« 台風接近中 | トップページ | 台風「フィートウ」 »

2007/09/06

新井敏弘、という男

先週末、ニュージーランドでWRCやってましたが、一方でPWRC (市販車によるラリー)も併催されていました。
ここでスバル・インプレッサの新井さんがやってくれました。見せてくれました。

一時はトラブルで11位まで順位を落としましたが、そこから見せた怒涛の追い上げ。
最終的に、なんとなんと、優勝しちゃいました。

インプレッサのWRC仕様はいまいちですが、インプレッサ市販車レベルは世界的に通用する車なのかも、という気になってしまいます。

車よりも新井さんがすごいんでしょうけど。

これで新井さんは今年のPWRCのワールドチャンピオンに王手をかけました。
一年ぶりになりますが、今年も優勝してもらいたいですね。

これは、すごいことなんです。

2輪の最高峰レース、モトGP(それでもGP250ですが)など2輪の世界での日本人の世界シリーズチャンピオンはいますが、4輪ではいませんでした。
それが一昨年の2005年、この新井敏弘と言う男が史上初めてFIA(世界自動車連盟、JAFとかの親分)認定のレースで、日本人初の世界シリーズチャンピオンを勝ち取ったのです。

そのままWRCに参戦しないのかなぁ。
昨年十勝でたしかWRCカー(インプレッサWRC2006)に乗ってたような気がするんですが・・・。
プライベーター扱い(車のケアはSWRTなので準ワークスですが)で出場して地元(日本)とはいえ非力なあんな車(あんな車、といわれてもおかしくないインプレッサ史上最悪な戦績を残した車)で6位入賞しています。

来年は車も戦闘力上がるはずだし、新井さんどうですか?

|

« 台風接近中 | トップページ | 台風「フィートウ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新井敏弘、という男:

« 台風接近中 | トップページ | 台風「フィートウ」 »