« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月に作成された記事

2009/06/29

梅雨らしくなってきたかな?

急な仕事が入って土日働いたので、月曜日は代休をいただきました。
せっかくの休みですが、ほぼ一日中雨、しかも時折「豪雨」の熊本でした。

株式を持っているほとんどの会社が今年(昨年度決算分)の配当を取りやめていますが、「みずほ」だけは配当が出ていたので郵便局へ取りに行きました。
10単元で配当金9000円ナリ。
今日の株価229円で計算すると10円の配当では、配当利回り4.4%!
むーどんな株価なんじゃい?
それとも配当がすごい?
ま、株価の買値までは今から4倍くらいになってくれんと困るわけですが(笑

このご時勢、なかなか配当出すのは難しいですね。
そういえばニュースで元ライブドアだった会社が決算赤字にもかかわらず680億円の配当を出すと言ってました。
一株6500円だそうです。
既に上場廃止になっているライブドア株の最終株価は94円。
94円で買って、未だに持っている人がどれだけいるか分からんですが、いるんですかね?
ところでライブドアマーケティングとかも合併してLDH社になっているんだったら昔の一株は今の0.01株とか、ってオチかな?
どうせ個人が損ぎりして手放してファンドとかに移っているんじゃなかったっけ?
赤字で決算出すなんてどうせその辺の圧力かな?とか今後の会社の経営はどうなるんだ?とか・・・

ま、そんなことはどうでもよく。

久しぶりにオイル交換して来ました。
今回はディ-ラーに行かずにSABに行きました。
月曜だから(しかも豪雨だし)空いているんだとばかり思っていたんですが、それでも20分待ち。
ひさしぶりにSAB内をぶらついてみたら、最近はポータブルナビ(三洋のゴリラが火付け役)が人気あるんですな。フルセグの地上波TVもきれいなもんですね。
今の車にはナビをつけるつもりはありませんが、まぁあれば便利でしょうね。
車を返してもらうとき、ブレーキオイルとパワステオイルの量が少なめですねー、と言われてしまいました。
つい半年前に車検で入れ替えたばかりなんですけどね・・・
ブレーキフルードなんてつい2ヶ月まえにディーラーでブレーキのOHしてもらっているし。

???まさかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

2009年GWバリ旅行その3

一昨日はすごい雨でしたが、昨日今日と、ぴーかん晴れの熊本です。
明日も晴れるみたいですよ。
雨が長続きしませんですね。
週末以降はぐずつくみたいですけどねえ。どうなんでしょか。
今ちょうど熊本では田植えの時期、のようです。
関東と比べるとずいぶん遅い感じですね。
そういえば5月末くらいに麦秋、とかいってましたが、その麦畑は麦が刈られたすぐあとに50cmくらいの「トウモロコシ」の苗が植えられていました。
その「トウモロコシ」は既に大人の身長を超えるほどに成長してます。早いですなぁ。
朝会社に行くときに自宅を出てすぐのところに両側がトウモロコシの小道があるんですが、まさに「緑壁の回廊」状態です。
見通し悪い~っ(そこかっ?

田植えと言えば、バリ。
トランベンにダイビングに行く途中の山道で「ライステラス」を見ました。
ライステラスといっても日本語で言えば「棚田」です。
バリは年がら年中収穫があります。もちろん田植えも年がら年中やっているような感じです。
日本じゃ普通一期作。多くて2期作でしょうか。バリでは2期作が当たり前で場所によっては3期作もあるそうです。

090507_rice_terrace
(2009年5月7日 バリ 田植え中のライステラス(棚田) by PowershotA710IS)

090507_rice_terrace2

(2009年5月7日 バリ 上の写真の場所から数百メートル離れた場所の収穫直前のライステラス(棚田) 向こうに見えるのは海 by PowershotA710IS)

はやくもそのバリ旅行から一月半、経とうとしています。
ついでにいえば前のバリ記から一月経ってんのな・・・
そんな前のことを思い出しながら書いているのも「たいがい」な感じですが、まぁおめでたい性分なんですな、きっと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

5月7日
朝食は昨日同様ホテルのレストランで食べました。
ミゴレンです。
見た目も味もまんま、ヤキソバです。
たいそうな具は乗っていませんが味付けはおいしいです。
この日もダイビングですが、昨日よりも送迎時間が5分早かったので10分で平らげました。

090507_bali_bf
(2009年5月7日 朝食 ミゴレン by PowershotA710IS)

090507_bali_morning_trafic
(2009年5月7日 ホテルからサヌールのショップに向かうところ 朝方に少し雨が降った。 by PowershotA710IS)

この日のポイントはバリ島北部のトランベンというところ。
車で3時間かかる場所にあります。
ガイドはメグミさん。日本人の女性です。
一緒に行ったのはドイツ人で今はオーストラリア・ケアンズ在住のジャスミーナさん。
車の中ではあまり話をしませんでしたが、現地に到着してから少し話をしました。
昨日のドイツ人のにーちゃんといい、ジャスミーナさんといい、話す英語はドイツ人ぽくないなあ・・・
さすがに彼女は長い休みではなかったですが、バリの常連で、こちらではほとんどトランベンで潜っているらしいです。
オーストラリアのダイビングショップでダイビングライセンスを取ったらしいのですが、そのショップはこの日のガイドのメグミさんも以前働いてたらしく、彼女たちはお互いに「いやー珍しい、偶然ねえ」とダイビングショップ話で盛り上がっていました。

山を二つほど超えてようやくトランベンに到着しました。
駐車場から歩いて1~2分で浜につきます。
駐車場にはトイレ、シャワーとちっちゃな売店があります。

バリ島のスタイルと思うんですが、タンクとかメッシュとかは現地の人(ショップの人ではない)が運んでいきます。
彼ら(彼女たち)から直接お金を請求されることはありませんがなんか不思議な感じです。
(もちろんボランティアではない)
ビーチにもお土産(Tシャツとか)を売る現地の人がいます。
ジャスミーナさんがトランベンの海中マップがデザインされたTシャツを買っていました。

090507_tulamben01
(2009年5月7日 現地の人がタンクや荷物を運ぶ トランベン by PowershotA710IS)

090507_tulamben02
(2009年5月7日 トランベン by PowershotA710IS)

トランベンはビーチエントリーです。上の写真で見て分かるように砂利のビーチはそんなに広くはありません。
エントリーしたらすぐにかけ上がりがあって十数mくらいの深さになります。
しばらく潜っていると現われるのが巨大な沈船です。
この船は第二次大戦中に日本軍に沈められたアメリカの貨物船「リバティ号」で、全長30m以上あります。

船は海岸にそって平行に沈んでいますが、海底の傾斜がきついせいで船の岸側の深さは十数mですがその反対は30mくらいの深さがあります。
巨大な船がゆえにそこに住み着く魚の種類も多く、驚くほど魚影が濃いです。
めちゃくちゃ透明度がいい、というわけではないのですがそれでも深いところまで太陽の光が差し込むのでソフトコーラルも美しいです。

クマノミも普通のやつとかハナビラ、カクレ、スパインチークの4種類見ました。
ハゼドンもいろんな種類がいましたねえ。
かなり深いところでピグミーシーホースを見ることが出来ました。
いや~マクロの宝庫です。

090507_tulamben03
(2009年5月7日 トランベン by PowershotA710IS)

090507_tulamben04
(2009年5月7日 トランベン by PowershotA710IS)

090507_tulamben05
(2009年5月7日 ハナビラクマノミ by PowershotA710IS)

090507_tulamben06_2
(2009年5月7日 「ニモ」こと、カクレクマノミ(クラウンアネモネフィッシュかも) by PowershotA710IS)

090507_tulamben07
(2009年5月7日 ニョロニョロこと、ガーデンイール 本当の名前は、なんとかアナゴ(笑 by PowershotA710IS)

090507_tulamben08
(2009年5月7日 スパインチークアネモネフィッシュ by PowershotA710IS)

090507_tulamben131
(2009年5月7日 ピグミーシーホース 
大きさは1cmくらい?下は拡大。写真でも分かりづらい・・・しかも深度32m(泣 by PowershotA710IS)

090507_tulamben13

そして、岸まで数十mという地点の海中(いやむしろ海底?)にギンガメの集団が・・・
グルングルンまわりながら近づいてきてあっさり取り囲まれて、去っていきました。
すごすぎる。
パラオのブルーコーナーやドロップオフとかで見る、宙に浮いた集団しか知らなかったので驚くほど近づいてきてしかも集団の下がすぐ海底というシチュエーションにはびっくりです。
人懐っこいのか何なのか、魚たちがあっさり近づいてくるのもバリの魚に共通するものですね。

090507_tulamben09

090507_tulamben10

090507_tulamben11

(2009年5月7日 上三枚とも、巻き巻きのギンガメアジ軍団 近づいて、通過して、去っていった by PowershotA710IS)

興奮しまくりのトランベンでした。
この付近で1~2泊してじっくり潜ってみたいです。
とはいえ、トランベンはバリでもかなりの田舎ぶりです。
伊豆とか天草の海岸の一集落といった態、なので近くにコンビニとかありそうにないです。
一応ホテルやレストランはありますが、何軒もある感じではないです。
だからこそ海がきれいなんでしょうね。
陸にはバリの霊峰?アグーン山がそびえています。富士山のような美しい形の山です。

レストランでお昼ごはんナシチャンプルを食べて2本目を潜った後に帰途につきました。
車に揺られること3時間。
来る時は2人だったのに、帰りは何故か4人(しかもゴツイ男の外人ばっかり)増えて窮屈な感じだったのはイタダケマセンでした。

090507_tulamben12
(2009年5月7日 昼食の、ナシチャンプル ライスの上にはえびせん by PowershotA710IS)

ショップでログ付けしてホテルに着いたのは19時ころ。
ホテルに着いてすぐはまだちょっと明るかったんですがたちまち暗くなりました。
この日はポピーズレストランで夕食を食べました。
客は欧米人が主で、屋内テーブルと庭に大きさはまちまちな屋根付きテーブルがあります。
欧米人向けと思われる、ちょっとおしゃれな感じのお店です。
ビンタンビールはバリ島のビールです。おそらく島内で醸造していると思います。
前日に、Tシャツ探しをしてた時は散々進められたのがこのビールのデザインTシャツでした。
バリ、といえばビンタンビール、
ビンタンビールといえば、バリ、
という関係ですね。
料理は昼間と同じくナシチャンプルを食べました。
お同じナシチャンプルでもお店によって具材が違い味も違いますが、ポピーズのナシチャンプルもとてもおいしかったです。
これで48000Rp.(460円)ですぜ。

バリ島の最も雑然とした場所から数十mほどしか離れていないとは思えないほど静かな雰囲気です。
ここちよい、バリ島最後の夜でした。

090507_bali_twilight_2
(2009年5月7日 バリの夕暮れ by PowershotA710IS)

090507_kuta_jalanlegian_night
(2009年5月7日 ホテル前のジャラン・レギャン(レギャン通り) by PowershotA710IS)

090507_poppies_table
(2009年5月7日 ポピーズレストラン by PowershotA710IS)

090507_poppies_menu
(2009年5月7日 ポピーズレストランのメニュー by PowershotA710IS)

090507_poppies_bintang_beer
(2009年5月7日 バリでは超メジャーな「ビンタン」ビール by PowershotA710IS)

090507_poppies_nasi_campur
(2009年5月7日 夕食の、ナシチャンプル by PowershotA710IS)

帰りにぶらっと散歩して、ホテルに戻りました。

090507_bali_gecko
(2009年5月7日 ホテルの廊下の天井にいたヤモリ(家守) by PowershotA710IS)

(文中 0.0096円/ルピア、逆に言えば104.3ルピア/円で換算)

続きを読む "2009年GWバリ旅行その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

トゥラマケシー

朝から雨、の熊本です。年間で最も、うっとしい時期です。

帰宅するときも時折、
豪雨
でした。

仕事の話ですが、月曜日というのはなかなかエンジンがかかりません。
むしろ一週間で一番血の巡りが悪い日かもしれませんねえ・・・っておいらだけかな。
しかし現実は甘くなく、先週金曜日くらいからお客さんのトラブルに関わり始めていて、今日ものっ
けからフルスロットル(全開)のご要求ですよ。参るなぁ・・・
雨ニモ負ケズにがんばっていきましょう。

バリ記のシャツ購入の出来事を書いたときにさりげなく書きましたが、トゥラマケシーとはインドネ
シア語で「ありがとう」の意味です。
旅行前にいろいろ調べた中で、
「現地の言葉で「ありがとう」という感謝の言葉を言えることが、いい旅ができる秘訣」
という話がありました。
いやもう、まったく同感です。

そんなわけで、今回ほうぼうで「トゥラマケシー」を連呼してました(笑

「ありがとう」、と言って、「どういたしまして」、と笑顔で返されるとうれしいものです。
ちなみにインドネシア語で「どういたしまして」は

「サマサマー」

どんないかつい顔をしたおっちゃんでも優しい感じでこう返してきます。

「ありがとう」って、素敵な言葉ですね。

090508_bali_lotus
(2009年5月8日 マタハリバンガローの庭にあった蓮華 by PowershotA710IS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

今晩は熱帯夜らしい

昨日は日本で一番暑かった熊本です。

猛暑日だったって・・・

今日は曇。
ときどき

 ざっ

・・・と降ってました。
田植え中のおじさん大変そうでした。
部屋の中は深夜になっても蒸し暑いです。
外も。
今晩は熱帯夜らしい。
あづい。

冷たいスイカが旨い。

来週は一週間通しで天気が良くないみたいです。
まぁ、ようやく梅雨らしいといえば梅雨らしいかな。

一方で関東のほうはずーっと天気が悪くて降雨量がかなり多いみたいです。

そして、台風「リンファ」(#3)が日本に近づいてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/17

天空戦記シュラト

今日も梅雨らしさをつゆともかんじさせない、すこぶるいいお天気だった熊本です。
つか、アチーよ。

いよいよ来月、7月14日から国博こと九州国立博物館で「国宝阿修羅展」
ポスターには「アシュラと逢う」なんてコピーがあって、ドキドキします。

阿修羅、とは仏を護る「八部衆」と呼ばれる八つの神のひとつです。
修羅、は争いを意味する言葉で、阿修羅は争いの神様とも言われています。
今回、阿修羅像以外に八部衆のうち乾闥婆(ケンダツバ)や迦楼羅(カルラ)なども展示されるそう
です。

昔、「天空戦記シュラト」というアニメがテレ東でやっていたのを思い出しました。
主人公があきらかに阿修羅をモチーフにしていて(名前だけ)、そのライバルは八部衆の「夜叉」。
シュラトの仲間はすべて八部衆でした。
天王、龍王、迦楼羅王など・・・

ナウマクサンマンダー ボダナン、アビラウンケンソワカッ! 修羅魔破拳ッ

なんて。いやーなつかしー。
あきらかに車田正美チックな感じではありましたが・・・(つか、聖闘士星矢?・・・)

九州国立博物館 特別展
国宝 
阿修羅 へのリンク
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s16.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/15

エルニーニョ予報

テレビでも徐々に紹介される機会が増えてきましたがあと一ヶ月ちょっとで日食です。
日食の日は梅雨明けの間際なので気が気ではありません。

・・・西日本では少雨傾向です。
熊本でも梅雨入りして一週間ですが、降雨量は例年の3割程度だそうです。
今日の熊本もいい天気だった模様。
夕方帰ろうと車のドアを開けるとただならぬ熱気が・・・

このまま空梅雨なのか?
それとも梅雨末期にくる大雨の予兆なのか?

気象庁によると今夏エルニーニョ発生の可能性が高いそうです。
エルニーニョでは梅雨明けが遅くなる傾向があるそうです。

え?

22日だけは晴れて欲しいですねえ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

阿久根市長選挙

日中は青空が広がっていましたが夕方になってどんより曇ってきた熊本です。
そろそろ梅雨入りになってもよさそうですが、なかなか雨が続かないため梅雨入り宣言がためらわれているようです。
梅雨入りしたかどうか、(桜が開花したかどうかも含めて)気象庁が判断するってのはどうもへんなきがするんですけどね。
良くも悪くも気象庁依存度が高くなっている、ということでしょうか。

先週に引き続き、今週末も送別会です。
自分を含め、独身者への影響は比較的大きくありませんが、家族持ちにはなかなかきついでしょうねえ。
ここ半年ほど給料が2/3~半分になってます。
その影響で同僚の毎月の小遣いが2万円とか聞くとどうやってやりくりしているんだろう?と思ってしまいます。

先週末、鹿児島阿久根の市長選挙がありました。
公務員の給与をネットで公開したり、市議会議員を点数付けしたりと世間を騒がせていた市長さんが、議会から激しい反発を受けたことから市長選挙になったわけですが、その結果再びこの市長さんが当選しました。
議会はそのままですし、選挙では次点との差がかなり僅差だったのでギクシャクした関係が続くような気がします。
議会が正常に運営されるのかすら怪しいところです。
自分はこの市長さんを支持しますが、いくら理想が良くてもやり方を間違えると得るものが何もないことになる、のはもったいないと思っています。
国や地方に限らず公務員の給与(固定費)削減は大いに賛成ですが阿久根だけの問題ではありません。
危機意識を共有する努力、というのが必要じゃないでしょうかね。
人事院が公務員のボーナス0.2ヶ月分減額を勧告、なんてニュースは空々しいですが「たったそんだけ?」というところを誰も何も言わないところがこの国の危機意識のなさを表しているような気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/04

2009年6月、いろんなこと

久し振りの雨、の熊本です。
少しくらいは降らないとね。

いつのまにか豚インフルエンザは過去のものになりつつあるんでしょうか
ニュースではほとんど話題に上らなくなりました
世界的にはまだWHOのフェーズが下がった、という話は聞いてません。
まだまだ警戒すべきなんでしょうが、こうなると一時的にしか「騒がない」日本のマスコミのほうが熱病的なのかもしれません。
豚インフル、とかけて/日本の報道、と解く/その心は一過性の風邪・・・インフルエンザ
 
 
先週末、年金定期便が届きました。
今後は年に一回届けられるそうです。
こういう案内を今までやってこなかったのは驚くべきことですが、ようやく始まった改革が動き始めたことだけでも評価すべきかもしれません。
(厚生労働省の)役人は、まだまだ問題点はありますが、だからこそやりがいを感じて仕事して欲しいです。
 
 
近海の海水温も20℃を越えてきているようです。
そろそろダイビングに行きたいなぁ、と思っています。
6月中に一回くらい行けるかな?
 
 
先週末、今週末、と送別会が続きます。
朝の駐車場を見ると、驚くほど数が少なくなって来ています。
おっそろしいなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/03

景気と人口

株価が上昇中です。
このままだと今月中、もしくは今週中?には日経平均株価は10000円回復しそうな勢いです。
これって今年末から景気がよくなる、って兆しでしょうか?
為替が94円をつけたあたりでネガティブに変えた先行きの見通しに、やや疑問を感じ始めて成り行きを見守っています。
どうなるんかいなー

景気の先行きに関して。
人口(の増減)、が「景気」(ひいては経済力)に大きな意味を持つことは一般的な常識なのかもしれませんが、最近自分はこのことを強く意識しています。

日本の人口は戦後からバブル期まで増え続けていました。
土地バブルがはじけた1990年以降、ネットバブルがはじける2000年くらいまでも少しづつ増えていました。
この間のGDP成長率とか所得の増加率は人口増加率に比例しているように見えます。

世界不況を経験した2010年以降はおそらくすこしづつ減少するでしょう。
おまけに世界的に見ても驚異的な高齢化が進みます。
そうなると日本の景気はこれから先、大きな成長は見込めない気がします。
むしろ好景気期間より、景気後退期間のほうが長くなるんじゃないでしょうか。

勝手な自分の思い込みで日本と同じく先進国の多いヨーロッパ各国の人口はそんなに増えていないんじゃないか、と思っていました。
これが意外なことに、増加している国が結構多いのです。
イギリスですら人口増加率は日本の3倍、フランスは4倍。(微々たるもんですが)
日本の国内消費や景気の停滞感は人口の変動が大きな理由じゃないかと考えるようになりました。

身近なところで、国内の人口動態を見ると都市部のほうが景気がいいのは人口増加傾向があるからです。
地方の景気が悪いのは「地方」だからではなく、「人口が減っている」から。

大昔、今よりもはるかに人口が少なかった頃の中国大陸でも「人の数」が国力(経済力)を左右していました。
敵対する国の都市を襲って自国へ大量移住させる、ということが戦略としてあったくらいです。
紀元前からすでにそういった意識があったのですから、自分がわざわざここで触れるのはいまさらな感じですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/02

GM、チャプター11申請

GMがチャプター11申請しました。
昨年からすでに遅かれ早かれいつかは・・・といわれていましたがようやく今になっての申請です。
アメリカのことなのですが、これまで随分税金投入されてきました。
そして、今後もかなり多額の税金を投入する予定になっています。
いくら税金を入れても、GMが以前の輝きを取り戻すことはできないでしょう。
日本で言えば、昔のダイエーと今のダイエーのような感じになると思います。

GMといえば、映画「バックトゥザフューチャー」のタイムマシンになった車「デロリアン」もGMですね。
(訂正:デロリアンはGMではなく、デロリアンモーターカンパニー(DMC)でした。GMCじゃありません)
「シボレー」とか「キャデラック」とかいくつかのブランドもあります。
まったくの個人的見解ですが。昔の車は良かったかもしれませんが、最近のGMの車でかっこいいなぁ、乗りたいなぁ、と思うような車はありませんねえ。
ハマーとか多少話題に上がった車はあるけど、「?」な感じはします。

飛躍しすぎかもしれませんが、昔の日本の軍隊じゃないか、と思いました。
第二次大戦では戦いの主力は飛行機になっていきました。
これは陸上でのドイツの電撃戦における急降下爆撃機の活躍や、海上では日本のハワイ真珠湾攻撃における機動部隊の活躍が物語っています。
日本自ら太平洋戦争の火蓋を切った真珠湾で航空部隊の威力を見せ付けたのに、その後の戦略では航空部隊を重視しませんでした。
戦いのさなかに変わりつつある戦術の変化に追いつけていかなかった(気づけなかった)日本のその後は誰もが知るところです。
(もちろん、日本が負けた理由はそれ以外の要因も大きいのですが・・・)

販売面ではニーズと合わない大型化、大量消費型の車をメインで製造販売し、社員には社会とはアンバランスに手厚い待遇を与え続けた結果が今のGMじゃないでしょうかね。
会社が大規模でなく、ニッチな要求に見合った規模で対応していればここまで大きな問題にならなかったでしょう。
現状(自己)分析や現状(自己)認識ということがいかに大事か、ということでしょうか。

結局冒頭につながりますが、
今のまま、ただリストラして規模だけ小さくなっても意味がないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/01

はやくも2009年折り返し?

今日から6月です。
衣替えの人もいるんじゃないでしょうかね。
うちの会社も、正式には今日からですが自分は先週くらいから夏服にしています。
制服、といっても上着(ジャンパー)だけです。

うちの会社の上着は、冬用はそこそこデザイン的にも悪くないんですが夏用はかなり評判の悪いデザインです。
ローソンの制服に似ているのか、以前会社帰りによったローソンで、清掃作業員に店員と間違われたことがあります(笑
暑いさなか、さすがに厚手の冬用を着るのは我慢できずやむを得ず夏用を着ていますが、早くデザイン変えて欲しいと思いますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »