« 変則 | トップページ | 燃サーとパラオ »

2008/07/24

代車インプレッサ

先週、インプレッサ入院で代車に渡されてたのは黒のインプレッサでした。
1.5LのATでFFでNA。
「頭文字D」の武内いつき風に言うと、
「ダサダサだよー。オートマで、FFで、NAなんだぜー、車じゃねーよー、あんなの。」(苦笑
ま、ディーゼルじゃないだけマシか?(いやいや

フルモデルチェンジ後のこのHBタイプは昨年出たばかりの頃に、S-GTに試乗しました。
それと比べても意味がないのですが、それにしたって軽快感はありません。
1.5Lの排気量にこの車自体が重過ぎるんでしょうか。
もしくは、1.5Lのエンジンが非力すぎるんでしょう。

スバルはエンジン屋のホンダと比べるとエンジン開発に関しては甘い気がします。
ここまで水平対向のエンジンにこだわっているメーカーも国内にはありません。海外ではポルシェくらいのものです。
たしかに、そのエンジン形状とレイアウトが生み出す車の旋回性など特筆すべきものがあると思います。
でもエンジンの中身については進歩があまりない。
この1.5Lのエンジン形式は2006年にEJ15からEL15に変わりましたが当時の涙目インプレッサ1.5Lワゴンのほうがまだ軽快だった気がします。
車重とエンジンのバランスがまだ良かった時代です。
ちなみに今のインプレッサの衝突安全性は日本はもとより世界基準でもぴか一です。
でも、それで車の快適さをスポイルしては意味がないと思うのです。

この車体に対してEL15のエンジンはもう少しパワーアップして欲しい
せめて130~140PSくらいは欲しい。
もしくは衝突安全性をそのままに、もっと軽量化して欲しい。
せめて1100kgくらいに落とすといいんだけどな。(今よりも100kg以上は軽くして欲しい)
そうすれば走りだけでなく実燃費もよくなると思います。(当たり前か

080724_imp_dbagh2

この形がきらいじゃないだけにねえ・・・

|

« 変則 | トップページ | 燃サーとパラオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代車インプレッサ:

« 変則 | トップページ | 燃サーとパラオ »