« トルコの歴史(おぼえがき)中編 | トップページ | 社パソ »

2007/08/03

F-1とクィーンと天文学の関係式

今週末はF-1ハンガリーグランプリがあります。

さて、今年からフジテレビのF-1放送でテーマ曲となっているのがQUEENの「フラッシュ」。
自分はあまり好きではなく、前のスクェアの「Truth」が良かったなぁ、と今でも思っています。
QUEENはどっちかって言えば好きなほうですが、F1には合わないなぁ
選曲(「フラッシュ」)が良くないのかも。

今回はそんな話ではなく、QUEENの話。
QUEENのギタリストはもちろんブライアン・メイ氏ですが、今年で60歳。
なんと彼はバンド活動する前、ロンドンのインペリアルカレッジで天体物理学を学んでいたんです。
しかも36年ぶりの今になって博士論文に取り組んでいるらしく、今年8月に博士論文を発表するとのこと。

その取り合わせがかなり意外でびっくりしました。

今年の7月にはカナリア諸島のラ・パルマ天文台で観測もやってたらしいので、同じ頃同じ研究所にいたはずの大学の後輩に聞いてみようかな、と思っています。

|

« トルコの歴史(おぼえがき)中編 | トップページ | 社パソ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F-1とクィーンと天文学の関係式:

» ライアンの常識集 [ライアンの常識集]
ライアンの常識集 [続きを読む]

受信: 2007/08/03 03:51

« トルコの歴史(おぼえがき)中編 | トップページ | 社パソ »