« テンプレート変えました | トップページ | Dr.コトー 7話目 »

2006/11/28

エルニーニョ

詳しい説明は気象庁HPをごらんください。
ポン吉御用達、気象庁サイト内「エルニーニョ/ラニーニャ現象とは」↓
http://www.data.kishou.go.jp/climate/db/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

「エルニーニャ」とは簡単にいうと「太平洋東部の海水温度が高い」現象。
逆に海水温度が低いときが「ラニーニャ」
ある程度周期をもって、出現するようです。

現在、エルニーニョが起きている、といってもいいでしょう。2006年の8月~9月ごろから海水温が高くなっています。
この現象は、長期(一年くらい)で持続して言えるもので振り返って初めてあの時は「エルニーニョ」だった、となります。
厳密には今がエルニーニョかどうかは半年くらいたってみないと正確には言えません。
ですが、気象の予測技術も上がってこのままだとエルニーニャになりそうだ、くらいは予測がつきます。
エルニーニョ監視速報でも「エルニーニョになる可能性が高い」、と表現されています。

さて、景気がこの気象現象に左右される、といわれています。
なんとエルニーニョ後には不景気になりやすいらしい、のです。
暖冬になったり冷夏になったり、と季節ものが売れなくなるからかもしれません。
ほんとのところの因果関係は知りませんが。
いかに企業景気が良くても、最終的には消費の良し悪しが景気の良し悪しを決める、ということでしょう

カテゴリー迷いましたが、経済、にしました。

|

« テンプレート変えました | トップページ | Dr.コトー 7話目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルニーニョ:

« テンプレート変えました | トップページ | Dr.コトー 7話目 »