« 北方水滸伝1 | トップページ | 年度末にかけての流動性確保 »

2008/12/03

吉野ヶ里公園訪問

 
初めて吉野ヶ里に行く人のために。

 
車で行く人は高速を使う場合、長崎自動車道神崎ICで降りたら国道に出るとき右折。
国道をまっすぐ行くと右手に駐車場入り口があります。
公園入り口はここと、もう一箇所(西口)ありますが、初めての場合はこちらの東口がいいでしょう。

駐車料金300円です。
公園に入るのに400円必要です。

駐車場でおりて白い建物に向っていきます。これが公園施設になります。

お土産を売るショップとレストランがあります。
お昼時は結構混んでました。
佐賀牛のステーキとかおいしそうでしたが、自分はパスしましたのでレストランの内部はよくわかりません。
入り口の右側にガイダンスコーナーという簡単な説明を展示した部屋があります。

そういえば、資料館的なものはここと、公園内に入って南の郭の入り口付近にある資料館、そして一番奥の北の墳丘墓内部くらいしかありません。

吉野ヶ里の学術的な意味合いが薄いんでしょうか?
テーマパークとまではいかなくても、もうすこしなにか啓蒙活動的な何かを考えても良いような気がします。
弥生時代の体験ができる、という面では勾玉作りとか、あるみたいです。
ホームページにスケジュールとか載ってます。


少し前、といっても昨年(2007年5月)ですが長野県の「尖石遺跡」を見に行きました。
尖石そのものも、ナゾ的なかんじなのですが、それに付随して発掘されたものにもかなりインパクトがありました。
遺跡周辺を公園化している点では吉野ヶ里も尖石も同じですが、資料館も充実している尖石のほうが
「見甲斐」
があります。
・・・世間一般の常識からすれば、尖石って何?って思う人のほうが圧倒的に多いんでしょうけど。

081203_togariishi_070527

(2007年5月27日 長野県茅野市 尖石遺跡 by 携帯カメラ )

|

« 北方水滸伝1 | トップページ | 年度末にかけての流動性確保 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野ヶ里公園訪問:

« 北方水滸伝1 | トップページ | 年度末にかけての流動性確保 »