« たらふく | トップページ | 雑談 »

2008/08/19

日田天領水

今年も高校野球がやってきましたねえ。
大分県代表は日田林工。 残念ながら負けてしまいました。。。。orz
名門ですな。
林工、とは日田は昔から木材(主に杉)が有名で、その木材に拠った工業を教える学校という意味の「日田林工高校」という名前なのですな。
大分では有名なので普通ですが、他県の人には「にったばやし工業高校」の略だと思っている人がいました。

ありえんが。

今回も道中いたるところに木材集積所を見かけました。

大分でも、日田というとちょっと特別な位置をしめる印象があります。
江戸時代はその木材資源によって、幕府直轄の天領とされてきました。
日田は夏は激しく暑く、冬は積雪もあるくらい寒い場所という大分県でも他にはあまり見られない場所です。
基本的に大分県自体、各地域を通して「大分」としてのまとまり感は薄いのですけどね。
このギャップを逆に生かした人が昔の県知事だった平松さん。
今では世界的に有名な彼の発案した「一村一品運動」、というのはこういったまとまり感の薄い大分ならではの政策だったんですね。

なんだか話がそれてしまいました。
日田は水郷としても有名です。
市内を流れる三隈川はやがて九州最大の河川である筑後川に流れ込みます。
関東の利根川、四国の吉野川と並んで三大暴れ川としても有名らしいのですが、昔は日田で伐採された木材を運ぶ水運が盛んだったようです。

水、が縁なのでしょうか?日田にはこんな水が売られています。

日田天領水。

080818_hita

日田だけでなくほかの地域でも時たま見かけますね。
熊本の自分ちの近くにも広告ののぼりがありました。

・・・今回は通り過ぎただけなのにこんなに書いていいのだろうか?
いずれ鮎でも食べに来たいと思います、ハイ。

|

« たらふく | トップページ | 雑談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日田天領水:

« たらふく | トップページ | 雑談 »