« Dr.コトー 8話目 | トップページ | WRC 第14戦 ラリー・オーストラリア »

2006/12/03

WRC 第13戦 ラリー・オブ・ターキー

ターキーって七面鳥、って思いますね。そんな季節になってしまいましたがWRCの結果を書いておこうと思います。
今ごろ書いてちゃWRC「回顧録」になりそう。
さて、レース前に驚くべきニュースが駆け巡ります。
WRCシリーズで圧倒的な強さを誇って首位を走るアイスマンことクリスチャン・ローブ(クロノス・シトロエン)が自宅で怪我をして右腕を骨折、トルコ戦は欠場。

去る10月13~15日に行われたWRC13戦目の舞台はトルコ。

シリーズチャンピオンをめぐる戦いでは目下2位のマーカス・グロンホルム(フォード)がポディウム中央をゲット!。
ローブの怪我が骨折と伝えられるだけに次のオーストラリア戦出場も危ういです。
シリーズチャンピオンが誰になるかわからなくなりそう。

ちなみに、スバルは6位のアトキンソンが最高位。
レグ2でリタイアを決めたペター:ソルベルグは調整のためにレグ3で出走してSS18とSS19でステージウィンを飾っています。

|

« Dr.コトー 8話目 | トップページ | WRC 第14戦 ラリー・オーストラリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WRC 第13戦 ラリー・オブ・ターキー:

« Dr.コトー 8話目 | トップページ | WRC 第14戦 ラリー・オーストラリア »