« 春近し。 | トップページ | 二つの上場廃止 »

2009/02/04

車の任意保険更新の時期

雨は昨日1日だけ、だったみたいです。
今日は晴れた熊本です。

週間天気予報を見ると週末のお天気もよさそうです。
ランフェス行こうかな♪

振り返ってみたら
2007年の今頃は、6年ぶりにパソコンを買い換えてました。3月には二人目の姪が生まれてましたね。
2008年の今頃は、1月末にパラオ&ペルー旅行から戻ってきて、2月は佐賀とか長崎とか遊び歩いてました。

今年は・・・特に出来事はありませんね。
平穏無事、ということ?

いえいえ(w

毎年書いていますが、車の保険更新の時期が来ました。
インプレッサ君はちょっとしたパーツ交換(ブレーキパッドとか)そこそこ費用がかかりますが、保険も普通の車の3倍4倍かかります。
ちなみに2008年度の保険料は対人対物無制限+車両保険でおよそ「6万6千(/年間)」でした。
普通の車だったら、自分の年齢だと1~2万(/年間)じゃないかと思われます。
来年度からは同じ内容でおよそ6万2千円(/年間)と、4千円ほど安くなっています。
インプレッサ君の車両保険が今年度180万→来年度160万とさがることと、料率クラスで2部門で1ランクづつ下がっていたためです。
(車両、対人、対物、障害)=(9、7、6、7)⇒(9、6、6、6)
ですが、案内に掲載されている今年度の保険費用は「7万2千円」になってました。

あれ?6万6千円じゃないの?

会社の団体契約に入っているので早速担当者に連絡しました。
自分が何か忘れてたかな??
ひょっとしたら免許の色(ゴールド⇒ブルー)が変わったから7万2千円になったかな?
むむっ、思いだせん・・・

まぁ、明日には事情がはっきりするでしょう。


保険会社の経営状態や今後の見通しがあまりよくないことはニュースでも取りざたされていますが、今回の更新でサービスや料金設定の改定の案内がありました。
保険の際に一番気になるのがその料金の妥当性なんですが、基本的にそういった案内は今までもありません。
今回もそういったものはありませんでした。
サービス内容の簡素化、とか各種割引の廃止や割引率の拡大などが書かれています。
安全性能や環境性能に即した割引などはなくなっている一方で新車割引率拡大がうたわれていました。

結局のところトータルするとどうなるのか、という点が気になるんですがパンフレット案内だけでは全くわかりません。
先ほど書いた保険料が正しければ、たいがい1年ごとに1万円近く安くなるんじゃないかと思うのであまり影響はないかも。
従来どおり、保険更新の説明書とかパンフレットに具体的な数字が全く載っていないのが、料金設定をうやむやにしているんです。
これも多くの人が保険会社に対する不信感を深める元になっているんじゃないですかね。

保険、というのは「相互扶助」という精神があってこそ成り立つものです。
保険会社はその仲立ちをしているに過ぎません。
保険料の透明性とかサービスの徹底とか当たり前じゃないかと思うんですが、その部分がおざなりになっていると今の保険システムはそのうち成り立たなくなっていくような気がします。
これは年金のシステムも一緒です。

日本という国は立て直す部分がいっぱいあって、政治家とかにとってはなんてやりやすい国なんだろうねえ。


|

« 春近し。 | トップページ | 二つの上場廃止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車の任意保険更新の時期:

« 春近し。 | トップページ | 二つの上場廃止 »