« 日田天領水 | トップページ | 2008夏 釜山旅行 初日  »

2008/08/20

雑談

このところ雨の多い熊本です。

お盆休みに出かけた釜山の余韻がまだ少し残っています。
雨が多くて洗濯物の余韻も残っている感じです(w
旅行の詳細はいずれ書きますが、国内旅行するよりかなり安あがりな旅行でした。

スケジュールは2泊4日(3泊目は船内泊)、船の運賃とホテル代のみのツアーの料金は2万数千円でした。
プラス、ツアー代金以外の費用(韓国国内の移動費とか食費とか)は3日間で2万かかりませんでした。
4日間の旅行でかかった総費用が4万円くらいで、それが海外旅行と思えば、かなり格安の海外旅行のように聞こえます。
しかもお盆の時期を考えればびっくりするくらい安かったと、自分は思いました。

 

安いと言えば、、、
お盆を過ぎて、近所のガソリンスタンドのガソリン価格は少し安くなってました。
現在ハイオクが189円くらい。
お盆前は196円でした。

高校野球が終わってしまうと、なんか夏も終わりかけている気がしてさびしいです。
今年はオリンピックやっているのでまだお祭り気分なかんじですが、オリンピックが終わるといっそうさびしい感じがするでしょう。

ふーむ。まだまだ夏は終わってないぞ~~~

 

オリンピックといえば、、、
オリンピックはあんまり見てませんが、北島の2冠はある程度予想していても凄さを感じました。
狙って取った金メダル、という状況が凄いと思うのです。
日本人はプレッシャーに弱い、と言われがちです。彼にも相当のプレッシャーはあったはずです。
こういうときに、かならずテレビ等で取り上げられるのが、北島らトップアスリートのプレッシャー対策。
でも人には人それぞれの対応の仕方があると思うので、北島のやり方をまねても意味がないと思います。
日本人はマニュアル依存が高いから(プレッシャーに負けて)なかなか結果を残せないんじゃないかと思うんですけどね。
とはいえ、別に結果を残さなくてもオリンピックに出場できるだけでも凄いことだと思うんです。
テレビとかはもう少しその辺を強調して欲しいな、と思うときがあります。

釜山港の待合室でテレビの前に大変な人だかりができてました。
見ると、韓国の選手がアーチェリーをやってました。
自分はあまりアーチェリーの競技を知りませんが、何回か矢を放っていかに多く的の中心に当てることができるか、を競っていることぐらいはわかります。

相手の選手はいざって時に的をはずしているようで、韓国の選手のほうがかなり優勢でした。
その試合がメダルに直接からんだものだったかどうか良くわかりませんが、見ている韓国の人の熱の入り方は尋常ではありませんでした。

一矢ごとに歓声がおこったり、ため息がでたり。
あからさまに感情を表に表す韓国人の表情や態度は、見ていて大変興味深く面白かったですが、振り返って日本人はここまで熱くなれるだろうか、と思いました。

場の雰囲気、というのもあるかもしれませんけどね。
先ほどの話でいえば日本の選手は韓国の選手ほどプレッシャーを感じなくてもいいんじゃない?と思うくらいの熱気の違いはありました。

日本人はあまり感情を表に出さない、という国民性の違いもあるかもしれません。

 

話は変わりますが、近所に「あげたてや」というお店があります。
といってもプレハブ小屋みたいなごくごくシンプルな店構えです。
このお店を最近知ったのですが、芋天(さつまいものてんぷら)がひっじょーにうまい。
芋天だけじゃなくて、かぼちゃ天やらアジ天、とりのから上げなんかも売っています。
もちろん揚げたてです。
やばいくらい、すごくうまいです。そして安いです。芋天は一個80円です。
ん?安くないかな?そんなもんかな?

080820_imoten

昨日、いつもの玉名の直売所に寄ってスイカ(¥500)を買いました。
小玉のつもりで買ったんですが丸ごと冷蔵庫に入れるにはほんの少し大きくて仕方なく半分に切って入れました。
そのスイカ、昨晩のうちに半分食べたんですが、思ったほど甘くなくておいしくなかった。
よく、お盆の時期を過ぎたスイカはおいしくないと言うのを聞きますが、このことかっ!と改めて感じた次第。
時期、というのは大切です。
あれだけいっぱい並んでいたトマトやとうもろこしは最近ぱったり姿を見せなくなりました。
最近はナスが増えてきたかな。焼きナスくらいなら自分にもできるかな?
・・・って焼くだけか。

|

« 日田天領水 | トップページ | 2008夏 釜山旅行 初日  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑談:

« 日田天領水 | トップページ | 2008夏 釜山旅行 初日  »