« 損きり終了 | トップページ | 黄色い悪魔の季節が来ました »

2009/02/10

長崎ランフェス 2009

090208_lanfes01

(2009年2月8日 湊公園会場にて by PowershotA710IS)

090208_lanfes02

(2009年2月8日 ほっかほかマーラーカオ くり(蒸しパン)¥200 by PowershotA710IS)

090208_lanfes03

(2009年2月8日 日中の長崎ランタンフェスティバル by PowershotA710IS)

日曜日にランフェス行きました。
唐寺めぐりのつもりでしたが、興福寺で 媽祖行列のイベントに行き当たったため、そちらがメインになりました。
長崎唐寺、というと寺名に共通して「福」の文字が使われているので、総じて「四福寺」とも呼ばれます。
崇福寺、興福寺、聖福寺、福済寺

結局、巡ったのは二つだけです。

090208_lanfes04

(2009年2月8日 崇福寺山門 by PowershotA710IS)

090208_lanfes05

(2009年2月8日 崇福寺の門にある獣冠 by PowershotA710IS)

090208_lanfes06

(2009年2月8日 興福寺門前のランタンオブジェ by PowershotA710IS)

090208_lanfes07

(2009年2月8日 興福寺本堂 by PowershotA710IS)

媽祖(まそ)行列
媽祖、というのは航海の安全を守る女の神様です。
その昔、中国~日本間の貿易で航海する中国人の船乗りたちは、媽祖様を船に乗せて航海の無事を祈ったそうです。
日本で言うところの船霊(ふなだま)のようなものでしょう
日本に滞在中は媽祖様をお寺に預け、帰国の際に再び船に乗せていたそうです。
ランフェスで行われる「媽祖行列」はこの来日時の「お寺に預ける」、離日時の「お寺から船に戻す」の儀式を再現したものです。
なのでランフェス会期中、2度、行列を見ることが出来ます。(日曜日の午後)

興福寺では媽祖様の出発イベントがありました。
たまたまお昼過ぎくらいに到着したら、イベントがある、ということで1時間ほど芝生の上で座って待ってました。
イベントが始まる頃にはかなりの人が集まってました。

リハーサルから見ることが出来て、実行委員の人の説明があったり福袋をもらったり結構楽しめました。
振舞われた福袋の中身はお菓子です。なぜかダシが入っているんですが何か意味があるのかな。

090208_lanfes08

090208_lanfes16

(2009年2月8日 興福寺で振舞われた福袋(上)と中身(下) by PowershotA710IS)

荷主さんあいさつ
荷主夫妻です。
男性の方は日本人ですが中国語で挨拶して、通詞役のひとが通訳する、という本格的な演出がありました。
女性の方はロマン長崎?のかたです。きれいというよりはかわいい系のかたです。

090208_lanfes09

(2009年2月8日 媽祖行列の荷主夫妻役 by PowershotA710IS)

直庫(てっこ)
媽祖様には手下(?)がいてその一人がこの関羽みたいな黒ひげの直庫(てっこ)です。
行列の先頭で魔を払います。
お寺でも悪魔払いの演技を見ることができました。

090208_lanfes10

090208_lanfes11

(2009年2月8日 媽祖行列の直庫(テッコ)役 by PowershotA710IS)

千里眼(せんりがん)と順風耳(じゅんぷうじ)
媽祖の手下(?)です。
航海の無事を守るために危険(悪天候とか海賊とか?)をいち早く察知する必要があります。
それを担うのが彼らの役目です。
千里眼は三つ目で、順風耳は大きな耳で、危険がないかどうか常に警戒しています。
彼らも演技を披露してくれました。

090208_lanfes12

(2009年2月8日 千里眼(センリガン)役(左)と順風耳(ジュンプウジ)役(右) by PowershotA710IS)

行列は興福寺を出発して湊公園(昔、江戸時代までは湊公園付近が波止場だった)で船に乗せて、中国に見立てた唐人屋敷の福建会館までを練り歩くそうです。
(はじめはこの逆のルートで興福寺に媽祖様を預けに来ます)
街中を行く行列は見たことありませんが、興福寺での出発式イベントのほうが見応えが有るような気がします。
福袋もらえるのは興福寺の中で見ている人だけ、って言ってました。

090208_lanfes13

090208_lanfes14

090208_lanfes15

(2009年2月8日 媽祖行列の出発 by PowershotA710IS)

子供たちもお守りとか媽祖行列特製手ぬぐいをもらってました。(いいなー)

わりと暖かで風も無かったので、セーター1枚でも十分なほどでした。
ゆったりまったり見ることが出来てよかったです。

|

« 損きり終了 | トップページ | 黄色い悪魔の季節が来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎ランフェス 2009:

« 損きり終了 | トップページ | 黄色い悪魔の季節が来ました »