« パラオ旅行記(5日目、6日目) | トップページ | 黄金比率 »

2008/02/07

冷えますねえ

連日寒い日が続きます。
さすがは2月、なんて関心している場合ではないか。

今週末、2月8日金曜から3日間、2008年WRCの第2戦スウェディッシュラリーが北欧スウェーデンで開催されます。
多分今年唯一のスノーステージとなりますが、スバルのぺターに奮起を期待したいところです。
スバルがんばれ。

話は変わりますが、株価が大きく下がりました。
つい、つられてナンピンしてしまいました。

ナンピンは置いといて、この株価の下がりようであれば当初見通しのまま、3月あたりまで下げるんじゃないかと言う方針を確認。
そうすると、先走ってしまったナンピン分はこのまま行くと含み損。
ちぐはぐなことやってます(トホホ
相場の世界も冷えますねえ・・・

たとえば今、高配当な銘柄を買うとしよう。
来期も高配当か?というのが心配になりますな。

高配当というのは自分の場合、不動産系になっちまうのですが、昨年暮れの建築審査基準にかかわる着工遅れが回復して来期の業績は回復するんじゃないかと言われております。

不動産銘柄の価格は今の日経平均に先だってずいぶん下げてます。
おかげで利回り4%、5%は当たり前みたいな、まるでどこぞの資源国のソブリン債並みです。
おかげで不動産ファンド化している自分のPFは激しく下落しています。(泣

景況感悪化の中でマンション需要は回復するのか?

自分の答えは今のところ「イエス」。
全国規模ではわかりませんけどね。
関東、特に首都圏の需要は高い確率で回復すると予測しています。
首都圏のマンション需要は不景気感たっぷりだった2002年頃からすでに始まってました。
どうも首都圏住宅需要というのは、一般個人のサイフとはどうも関係ないところで動いているみたいな気がします。
ともかく、その頃から在庫を増やさないようにしてきた不動産ディベロッパーは今の突発的な不況下でどれほど倒産するでしょうか。
昨年暮れからほとんど着工できていない中で、ディべの倒産が激増しないのは無理をしていなかったせいではないでしょうかね。
無理をしていなかった、と言うのは語弊があるかもしれません。
偽装やってまで建築してたところもありましたね。
まぁそれは一部だと思っています。

おまけに、金利先高感皆無。
むしろ全体の景気が下がっている基調にある中で、原油高起因と思われている物価上昇にたいして日銀は、今更金利を上げることは出来ないでしょう。

よっぽど、ゼロ金利に戻して欲しいくらいです。
実は住宅金利、昨年10月以降下落基調です。
(フラット35の2月最低金利2.76%はゼロ金利時代並み。*返済期間21年以上35年以下の場合)

080207roan_rate_chart

サブプラ問題が起因とされています。
時期を同じくして起こった先程の問題、売れる住宅が少ない⇒借り手が少ないというのも理由ではないかと思いますけどね。
国内金融機関は巷間噂されるサブプラによる直接的な影響以上に厳しい環境にあるのかもしれません。
そんな訳で今、内需を引っ張ることの出来る、日本全体で見れば一部の住宅需要に阻害要因はないと予想しているのです。
とか、いいながら水準が十分下がっている今、色々いってみてもむなしい遠吠えのようにしか聞こえません(苦笑

あくまで個人の予想ですのであしからず。

|

« パラオ旅行記(5日目、6日目) | トップページ | 黄金比率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷えますねえ:

« パラオ旅行記(5日目、6日目) | トップページ | 黄金比率 »