« WRC 第13戦 ラリー・オブ・ターキー | トップページ | WRC 第15戦 ラリー・ニュージランド »

2006/12/03

WRC 第14戦 ラリー・オーストラリア

去る10月27~29日に行われたWRC14戦目の舞台はオーストラリア・パース。
次のニュージーランドとあわせ南半球ステージです。今の時期は春、といったところでしょうか。

トルコにひきつづき、ローブ欠場で始まったオーストラリア。
今回グロンホルムが3位以内でないとローブのシリーズチャンピオンが決まってしまうそうです。

そんなプレッシャーもあったんでしょうか、グロンホルムは序盤のSS3でコースアウト、10分以上ロスしてしまいます。
この時点でほぼローブのチャンピオンは決定。

結果は1位 ミッコ・ヒルボネン(フォード)
2位 アルゼンチン以来のポディウムとなるペター・ソルベルグ(スバル)
3位 マンフレッド・ストール(OMVプジョー)

グロンホルムは5位となり、欠場したローブがシリーズチャンピオン3連覇を手にしました。

オーストラリアの西海岸、パース近郊で行われるWRCは今年で最後らしいです。
聞くところによると、とても過ごしやすく、美しい場所という評判が高かったので少し残念です。
来年行われる東海岸での戦いを期待しましょう。

|

« WRC 第13戦 ラリー・オブ・ターキー | トップページ | WRC 第15戦 ラリー・ニュージランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WRC 第14戦 ラリー・オーストラリア:

« WRC 第13戦 ラリー・オブ・ターキー | トップページ | WRC 第15戦 ラリー・ニュージランド »