« ビスタって | トップページ | 花冷え »

2007/04/17

OSの起動時間

今、自分のPCのOSはWin XP MCEです。
昨日のニュースでWin Vistaの立ち上がりの遅さにびっくりしましたが実際のところどうなのかネットで調べてみました。
5分とか、10分とかかかっている人もいるようです。
悪名高い製作元のMSがいうところでは、Win Vistaの仕様では「シャットダウン」は必要なくて「スリープ」で終えることを推奨しています。
Vistaの「スリープ」とはXPで言う所の「スタンバイ」。
(もっと詳しく言うと「スタンバイ」と「休止状態」とのハイブリッドらしいです)
「スタンバイ」からの復帰が早いのでWin Vistaは起動時間が短い、速い、といったプロモーションをしているようです。
待機電力がもったいないじゃないか、と思いますがその辺の省電力管理がXPより優れている、らしいです。
ちなみにスタンバイからの復帰時間(起動時間?)でVistaとXPを比較したサイトもありましたが、やはりVistaが特別速い、と言うことはないようです。
設定次第では却って遅い、という風に書いてあるところもありました。
最近ノートPC(東芝ダイナブック)を買った会社の同僚に聞いてみると、Vistaは遅い、と言ってました。
彼には「スリープ」モードがVistaの推奨使用条件らしいよ、と伝えておきましょう。
でもこれってMSの言い逃れな気もしますが、どうなんでしょう。

ちなみに、自分のPCの(XPの)起動時間は1分15秒でした。クローズにかかる時間は25秒。
スタンバイモードでは、起動時間は11秒、クローズは3秒。
XPは使用年数を重ねていって周辺機器が増えたり、インストールソフトが増えてくると起動時間が遅くなってくる、というネット上の噂もありました。
(上の起動時間は追加しているUSB接続HDD、IDE接続CD/DVDドライブとノートンアンチウイルスの影響が大きいのかも。)
ここに記しておいていずれまた気がついたときにでも比較してみようと思います。

|

« ビスタって | トップページ | 花冷え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OSの起動時間:

« ビスタって | トップページ | 花冷え »