« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月に作成された記事

2007/12/31

おおつごもり2007

かなりさむーい、「おおつごもり」となりました。
熊本平野部は雪は降っていませんがここ数日暖かかったので寒さが格別です。
今年は群馬に戻らず、熊本での年越しにしました。
初日の出をどこか風景のいい場所で、とも思ったのですが九州地方は雪が降るみたいなのでおとなしく家でじっとしています。
これからレンタルした映画でも見ながら越年しましょかね。

今年はいろいろありました。
来年もいろいろ(いいことが)ある年にしたいですね。

ではみなさまよいお年を。

 

 
071231_palau_coral06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/30

田原坂

先週末は3連休であることをすっかり気付いていなくて、月曜日は会社に行こうとしてました。
朝のテレビ見てなかったら確実に一台もないだだぴろい駐車場に呆然と立ち尽くしていたことでしょう(w
あーやばかった。
もてあましてしまった一日を使って田原坂に行ってきました。
071230tabaruzaka01 

田原坂、というのは明治初期に起こった日本最後の内戦と呼ばれる西南戦争(西南の役)で激戦が行われた場所です。
昔、年末のドラマになったりしてましたね。西郷隆盛がたしか里見浩太郎だったような。。。
。。。週末に戦地巡りしている気がしてきました。袈裟でもまとうかな。

田原坂(たばるざか)は熊本県北部の植木町にあり、家から車で20分くらいです。
熊本市方面から北に向かって細長い台地があり、その台地が終わる付近にその坂があります。
昔、戦国時代の大名加藤清正が肥後に入ったときに北から攻めてくる敵を想定してその台地上に熊本市に向かう道を作ったそうです。

凹道(おうどう)と呼ばれ、襲来する敵を待ち伏せて左右から挟撃できるよう作られています。
田原坂の道もこの凹道になっていて、装備に優れた明治新政府軍を旧時代の劣った装備しかない薩摩軍が撃退した、という話が伝わっています。

西南の役では大勢の人が亡くなられていますが、熊本県下が最も激戦地となりました。
熊本県内での官軍戦死者は全体の70%を占め、なかでも田原坂(吉次峠)の戦いをはじめとする県北では全戦死者の50%が亡くなられているそうです。
田原坂付近では飛び交う鉄砲の玉同士がぶつかるほど激しい銃撃戦もあり、戦後百三十年経た今でも当時の弾丸などがそこかしこで掘り起こされることがあるそうです。
現在の田原坂は整備されて公園になっていますがその一角に戦没慰霊塔があり、西南役全戦死者名簿が出身地別に彫られています。
薩軍の戦死者はほとんどが鹿児島出身者ですが、政府軍の戦死者は北は青森から南は鹿児島まで出身地さまざまです。

071230tabaruzaka03 

戦のあった2~3月というと冬の終わり、風景は今と同じような感じかもしれません。
天候は春雨前線の停滞があったのでしょうか、悪天候が続いています。
冷たい雨が降っていたのでしょう。この雨が装備の劣る薩軍をよけいに不利にしています。

071230tabaruzaka02 

この戦の意義など語る必要はないでしょう。
ここで、寒空の下、時代の節目に新しい時代を担うべき多くの有為の若者が死んだ、ただそれだけです。

071230tabaruzaka04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/29

リフレッシュ

トルコに行きたい、と以前書きました。
今でも、イタリア、ギリシャ、エジプト、と並んで自分が最も行きたい国のひとつです。

ほんとは昨年夏頃に行く予定だったんですが、仕事でいけませんでした。
来年、正月休み明け一週間後(仕事でつなげられない)にリフレッシュ休暇をとることになりました。
んで、海外旅行を計画中です。
でも季節があまりよくないっぽいのでトルコは今のところ選定外です。
イタリアかエジプトか。寒いのやだからエジプトかな。

 

 

071229_palau_coral04_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PM-780C

ようやく年賀状を仕上げました。
昨年はわれながらかなり作りがしょぼかったんで、今年はすこしだけましに作りました。
引越し案内も兼ねています。

高校の後輩の某夫人はプリンターを新調したみたいなので、ちょっとうらやましい。
自分も買い換えたい、と後悔の年月を幾度重ねたことか。
PM-780C使って7回目の正月を迎えますが買った当初からうるさくて閉口していました。

実は一昨晩、うちのプリンターも壊れた、と思ってました。
さすがに7回目のお正月を迎えることは出来なかったか、いやいや、ごくろうさん、と観念してました。
図案まで作成してさぁプリントアウト、というところでプリンターダウン。
インクの目詰まりと思うのですがヘッドクリーニングの際に、「がががっ、ぐあったん、ぐあっ、ぐあっ、かたかたかた・・・」とやばい音がしてます。
クリーニング後のテストパターンは全く印字されません。
インクの出ないプリンターはただのガラクタです。
数時間電源いれっぱにしておいても印字されないまま。
・・・合掌

某カカ○コム掲示板によるとこの機種は(というか少し前までのエプソン製品は)インク詰まりも起こりやすいとか。
これは使用する数時間前から電源ONなどでしのげますが、とにかく手間のかかるプリンターでした。
昨日は「さぁ、買い換えようかな」、と閑散としているベ○ト電器にいってあれこれ実物を見たり、明日は仕事納めで半ドンだからいつも車の渋滞ができているヤマダ電機にお昼に行けばすいているだろう、とか考えていたんですが。。。

昨晩、インクを交換したらあっさり回復。
・・・ヲイヲイ(汗

往生際の悪い奴め、こういうのに限って壊れないんだよねい。

長持ちしてすんばらしぃーなー なー なー (むなしさいっぱい

071229pm780c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼壮烈 岩屋城址(2)

岩屋城跡へ行くには太宰府政庁跡から天満宮に向かう道の途中に、「県民の森」と書いた看板が左手に見えます。
看板のあるほうへ折れて山道を登って行くと左側に「高橋紹運墓」とかかれた石碑があり(これは墓ではありません)右手山側に岩屋城址の看板があります。
車で行くと駐車場はなく路肩に止めるしかありません。

道の右側が本丸、高橋紹運のお墓があるほうが二の丸になると思われます。
本丸に続く道は傾斜は急ですが階段があります。道路から上っていくとすぐに本丸へたどり着きます。

本丸はさして広くありません。テニスコート1~2面分くらいでしょうか。
登りつくとすぐ目の前に「嗚呼壮烈 岩屋城址」の石碑がみえます。
左手の小高い丘の上が岩屋山頂上になっていますが、櫓のあった場所(つまりは紹運が割腹した場所)、といわれているようです。

071229iwayajo1

本丸からの眺めはとてもよいです。
南側に目を向けると太宰府政庁や観音寺が眼下に見えます。
戦いのあった当時、あのあたりを埋め尽くさんばかりに「丸に十文字」の島津の旗がたなびいていたかと思うと感慨深いです。

