« Dr.コトー 6話目 | トップページ | インプレッサ、左前方タイヤハウス付近より異音 »

2006/11/19

ダンロップ ディレッツァ DZ101(225/40/18)

車検を前にしてタイヤを交換しなくてはいけません。
これまで、225/40/18のヨコハマタイヤの「Advan Neova」をはいていたって事は以前書きました。
「Advan Neova」はかなりいいタイヤです。
カチカチのスポーツタイヤですが、乗り心地は悪くありません。つか、むしろ良い。
雨の日でも、ハイスピードでのコーナリングも不安なくいけます。
もちろん高速安定性も高いレベルにあります。
そのくせ、わだち等でのヨレヨレ感もほとんどありません。
写真を見て判ると思いますが、タイヤのパターンは大きいブロックで構成されています。
左右非対称なデザインはネオバのアイデンティティですね。

写真↓Neovaのパターン

061119neova

中古でインプレッサ購入した時にはスバル純正のホイールにブリジストンの「POTENZA RE040(225/45/17)がはかされてました。グリップ自体は問題ないレベルだったんですが、履き心地がいまいちでした。恐らくサイドウォール(側面)の部分が他のタイヤに比べて硬いせい、と聞いた事があります。その分ヨレが少ないんですが乗り心地はやや硬い感じです。
走行音もNeovaに比べるとややうるさいかもしれません。

写真↓POTENZA RE040のパターン

061119potenza

週末に量販店を回ってみました。
当初、ダンロップのルマンLM703か、ブリジストンのレグノ、プレイズ、あたりを考えていました。
レグノ、ルマンあたりは安い店でも4本で12万ちょっと。プレイズでも12万ちょいでした。
しかし、近所のイエローハットでグッドイヤーのEAGLE LS2000が9万ちょっと、ダンロップのディレッツァDZ101が8万といわれました。
「うへっ、安っ!」っと思わず声が出てしまいました。
グッドイヤーのLS2000はコンフォートタイヤなのですがサイドウォールの張り出しがやや気になりました。
んで結局コンフォートタイヤを選ぶつもりが安さに負けてスポーツタイヤのダンロップ・ディレッツァDZ101(225/40/18)を選択。
走ってみての感想はもう少し経ってから書きます。

写真↓ディレッツァDZ101のパターン

061119direzza
ちなみに価格.comで調べた各タイヤの安値(1本当たり)

BS ADVAN NEOVA AD7 225/40R18 88W \22,900
BS Playz PZ-1      225/40R18 88W \21,900
BS POTENZA RE050  225/40R18 88Y \29,690
BS REGNO GR-8000  225/40R18 88W \28,740
DP DIREZZA DZ101   225/40R18 88W \21,600
DP LE MANS LM703  225/40R18 88W \19,900
GY EAGLE LS2000   225/40ZR18 \17,400

BS:ブリジストン
DP:ダンロップ
GY:グッドイヤー

|

« Dr.コトー 6話目 | トップページ | インプレッサ、左前方タイヤハウス付近より異音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンロップ ディレッツァ DZ101(225/40/18):

» DUNLOP ダンロップ ディレッツァRZFホイール 8.00-17タイヤ 235/45-17 [売れている カー用品]
[続きを読む]

受信: 2007/11/20 14:07

« Dr.コトー 6話目 | トップページ | インプレッサ、左前方タイヤハウス付近より異音 »