« 阿修羅のごとく | トップページ | 消えてないガソリン税暫定分 »

2008/04/19

油膜落とし

今日も朝は弱い雨のぐずついた天気だった熊本です。
インプレッサのフロントウィンドウに油膜が着いているっぽくて、ワイパーが動くと余計見づらい感じ。
夜はなおさらです。
週末油膜落としをしようかな、と思っております。
自分は油膜落としには「キイロビン」を使っています。
これはかなり効きます。

080418_kiirobin

「キイロビン」を使ってウインドウの油膜を落とした後、レインXやガラコなどの撥水剤は使いません。
雨が降ったら窓面にべっちょり水膜がつく + それをワイパーでこそぎ落とす、で十分です。
撥水剤使うのは、見た目綺麗だけどワイパーがびびッたり、一月もすれば劣化して油膜チックになったりするのであまり好みではありません。

 

午後から晴れました。
週末は久しぶりに天気がいいみたい。
さて、明日はラジエーター交換のためディーラーに行ってきます。
交換したら露天の眺めが良い温泉にでも行こうかな。

080418_kikusui_080413

(2008年4月13日 道の駅きくすい にて by PowerShot710IS) 

|

« 阿修羅のごとく | トップページ | 消えてないガソリン税暫定分 »

コメント

おはようございま~す。今日はよいお天気みたいね。
温泉だって?!わたしゃ、お仕事ですたい(>_<)
よい景色、期待してるわ~(^^♪

前のコメで悪いんだけど、
「阿修羅のごとく」というと思い出すのは、故向田邦子氏。
中学生の頃、好きで読んでました。ちょっとませてたかも(*^_^*)
どの作品かは忘れちゃったし、あんまり細部はちがうかもしれないけど、主人公がある男性を好きになって、その人に優しいこと言われるたびに「心の中で電気ポットからお湯が出てくるような感じ」って表現があって、その後、まあ人並みに恋をした時、ホントにそんな感じだったんでとっても驚いたというか、こんな感情を的確に文章に出来るって凄~いって感動してた。もっと長生きして、作品書いて欲しかった。

難しいことわからんけど、どんな人の心の中にも、天使と悪魔が住んでいて鬩ぎあっている。時に天使に傾き、時に悪魔に傾きしながら、両極端にならなければそれもよしって感じかな・・・これが自分なのに舵取り難しいよね~

特に忙殺はいかんね。今の私。優しい気持ちがどんどん薄れちゃってさ。ポン吉ちゃんみたいに余裕持ちたいわ~
スペシャリストはPomfiさんだよね・・見習いたいけど・・・無理って声が聞こえた?!

投稿: Poket | 2008/04/19 06:18

こんばんは

といってもこの時間(7:00PM)、ずいぶん外は明るくなりました。
土曜日お仕事ご苦労様です。
向田邦子さんの「阿修羅のごとく」はテレビドラマで見た気がします。
子供の頃だったのでなんとなく?

向田さんのドラマで印象深いのは「眠る杯(さかずき)」だったかな?工藤夕貴が出てたような。
他のドラマも心をくすぐる内容でとっても好きです。

向田さんの本は1~2冊高校生くらいのときに読んだ気がします。
中高生くらいのときがいちばん読書が楽しかったなぁ。
娘さんやわんこさんが向田さんの本読んでPoketさんと話ができるといいね。

投稿: ポン吉 | 2008/04/20 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 油膜落とし:

« 阿修羅のごとく | トップページ | 消えてないガソリン税暫定分 »