« 阿蘇ドライブ 大観峰篇 | トップページ | 打ち水にレインボウ、な感じ »

2008/07/27

原油価格と市場ガソリン価格は違う?

今日も朝からカンカン晴れの熊本です。
午前中に干していた洗濯物はお昼には乾いている感じです。やー暑い。
夕方には会社に行かなくてはならないので助かりますけどね。

サンプロ見たら、竹中平蔵くんと木村剛氏が出てました。
木村氏は5~6年前に世に言う「木村リスト」を作った張本人です。
悪印象しかありませんね。今見ても悪人面健在、としか見えません。
そんな木村氏もたまにはいい事言う、と思ったのが官と民の不祥事の扱いの不公平感についての一件。
あなじく厚生事業にかかわるものとして、介護事業で不祥事を起こしたコムスンと、年金事業で不祥事続きの社会保険庁。
コムスンは事業撤退に迫られたが、社会保険庁はコムスンとは比べ物にならない金額(億円単位)にも関わらず法的追求は甘く事業そのものも解散には未だ至ってない。
もちろん民間と比べて代わり(の受け皿団体)が無いことや、社保庁もいずれ別団体になりますが、歴代の責任者に至るまでの不祥事責任問題追求はなされてません。
このほかにも、民間では大きな問題となり刑事事件に発展するにもかかわらず、官が絡むと何かと甘い追及で終わっているような事件は多々あります。
木村氏がその辺を改めて声にしたのは、やや驚きもあり、もっと世間一般が大きな声にしていかなくては、と思います。

原油価格が一時期に比べると下がっています。
150ドル近くまで行ったのですが、今は120ドル台です。
狂ったように急騰を続けていた原油価格がピークをつけてこのまましばらく下げ続けるかどうかについては、まだまだ油断が出来ないと思っています。
ただ、世の中はかなり安心が広がっているようです。
普段、夏の時期ともなれば、アメリカはドライブシーズンでガソリン需要が高まるため原油価格に対しては上昇圧力が懸念されるところです。
また、先年に大被害を与えたハリケーン「カトリーナ」の記憶もあり、メキシコ湾油田への影響を懸念して価格上昇圧力がかかります。
先週末にはハリケーン「ドリー」が油田に近づくのではないかという話もありました。週明け「ドリー」の進路がそれるようだというニュースで月曜日にはその懸念が小さくなっています。とはいえハリケーンの季節は終わっていません。
そんな夏にも関わらず原油価格が下がっているので、下落は一時的なものではない、と考える人が多いのでしょう。

ところで原油価格は下がっていますが、ガソリンは来週8月1日からまた値上げだそうです。
ガソリンスタンドからのメールによると8円前後の値上げらしいです。
8月の観光地(車でしかいけないような場所)はがらがらかな。

以前も触れましたが、原油価格はいずれ下落します。
ホームページにも書きましたが自分が継続的な下落を確信できる水準は110ドル台を付けられるかどうか、です。
このまま下落が続けば110ドル台はすぐそこまで来ているようですが、どうでしょうかね。
ちなみに原油価格の落ち着く先は70~80ドルくらいじゃないかと妄想しています。
元の水準、20~30ドルというレベルはさすがに難しいでしょうねえ。
価格が落ち着くまでは半年~1年以上の時間がかかる可能性があるんじゃないでしょうかね。
その代わり、世界的な不景気もそれと同じくらい続くかもしれません。
原油が下がっても食品などの高騰はすぐには収まらない、という話も前に書いたとおりです。
世界的に何が起ころうとしているのか、自分たちは歴史の節目にいるかもしれない、という気が少しだけします。

080727_azami

(2008年7月6日 俵山にて by PowershotA710IS)

|

« 阿蘇ドライブ 大観峰篇 | トップページ | 打ち水にレインボウ、な感じ »

コメント

確かに原油価格は下げ傾向で、どれ位で落ち着くかが気になるところですが、上げに敏感な市場が下げに鈍感な事情は昔から変わりませんね。
サンプロの竹中・木村の面の皮の厚さと国家の基本を無視した資本・経済主義〔儲け主義〕一辺倒の論調は結果が出ているだけに白けました。特に竹中の底辺を支えようとする政策を単なるバラマキと切って捨てた言葉には怒りさえ覚えました。
私だけですかね?…こんな事を思うのは…。

投稿: | 2008/07/27 16:13

こんばんは
こんな景気の悪い時期に、景気を一層悪くしそうな顔がそろえるのもすごいなぁと思いながら見てました。
憤慨しながら見てた人は多いと思います。
少なくとも自分も、木村氏に憤慨しながら見てたわけですから・・・(苦笑
日本株を日本人が買わないって、あんたが過去に余計な不安をたきつけたんじゃねーか、てね。
もう一人、D証券のあの人が出れば最強かも、とか思ったんですが最近は立場がそうさせるのか宗旨替えしてらっしゃいますね。(w

竹中くんは極端な革新論者だと思います。
ああいう人間もひょっとすると必要悪なのかもしれませんが、結局彼の言う構造改革におけるセーフティネットは形式的なので、おっしゃるように彼にとって他者の行うセーフティネットは単なるバラマキにしか見えないんでしょう。
「バランス」とか「ソフトランディング」の意味を勉強しなおして欲しい、とは一流大で教鞭を取られ政治の先頭にも立った大先生にはいつまでも届かない声かもしれません。

投稿: ポン吉 | 2008/07/27 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原油価格と市場ガソリン価格は違う?:

« 阿蘇ドライブ 大観峰篇 | トップページ | 打ち水にレインボウ、な感じ »