« 蒲江 | トップページ | 新しいデジカメ欲しくなってきた(3) »

2007/12/12

ラリーの話(2007)

先々週末で今シーズンのWRCが終わりました。
今年一年振り返ってみると、ローブとグロンホルムの接戦でした。
シリーズチャンピオンの行方は最終戦までもつれ込みましたが、二人のコメントを聞いていると、お互いいかにミスをしないか、と言うことに気をつけていたようです。

二人はお互いの走りの実力は同程度、と認識していたんでしょう。
ウェールズラリーは雨で今シーズンでもっとも過酷な環境にあったことは前に書いたとおりですが、そのこともレース戦略を考える上での大きな要因であったことは間違いありません。

ローブはこれで4年連続WRCチャンプです。すごいなぁ・・・
ローブの乗るシトロエンが昨年お家の事情でワークス参加ではなかった(ローブ自身は準ワークス扱いのプライベーターとしてシトロエンクサラに乗って出場でチャンプゲット)ことも併せて考えると、「4年連続」は重みが違います。

今年事故で亡くなったコリン・マクレーや、2001年チャンプのリチャード・バーンズ、ダ・カールでいまだに走りが健在のサインツなどの世代に比べて、今のローブやソルベルグの世代になり走りが変わったといわれます。

確かに、昔のバリバリにドリフトを効かせて豪快にグラベルを走るやりかたはいまではあまり通用しないようです。
面白くなくなったか、と言うと自分はそうでもありません。

今年惜しくもチャンピオンの座を逃したグロンホルムが、今季をもってラリー・ドライバー引退、という話は来年のレース展開を考えるとさびしい話ですね。

WRCどうなるんですかねえ・・・

・・・いやいや、
今年、セカンドドライバーだったとはいえグロンホルムのカバー以上の走りを見せたフォードのヒルボネンが優勝争いに食い込んでくるのか?来るだろうな。

スバルの新型インプレッサが登場する中盤戦以降に期待以上の走りを見せてWRCを席巻するのか?
成長著しいクリス君はペター以上の走りを見せるのか?新型インプとの相性は?
そろそろ三菱はWRC復帰に向けた動きを見せるのか?
スズキのSX4が来シーズンから本格参戦してどういった走りを見せるのか?
あはは、考えてみたら見所満載ぢゃん(笑

071212imp

|

« 蒲江 | トップページ | 新しいデジカメ欲しくなってきた(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラリーの話(2007):

« 蒲江 | トップページ | 新しいデジカメ欲しくなってきた(3) »