« 2009モナコF-1とサルディニア・ラリー | トップページ | はやくも2009年折り返し? »

2009/05/26

持ち株会 2009/05

自分が勤めている会社には「持ち株会」という自社株を定期的に購入できるシステムがあります。
いわゆる社員持ち株制度です。
会社に入ってすぐに加入して15年目になります。
平均購入単価は5600円になっていますが、現在会社の株価はそれ以下です。
一時、時価評価額は購入総額の半分くらいになってました。
つまり、含み損状態。

・・・ ま、いいんです。

ちなみに他の人は知りませんが、自分の場合基本的に「購入時は含み損状態であるほうが望ましい」と考えています。
当たり前ですが、株と言うのは安く買って高く売る、が基本です。
でも、よく考えてみると持ち株会というシステムは期待値としては、「購入時、常に含み益状態」であるはずです。
なぜなら「会社は成長する」と言う前提に立って自社の株を買うわけです。
それは毎月の株購入時、前回購入時の株価を上回っていて当たり前、なわけです。
ですが実際はそんなわけありません。(会社が正常であっても)
もちろん、自分が理想とする「購入時は含み損状態であるほうが望ましい」が常に起こっていれば、会社の株は常に下降曲線。
いつかは倒産か?というような状態です。
ま、これも実際には起こりません。(会社が正常であれば)

「ドルコスト平均法」というような話を持ち出して説明されてもピンと来ませんが、つまるところある期間で見た場合に「売却時は含み益状態」であればよいわけです。

株は多くの人が損をする、と言う人もいますが、自分はそう思っていません。
たいていの場合時間軸がずれているせいで話がかみ合わないのであまり取り合わないようにしています。

株は楽天家の人向け、債券は悲観論者向け、と言われます。
そういう性格上の違いも、上記の話のかみ合わない理由のひとつだったりするのでこれまた深く立ち入らないほうがいいでしょうね。

いろんな意味で自分は株向きだろうなぁと思っています。

・・・それで凄く儲かっていれば説得力もあるでしょうが、冒頭書いたとおり儲かってないので全く説得力ありませんな。
まーあれだ、負け惜しみって奴か。チャンチャン。
(苦笑)

|

« 2009モナコF-1とサルディニア・ラリー | トップページ | はやくも2009年折り返し? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持ち株会 2009/05:

« 2009モナコF-1とサルディニア・ラリー | トップページ | はやくも2009年折り返し? »