« インプレッサ フルモデルチェンジ | トップページ | F1マレーシアGP »

2007/04/07

還元率

還元率についてちょっと考えてみました。
自分のUAマイレージプラスはカード利用で通常ならば0.5%の還元率です。
1000円につき5マイルのマイレージがつきます。
これに、マイルアップメンバーズ(追加年会費5,250円・税込)を追加しているので1000円利用で15マイルのマイレージ、1.5%の還元率になっています。
ほかのマイレージサービスも大体0.5%~1%くらいです。
ANAはANAカードであれば100円=1マイルなので1%、Edyと提携したカードであれば、加えてEdy200円利用で1マイルつくので合わせ技で1.5%。
JALもJALカードであれば200円=1マイル。ショッピングマイルプレミアムに入って特約店で使用すれば最大100円=2マイルつきます(=2%)。
こう見るとUAのマイレージサービスは特別お得な感じはしません。

お得な部類に入るかもしれないが、まぁそのくらいの還元率ならほかにもあるよ、といった程度でしょうか。

確かに、JALやANAを利用したり、マイレージ利用をそのままJALのIC利用クーポンやEdyへ振り替えて買い物にしか使わない、と言う人であればUAである必要性はまったくない、と思います。
(残念なのは国内航空会社のマイレージは有効期限が3年間、となっていることくらいですが、買い物に使うのであればほとんど関係ありません。)

買い物に使う場合、「還元率」はまさしくお金としての還元率を意味するので分かりやすい表現です。
つまり、100円につき1マイルつく場合、これがそのまま1円としてつかえる(IC利用クーポンやEdy)ので実質1円引き、と言うことになりますね。

しかし、マイレージを航空券に変える場合はどうでしょうか。
UAでもJALでもANAでも1万5千マイルで日本ならどこでも往復できるチケットに交換できます。
お金に換えると1万5千円ですが、フライトチケットであれば沖縄往復だって出来ます。
羽田~沖縄間のチケット料金は、航空会社のお得な割引を使っても片道1万5千円くらいはしますね。
1万5千マイルは3万円分の効果がある(フライトチケットにする場合のみ)といってもいい。還元率は倍加します。

前にも書きましたが、UAであればフィリピンやインドネシア、タイには2万マイルで往復可能です。
これを還元率に変えれば、ほかの航空会社よりも高率と言えるでしょう。

自分はダイビングとか旅行とか大好きです。
南の海にダイビングに行くのにはとってもお得じゃありませんか。
南アジアの遺跡観光にもいつか行って見たいと思っています。

おまけにUAのマイレージは実質有効期間がありません。(永遠に不滅)

UAマイレージプラスはまるで自分のためにあるようなマイレージサービスといっても言い過ぎではないかもしれません。
そういった利用にあわせて、ポイント集めを考えるのは重要でしょうね。

還元率からUAマイレージプラスの有効性(非一般的)について考えてみました。
つか、自画自賛?(w

|

« インプレッサ フルモデルチェンジ | トップページ | F1マレーシアGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 還元率:

« インプレッサ フルモデルチェンジ | トップページ | F1マレーシアGP »