« 新型インプWRX STI の「そとみ」 | トップページ | 無駄なものも多いのが今回のSTI »

2007/10/25

塊感強いSTI

071024_impreza_wrx_sti_02

フロントのグリルにはレガシーチックなスバルウイングデザインがあしらわれています。
まぁ、これはこんなものでしょう。
実は自分はGDB-Gのスプレッドウイングデザインは良かったと思っています。
賛否が分かれるインプレッサのデザインであまりいい評価を聞きませんが、自分はあのグリルはインプレッサのアイデンティティになるのではないか、なって欲しい、と期待していました。

ただ、やはり、というべきか。
日本人の保守的なデザイン志向にはあわなかった、というべきか、続きませんでした。

ボンネットもサイドに負けずボリューム感がありますが、膨らみすぎかな、と思わないでもありません。ただインタークーラー用のエアーインテークの開口は「S-GT」に比べて大きく感じるものの全体的な高さは低めです。ボンネットの膨らみもあってか、インテーク自体は従来に比べて低く感じます。真横から見たらインテーク自体が目立ちません。
空力を考える上では、このボンネットの膨らみをどう解釈しているのでしょうか。
スバルの車は水平対向エンジン、という平べったいエンジンがアイデンティティになっています。これはエンジンルームの高さをあまり高くしなくていい、という利点につながるはずなのですが、初代GCから2代目GDに変わってフロントエンジンルームは大きく高くなった気がします。そして3代目GRもGD並みの大きなエンジンルームになっている気がします。
これはもう少しスバルのエンジニアが頑張るべきだったんじゃないでしょうかね。
現在のカーデザインの流行がこういった「塊感」の強いものであることは否定しません。
そういった車でも美しい、と感じるものがあります。インプレッサも美しい車のうちに入ります。
でも、ローノーズのほうがかっこいいなぁ、と思う自分がいるんでどうしてもこうぐちぐち言いたくなっちゃうんですね。それにきっと速いんじゃないかなぁ・・・
ターボエンジンでインタークーラー上乗せデザインのままではこうなるのもやむをえないのか。

そういえばインタークーラーのエアインテークには中の仕切り板がありませんでした。
ない、わけではないのですがまぁほとんどないようなもの、と言った感じです。
前モデルはどうだったけなぁ。ちょっとはっきり覚えてないので、今回からの形かどうかわかりません。加えてインタークーラーの放熱フィンに従来あったSTIの赤い文字がありません。
多分STIのインタークーラーと思いますが、文字がないのは大人テイストを求めるためか?と考えました。
でもそれならサイドガーニッシュのSTIの文字や、ブレンボなのにブレンボとはわからないほどにSTIデザインなブレーキ。
(おもわず営業さんに「ほんとにぃ?」と確認してしまいました。)

リアは、リアバンパーの膨らみがなんともいえない感じ。(いい意味で)
リアフェンダーからのぬめっとした流れはうっとりします。(w
でも、ここまでボリューム感が必要かどうかは賛否両論かもしれないな、とも思いました。
クリアテール形状は「S-GT」などと同じです。これについては以前にも書いたんで改めて書きません。
エキゾーストパイプは4本だしです。
でも細いですね(75φ)。
せめてSTI仕様の太いのはなかったんですかね。
リアスポの形状はSTI仕様一つのみで、今んところ特にオプション設定などはないそうです。
将来的にはWRCちっくなリアスポが設定されて欲しいところです。
が、今の時点でまだWRC仕様リアウィングどころかWRC仕様車すらないのに、ちょっと妄想が過ぎました。

|

« 新型インプWRX STI の「そとみ」 | トップページ | 無駄なものも多いのが今回のSTI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塊感強いSTI:

« 新型インプWRX STI の「そとみ」 | トップページ | 無駄なものも多いのが今回のSTI »