« 原点 | トップページ | 光陰者百代之過客也 »

2009/10/23

オリオン座流星群、見ました。

今日も熊本は爽快な朝を迎えてました。

 
今朝も早起きしてオリオン座流星群を見てました。
体調もやや回復してきたので、3時半~4時半までの1時間ほどひたすら天空を眺めてました。
場所は家から車で5分ばかりのところ。
周りは畑ばっかりで360度さえぎるものなし、です。
さすがに南の地平線付近は熊本市内の明かりでぼうっとなっています。
 
約一時間の間に見えた流星は総数で29個。
そのうち、オリオン座流星群のものと思われるのは19個でした。
明るくて速い流星がこの流星群の特徴かもしれません。

3時半ごろになるとオリオン座が真上に来ます。
オリオン座の右肩(向って左側)に輝くオレンジ色の星がベテルギウスです。
オリオン座の左下と左側に明るい星がありますが、これを結んで3角形ができあがります。
これが冬の大三角形。
左下の明るい星がシリウスで、上にあるのがプロキオン。

冬の星座は非常に明るい星が多いので見た目に派手ですねえ。
実はオリオン座方向は銀河系の外側の方向です。
うっすらとオリオン座に向かって左側をかするように横たわるのが冬の天の川(銀河)です。
逆に夏の天の川の、さそり座やいて座の方向が銀河(天の川)の中心方向になります。
地球を含む太陽系は銀河系の端っこのほうに位置しているので、そこから銀河の端を見てもあまり星なんて見えないような気もします。
夏の天の川に比べて、冬のはうっすらとしているのはこのせいです。
でも、ベテルギウスやらシリウスやら、冬は明るい星、星座が多いのですね。
不思議ですねえ。

明け方近くの時間になると東の空にひときわ明るい星が見えてきます。
これは明けの明星、金星です。

帰る頃、車のフロントウインドウには朝露が降りてました。

『オリオンは高く うたひ、つゆとしもとを おとす』. ~宮澤賢治「星めぐりの歌」より~

|

« 原点 | トップページ | 光陰者百代之過客也 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリオン座流星群、見ました。:

« 原点 | トップページ | 光陰者百代之過客也 »