« 「また会うための、別れだ」 ER11 緊急救命室 | トップページ | 債券 »

2006/09/02

基準地価

今月下旬発表される地価は「基準地価」と言う。
7月いっぴの地価の調査結果が発表される。

以下自分へのおさらい
----------------------
公的な地価の発表は年に3回あります。
3月下旬公表の「公示地価」
8月1日公表の「路線価」
9月下旬公表の「基準地価」

土地価格の一物三価と言います。(一つのもの(土地)に三通りの価格がある、ということ)
ややこしいのですが、それぞれ調査主体や調査範囲、役割が違います。
【調査主体】
「公示地価」 国土交通省
「路線価」 国税庁
「基準地価」 都道府県

【調査範囲・時期】
「公示地価」 全国の都市計画区域内・1月1日
「路線価」 道路に面した土地・1月1日
「基準地価」 全国の重要地点(林野も含む)・7月1日

【役割・目的】
「公示地価」 国や自治体の用地取得や国土利用計画法に基づく土地取引価格の判断基準になる。
「路線価」 相続税や贈与税の算定基準になる。公示地価の8割目安。
「基準地価」 土地取引価格の判断基準になる(公示地価とほぼ同じ)。

公的な土地の価格としてこの他に総務省が調べる「固定資産税評価額」というのもあります。
----------------------
これらは正確には市場の取引価格とは違う。
鑑定価格、評価価格、と言うべきもの。
ややこしい。全部統一すれ!とも思うのだが・・・
最近はIDUの「マザーズオークション」とかあって、土地もオークションされている。(正確には建物も含めた不動産オークション)
値段は買う人と売る人が決める、という原則からすると「公的な土地の価格」という言葉ほど胡散臭いものは無い、と常々思っている。

今月の基準地価は3月の公示地価に比べてさら上昇を感じさせる数字が出るじゃないかね。
月末までにある程度織り込んじゃうだろうから、それまでの不動産銘柄の値動きで以後の展開も決まっちゃうんだろうけど。

|

« 「また会うための、別れだ」 ER11 緊急救命室 | トップページ | 債券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基準地価:

« 「また会うための、別れだ」 ER11 緊急救命室 | トップページ | 債券 »