« ダンロップ ディレッツァ DZ101(225/40/18) | トップページ | 風の行方 11月20日 »

2006/11/20

インプレッサ、左前方タイヤハウス付近より異音

さて、週末タイヤ選びに奔走していましたが、別件でディーラーにも行ってました。
別件というのは「タイヤ周りで聞こえてくる異音の原因を調べる」ことです。
でも2時間ほどかかっても原因は判明しませんでした。

事の顛末を説明すると、
1)2週間ほど前から、ハンドルを右にきってゆっくり駐車場から出ようとしたときに「バリバリ、メキメキ」と言う音がしました。
タイヤの回転に伴うような音の出方です。
2)音は左前方タイヤハウスあたりから聞こえてきました。
2)当初、直進する分には音はせず、ハンドルを左にきって左折するときには聞こえませんでした。
3)外気温が低いとか、しばらく走った後の各所がなじんだ後では聞こえなくなることはなく、環境には左右されないようです。
4)先週後半は道を直進していて、ハンドルを少し右に傾けるだけでも音がするようになって「やばさ加減」が倍増しました。

今までも季節的に寒い時期になると、ハンドルきってゆっくり回頭するとLSD周りからバキバキと音がしてたのですが、これはLSD特有の音らしいのであまり気にしていませんでした。
今回の件は片方にハンドル切った状態で必ず聞こえるので何かの不具合と考えたわけです。
いったんタイヤはずして、ブレーキパッドとか、サスペンションとかが干渉していないか、確認してみましたがそういった証拠は見当たりませんでした。

サスそのものが悪いのか、シャフトか、デフか、ベアリングか、はたまたLSDか?
どれをとっても自分ではなんとも出来ないのでディーラーに電話して週末見てもらったわけです。

結局原因はつかめず、ロアアームかハブベアリングかどちらかじゃないか、と言うことになりました。
ロアアームとはサスペンションを構成するパーツのひとつで一番下側にあります。
アームと言うから長い棒を想像しましたが三角形です。ハンガーみたいな、といったほうが正確かも。
サスペンション毎にあるので左右にひとつづつあります。
こちらは保障期間中でパーツ代無料で交換費用のみで交換できるらしい先に変えて様子を見ることになりました。
在庫がなくて、パーツ発注しますとのことで恐らく来週末にまたディーラーへ行かなくてはなりません。
ロアアームが不具合になるってあるのかなぁ、回転に伴った音の下手人とは到底思えないんですけどねぇ。
回転系とすればベアリングが本命じゃないかなぁ、ということがあってなんかすっきりしないのですが・・・
ん~なんだかなぁ

ネットで調べてみるとロアアーム交換時にはアライメント必要、なんて書いてるブログもありました。
むむ?そんなことディーラーでは言われなかったぞ?以前ホイールを買ったときにアライメント調整したんですが結構時間がかかった気がします。
加えて左側だけ変えていいのかどうか、左右両方とも変えなくていいのか?とか、アッパーアームとセットじゃないのか?とか、丸ごと左右両方のサスペンション変えなくていいのか?とか心配したらきりがないですが。
・・・むむむ、大丈夫かなぁ?
061120impreza

|

« ダンロップ ディレッツァ DZ101(225/40/18) | トップページ | 風の行方 11月20日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インプレッサ、左前方タイヤハウス付近より異音:

« ダンロップ ディレッツァ DZ101(225/40/18) | トップページ | 風の行方 11月20日 »