走る販売予定の実車モデル。
ブレーキなんかカーボンだし。

091212_fms_t_lfa_carbon
(2009年12月12日 LFA byFinepixF200EXR)

なんとお値段

3750万円!!

諸費用含めれば4000万か・・・?

会場にモニターがあってこの車がサーキットを走っているんですが、エンジン音がまんま今のF-1エンジン。

091212_fms_t_lfa_monitor_2
(2009年12月12日 LFA byFinepixF200EXR)

当たり前です。F-1と同じV10エンジン。
560馬力、4.8リッターV10エンジン
カタログにありますが
「その咆哮だけで、固有の存在であることを主張する。」
うはー・・・かっこよすぎる。

こりゃすごいわ。

トヨタはこの2台だけで十分おなかいっぱいです。
いちおう、ハイブリッドのリーダーとして、もしくは後進に追われる立場として次世代(といってももうすぐそこまで来ていますが)モデルを展示してました。
こちらはプラグインハイブリッドのプリウス

091212_fms_t_plugin_prius_front

091212_fms_t_plugin_prius_plug

(2009年12月12日 Plug-in Hybrid Prius byFinepixF200EXR)

 

こちらはEV(電気自動車)のコンセプトカー

091212_fms_t_ftev_front

091212_fms_t_ftev_plug

(2009年12月12日 FT-EVⅡ byFinepixF200EXR)

中身とか全然出来上がっていません。
トヨタさんはまだまだ遠い未来の話、とか思っているんですかね。
でも次回は「コンセプト」とか言ってられなくなっているかもな。

電気自動車は部品点数も少なく、従来の自動車産業とは関係ないところでも作れますからね。
今のデジカメなんていい例ですね。
本来光学メーカーじゃなくても、魅力的なデジカメをバンバン販売しています。
ソニーなんて光学機器の老舗、ミノルタ買収してデジ一販売してますね。

自動車産業もいずれそういう運命になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/13

素晴らしきかな、福モ2009

土日ってほんとあっという間に終わるのな。
また年賀状作れんかった・・・来週こそ、きっと。・・・たぶん。
 

 

 

昨日は福岡モーターショーに行ってきました。
いやー東京モーターショーに比べると、規模は小さいけど見ごたえありましたね。
詳しいことは来週じっくり書きますが、ほんと行って良かった。

トヨタとスバルの共同開発車、FT-86
なかなか良い感じです。

091213_091212_fms01_2
(2009年12月12日 FT-86コンセプト byFinepixF200EXR)

FT-86の隣にも人だかりが。まさか、まさかのハチロクです。
ナンバープレートには「1983」の文字。トヨタがハチロクを世に出した年です。
たぶん、今年の東京モーターショーでもこんな演出は無かったんじゃないかえ?
まさか同じ色のAE86並べるたぁー、粋なことを。

091213_091212_fms02
(2009年12月12日 往年というか今も名車のAE86レビン byFinepixF200EXR)

これも福岡だけ。
日本では初のお披露目となった、インド、タタ社のナノ。

091213_091212_fms03
(2009年12月12日 タタのナノ byFinepixF200EXR)

4日間しかなのが本当に残念じゃねえ。
車だけじゃなくて九州のB級グルメを集めたイベントもあり、かなりよかったわー。
主催者には良くやったと、拍手を送りたい。なかなかすばらしいイベントになっています。
次回のモーターショーが今から楽しみじゃわ。

 

明日(月曜日)が最後です。
もし検討中の方は是非、行かれてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/10

週末にはカストルとポルックスが、がっちり肩を組んで待っている。

熊本は今朝、雨でした。
だから、なのかな。
ここ数日の厳しい寒さが緩んで、比較的暖かかったです。

12月も1/3が過ぎました。いよいよ今年もあつ20日余り。
今年は天文学、というよりも科学の分野で歴史上の巨人、『ガリレオ・ガリレイ』が天体望遠鏡で宇宙をのぞいた年から400年目。

これを記念し、「世界天文年」として世界中の人々に宇宙への興味を持ってもらい、自分なりの発見をしてもらおう、とさまざまなキャンペーンが進められました。

スローガンが、

THE UNIVERSE: YOURS TO DISCOVER

日本語訳では

宇宙 … 解き明かすのはあなた

です。

さて、いよいよ12月のビックイベント、「ふたご座流星群」のピークが近づいてきました。
正確なピークは14日の午後2時ごろ、とされていますが当然その時間、日本は昼間。
その前後の13日夜~未明と14日の夕~夜が狙い目でしょうね。

日曜の夜中から月曜の夕方までがピーク、なんて仕事のある人間にとっちゃー甚だ不都合極まりないですけど(苦笑

月明かりを気にせずに見ることができると言う点で言えば、これまでのオリオン座流星群、獅子座流星群と同じように好条件です。
6等星まで見えるような暗い空であれば50個以上見えるかも?なんて言われています。
冬の空は明るい星や、わかりやすい星座が多く、にぎやかで派手派手しくって退屈しませんが寒いのが辛いですね。
反面、蚊に襲われることは無いでしょう・・・(笑
心配なことは、ピークの日前後の九州地方はあまり空模様がよろしくない、という天気予報です。

でも、もし晴れたなら、しっかり着こんで防寒対策バッチリやって、
流れる星と、冬のにぎやかな星空散歩、して見ませんか?

国立天文台のサイト
http://naojcamp.nao.ac.jp:80/phenomena/20091211/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/08

ひゃ~2

う゛~~さむーい。

今日も車の窓が凍っちょったよ。
寒いん、嫌や~(泣
 
まぁ、日中はそこそこ暖かかった、らしいですが。知らんわいッ(苦笑

 
追加経済対策が決まりましたな。
真水の分だけで7兆2千億円。
んー、お金かけるならあほでもできる。
中身、が大事じゃとおもうんだけどね。

一方で、11月の街角景気の調査結果が発表されてました。
景気悪化を感じる人が格段に増えているようです。

年の瀬が近づく、っつーだけで厳しく感じるものが、なーんか、ありますよね。

ただ一方で内閣府の発表した10月の景気動向指数は、一致指数なんざぁ、7ヶ月連続して上昇中。

内閣府の景気動向指数って、いつもながら実感わかないですね。
一般市民の感覚とはかけ離れてます。

うちの会社の株価も先日上がってましたが、まったく実感ないですね。

今週末、福岡である福モ。
いろいろ調べてみると、駐車場が結構厳しいっぽい。
バスで行こうかな~~


なんか寒いんで、景気づけに・・・

091208_090508_balies_sky
(2009年5月8日 バリの空 by PowershotA710IS)

おもいっきり、逃避やん?( ´,_ゝ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/07

ひゃ~~

この冬一番の寒さになった今日の熊本。
 

朝(8時位)、車のところまで行ったら窓が凍ってたよ。(。>0<。)

 

 

NHKで司馬遼太郎氏原作の小説「坂の上の雲」がドラマ化されて放映中です。
第一回目からやってくれますな、NHK。
司馬遼太郎氏の原作はまだ読んでいませんが、ドラマとしてかなりイケテます。
子役の子達も良かったし、本木さんや阿部さん、香川さん、ほかキャストがもう贅沢。
演技もすばらしすぎる。
ものの見事に明治時代に引き込まれました。

昨日第二回目放映でしたけど、これも良かったです。
ナレーションが渡辺謙、つーのもちょっとドウヨ。
泣かせるやんか。

 
久しぶりに見ごたえのあるドラマじゃのぉー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/06

スバルからメルマガ

今日の熊本は、天気予報では「晴れ」マークが出ていましたが、一日中雲が多かった感じです。
しかも、同じく雲の多かった昨日と比べて寒かった。
たぶん、日中の気温は5℃位違ったんじゃないですかね。

