« 人間はもともと欲望的存在、という前提 | トップページ | 車買い替えゴコロの芽生え? »

2008/06/10

かっとう

週末、バイク(オフ車)のレースを見てきました。
車の調子が悪いことやガソリン高という背景もあるんですが、バイクに乗りたい気持ちがむくむくと湧き上がってきました。

なんせ気持ちいいからねー。(既に経験済み)

以前乗っていたバイクはホンダのVTエンジンツアラー、VT250FH「ゼルビス」(250cc)

北は青森から南は九州佐田岬までバイクで駆け抜けた青春。ん~いい響きだ。
250ccのバイクでしたが燃費は良い時で30km/リッターを少し超えるくらい出ていました。
普通の町乗りで25km/リッターくらい。
走って気持ちいい、乗って財布にやさしい、という貧乏学生の自分にはこれ以上ない相棒だったのです。

そんなに大きくなくてもいいから、50ccのカブとかでいいから、2輪に乗りたくなってきました。
50ccだと制限速度がきついからせめて80ccかなぁ
会社の往復をバイク通勤にすると、燃費が2倍~2.5倍になります。
2.5倍と仮定すると、今の通勤時の費用は半分以下になります。
雨の日などは車通勤にするとしたら、それでも半分になるでしょう。
今のガソリン価格がここ数年続くとしたら、

180円(リッター)×40k/9k(通勤路往復/車の燃費)×20日(一ヶ月)/2(半分)

=8000円

一ヶ月8000円浮きます。2年でバイク(カブ)一台分になります。むむむ。
ガソリン価格が上がればこれ以上です。
ガソリン価格を車=ハイオクで計算しているので、バイク=レギュラーであることを考えればさらに費用は浮くかもしれません。
考えてみると燃費の影響はでかいんだなぁ。

さてその前に。
自分は過去にバイク通勤してて事故にあって8ヶ月会社を休んだ、という前歴があります。
それを考えると自分のバイク通勤は社会的に許されない、という気持ちもあるんですね。
通勤は車で、土日はバイクで、というスタイルではバイクの償却年数が延びます。
この歳になって小排気量のバイクでの長旅もちときついし。できないわけじゃないけど。
え?自転車?

む~~~???

誰か「どこでもドア」作ってくれんかや?(なんでやねん)

|

« 人間はもともと欲望的存在、という前提 | トップページ | 車買い替えゴコロの芽生え? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かっとう:

» 世界中で活躍する本田技研工業の伝統あるバイク『スーパーカブ』 [スーパーカブ]
ホンダ・カブ(Cub)は、本田技研工業が製造するオートバイの車名で、現在でもシリーズ車種として数車種が生産されています。 [続きを読む]

受信: 2008/06/11 09:00

« 人間はもともと欲望的存在、という前提 | トップページ | 車買い替えゴコロの芽生え? »