« 無駄なものも多いのが今回のSTI | トップページ | ひと時の別れ »

2007/10/25

重そうな外見VS速いのか中身?

071024_impreza_wrx_sti_03

「塊」というか「メタボ」というか・・・
前述のようにずいぶんボリューミィな今回のインプレッサWRX STI
重そうな外見です。
オーバーハングが小さいこともずいぶんそういった印象に拍車をかけているように思います。
そして、大人を意識した内装。

エンジンパワーこそインプレッサ史上過去最高の308馬力を手にしているにもかかわらず、
スピードメーターはMAX260km/h表示にもかかわらず、

シートに本皮なんぞを使ったり、
「SI-Drive」なんぞを組み込んだり、

インプレッサ市販車の行こうとする道は準プレミアムGTか?

・・・

だが、営業さんも言ってた。

「WRCで勝つためにこの車があるんです」、と。

彼女はそう言い切った。その瞬間ちょっとどきどきした。

そう。ことし「も」1勝も出来ないで終わりそうなSUBARU@WRC

屈辱もはなはだしいことこの上ない、と思う。

何のためにインプレッサ作っとんじゃ、と非難ゴウゴウだ(なのか?)

ぜひともこの車で、一からのスタートというつもりで、来年まずは一勝、してもらいたい。

・・・

プレミアムGTを目指しても、無冠の傷だらけでは誰も振り向かない。
たとえそこに素晴らしい技術があっても、信用しない。
スバルにとって、インプレッサにとって、WRCの一勝はなにものにも変えがたい勲章のはず。
それが人気や販売台数という勲章にもつながるはず。

26日から北海道十勝でWRC「ラリージャパン」開催です。
地元で、意地を見せて、来年につなげよう。

最後に、
3年前、突如(でもないけど)インプレッサの魅力に取りつかれて、中古探して県境を越え東京スバルのカースポット青梅で購入。
会社の違う地元の○×スバルに通い続けて3年。
ようやく営業さんになじんでこれから、というところで熊本に転勤。
そんな私に時間を割いて笑顔で対応・説明してくれた営業さんに感謝・感謝。
紹介していただくあちらのスバルでもいい営業さんだといいなぁ・・・
本当にありがとう。

|

« 無駄なものも多いのが今回のSTI | トップページ | ひと時の別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重そうな外見VS速いのか中身?:

« 無駄なものも多いのが今回のSTI | トップページ | ひと時の別れ »