« 宇宙の中心で叫ぶのさっ | トップページ | 焼きカレーとバナナマン »

2008/08/15

古希

8月の最初の土日は東京とか群馬とかにいました。
友人の結婚式とか父親の古希の祝いがあったり、イベントたっぷりでした。

日曜日、いろんなことがあった東京を離れて群馬の実家へ。
ちょっと早かったですが8月7日は父親の誕生日。
数えで70となる今年はいわゆる「古希」なのでした。

実はこのこと、妹に言われるまですっかり忘れてました。
つか、古希は「満年齢」ではなく「数え」の年齢で70歳のことなんですね。
「満年齢」は生まれた年が零歳として数える。今普通に年齢といわれたらこっち。
「数え」の年齢は生まれた年が1歳として数える。
例えば、数えで70歳の人は、満年齢は69歳。

定年後も薬剤師の資格の強みで仕事を見つけてきて働いていたようですが、これを期にすっぱりやめるとか。
うちの場合は特別で、バブル期の借金のせいでどうしても仕事しなくちゃいけなかったと言う理由があるんですが、それはとっくに返済して最近は週1~2回のアルバイトちっくな仕事だったらしいけどそれもやめてしまってまったくのフリーになるようです。
ボケなきゃいいが(苦笑
数え70は古希以外にも「致仕」という呼び方もあるそうです。
致仕とはまさしく職を退くこと。いろんな意味でいいけじめのつけ方をしているうちの父親はすごいと思いました。
単に仕事嫌いなだけかもしれませんけど。

というわけで実家でケーキとか食べながら簡単なお祝いをしました。
するってーと来年6月は母が古希か。
うちの父親は、おそらく、物欲が薄い性質(たち)なので何か欲しいものあるか、と聞いても何も出てこないだろうと思われました。
案の定、妹が聞いても何も出てこなかったらしい。
まぁ、ゆっくり考えればいいよ。

さて、久しぶり(といっても11ヶ月ぶり)に二人の姪にあいました。
上(今度の9月で4歳)は予想外(ガイ?)の黒人になってました(w
ま、今回もお約束でまわりが「おじちゃん」というのを必死で「おにいちゃん」と呼ばせる秘密工作を展開。
下(1歳5ヶ月)は、さすがにまだまだしゃべれないけれど堂々と歩いておりました。
この二人に会うと思いっきり年月の速さを感じます。
元気にすくすく育っているようなので安心しました。
古希のじいじも姪から絵(え?)のプレゼントをもらってたし、よかったね。

数時間(2時間半くらい?)の滞在の後、群馬を離れ羽田に向かい飛行機で熊本へ帰りました。

|

« 宇宙の中心で叫ぶのさっ | トップページ | 焼きカレーとバナナマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古希:

« 宇宙の中心で叫ぶのさっ | トップページ | 焼きカレーとバナナマン »