« アメリカは変わらんねえ | トップページ | アジアの純真♪ »

2009/08/04

タイ・カンボジア旅行に持って行くもの

今朝の熊本。
すっきり~な青空が広がっていました。
暑い、爽やかな成層圏に届きそうな夏の朝の青空。
このまま晴れが続けば確実に梅雨明けなんだけどなぁ
・・・そんなことを思ったそばから、お昼直後には黒雲が広がり雷を伴って雨が降ってました。
もー
おいらの集中力と一緒で、なかなか長続きしませんねえ。
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 
今週末にタイ・カンボジア旅行に出発します。・・・多分。
あんまり計画が進んでいません。
もう既に行程表なり滞在先のホテルの情報とか頂いててもおかしくないはずなんだけどな。
今回旅行会社との交渉は都立中学校教師の友人君がやっているのですが、この旅行会社が今一不親切でね。
彼も夏休みとはいえ担当部活もあり、ほぼ毎日学校に出勤してます。
なかなかお店のほうに行けないらしく、結果的に進捗も滞りがち・・・
・・・って言ってらんないんだけどねえ?
日本旅行にはちょっとマイナスイメージ。
パスポートやビザなど公式なもの以外で、カンボジア旅行に何が必要か調べてみました。
 
①お金
タイ、カンボジアの通貨はそれぞれバーツ、リエルです。
1バーツ=2.7~3円
1リエル=0.02円
どちらも日本で両替は出来ません。
両替となれば相手国に行ってからになります。
両国である程度信用のあるお金、というとやはり米ドルになります。
インドネシア・バリに行った時も空港税はインドネシア・ルピアではなく、米ドル払いを要求されたりしました。
表示もUSDです。カンボジアビザの料金も公式にUSD表記です。
アジアにおける米ドルの信認は恐ろしいほど強いです。
米ドル(加えて小額紙幣で)ある程度必要と思われます。
インドネシアに行った時は手持ちで日本円1万円+米ドル100ドル分持って行って、1万円(日本円だけ)を現地(街中)で両替しました。
ダイビング費用は前もって支払ってあったので、物価の安いバリでは4泊5日でも十分でした。
(現地で服を調達しても十分足りました)
 
②雨具
カンボジアは現在雨季です。
ずーっと降りっぱなしではなく、朝晩曇って午後に夕立がある程度らしいです。
夕立では多分傘(折りたたみ)は使い物にならんでしょう。
なので一応カッパを用意。
多分現地で買って使い捨て(なんて非エコ的な!)が良かろうと思われますが今回初めての旅行なのでもって行きます。
 
③軍手
調べると、その要不要の声は半々です。
アンコールワットで遺跡を登る際にあったほうがいい、という声があります。
オプションでベンメリア(@ジャングル)に行くことも考えて一応持っていきます。
 
④懐中電灯
シェムリアップの夜は真っ暗らしいのです。(街灯が少ない。)
それはそれで星がきれいなんだと思うんですが、雨季なので水蒸気が多く思ったほどきれいじゃないかな?
日の出を見に行く、なんて場合真っ暗な中を歩いていくので一応あると便利らしいのです。
ちっちゃいMAGライトくらいを持っていくか。
 
⑤サンダル(履物)
結構悩んでます。
アンコールワット自体には靴で行ったほうがいい(寺院だし)と思うのですが街中で大雨が降ったら多分泥まみれになると思われます。だったらサンダルのほうがらくだなぁ・・・と。
これもちょっと悩み中。
 
 
 

|

« アメリカは変わらんねえ | トップページ | アジアの純真♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイ・カンボジア旅行に持って行くもの:

« アメリカは変わらんねえ | トップページ | アジアの純真♪ »