« Palauの神話 | トップページ | Palauの神話2 »

2008/10/08

風の行方(2008年10月8日) 

副題は「チャンスに弱いな」です。

 
今日の株式相場、日経平均は、前日比で952円58銭安い9203円32銭でした。
下落率では過去3番目の大きさだそうな。

世界中がすごい下げで、これから世界はどうなっていくんでしょうか。
と書いている最中に欧米が協調して利下げを発表して、今の時間では欧州各国の相場が開いてますが、どこも「びよ~ん」と上昇し始めています。(10月8日8:30PM)

「日本は利下げしないのか」
なんて絶対マスコミが騒ぐと思うけど、今更下げる余地なんてほとんどないし要らないよなあ。
それに利下げ自体は応急処置であって、問題の本質を解決する手段じゃないですし。
今、目先の株価を上げてても来週には元に戻ってる、もしくは今より下がっててもおかしくない。

あぁ、表題の意味はですね、自分に当てたものです。
この株価下落時に株を買ってこそ、普段株式を勉強してる成果を見せ付けられるはずだと思うのです。
しかし、ここ1~2年で予定していた株式購入の予定額を春~夏の下落時に打ちつくしたので今玉切れ中。
来年用に取っておいた玉を使うか、どうか。
でもまあ、急ぐ必要はないかもしれませんねえ。

解決の糸口としては、
日本がかつてやったように、各国の金融機関(銀行、証券会社など)に公的資金を入れて政府管轄の下に資産査定、不良債権比率の公開をすることに手をつけることだと思っています。

当然、世界の金融機関は抵抗するでしょう。

まぁ、しかし。今日みたいな株価下落は、
「今更四の五の言ってねえで年貢の納め時をわきまえな!」
つーことじゃねえかとおもうんだよなあ。
不良債権の回収にいたっては、今、野村證券が引き取ってるリーマンの社員とか当事者たちに、しばらく無給でやってもらうとかね。

金融再生プログラムについて↓
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizai/tousin/021030program.html

|

« Palauの神話 | トップページ | Palauの神話2 »

コメント

こんばんは。
途中は携帯でちょこちょこ見てたけど帰ってPCで確認すると本当に凄い下げで思わず書き込みしちゃいました。

チャンスに弱いってことないないじゃない。結果オーライなわけでさ。おまけに来年用の玉があるわけでしょ。

これは未曾有のチャンスとも言えるわけだよね。
あの7000円のレベル近くまで戻ってきたわけだし、せっかく玉があるんだもん。何とか有意義に使いたいものです。

投稿: Poket | 2008/10/10 17:57

こんばんは

すごいですね。いやはや、たまるかー。
これでも、まだ、ですかね。
・・・なんか、まだっぽいんよね。

今日はお休みでした。
相場は見ないで、銀行行ったり近所の散歩とか温泉とか行ってました。
さすがにうちの会社も先々の景気のヤバさ加減が見えてきたみたいで、定時退社日も週1から週2になってます。
休みも多くなってきたなぁ。。。

投稿: ポン吉 | 2008/10/10 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の行方(2008年10月8日) :

« Palauの神話 | トップページ | Palauの神話2 »