071229iwayajo2
左手、東側には国立博物館が見えその向こうにそびえる山塊は宝満山です。
本来は宝満城が本城で岩屋城はその支城にあたりますが、その山容をみるとうなづけます。
しかし宝満城跡は現在整備されていないとのことです。

071229iwayajo3

当時、2週間ほどの戦いで両軍合わせて数千名の死者を出す激戦となった岩屋城址。
高橋紹運率いる守備側の全滅、という形で終止符をうちました。
結果、島津の九州制圧の野望は打ち砕かれ、豊臣秀吉がやってくることで九州における戦国時代の幕引きとなるわけです。
果たして、紹運が岩屋城で戦う必要性があったのか。
壮烈、というよりも凄惨なにおいのする岩屋城址を見ていてそんな疑問がわいてきました。

このようなとても守りやすいとは思えない、決して堅固とはいえない小さい城で勝つ見込みのない戦いを行ったことで、確かに紹運は後世に名を残しました。
敵側の島津忠長をして、惜しむべき、と賛辞を送られ、天下人秀吉をして「乱世の華」と賞賛されてもいます。
義において、彼は武士の一分を遂げたことは間違いありません。
しかし、彼を除く762名の命、相果てた数千の島津軍の命。
時代がそういう時代(命より名を惜しむ、もしくは現代以上に義を重んじた時代)であったことを踏まえても、自分が平和主義だからということを別にしても、この戦にはなんとも合点がいかない点が多いのです。

岩屋城の石や土くれ、一木一草にいたるまで血を浴びていないものはなかったでしょう。
今、それらが語りかけてくるものは、風の音ばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/28

もう少しがんばればS高だったのに

時間的には昨日(27日)の話です。

家に帰ってPF表を見ると、新日本建物株がおっそろしく上げてます。

なんじゃ?

TOBでもされたんか?

・・・でも、そんな風にすぐ思ってしまうくらい今年株価が(上に)動く要因では「M&A」が多かった気がします。
なんせ今年、「菱和ライフ」はものの見事に買われちゃったしなっ(トラウマかっ

当たらずも遠からず。
ダヴィが子会社を通じて新日本建物発行株式数の33%を取得、
とニュースに出ていました。
不動産系で高配当、って多いし狙われやすいかもなぁ

午前中はS高だったんですけど、後場やや崩れましたね。
明日(時間的には今日)は大納会。
NYは力なく(それでも日経より上げてますが)、あまりいい年の閉め方はできないかもしれません。
全体的なエネルギーが弱いと、新日本建物もせっかくのニュースでも上げ続けるのは難しいですね。
将来上るための種、と思うことにしておきましょう。(やや負け惜しみっぽい

ちなみにそのほかの株はご他聞にもれず全部沈没しとりました(泣

071228_oomekamasu2_at_blue_cornerpa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きしょくわるっ!

時間的には昨晩、ですが会社から帰る途中、車の外気温計が16℃でした。
いくら九州・熊本でもこの温度は普通はありえません。

12月の大つごもりまであと数日、というのに夜の10時にその温度はなかろう?
でも、たしかに上着いらないかも。。。温度計が壊れているわけじゃなさそうだ。

空を見上げると雲が多いですが月が輝いています。雲の切れ間に星も見えます。

。。。ちょっと気味が悪かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/22

来年のけいき

今日は曇りの熊本です。
朝は暖かかったんですが、日中温度が上らず、でも夕方になってもあまり下がらず、といった感じの一日です。
今日は24節気のひとつ、冬至。
とても冬至らしくない感じでしたが、これから昼の長さがすこしづつ伸びていくんですね。
お昼ごろに近くの温泉に行ってきました。
熊本北部にはいくつも温泉施設があるようで、この冬は周り甲斐があるなぁと、温泉好きな自分はほくそ笑んでいます。

リセッション、という言葉があります。
株式市場は景気の先行き不透明感でなかなか底入れしませんが、これから景気減速になるのか?、といっている間はまだいいほうなのかもしれません。
今週は日銀の政策決定会合がありましたが、全員一致で金利据え置きを決めました。
来年任期の切れる日銀総裁のおじいちゃんには忸怩たる思いがあったでしょうけど、金利を上げなくてもいいタイミングで、正常化、ということに固執して金利を上げられた側のこちらとしてはすでに忸怩たる思いに存分に浸っていますがね。
会合では世界、特にアメリカの景気減速に警戒、とありました。
加えて日本の景気は現在減速気味、という認識にようやく立ったようです。
今週、政府が出した月例報告では下方修正ながら景気の減速には触れていませんでした。

減速、というのはあくまで拡大期における伸び幅が鈍化した、というだけに過ぎません。
減速といっても景気自体は拡大を続けているのですから、これ自体はあまり悪い話ではないでしょう。
その先に伸びが上昇すればいですが、景気が後退したら。。。
景気は循環するものなのでいずれは後退もするでしょう。
景気後退をリセッション、といいます。

政府は来年の経済成長率を実質+2.0%と見込みました。(物価上昇分含めた名目では2.1%)
企業のお金が賃金として個人に回り、個人消費が成長率を支える、という見通しのようです。
名実逆転、といのもニュースになっていました。これまでデフレで名目が実質を下回っていたんですが、来年物価上昇分が0.1%上乗せされる、ということも政府は見込んでいるようです。

来年、もし個人にお金が回ってもすぐに消費に使うようなキリギリスはあまりいないんではないかと思いますけどね。
世界の景気がすぐに悪くなることはないでしょうから、企業の投資によりマイナス成長(いわゆるリセッション)にはならないでしょうけど、しばらく低空飛行は続くと思います。

 

 

071222_nemuribuka_at_blue_cornerpal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/21

嗚呼壮烈 岩屋城址(1)

先週末、日曜日に太宰府に散歩に行ってきました。

熊本からだと車で高速使って片道1時間弱くらいです。
通勤割引の時間帯で行けば、往復で2000円くらいなんですね。

太宰府に行ったのは今回が初めてです。
でも今回の目的は太宰府、というよりも岩屋城址でした。

岩屋城とは、
今から400年くらい前のこと、16世紀末の戦国時代に豊後国(今の大分県)に大友宗麟(そうりん)と言う武将がいました。
彼は北部九州を支配下に置き、そのうち筑前国(今の福岡県)の支配を配下の武将高橋鑑種(あきたね)に命じました。
高橋鑑種は太宰府の北の岩屋山に城を築きます。これが岩屋城です。
この城を有名にしたのはその後の戦です。

大友宗麟は日向国(今の宮崎県)の耳川の戦いで島津軍に大敗を喫し、以後大友家は衰退していきます。
筑前岩屋城は高橋鑑種に代わって高橋鎮種(紹運)(しげたね(じょううん))が守っていましたが、ここにも九州制圧の野望に燃えた島津の大軍が殺到します。

彼と彼の息子たちは筑前の代官として岩屋城(高橋紹運)、宝満城(次男の高橋統増(むねます))、立花城(長男で立花家を継いだ立花宗茂(むねしげ))にそれぞれいました。

規模も小さく、大軍を相手にするにはとても困難と思われた岩屋城に立てこもろうとする父に対し、次男や長男の立花宗茂はより堅固な立花城などに移ることを進言します。

しかし、父・高橋紹運はこれを拒否します。
おそらく息子たちのためにみずから捨石になる決意をしたことが伺えます。

当時、鎮種(紹運)の主筋の大友宗麟が島津の攻勢に耐え切れず、上方に自ら赴き、ときの天下人豊臣秀吉に助けを求めていました。秀吉は島津に攻勢を止めるように伝えますが島津が聞くはずもなく九州制圧を急ぎます。

島津家は秀吉が来る前に九州制圧を終えておけば、下関あたりで豊臣軍を食い止められる、という目論見があったのでしょう。
逆を返せば、岩屋城で半月、立花城で一~二ヶ月くらい持ちこたえれば、いずれ上方の兵(豊臣軍)がやってきて島津軍は退却する、という高橋紹運の読みがあったのではないでしょうか。

筑後方面から迫る島津忠長率いる島津軍5万に対し、岩屋城の高橋勢は763名。
島津軍は優勢な数を生かし交代で昼も夜も岩屋城を攻撃したと言います。
岩屋城は圧倒的な数の敵兵に対しわずかな兵で驚異的とも言える守りを見せました。
逆に島津軍は死傷者の数が日を追って増えていきました。
驚異的な、もしくは神がかり的な守り、といっても所詮は戦です。
血で血を洗う凄惨な、地獄絵図のようなむごたらしい激戦だったに違いありません。

そして14日間耐え続けた岩屋城もついに落城の日を迎えます。
城主高橋紹運以下、生き残っていたわずかな将兵は本丸に集まりみな自刃します。

763名の城兵全て死亡。
落城までに一人の脱落者もなかった、ということも高橋紹運を知る上では重要なことかもしれません。

島津軍も高橋勢を大きく上回る数千名の死傷者を出し苦い勝利となりました。
むしろ戦略的には敗北した、といっていいでしょう。
高橋紹運の考えていた通り、岩屋城攻略の遅れと、このあとに行われた立花山城攻略戦の失敗により島津家が当初目論んでいた九州制圧は大幅に遅れて達成できず、豊臣軍の進攻を許してしまうのです。

そんな血みどろの舞台となった岩屋城を、どうしてもこの目で見ておきたかったのです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/19

なすか

 

なすか
 

 

というと、子供の頃「宇宙戦艦ヤマト」に出てきた「ナスカ級高速中型空母」のプラモ作ったのを思い出すなぁ(遠い目

 

 

 

071218_twilight2_at_palau

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナスカ展

週末、熊本県立美術館に行ってきました。
今、ナスカ展をやっています。 (2008年1月27日まで)

ナスカの地上絵、を知らない人はあまりいないと思いますが念のために。

ナスカの地上絵は、現在のペルー共和国南海岸地方にあたる乾燥した盆地状の高原の地表面に描かれた幾何学図形や動植物の絵のことで、紀元前100年頃から紀元700年頃の間に、描かれたと考えられています。

子供の頃にこれを知ったときは、きっと宇宙人との交信のために作られたんだと思っていました。

ナスカ展ではこの地上絵が作られた頃の南米の古代文化を紹介しています。
子供のミイラや外科手術のあとが見られる頭蓋骨なども展示されていました。
不思議なデザインと鮮明で色使いがはっきりした彩色のされた絵が描かれている土器などは非常に興味深かったです。
とても大昔になされたこととは思えないほどの高い技術力と、精緻でありバラエティに富んでいます。

南米アンデスの古代文化、というとインカ帝国が有名ですね。

インカ、は比較的新しく日本で言うと鎌倉~室町時代に成立した政体です。
インカの前の政体というと南米アンデス地域全体で統一されたものはなく、離れた地域で独自の政体が生まれては消える、といった道をたどっています。

モチェ、シカン、などとならんでナスカもその一つになります。

ナスカ文化、は紀元前1~2世紀から紀元後6世紀に渡ってペルー南部、ナスカ地方に広がった文化、もしくは政体を指します。
日本では弥生時代後期~古墳時代までに相当します。

先ほども触れたように、そんな時代に頭蓋骨に穴をあけるような外科手術をやっていたとは驚きです。
日本では土偶などに不思議なデザインがあってこれまた非常に興味深いですが、あまりカラフルな感じはしません。
色合いが鮮やかになるのはおそらく古墳時代に入ってからだとおもいますが、昨今有名な高松塚やキトラ古墳の石棺に描かれた絵の彩色豊かな壁画は7~8世紀頃のものだろうと言われています。

ナスカ展の土器などを見ていると色彩だけで判断するのはやや乱暴ですが日本よりも文化水準の広がりがあったように感じました。
とはいえ、ですよ。
ナスカの人々も元をたどれば日本人と同じモンゴロイドなんですね。
時間と空間を越えた不思議な結びつきを感じました。(敢えて日本と比べているのはそういう理由もあります)

そして地上絵。

いったい何の目的で描かれたのか、どうやって描かれたのか、いまだにはっきりしない部分が多く妄想をかきたてるに十分な謎がいっぱいです。

世界のどこを探しても同じようなものはありません。

興味本位でナスカの地上絵に車で乗り入れて絵を台無しにしたりする事件もあったそうですが、非常に悲しいことですね。
地上絵の研究者であった、ドイツ人のマリア・ライヒが私財をなげうって監視台をつくったり自警団を組織したり、ペルー政府に掛け合ったりした功績はすばらしいと思います。

今では世界遺産に登録されています。

ナスカ展、日本中を巡っているようなので近くで行われたら是非ご覧になってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

おもいだしばなし

相変わらずローカルな話がつづいてます

小学生の頃、近くの川に架かる橋に夜な夜な不思議な女性が現れる、という噂がありました。
その橋というのも長島区と女島区の境を流れる中江川にかかる~~橋なのですが、女島団地に住んでた友達の多くが見たとか見ないとか、で盛り上がってました。(今は長島町、女島町となっています)

その女性はマスクをしています。
マスク以外は綺麗な顔をしている、とかなんとか・・・。
その噂話はなぜか内容にそぐわず冬の時期に広まったので、たしかコート姿だったと聞いたことがあります。(記憶違いかもしれません)

夜、一人で橋の真ん中(人専用の橋)に立っていて、すれ違う人もほとんどいないと思うのですが、たまにすれ違う人がいるとマスクをとりながら恨み言を言いつつ追いかけてきます。

マスクの中は耳までさけた赤い口が大きく広がっているのでした。(きょえ~~~

 

 

 

すいません、ベタな話で。
このブログではなかなかない種類の話題でした。
先日通りかかったとき、強烈にそのことを思い出したのでちょっと書いてみました。

若い人は知らないかもしれませんが、この話題は全国規模で同じようにあったようです。
興味があれば調べてみてください。

下に気分直しの写真を貼っときます。

071218_palau_coral05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

二見ヶ浦しめ縄張り替え

先日佐伯に行ったときの話です。

蒲江から佐伯を抜けて熊本に戻る際に、海沿いに上浦方面を抜けて臼杵経由で犬飼にでるルートを通って戻ろうと考えていました。
ですが、蒲江のマリンカルチャーセンターに寄った時に「二見ヶ浦しめ縄張り替え」が同じ日に行われていることを知りました。
これは渋滞しているだろう、と勝手に想像して来た道(国道10号)を戻ったのですが、どれだけのメジャー度なんでしょうか。

ちなみに、
ここで言っているのは大分県の二見ヶ浦の夫婦岩のことです。(豊後二見ヶ浦といいます)
本家の伊勢(三重県)の二見ヶ浦とは違いますのでご注意を。

二見が浦のしめ縄は自分が子供の頃からありましたし、その頃には既に観光スポットとしてアピールしてました。子供の頃は三重の二見ヶ浦を知りませでした。
残念ながら当時の自分が余り興味なかったせいか現物を見に行ったことがありません。
加えていつからそんなに熱を入れるようになったのか知りませんが、巨大なしめ縄はギネスブックに登録されていたそうです。
このしめ縄を、年末に架け替えるそうなんですね。
テレビで一度だけですが、NHKの「おーい日本」でその架け替え風景をみたことがあります。
かなりの人出がありました。

二見ヶ浦と初日の出、という組み合わせもありがたそうだし、絵的にもすばらしいので年の暮れとかも渋滞するんだろうなぁと思います。いずれまたなんでもないときに写真でも取りに行きますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/16

ごまだし

子供の頃、市役所だったか小学校でだったか、お祭りのときに食べた「ごまだしうどん」が非常にウマー、で何度か親に「ごまだしうどん」を求めたことがあります。

今回佐伯に行くまですっかり忘れてました。
子供の頃に普通に食べていたもので、関東に引っ越しした時点で求めようが無くなって忘却のかなたに追いやられたものがいくつかありますが、どうやらこれはその一つのようです。

道の駅「かまえ」でごまだし、と紙に書いて貼ってあったので「あぁ、あれかー」とうっかり流しそうになってました。
大分県南地域以外の人には、その名前から実物を想像するのは難しいでしょうね。
子供のときに食べて旨いと思ったものが大人になって不味いわけがありません。(勝手な思い込みですが)

ごまだし、そのものは家では作らず外で買ってくるのですが、今ネットで調べてみるとお店によって作り方とか中にいれる材料とか比率とか違うんですね。

自分はたぶん、そのお祭りのときとマルミヤストア(もしくは和田商店?)のしか知りません。

あー食べとけばよかった。
今度行ったときには必ず食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/15

スタグフレーション

昨晩はインフレなどについて調べ物してました。
金曜のアメリカ、NY市場は大きく下落してますがインフレ懸念が高まったせいだと報じられています。
海の向こうのクリスマス商戦は一応順調のようなので、需要はあるのでしょう。
アメリカの人は、サブプライム問題があるから財布の紐はきつく縛っておかないと、というわけではなさそうです。

つい先日、FRBがFF金利を0.25%下げました。
0.5%くらいの利下げを望んでいた人には失望として写り、当日以降のNY市場の株価下落の原因と見ているでしょう。
日本の中央銀行の白髪のおじさんは、このような状況でもあと数ヶ月くらいに迫った自分の任期中に金利引き上げを狙うのでしょうか。

ここ最近、商品の値上げラッシュです。
よく行くスーパーのジャスコではPB商品をあえて値下げしていますが、そういうところはまれで、上げないまでもこれ以上値下げできない、というところが多いようです。
原因は日銀が思っているような需要増加による物価上昇ではなく、原材料、特に原油高によるものです。

日本の景気は、ここ数年政府、経済の発表するコメントは強気でしたが、これはまったくでっち上げに近い状態で実情は賃金の低下が続き決して景気が良いとはお世辞にも言えない状態でした。
そこへ来て家計に直撃する消費物品の値上げ。
果たして日銀や日本政府がどこまで嘘勢を張れるのでしょうか。

需要は低下したまま、コスト増によるインフレをコストインフレ、とかスタグフレーション、とかいうそうです。

景気が良かった、という一面が確かに存在します。
大企業とか輸出企業、一部の個人などはその恩恵に与っていたと思います。
ただ、それらが雇用に対して資金を還流させなかったため、デフレが長引いた面も同時にあったことは言うまでもないでしょう。

デフレからスタグフレーションへ。

商品の値上げでは対処しきれない場合、コストを下げるために人員整理などが行われるようになるかもしれません。
ただでさえ正規雇用がすくなくなっている日本は、いずれ大量失業問題、もしくは今以上の雇用環境の激しい低下を迎えるのではないか、と心配します。
世界的に景気が悪化して原油価格が下がるとコストインフレも落ち着くのでしょう。
企業で止まっているお金の流れがよくならない限り今の状態は解決できないでしょうね。

071215_madara_tarumi_at_blue_corner

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいデジカメ欲しくなってきた(4)

amazon経由でデジカメを手に入れようとしています。
カメラ本体は「Canon Power Shot A710IS」です。
サンディスク製の2GのSDカードも併せて二人半諭吉。

本当はデジカメと同時に「ハウジング」、と呼ばれるダイビングする際にカメラを水没させないためのカバーも併せてアマゾンで購入する予定でした。合わせて4諭吉ちょい。

となる予定、でした。

注文して一週間ほどたって、アマゾンから「ハウンジングのみ配送できないと」メールが来ました。
自分が注文した時に在庫が無かったので、確認中、というメールが来て一週間後にこのメールでした。
極端な話、ハウジング無かったらこのカメラを持っている意味がありません。

え゛~~~~っ!

パソコンの前でのけぞってしまいました。
まぁ、在庫確認してから購入手続きに入らなかった自分も悪いんですけど。
パワーショットA710ISのほうはEdy経由でお金を払ってしまったので、このままだとカメラだけ来てしまいます。
しょうがないなぁ、と値段は二の次でハウジング探しをしました。

他のネット上のお店も、軒並み「在庫なし」です。

ぐえ~~~~っ!!

またまたパソコンの前でのけぞってしまう自分(大汗
このままだと本当にカメラだけ所有、ってことにもなりかねません。
まぁ最悪、710ISは返品か、と思った矢先に名古屋のあるお店に在庫がありました。
アマゾンほどの値引率ではありませんでしたが、価格差1000円程度は妥協しました。

アマゾンから来たメールはこんな内容。

******************

誠に申し訳ございませんが、大変残念なご報告があります。お客様のご注文内容のうち、
以下の商品については入手できないことが判明いたしました。
       
   "Canon ウォータープルーフケース WP-DC6 A710IS対応"

勝手ながらお客様の注文からこの商品をキャンセルさせていただきました。
お届け先が国内の場合、この商品がキャンセルされたことにより、この商品
と同一の注文番号で他にご注文いただいている商品の合計金額(税別)が
一定額を下回ると、請求額に配送料が加算される場合がございます。
その場合、当サイトにて配送料の調整を行いますので、お手数ですが、
下記のURLからカスタマーサービスにEメールでお問い合わせください。

Amazon.co.jpでは、商品の価格と在庫情報の把握に細心の注意を払っており
ますが、仕入先の在庫状況の変化を、Amazon.co.jpサイトにすべて反映でき
ない場合もあります。価格や在庫状況が正確に把握できていなかったため、
お客様にご迷惑をおかけしたことを重ねてお詫び申し上げます。

******************

にゅ、入手できない、なんてっっ!!!

パワーショットA710ISは既にカタログ落ちしているので、そのアクセサリー品であるハウジングもすでに製中(製造中止)になっているんだろうと思います。

だから安かったわけですが、安さゆえの落とし穴、といえます。
今後ダイビング用途も考えてパワーショットA710IS購入される方はご注意ください。

ネット通販の教訓。
2品(以上)のセット運用が必要な物の購入時、両方(品物それぞれ)の在庫を確認すべし。

071215_afternoon_at_prr2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/14

フラッシュメモリーの価格

今回、デジカメを新しく買うに当たってメモリーカードも購入しました。
その記憶容量は2GB。
今年の初め、携帯電話を新しくした際にフラッシュメモリーが搭載できるのでマイクロSDを買いましたが、小指の爪ほどの小ささに1GBも記憶できるのかよ、って驚いた覚えがあります。

フラッシュメモリーの大容量化のスピードは恐ろしいものがあります。

ディスクタイプではないハードディスク、シリコンディスクとか、フラッシュディスクとか、東芝なんかはソリッドステートドライブと言う名前をつけていますが、の可能性も以前からいわれていたことですが現実味がありますね。

実際に、従来のハードディスクとシリコンディスクを混載したハイブリッドタイプをノートPCで実用化しているメーカーもあります。

USBメモリーをハードディスクとして認識する、といったこともWinVistaでは標準で導入されているようです。

容量ばかりで無くその価格も驚きでした。(だからついでに購入する気になったんですが)
今回、容量2Gで書き込み読み込みスピード10MB/sの割と速いメモリーを購入したんですがアマゾンで¥3500くらいでした。
今持っている256MBのSDカードが、4年前に家電量販店で購入したときは¥5~6000しました。
容量8倍で値段は2/3とは。。。

微細化がすすみ、多値化など高容量化を可能にする工夫などの恩恵でしょう。

仕事柄、日々そういった技術的な話題を普段話のようにしている割に、その結果できあがる最終製品の価格低落までには考えが及びません。

株をやっているせいか、メモリーの価格低下とそのことがデバイスメーカーへ及ぼす影響、今後の投資、デバイスメーカー間の勢力争い、について考えることもあります。
そうでもなければ、何故いい技術と分かっていてもデバイスメーカーが導入に二の足を踏むのか、とか生産性向上への異常なまでのしのぎの削り方、など理解できなかったかもしれません。

株以外でも実際にこうして最終製品を買ってみて、改めて実感しました。
お客さんからの要求が厳しくなるのも無理からぬことかもしれません。

071214_palau_coral03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

新しいデジカメ欲しくなってきた(3)

外界ではインフルエンザが流行っているそうです。
熊本ではあまりそんな声を聞きませんが、越してきたばかりで情報源が少ないせいかもしれません。
帰ってきたら手洗いとうがいはきっちりやりましょう。

さてさて自分は今、「デジカメ欲しい病」に冒されています。
処方としては、別な関心事を持つとか、いっそのこと買っちゃうか、ですが。。。

んで結局買っちゃいました。
といっても、ものは手元にありません。ネットで申し込みをしただけです。
あ~あ、買っちゃったよ(笑

カメラはCanonのPowerShotA710です。既に型落ちなので安かったのが最大の決め手でした。
安いとは言っても、ハウジングと2Gの高速SDカードと合わせて4諭吉でした。
Edyで購入できる点と、カカクコムで調べたら安い順位では上位にあったので、amazonに申し込みました。
今、ハウジングの納品待ちで金額請求されていません。

アマゾンでEdy購入する場合はどうしなくてはいけないのか、のあたりはブログネタになるのでしばらくお待ちください。
今の5000G(リコー・カプリオGX)がそうだったように、しばらく陸上で使い勝手の経験値を積んで来年夏のダイビングシーズンに臨みたいですね。

071212_twilight_at_palau

パラオの夕景(Sea&Sea 5000G (CaplioGX) f2.6 1/190)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/12

ラリーの話(2007)

先々週末で今シーズンのWRCが終わりました。
今年一年振り返ってみると、ローブとグロンホルムの接戦でした。
シリーズチャンピオンの行方は最終戦までもつれ込みましたが、二人のコメントを聞いていると、お互いいかにミスをしないか、と言うことに気をつけていたようです。

二人はお互いの走りの実力は同程度、と認識していたんでしょう。
ウェールズラリーは雨で今シーズンでもっとも過酷な環境にあったことは前に書いたとおりですが、そのこともレース戦略を考える上での大きな要因であったことは間違いありません。

ローブはこれで4年連続WRCチャンプです。すごいなぁ・・・
ローブの乗るシトロエンが昨年お家の事情でワークス参加ではなかった(ローブ自身は準ワークス扱いのプライベーターとしてシトロエンクサラに乗って出場でチャンプゲット)ことも併せて考えると、「4年連続」は重みが違います。

今年事故で亡くなったコリン・マクレーや、2001年チャンプのリチャード・バーンズ、ダ・カールでいまだに走りが健在のサインツなどの世代に比べて、今のローブやソルベルグの世代になり走りが変わったといわれます。

確かに、昔のバリバリにドリフトを効かせて豪快にグラベルを走るやりかたはいまではあまり通用しないようです。
面白くなくなったか、と言うと自分はそうでもありません。

今年惜しくもチャンピオンの座を逃したグロンホルムが、今季をもってラリー・ドライバー引退、という話は来年のレース展開を考えるとさびしい話ですね。

WRCどうなるんですかねえ・・・

・・・いやいや、
今年、セカンドドライバーだったとはいえグロンホルムのカバー以上の走りを見せたフォードのヒルボネンが優勝争いに食い込んでくるのか?来るだろうな。

スバルの新型インプレッサが登場する中盤戦以降に期待以上の走りを見せてWRCを席巻するのか?
成長著しいクリス君はペター以上の走りを見せるのか?新型インプとの相性は?
そろそろ三菱はWRC復帰に向けた動きを見せるのか?
スズキのSX4が来シーズンから本格参戦してどういった走りを見せるのか?
あはは、考えてみたら見所満載ぢゃん(笑

071212imp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/10

蒲江

蒲江(かまえ)は以前は独立した町でした。
南海部(みなみあまべ)郡 蒲江町といっていました、市町村合併で今では佐伯市蒲江町になっています。
ここは昔から海の綺麗な町です。そしておいしい魚でも有名です。

もう一つ有名なことが有ります。
当時は知らなかったんですが、蒲江町出身者にキャノンの御手洗(みたらい)さんがいます。
(初代、現6代目のCanon御手洗社長は蒲江出身です)
この苗字は佐伯あたりではよく聞く苗字で気にもしなかったんですが、日本では珍しい部類にはいるんでしょうね。

蒲江に「道の駅かまえ」があります。

071210_kamae
佐伯からだと県道37号(木立のほうではなく青山あたりを抜ける道)を使うと海に突き当たったすぐ左角です。
そこで買った鯖の姿寿司(¥600 半身)を冬の元猿海岸で食べました。
非常に懐かしくもあり旨かったです。

中学生の頃、佐伯から自転車で元猿海岸まで泳ぎに来たことがあるのですが、車で走ったら約1時間かかりました。
(道のりは30kくらい)
いったいどうやって自転車でいったんだろう???
畑野浦トンネルの手前(佐伯側)の坂を上るのに大変苦労した思い出があります。
手前の鶴見とか米水津でも綺麗な海はあるのに何故蒲江だったのか。
スタンドバイミー、と言う映画がありますがまさにあんな感じかもしれません。
14歳の考えることは理屈に合わず不可解だけど面白い。(自分の行動は今でも不可解ですが)

元猿海岸は昔どおりですが、その付近にはいろいろな建物があって夏場はずいぶん賑わいそうです。

071210_sabazushi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいき

週末、ドライブしてきました。いつものことですが。
場所は大分県南部の佐伯市蒲江町。
冬場の蒲江は初めてです。
つか、22年ぶりか。
いろいろ変わっていてビックリしました。
この時間の穴の大きさは少しづつ埋めていきたいなぁと思います。

その場所にいった理由は二つあって、
一つは昔の思い出の場所をたどりたかったのと、
もう一つは来年?ダイビングで蒲江とか高知の柏島行くのに自宅から車でどのくらいかかるかの下調べ、でした。

熊本から佐伯までは160kで片道3時間くらい。蒲江までだと3時間半~4時間くらいでした。

佐伯は10年ぶりくらいでしょうかね。
今思うと昨日のドライブが夢のようです。

中2まで住んでた社宅だったアパートもそのまま残っていました。
今は社宅ではなく普通のアパートとして使われているようです。
でもさすがに鉄骨とはいえ築後30年以上たっているのでくたくた感たっぷりでした。

よく釣りをした港はずいぶん様変わりしてました。
佐伯から四国高知の宿毛まで一日3往復のカーフェリーが運航しているのですが、その発着場所も葛港のほうに移ってました。
フェリーの待合する建物はなぜか古本も扱っていたりしてます。この妙なギャップは佐伯ならではかも。
合板工場が無くっていたし、中川の河口に新しい橋が出来てました。
濃霞山(のおかやま)は相変わらずの姿。
登ってみたかったんですが近くでゲートボールの大会やっているようで車がいっぱい止まっていてあきらめました。

景気がいいのでしょうか、郊外にですがお店の数が格段に増えていました。
あの壽屋以外は何も無かった街に、ユニクロはあるしいたるところにコンビニもあるし。
鶴岡のあたりの賑わいはびっくり。
壽屋がなくなってもあれだけお店の数が増えれば賑わっていると感じます。
壽屋のあった大手前や仲町商店街の付近は人が集まらなくなったんかな。

まぁ22年ぶり(昔バイクで通過したことがあり、それを入れたら10年ぶり)なので自分の知らない姿のほうが多いのは当たり前なんでしょうけど。

車で3時間くらい(慣れたらもっと早くなるかもしれない)の近さなのでいつでも来れます。
昔の友達はまだおるやろか~
つかおいらのこと覚えちょるかや???

071210_kazurakou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

移転登録(4)

税金とかは何も言われませんでした。納税証明書すら見ませんでした。
というのも事前に調べているときに年度末までの税金を払う必要がある、とあったからです。
前に住んでいた場所の陸運局に払っている分は戻ってくる、とかなんとか・・・
なんだかわざと手間をかけているなぁ、と思っていましたが、熊本陸運支局では不要のようです。えらい。
実際にかかる費用は、ナンバー代と手数料で4100円。加えて証紙代500円とかOCRシート代23円くらい?
都合1時間半くらいかかりました。
混んでいなかったですが、ゆるゆるやったのと旧ナンバー取り外すのに時間がかかったためです。
車の登録の多い年度末は混んで時間がかかると思いますが、普通なら多分1時間かかんないくらいで終わると思います。

熊本陸運支局の人は概して愛想が良かったです。
以前住んでいたところの陸運支局は愛想悪かったけど。
受付は男の方でしたが、名義変更勧めてくれたり(こっちもその気があった)説明も細やかでした。

071209_oomekamasu_at_blue_cornerpal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/08

移転登録(3)

最後に新しいナンバーを自分で取り付けて、初めに行った建物の向かって右側屋外に屋根だけの施設があります。そこで新車検証と車の車体番号の照合を行い、新しいナンバーに封印をしてもらっておしまいです。

旧ナンバーは陸運局に返却する必要がありますがこれを外す際にかなり手間取りました。

車のナンバーの左上のネジには封印がされています。
この封印の外し方を全然知りませんでした。
陸運局の人に聞いて知ったんですが、封印の文字が書いてあるところを突き破るとねじの頭が見えます。
これは薄いアルミで出来ていて、マイナスドライバー押し当ててぐりぐりやれば突き破れます。
突き破った後の封印(写真)
071206_fuin

封印は簡単に外れないと思っていましたが、簡単に外れるけど後戻りできない、ってことなんですね。
ちなみに封印を突き破った状態で公道走ると罰則があります。

ドライバー持ってて良かったです。
当たり前の話ですが封印突き破るだけじゃなくてナンバー交換の際に要ります。(プラスドライバー)
一応、陸運支局で借りることも出来るらしいです。
でも自分で移転手続きを行う際はドライバーは必須です。

071207_palau_coral02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/07

HP容量

今日の熊本は今冬一番の寒さでした。
朝は「あ、お湯持ってかなきゃ」とすぐにわかるぐらい寒かったです。
予想通り、インプレッサの窓は霜が降りてました。
通勤途中で見かける牧場も霜が降りてうっすら白く、日光が差すとキラキラしてましたがキレイと思うより

ざむ゛い゛~ (凍てつく波動かっ?!

さてさて
ニフティのHP容量逼迫についてです。
ニフティのHomepageサーバーは個人向けに一件当たり20MBが振られています。(ベーシック)
写真載せているといつかはこうなるかな、と思っていたんですが予想より早かったです。
随分ダイビングの本数増えたんだなぁと言う感慨もあります。
さて対策ですが、ダイビング向けの写真は最新版を除き全て削除し別のサーバーに入れることにしました。
過去写真はリンクでつなげて別サーバーに保管、という形式にします。

HPのほうはブログと違って週一更新で一日一件あるかないか、くらいのアクセスしかないのでゆるゆるやります。
といっても今までのダイビングの写真全てアップしているわけでもないので、元からゆったりまったりモードなんですが(笑

別のサーバはココログのサーバを使います。
前にも書きましたがココログはベーシックで2GBの容量があります。
今の使用量は5%です(笑
なんかへんだなぁと思ったら昔の写真消されてんじゃん。
かといって全て回復してもたぶん10%に満たない使用量です。
かなり余裕があるのでこちらに入れようと思います。

これまた前にも書きましたがニフティはブログに力が入っていますが、HPのほうはさっぱりです。
ベーシックで20MBと書きましたが、光ネットの契約してステップアップしても拡張は300MBまでです。
ブログの2GBに比べるべくもありません。
そのうち淘汰されると考えているんですかね。
まぁ、今のアクセス数からしたらそれもいたしかたなし、ですがね。

071207_kumazasa_hanamuro_at_blue_co

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/06

ウェールズ ラリー グレートブリテン

先週末、2007年のWRC最終戦、ラリーGBがウェールズで行われました。
雨が降る中、タフな状況だったのは自動配信されてくるニュースメールでよくわかりました。
相変わらず、といってはいけないのだけどスバルは今ひとつ。

最終的にこのレースの勝敗はフォードのミッコ・ヒルボネンが優勝し、同じくフォードのグロンホルムとシトロエンのローブが続きました。
シリーズを通したドライバーズタイトルは、ローブが僅差でグロンホルムを振りきり4年連続のチャンピオンになり、ファースト、セカンド共に手堅く上位を拾っていたフォードが2年連続コンストラクターズチャンピオンに輝きました。

加えて今回のウェールズラリーの結果により、PWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権:WRCに比べ、より市販車に近い車によるレース)で日本の新井さんがシリーズチャンピオンになりました。2005年以来の2度目の栄光となります。
おめでとうございます。

さて、2008年のシリーズに向けてもうWRCは進んでいます。
2008年初戦モナコのラリー・モンテカルロは来月(1月)24日からです。
スバルの新型WRカーは残念ながらモナコでは見れません。

だけど、来年こそきっと、きっと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しわす

12月(師走)になりました。
熊本に来て一ヶ月。
慌しく過ぎていきました。

引越しした頃は11月なのに夏日があったりして秋っぽくなかったのですが、11月後半になると急に寒くなって霜がおりたりしました。

その急激な温度変化のせいでしょうか、付近の紅葉は色鮮やかな感じがします。

週末、車の中でラジオを聴いていたら、ここ数ヶ月間熊本は雨が少ないようです。
通年の1/3とか1/4とからしいです。

今週末は紅葉を見に、どこかに出かけようかと考え中。

071206_afternoon_at_prr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移転登録(2)

紆余曲折の末そろった書類を持って先週金曜日の午前中会社を休んで熊本陸運支局にいきました。
車検証の名義変更(移転登録)と住所変更を行うためです。
車庫証明の期限(発行から一ヶ月)ぎりぎりでした。

熊本陸運支局で住所変更および名義変更に必要な書類と物
①譲渡証明書(旧所有者の実印が押されたもの)
②印鑑証明(旧所有者と新所有者の2通)
③委任状(旧所有者のもの)
④旧車検証(コピー可)
⑤自賠責保険証(コピー可)
⑥自動車税納税証明書

⑦OCRシート(申告書・陸運局にある)
⑧車庫証明 (期限内のもの)
⑨実印
⑩お金
⑪ドライバーなどの工具(ナンバー交換時に必要)

(補足)
熊本陸運局で住所変更(のみ)に必要な書類
①申請書(OCRシート、陸運局にある)
②車庫証明(発行から一ヶ月以内のもの)
③住民票(発行から三ヶ月以内のもの)
④所有者の委任状(申請者本人が所有者である場合、必要なし)
⑤旧車検証
⑥手数料納付書 (陸運局内でもらう)
⑦印鑑

これらを持って行きます。
熊本陸運支局に着いたら、建物群のうち向かって右の建物に入って一番右側⑥(相談窓口)と書いてあるところにいきます。
書類の確認をしてもらい、OKであればその後の手順を教えてくれます。
かなり親切丁寧に教えてくれました。
手順や受付場所も地図付きの紙を渡される(加えて説明つき)ので間違うことは少ないでしょう。

熊本陸運支局の人よありがとう。

071206_kasumin_at_blue_cornerpalau

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/05

移転登録(1)

熊本の陸運支局は自分が住んでいる管轄の警察署からは遠いところにあります。
住んでいる場所からはさらに遠い場所にあります。
以前住んでいた場所でも離れていました。熊本よりひどく離れていた印象があります。
縦割り行政の弊害と言うか、警察は総務省で陸運局は国交省なので同じエリアとか近いエリアに建物を作る、という感覚はないんでしょうね。

むしろ反発しているのか。
使用者からするとすこぶる不便です。

071205_palau_coral01 

それはさておき、先週木曜日に東京スバルから書類が来ました。(速達で)
開けてびっくり玉手箱(古っ

なんとそこには東京スバルの印鑑証明が入っていました。印鑑が押された譲渡証明書まであります。
これは11月頭に自分が電話したときにお願いして拒否された書類です。
ええ~???
名義変更を向こう(東京スバル)で先にやる、と言うのでこちらから車検証(原紙)とか納税証明書(原紙)や委任状や印鑑証明まで送ったのです。

初めにお願いした書類を今頃送ってくるなら、これまでの余計な手間と憤りをしなくてもいいのになぁ。
おまけにこれなら数日で用意できると思うのですが、1週間かけて戻ってきたのは何ででしょう?
なんとも不可思議です。無駄な一ヶ月を過ごさせていただきました。
はぁ~(ため息&脱力)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/04

新しいデジカメ欲しくなってきた(2)

071204_fish_at_blue_cornerpalau

さて、リコーのカメラを購入してはや3年。
新しいデジタルカメラが欲しくなってきました。
一応候補はPSのAシリーズでIS(手ぶれ防止)機能つきのもの。
ネット通販のサイトを覗くとA720ISとA650ISがいいなとおもいます。
高級なものはいらないのでA720ISかな
これだとアマゾンで4諭吉+1一葉でカメラとハウジングが揃いそうです。
27000+18000=¥45000くらい

最新でなければA710ISというのもあります。こちらだと一葉さんお一人様分安いです。
22000+18000=¥40000くらい

高級な物はいらないからこっちでもいいかな。
違いを見ると、画素数と画像処理LSIのバージョン、顔認識の有る無しでしょうか。
カカクコムの掲示板では撮影モードの違いにも触れられていました。

以前にも書きましたが、8Mと7M(という画素数)の違いよりCCDのサイズのほうが気になりますが、720ISと710ISは同じ1/2.5インチサイズです。

現在持っている旧型機の方がCCDサイズが大きいのは皮肉でしょうか(A80は1/1.8インチ)。
それともCCDが高性能になったと言うことでしょうか。
これは小さいサイズのCCDチップにより多数の画素を作れるようになった、つまり微細化加工技術が進歩した、と言うことだと思います。ただし前にも書きましたが1画素の大きさそのものは小さくなってしまうので同じ画素数の場合、CCDチップが大きいほうが1画素の大きさも大きくなり、それは再現性の良し悪しにかかわってくることだと思うのですが

時代の流れでしょうか、メモリーがCFとMMC仕様のみだったPowerShotも、いつのまにかSD仕様になってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/03

ホームページの容量

ホームページを編集して転送していたら何故か転送エラーが頻発しました。

おっかしいなぁ、と思っていたらなんと容量不足でした。

ニフティの場合、契約内容によってホームページで使えるサーバーの容量が変わりますが自分は基本中の基本なので20MBです。
むーむむむ・・・

いろいろ消しても18MBにしかならないので、これ以上ダイビングの写真を載せることはできません。
どうしたもんかなぁ

071203_madara_tarumi_at_blue_corner

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいデジカメ欲しくなってきた(1)

071203_napoleon_fish_at_blue_corner

さて、私の今年のダイビングシーズンが終わりました。
これまでもここで紹介してきましたが、ダイビングではコンパクトデジカメを使って海の中の撮影をしています。
今、うちには古いもの含めて3台ありますが、最近はリコーのデジカメの出番が多くなりました。
①ミノルタ:ディマージュXi
②キャノン:PowerShotA80
③Sea&Sea:5000G(RichoのCaplio GX)

それぞれ一長一短がありますが思い入れが一番深いのは①ディマージュです。
初めてのデジカメで、当時では画期的な光学系(屈曲光学系)で脅威のコンパクト性でした。
今でもそのコンパクト性やデザインは色褪せてないと思います。

②のPSはフルマニュアル可能なデジカメで、バリアングルのモニターと併せて非常に使い勝手のいいカメラでしたが2年前から画面端にしみのようなものが写るようになって使わなくなってしまいました。

故障だと思うんですが、購入してから2年以上経っていて代わりのカメラも手元にあったのでそのままです。

③のSea&Sea5000GはリコーのカプリオGXのOEMです。
広角(28mm)からのワイドズームとPS同様フルマニュアルが魅力です。
ダイビング機材を扱うSea&SeaがカメラをOEM販売し、併せてハウジングも供給していたので購入しました。
ダイビング用だけでなく陸上でも発色(特に青)の良さと広角レンズの強みを出していて現在、ダイビングだけではなく旅行などでもメインで使っています。

これら3台に共通するのはSDカードが使用できる点です。
(厳密に言うとキャノンのPSは違うんですがSDカードアダプターなるものを使ってSDカード使用しています。)
加えて、マニュアル撮影の可否や電池の仕様、レンズの仕様がデジカメ選択のキーポイントになっています。
もちろん前提として、水中用ハウジングが存在するかどうかも私の場合は重要です。
また、ディマージュ以外は単三電池が使用できます。
通常は単三型ニッケル水素充電池を使用してますが、いざ、って時には日本に限らずどこでも手に入るので便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/02

青い船でいざ!

さて週末です。

以前住んでいた場所ではハイオクが147円/リッター(エッソ・モービル・ゼネラル系にて、10/26当時)
11月30日までは、熊本ではハイオクが155円/リッター(同エッソにて)
給油一回当たり250円の値上がりに少々凹んでいます。
一ヶ月の間に元売の値上げが報道されていましたから以前の所と同じくらいかも。
他にも安いところはありそうです。熊本では出光系が安そうな気配。
意外なところでエネオスも安そう。以前の場所ではエネオスは劇高だった。
*今日(12月2日)、安いことを確認しました。竜田口のENEOSが150円/リッター。
ガソリンスタンドにも地域性があって面白いです。

ガソリン価格にびくびくするくらいなら。。。
だったらなにもしなくてもいいんですが。
なんなら家でヒッキーしていてもいいんですがッ!

・・・昼までうだうだ寝てました。

その後、例によって例のごとくお宝(カードの使えるスーパー)目指してインプレッサ君で航海して見たわけですが
うちの近所(熊本市北部)ではこんな。

<スーパー>
HIヒロセ NG
バンビ NG
エース NG
鮮ど市場 NG
マルショク NG
ジャスコ OK

<HC・家電>
HIヒロセ NG
サンコー OK
スーパーキッド NG
ベスト電器 OK

<コンビニ>
セブン NG
ローソン Edy
サンクス Edy
エブリワン NG
ファミマ Edy
ポプラ Edy

宝物がみつからねー(Byキャプテン・へっぽこ・スパロー)

スーパージャスコのみが唯一カード利用可のスーパーです。しかしやや遠い。(家から片道11k)
夜10時まで開いているので会社帰りに寄るのは有りかも。

うちの近所はお店は結構いっぱいあるんやけど、小粒ばっかりであまり大きくないんよね~(泣。
大きい店はパチンコ店ばっかり。つか熊本はパチンコ店多すぎっ!(怒
数日前にようやく24時間営業のコインランドリーを近所で見つけました(喜

そんな日々をすごしながらついに12月を迎えました。

071202_afternoon_at_palau

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »