« ウィンドウズ ビスタが発表されてますが・・・ | トップページ | 新OSが出たら旧OSの安いパソコンを狙う客 »

2007/02/01

風の行方 07年1月31日 

今日の相場は下げました。
日経平均終値は17383.42円、前日比-106.77円

日興の不正会計に関する報告書が提出され、経営陣の関与が指摘されたため日興コーデュアル証券の株はS安でした。

この「風の行方」は昨年11月以来ですが、そのときは15725.94円でした。
2ヶ月間で随分上がったものです。

昨日思うことが会ってちょっと長期保有分除いて手仕舞いました。
日興のことも気になります。
今後の景気も気になります。
節分天井、という言葉も気になります。

【日興不正会計】
日興の不正会計はあまり騒がれていない感じがしますがどうなんでしょうか。
粉飾決算のやり口からすると、昨年のライブドア並に酷い印象がありますが私だけでしょうか。
利益水増し、というと海の向こうで言えばエンロンとかと一緒ですね。
すこし前のカネボウとも同じじゃないか、と思っています。
これらはすべて市場から退場していきました。日興もこれまでどおりの判断であれば市場から退場すべきだと思います。
東証の西室氏による判断、という前に(特に日本国内の)市場参加者がもうすこし意見を言うべきなのではないか、と強く思います。

東証の西室氏金融庁に期待するのは企業会計の粉飾に対して強い態度を見せてほしいこと、と一層の透明化を図るべく仕組みを改善して欲しい、ということです。
海外資金が逃げ出してからでは遅い気がします。

【今後の景気】
今の景況感はうわべだけ、と思っています。
もしくは長続きしない、という表現でもいいですが、なにしろ個人の消費が振るっていません。
日銀の福井君は過去の彼の事件から推し量るに一般的な金銭感覚は持ち合わせていないので法人やらお金持ちの感覚は見通せても、個人の消費という底辺部分は良くわかっていらっしゃらないようです。ハイテク機器とか家電の領域で働いているせいか、私自身の見方も偏っているかもしれませんが、デフレの種はあっちこっちにあってとてもすぐに物価上昇を誘う感じがしません。
統計的にも証明されていますが消費が伸びていません。その元でとなる財布の中身が増えていません。
2006年の現金給与総額は名目では0.2%増ですが物価変動を除いた実質では0.6%減だそうです。(1/31)
物価の変動もわずかなので増えもせず減りもせず、といったところが実感ではないでしょうか。
そのくせ、医療費の負担増、原油高による生活コスト増というあまり切り詰められないところは増えているので、月々の余剰分は減っている気がします。
そんな状況で景気が良くなるでしょうかね。
経営者は競争力のある財務体質にしてそこから投資を拡大する、というステップを組みますが個人レベルでも同じですよね。
ある程度貯金が増えた段階で消費を増やす、ということにならないでしょうか。
そういった意味で消費が拡大するのは先のような気がします。
そして今、一番注目しているのは春闘の行方です。
雇用者と被雇用者(消費者)の意識のバランスは春闘の雰囲気も結構影響しているんじゃないでしょうかね。
株価が上昇してなんとなく景気が良くなっていそうだ、という意識も結構大事だったりしますが、どっちが先になるんでしょうね。

ともかくも6月からは増税の大波が来ますし、あまり油断のならない年ではあります。

【節分天井】
「節分天井、彼岸底」という相場格言があります。
しかし調べてみると、ここ最近のデータではあまり意味のある格言ではない、といえるようです。
ただ、ぐぁーっとここまで上がった日経平均はどこかで天井をつけると思います。
もっとさき、GWころまで上げるのか、すぐそこで終わるのか、よくわかりません。
ただこういった格言が節目としては意識されそうな気がします。

今年は今週末2月3日が節分で彼岸は(春分の日)3月21日前後と(秋分の日)9月23日前後です。

|

« ウィンドウズ ビスタが発表されてますが・・・ | トップページ | 新OSが出たら旧OSの安いパソコンを狙う客 »

コメント

おはようさんさん。
吠えてるね~ ビスタ、商売がら採用があれば入れなきゃダメだろうなって思ってたけど、今のところはその動きは見られません。結構落ち着いて対応してる感じですね。毎度毎度のことでMSに対してはみんな同じ感覚なのかもね(笑)

NHKのインドの特集見ましたか?
私、1日目は見逃しちゃったけど2日目を見て驚きました。ビッグバザールという大型ショッピングセンターの躍進の話でしたが貧困層と言われている人たちの生活にも変化が出ているようですね。
日立がエアコンを売り上げを伸ばしたいと言ってましたが、彼らがこぞってエアコンをつけるようになると温暖化はどこまで進むのでしょう。

BRICSでバブル化された経済は遅かれ早かれ、一度は一気に縮小に向かいそうな気がします。異常なほどの低金利を長期間続けてしまった日銀が引き起こしたとも言えるのかも知れません。

私が一番怖いのはこの国の食料自給率が低さからくるインフレです。内紛が起こればどこの国も自国のことで手一杯になることでしょう。車や電化製品よりも明日のご飯です。しかもこの好景気で中国もインドも農業従事者が減っていることも否めないと思うし、公害の問題もあります。人の手が入らず荒れ果てた農地はすぐには回復できないでしょう。

外需にばかり頼って、賃金を引き上げることもなく通貨安を放置し自国民を貧しくした天罰は国だけでなく企業にも下ることでしょう。でもそういう政策を容認してきた私たちの罪が一番重いのだということを忘れてはいけないのだと思います。

投稿: Poket | 2007/02/01 06:55

こんばんは

今日株価の上昇をみてぐやじい、と臍をかんでいるポン吉です。
♪~( ̄。 ̄) ←強がり(^-^)

うちのブログに来る人の傾向を見ると、75%はXPで10%が2000、5%がMeで残りはその他(98、Mac、携帯、リナクス、PHSなど)です。
さすがにビスタ人はいませんがどんくらいで増えてくるのかなぁ。(^_^)
MSOSではなくても上のようにリナクスを使う手もあるんですよね。
サポートしてくれんWinMe使い続けている人も居るし、なんとまだ95使っているつわものも居ます。
なんやかや言っても選択の自由が保障されているうちはまだ良しとしますか。

Poketさんから久しぶりにクリティカルなパンチのあるお便りいただきまして、少し自分の脳みそも活性化されてまっすル。
この続きは本文にて。

投稿: ポン吉 | 2007/02/02 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の行方 07年1月31日 :

« ウィンドウズ ビスタが発表されてますが・・・ | トップページ | 新OSが出たら旧OSの安いパソコンを狙う客 »