自分はお昼ごろにもそもそ起きだして、洗濯物を片付けながら(雲が多いなぁ)と思いながら干して、近くの弁天山に行きました。
頂上付近の展望台は工事中で12月25日まで登ることができないそうです。

弁天山は、山、といっても標高150mくらいで周りには何にも無いかわいい山です。
山の周りにをぐるっと囲むように歩道が整備されていて、ランニングや散歩する人には便利です。
歩いても一周30分かかりませんけど。
今日は頂上の展望台に行けなかったので、山の周りをちょこっと散歩しました。
晩秋、といった風情でした。
足元に落ちている椎の実を見ると、拾って食べようかな、という衝動が・・・(苦笑
子供の頃にそうやって育ってきたのでね。懐かしい気がしました。
椎の実って、甘くて美味しいんですよ。

 

 

そういえば、スバルからのメルマガで、スバルは来年「IRC」にマニュファクチャラー登録します、って内容のメールが来てました。
文字通り泣く泣く(森社長は記者会見のとき本当に泣いてた)WRCから撤退してたスバルですが、やっぱりラリーの魂は生き残ってましたか。

これまでも、プライベーターがGrN仕様のスバルインプレッサ(PWRCと同じ仕様かな?)でIRCに出ていましたけど、スバルがマニュファクチャラー登録していなかったため、多分ヨーロッパで放映されているレースの模様ではスバルは映らないし、記録を残しても公式的な記録として残らない、と言うことがあったわけです。
IRCにスバルで参加していたプライベーターには待ちに待った、というべき発表だったのです。
来年のレース開始は一ヵ月後に迫ってますし、ほんと急な話でした。
とにかく、来年1月19~23日のモナコ・モンテカルロ・ラリーが楽しみです。

IRCのサイト↓
http://www.ircseries.com/html/

スバルの参加を知らせるニュース↓
http://www.ircseries.com/html/readnews.asp?id=1413

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/05

人は、見たいと欲する現実しか見ていない

人はよく
「真実を明らかにして欲しい」
とか
「本当のこと、事実を知りたいんです」
とか言う。

身内や自分自身が事件に巻き込まれた人の話とか、今の政府に対しての要求の話。

でも、もしその真実が自分にとって、思っていた通りの答えじゃない時、飽くまで
事実が明らかになってない
とか、
何かが隠されている
とか、ってなっちゃうんでしょうね。

たとえば、昨日爆笑問題の太田が一切の増税に反対、見たいな事いっていた。
鳩山は辞めるべきだとか、民主党は良い子ぶって実は自民党と同じ悪者じゃないか、自民党のほうが悪として分かりやすかったからまだ良かった、とか。
爆笑問題の太田は、所詮この程度の人だというのは分かっているので、その内容についてはどうでも良い。

ただ番組として、現在の国の収入30兆余り、赤字国債40兆余りのことについて振れておきながら、
増税しなければ世の中ハッピーになる、
なんて短絡的なこと言ってて、またそのことに対してほんとかどうか60%以上の支持を受けていたことがショックだった。

ただでさえ借金(赤字国債発行)しないとやっていけない国の姿について、もっと追及しても良かったんじゃないか?
国民がその現実を実感として感じ、愕然とするのが普通だと思うんですが。
それでもどこかに隠し金があって、それをあぶりだせば国の借金体質は改善できると考えているのか。

何の対策しなくても、『国の収入30兆余り』。
国が現状の公共サービスを維持するために、『追加で赤字国債40兆余』必要。

これが現実だと思うんだよね。
このことに目を背けてはいかんと思うんですよ。
これまでの借金を返していくためには、景気が悪くなって税収が下がった今の水準で国の経営を考えるべきでしょう。
30兆しか収入が無いのなら、30兆で経営する。
景気が良くなって収入が増えたらその分で借金を返す、というような。
それが現実的でないと言うなら、為替を固定制にしたうえで、輪転機をがんがん回すべきです。

首相辞めさせるのもいいだろうさ。
民主党含む政治家が偽善、と叫ぶのも太田が言い始めたことじゃないし分からんこともない。
ただ、太田はいつもピントがずれているけど、今回ばかりはちょっと目に余ったね。
国民の馬鹿さ加減を試しているようで、非常に不愉快。

『人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。 多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない』(カエサル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/04

あらら~

あら~、もう12月第1週の週末です。

 

あら~あら~、ってかんじ。(どんな?

 

今日はボーナスの日でした。
意外にも、ちょろっと、出ました。
うちの会社は今期赤字決算がほぼ確定なので、ボー無し(ボーナス・ゼロ=ボーナス無し)、と予想してたんだけど。

総支給額に対して社会保険や所得税で、お上に1/5は持ってかれるんですよ。
 
言わば『2公8民』?
(まぁ、実際には間接税等々あるので3公7民くらい?) 
 
このくらいで文句を言ってはいけないんですかね。
あるだけ「良かった」と思わないと・・・。
ただしかし、重税感は無くとも、先行き不安と余裕の無さで、デフレになるのは必然、致し方あるまい、と感じます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/03

肉が食べたい


自分の食生活は基本的に、肉食系ではありません。
ステーキのお皿と、焼き鯖のお皿があったら、
焼き鯖のほうを選びます。確実に。
お肉が嫌い、と言うわけではありません。
魚のほうがおいしい。ただそれだけです。
おいしいお肉もありますけどね。高いんよね。
モツ、なんてのも安くて、味付けしだいでは超絶おいしいですが、純粋にお肉か?っていうとちょっと違う・・・

そんなわけで、普段食べるコンビニ弁当も
「ハンバーグ定食」とか「牛丼」とかめったに選びません。

ですが。
何故か、最近というかここ数日、無性に『焼肉』が食べたい気分。
思えば最後に『焼肉』食べたのは、今年の春先か?昨年暮れだったか?

あ~~~、、食いた~い

・・・いったい何の病気なんじゃろか(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/02

風邪は天下の魔物 金は天下の回し者

今頃になって、な話ですが、最近会社で新型?インフルエンザが流行の兆しを見せています。
やっぱりというべきか、若い人から罹っているみたいな・・・
家庭持ちの人で、家族にインフラーが出ている人はマスク装着出社のためすぐ分るのですが、こちらは随分前から出現してて、今ではかなりの数になっています。
新型の感染率はかなり高いみたいですし、今はそれほど症状が悪くならなくてもやっぱり用心するに越したことはありません。
「感染率が高い」は、感染した先での変異性=多様化の確率と関連はないんでしょうか。
その辺がちょっとこわいです。
外出先から帰ってきたら、手洗いとうがい、忘れずに。
 
 
・・・
 
昨日のニュースを振り返っていたら、日銀が追加金融緩和するって、発表してたんですね。
 
さっき知りました。
 
・・・考えてみたら、昨日はテレビを見てない。ネットのニュースも見てない。
 
数年前まで、「超」が付くほどの低金利政策を行っていたにもかかわらず、国内需要はまったく振るいませんでした。
ゼロ金利政策で、お金ジャブジャブでいずれハイパーインフレが起きるかも、って予想した人もいましたね。
おそらく一部では良かったのかもしれません。
どこの分野が良かったんだかさっぱりわかりませんが、世界的なバブルを引き起こした金融部門ですかね。
 
しかし、日本のなかで大多数の景況感が今一だったはずですが、政府や金融当局は、「戦後最長の好景気」、という認識でした。
最近、政府がデフレ宣言してましたが、ここ数年で内需活性によるインフレがあった物ってありますか?
 
ガソリンが高いのは国内でガソリンが飛ぶように売れているからではないはず。
小麦高騰でパンの値段が高くなったのは、日本人がすべてパン食になったからではないはず。
 
内需活性によるインフレターゲット、といったような目標が必要じゃないかな。
果たして、通り一遍の金融政策で今の状況が変わるかどうか?
現状認識から再検証して改めていかない限り、今の状況は悪くなるだけのような気がします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう

あまりに忙しすぎです。厄介な仕事がたて込んだ一週間でした。
りきんでも、かえって結果にならず、やや引き気味で物を見る癖があります。
がんばる人から見ると、横着に見えるんだろうなぁ、と薄々感じます。
ときどき、そういう風に感じる自分が面倒くさく、激しく凹むこともあります。
うまくいかない時、へこんだ時こそ、心の蒼空を思って明日に向かおう。

   いつも心に蒼空を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/01

エビと福モとスバル望遠鏡

今日から12月ですね。今年もあと一ヶ月です。

夏以降、いまいち体の調子がすっきりしない日が続いています。
元気で健康ではあると思うんですけど、長続きしないと言うかなんと言うか。

熱があったり、のどが痛かったり。
いつの間にか直った、と思ったら胃腸の調子がよくなかったり。
これまた、何にもしないのに我慢してたら直ったかと思えばまた体が熱っぽくて普段凝らない肩から腰にかけてが異様に重く感じたり。

むー。なんか不吉な兆でしょうか・・・

そこで、近所のスーパーの中にあるドラッグストアで「エビオス錠」を買って飲み始めました。
効き目があったら、ここに記録します。


自分の体は真剣悪いのに、ここ半年以上すこぶる調子がいいのが、相棒のインプレッサ先生です。
昨年暮れから今年にかけてと、今年の夏に、九州~関東の往復をしていますし、この一年はめちゃくちゃ走行距離が多くなる見込みですが、ある一部を除いてまったく問題がありません。
考えてみたら、熊本に来てディーラーさんで点検受けるたびになんか調子が悪かったりしてたような。
以前住んでたところのディーラーさんではそんなことなかったんで、スバルが悪いわけじゃないでしょう。
相性なのかなぁ。
来年車検ですが、ディーラーさんとこでやるの止めようかな、と思案中。

ちなみに一部が調子悪いと書いてあるのは、後輪のベアリングです。(たぶん)
ときどきゴリゴリ音と振動があります。ここ最近で一回だけディーラーさんで点検しましたが、まぁさすがにこういう不具合は見つけられんかったようです。
(そのこと自体は悪くはないんですが)
もっとひどくなって耐えられんなったら、どっかで交換してもらうつもり。
折角、今は調子がいいので、このリズムは壊したくないです。

 
 

車のことを書いたので、ついでに。
今月福岡で「福岡モーターショー」があります。(2009年12月11日~14日@マリンメッセ福岡)
国内の会社では、トヨタ、日産、ホンダ、ダイハツの4社しか出品しません。
福岡、と言うことよりも今の不況のせいですね。(試乗車など販売関係はマツダ、三菱やスバル、スズキも参加)
前回の2007年は自分がこちらに来て直ぐで、自分はこちらに来る前に幕張の東京モーターショーを見てきたので福岡のは見ませんでしたが、今回は行くつもりです。
とりあえず、目当てはトヨタとスバルの共同開発車「FT-86」です。楽しみ楽しみ。
おまけに今日のニュースでは、インドのタタも出品されるとか。
これは東モでも実現しなかった「福岡プレミアム」ですか(笑

  

 
そういえば、スバルの望遠鏡、正式発表されたようです。
その名も 
 『SUBARUメローペ80A』

メローペ、はもちろんスバルの元になっているプレアデス星団のプレアデス7人姉妹の一人の名前です。

色は『WRブルー』じゃありませんが?
口径80mm、焦点距離800mmで、レンズはアクロマートの屈折。
ビクセンの経緯台がついて定価81900円はおそらく安いでしょう。

ちなみに同じビクセンの口径80mm焦点距離910mmの屈折が57750円
口径80mmで焦点距離600mmのEDレンズ屈折が130200円
(価格は定価)

内容からしてもかなり良心的でお買い得な感じはします・・・

詳しく?はこちら↓
http://www.e-saa.co.jp/seihin/merope/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »