« 警察の横暴ではないの? | トップページ | ながーいGW »

2009/04/27

いまいちなんだよなあ。。。。

週末はWRC(世界ラリー選手権)の第5戦、アルゼンチン・ラリーが行われてました。
世界を駆ける走るラリーのなかでもアルゼンチン・ステージはかなり見ごたえのある、ダイナミックな走りで有名なところです。

Day1こそソルドが一位だったものの、Day2以降はローブの走りが際立っていたようです。
結果ローブが優勝し開幕5連勝です。まったく強い。
2位にはソルドが入りシトロエンが1-2フィニッシュ。
プライベートチームでの参加のペターはDay2まで4位でしたがDay3でリタイア。
3位にペターの兄、フォードのヘニングが入りました。

WRCはローブの独壇場です。
ペターがスバルでも、マーカスが引退せずにフォーカスに乗っていてもひょっとするとローブが強かったかもしれません。
それでも、これだけ参加チームが限られていて、ドライバーが小粒なままだと何か限定的なものを感じざるを得ません。
ドライバーはいずれ成長して、たとえばラトバラなんかすごいドライバーになるかもしれませんが、まだまだ時間がかかるでしょう。
素晴らしいドライバーと言うのは、素晴らしいライバルがいるものです。
そういったライバルとの熾烈な争いが「伝説」を生むんだと思うですが、今のローブには伝説を生む土壌がありません。
彼にとっても、今のWRCにとってもつらい時期なんだと思います。

 

一方、昨晩遅くTVでF-1グランプリのバーレーンGPをやってました。
マレーシア、上海、と雨続きでしたがさすがにバーレーンでは砂は舞っても雨は降りませんでした。

予選はなんとトヨタが1位2位。
つまりスターティンググリッドはフロントロー。
番組でもスタート前はひどく興奮してました。
ただ・・・
結果的に優勝は好調ブラウンGPのバトン、2位はルノーのベッテル。
ようやく3位にトヨタ・トゥルーリが入りました。
もう一人のグロックは7位。
明暗を分けたのはピット戦術、それもタイヤ交換でした。

レース後、トヨタの人へのインタビューには何年レースやってんだろうかな、というような感想がありました。
こんなんじゃ、何年たってもトヨタは勝てないぞ。

それにしても今年のバトンは強い。

|

« 警察の横暴ではないの? | トップページ | ながーいGW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまいちなんだよなあ。。。。:

« 警察の横暴ではないの? | トップページ | ながーいGW »